エド 動画 消え た。 エド(YouTuber)の闇金やGPS置き引きはやらせ?逃亡中は嘘?

エド・はるみがテレビから消えた理由!芸能界では性格が嫌われている?

エド 動画 消え た

確かに、一理ある内容です。 ですが、裸足で走って逃げているシーンの考察は実際にご自身で検証していますが、そもそもちゃんと靴を履けていたのかがわかりません。 連れ去れそうになっている時に、ちゃんと靴を履かせてもらえたのか。 「リアル」だったら履けない可能性もありますし、そもそも靴ではなかったかもしれません。 クロックスのようなサンダルだったかもしれません。 そのあたりの検証も欲しいとろこです。 会話のやり取りの考察では、密着24時から引用していますが、警察に捕まって興奮している人とエ. com エド さんが対峙している人とでは立場や状況が違います。 ですが、確かにヒートアップした同志の会話は被ったり、遮ったりすることはあることだと思います。 その点を意識して動画を見てみると、確かに違和感を感じるところはあったりもします。 ただ、エ. com エド さんは 弁護士Youtuberの久保田さんも引き連れて潜入した動画も公開しています。 ヤラセだとしたら、久保田さんまで巻き込んでいるということになるのでしょうか・・・。 ツイッターから直接DMが来て、削除依頼(無断転載のため)があったことも公開していますが、その後のとぅるんとぅるんさんの対応にヤラセをより一層感じたと取れる内容の動画になっています。 ・とぅるんとぅるんさんへの反撃開始?! こちらの動画の指摘は、動画投稿日と警察署への相談日に差異があるというものです。 やらせではなくても、虚偽申告として軽犯罪になると指摘していますし、仮にやらせだとしたら自作自演のことを警察署に持ち込むことはNGのような気がします。 警察に言う日付を間違えたということになるでしょうか。 闇は深まるばかりですね・・・・。 ただ、とぅるんとぅるんさんの動画に対して、 ノンフィクションライターの高木瑞穂さんがツイートしたり、 裏社会に詳しく裏社会に関する書籍を数多く出版している作家の草下シンヤさんも「ガチ」だとリツートしていたりとリアリティーのある動画には間違いないということですよね。 com エド やとぅるんとぅるんはやらせ? 闇を暴く系Youtuberとしていつも疑惑がかせられるのは「やらせ」ですよね。 com エド さんもとぅるんとぅるんさんもやらせは否定していますし、リアルに潜入しても、必ず「やらせだ」と声を上げる人はいるでしょうし、考察動画を上げているシャモのしゃもじさんさんも言うように、こんな考えもあるというスタンスで、Youtubeを楽しんでいけばよいのではないでしょうか。 両氏とも、闇社会は危ないことを発信していくことが目的のひとつでしょうし、動画を見て危険性は十分感じ取れます。 動画を参考に闇社会に入ってしまわないよう、気を付けて生活していけばよいのではないでしょうか。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 最後の最後に、 対策等もあるかと思いますが、動画が削除されていたり、再編集されていたりする動画があったりするので、その対応は少し気になりますね・・・。 汗 いらっしゃいませ。 当サイトへのアクセスありがとうございます。 昭和生まれ、平成、令和と時代を跨ぎテクノロジーの目まぐるしい進化を体感した世代です。 インターネットの普及と共に テレビ以外の動画コンテンツが増える続ける昨今、昭和から平成にかけてテレビ一択だった時代から、令和の時代は 映像を楽しむ選択肢も増えています。 当サイトではそんな動画コンテンツを 無料で楽しめる方法を調査し、案内しております。 平成までは「録画して見る」ですが、 令和は 「インターネットで見る」です。 テレビ番組もインターネットで楽しめる方法がありますので、是非ご参考にください。 また話題の人物にもフォーカスを当て、最新情報を綴っていきたいと思います。 ごゆっくりお時間許す限りお楽しみください。 タグクラウド.

次の

消えたと噂のエド・はるみ(55)現在とんでもないことになっていると話題に

エド 動画 消え た

闇金からの逃亡生活 2020年2月9日に投稿した動画から、エドの逃亡生活が始まりました。 ある日、エドの自宅に突如押しかけた2人の男性。 エドによると、この男性らは「闇金」に関係する人物とのこと。 カタギではないということなのでしょうか、男性らは終始、不穏な発言を繰り返していました。 遊びじゃねぇって言ったよな。 あんまナメんなよって言ったよな? お前両親いんの?家族は?連絡しとけよ。 必死の抵抗も虚しく、自宅から連れ出されてしまったエド。 このときの状況を伝えたのはポケットに忍ばせたスマートフォンのみだったため、何が起きたか正確には分かりませんが、エドはすんでのところで男性らから逃れられたようです。 これ以降「家には戻れなくなった」と話すエド。 ベランダをよじのぼって自宅に戻り、服などの荷物を手早く揃えると、以降数週間にわたってホテルでの逃亡生活を続けていたそうです。 2月18日に投稿した動画では、逃亡生活中にかかってきた脅迫の電話を公開し、自身の大変な状況を視聴者に訴えました。 ここまで体張ってる人他にいないと思うんで、そこは面白いかもしれないんですけど、見てる側からしたら。 僕からしたらこれ、何も面白くないですからね普通に。 これどうなるんですかね、YouTube史上に語り継がれる事件じゃないですか多分。 逃亡生活の期間中はツイッターの更新も最低限となっていたため、ファンの間では「警察に相談したら?」と心配の声も上がっていました。 しかし当のエドが警察に相談するといった動きを見せることはなく、ファンにとってもどかしい時間が続いていました。 生きてるから — エド【エ. COM】 edo19950502.

次の

エド・はるみ

エド 動画 消え た

1 動画の概要 動画の企画内容としては、歌舞伎町にて酔っ払いの置き引きが多発しているということで、カバンの中にGPSを入れて、酔いつぶれたフリをしてカバンを置き引きをさせ、その犯人を捕まえるというものでした。 その後、無事(?)に置き引きされ、犯人を捕らえようとして四苦八苦する動画になっています。 動画上では、犯人の顔にはモザイクがかけてありました。 その後、公開された動画をみた犯人が、周りの人から指摘をされたことや親に相談をしたことなどの理由から、エ. comさんに動画の削除を要請し、消さなかった場合には法的措置を講じる旨述べています。 そこで、仮に本当に訴訟になってしまった場合、どうなるのかを解説していきます。 この動画がヤラセなしという前提で解説しますので、その点はご留意ください。 2 エ. comさんが訴えられるとしたら? (1)肖像権侵害になる? 今回、エ. comさんが訴えられるとすれば、おそらく肖像権侵害ということになるでしょう。 肖像権とは、みだりに容ぼう・姿態を撮影されない権利のことをいいます。 肖像権を侵害するかどうかの判断については、以下の判例があります。 最判平成17年11月10日 ある者の容ぼう等をその承諾なく撮影することが不法行為法上違法となるかどうかは,被撮影者の社会的地位,撮影された被撮影者の活動内容,撮影の場所,撮影の目的,撮影の態様,撮影の必要性等を総合考慮して,被撮影者の上記人格的利益の侵害が社会生活上受忍の限度を超えるものといえるかどうかを判断して決すべきである。 要するに、様々な事柄を考慮した上で、受忍限度を超える場合に肖像権侵害が認められるということです。 受忍限度というのがわかりにくければ、「ガマンの限界」と置き換えるとわかりやすくなると思います。 ただ、そのときのガマンの限界というのは、肖像権が侵害された自分のガマンの限界ではなくて、社会一般的にみたときのガマンの限界をいいますのでご注意ください。 どちらかといえば、違法に傾く要素のほうが多いですね。 そうすると、社会一般にみてガマンの限界を超えているとして、肖像権侵害が認められるのではないかというのが僕の意見です。 (2)モザイクがかかってるから大丈夫? また、犯人の顔にモザイクがかかっているので問題がないのではないかという争点もありえます。 この点については、次の判例をご覧ください。 最高裁平成15年3月14日 被上告人と面識があり,又は犯人情報あるいは被上告人の履歴情報を知る者は,その知識を手がかりに本件記事が被上告人に関する記事であると推知することが可能であり,本件記事の読者の中にこれらの者が存在した可能性を否定することはできない。 そして,これらの読者の中に,本件記事を読んで初めて,被上告人についてのそれまで知っていた以上の犯人情報や履歴情報を知った者がいた可能性も否定することはできない。 したがって,上告人の本件記事の掲載行為は,被上告人の名誉を毀損し,プライバシーを侵害するものであるとした原審の判断は,その限りにおいて是認することができる。 モザイクがかかっていたとしても、場所・服装・背丈・話し声など動画に映った情報により犯人を推知可能な場合には、プライバシー権侵害となりうるのです。 プライバシー権侵害と肖像権侵害は完全に同じものというわけではありませんが、似た構造をもっておりますので、この判例は肖像権侵害にも適用可能でしょう。 今回のケースでも、実際に、犯人は「身バレしている」「まわりから色々いわれて」などと発言しておりますので、犯人を知る人であれば動画を見て犯人が映っていると認識可能な程度の情報が映っていたといえるでしょう。 したがって、今回のケースだと、犯人の顔にモザイクがかかっているから問題がないという言い分は通用しないと思います。 (3)結論 以上より、エ. comさんの動画は犯人の肖像権を侵害しており、犯人はエ. comさんに動画を削除してもらう権利を持っているというのが僕が出した結論となります。 なお、厳密にいえば、「3 今回問題となっている動画」の一番下の動画の9分43秒あたりは胸ぐらをつかんでいますが、これは暴行罪の要件を満たします。 みなさんもカッとなって胸ぐらをつかむといった行動は控えるようにしましょうね。 3 今回問題となっている動画.

次の