ニュー 新橋 ビル。 新橋のサラリーマン御用達「ニュー新橋ビル」。仕事後に行きたい居酒屋12選

ニュー新橋ビル/レンタルオフィスの最新空室&詳細物件情報、写真大量

ニュー 新橋 ビル

創業30年をこえ、昭和の香りを残す喫茶店として定番の店「喫茶フジ」。 喫茶の看板メニューとなるブレンドコーヒーはもちろん、ナポリタン、エビピラフ、ホットサンド等の昔ながらの軽食メニューが並ぶ。 ゆったり..... 昼は500円均一でスタミナ丼、ローストビーフ、タコライス、鳥つくねカレーの4種類の丼を提供する「肉屋のどんぶりかんじょう」。 大盛り100円増、特盛200円増、トッピングに温泉卵も追加できる。 人気ナン..... 一番人気はズバリ「造り盛合せ」1900円より。 「志ん橋 ひでや』は毎日築地で仕入れるこだわりの食材に、開店12年目にしてすでに老舗の信頼を得ている日本料理店だ。 「海老しんじょう」650円、「竹豆腐」..... 台湾風小皿料理をメインに九州とんこつラーメンでも人気と言う家庭料理の店。 それが「翠園」だ。 イカ団子や干し大根の玉子ピザ、炒A菜など、本場の調理人による台湾料理を手軽な価格で楽しめる。 特にプリプリの海..... 創業昭和28年。 新橋の割烹の名店「千嶋秩父」の姉妹店がニュー新橋ビル地下1階の「秩父」だ。 秩父の郷土料理であるお国自慢の猪、鹿、こんにゃく料理をホンモノの板前が料理する本格割烹。 都内ではなかなか手に..... 店長のおすすめは、自家製本場仕込みの「水餃子」700円。 同じく「焼餃子」700円ももちろん人気だ。 さらにこれも自家製の焼豚や五目焼きビーフンのファンも多い。 豊富な中華料理を味わいながらお酒を楽しめる..... ニュー新ビルでボリューム満点の中華と言えばここ「しん楽」の名前が上がる。 開店7年目。 気さくなご主人が鍋をふるうこの店は、若者から年配の方まで幅広い層にファンを持つ。 昼の人気メニューは担々麺とタンメン..... 阿蘇の大地で育まれた食肉馬の「馬刺赤身」880円を一度は試して欲しい。 甘みがあり、濃厚でヤワラか。 牛肉よりも鮮烈な味わいに馬肉の印象ががらりと変わるはず。 この他一つ一つ丁寧につくっている「手づくり餃..... 皮からつくっている手づくり餃子やタマネギのコンビーフ炒め、自家製のタレを使ったエビマヨなど、創作料理でサラリーマンに人気なのが「居酒屋まつり」だ。 「おいしいお酒とそれに合う料理」をコンセプトに本日の..... 産地直送の鮮魚、備長炭仕上げの焼鳥、そして品数豊富な焼酎、日本酒。 どこまでも居酒屋としての基本を大切にし、お客様の満足を追求するのが和風居酒屋「魚豊」だ。 外観、内装共に木を貴重とし、居心地のよい和の..... 「真心一番! おふくろの味」が看板の店。 毎日替るお惣菜を中心にすべて手作りの料理を出してくれるのは、いかにも家庭的なお店らしい。 また創業20年という実績があるのでとても安心。 「女性スタッフ一同、心より..... とんこつラーメンのお店です。 夜は紹興酒などのお酒を飲みながら、各種取り揃えた中国家庭料理も召し上がれます。 シメには当店自慢のとんこつラーメンを是非ご賞味下さい。 ランチタイムには、ラーメン+半チャーハン..... 新鮮な素材を使った家庭料理が食べられる居酒屋さん。 煮物や焼物、揚物から刺身など、いわゆる定食屋さんにあるようなおかずが良心的な値段で豊富に用意されている。 「冷奴」や「キムチ」などのちょっとしたつまみも..... 洋食屋としておなじみの「キッチン ジロー」。 人気のメニューはメンチカツ、ハンバーグ、若鶏の唐揚、スタミナ焼など10品の中からお好みの2品を選び、ライスととん汁が付いて890円(税込)というセット。 自慢のそばは、卵をつなぎにした7割打ちの自家製。 夜(PM4時~)は、50種類以上揃える肴をつまみにお酒を味わえる。 特に日本酒は、北冠酒造の「鬼ごろし」や「純米酒 北の関」など他店では味わえないものを用.....

次の

ニュー新橋ビル

ニュー 新橋 ビル

概要 [ ] 低中層階の地下1階から4階までは、、、、店等の主としてサラリーマンを対象とする店舗が入居している 、また、地下2-3階は駐車場とされており、高層階の5-9階はオフィス、10-11階は1-2DKの住宅とされている。 1日の来場者は1万人を超える。 特に商業区画の雰囲気には独特なものがあり、 おやじビルとの愛称がある。 沿革 [ ] 新橋駅西口は(20年)にを受け、その大半が焼失した。 後、新橋駅西口にはが生まれた。 当初はのが大半を占めたが、やがて当時の港区長であった井出光治が設立した新橋商事やの関東松田組により、木造平屋長屋形式の「新生マーケット」が設立された。 「新生マーケット」は、この種のマーケットとしては日本最大規模のものであった。 (昭和36年)12月には市街地改造法に基づく新橋駅西地区の都市計画及び都市計画事業が決定され、(昭和44年)2月に施設建築物に着工。 (昭和46年)2月に竣工した。 日経ビジネスオンライン、2010年2月5日• 新橋商事株式会社• TBS「がっちりマンデー!! 」、2013年8月18日• 、2014年10月20日• 鈴木直樹・中井祐『 』 景観・デザイン研究講演集 No. 佐藤和哉『 』• 東京都第二市街地整備事務所• 、2014年11月6日• 、2014年12月5日• 2018年3月30日. 2018年3月30日閲覧。 外部リンク [ ]• - 新橋商事株式会社• ニュー新橋ビル・・・・ - 新橋タウン情報• - nifty:デイリーポータルZ.

次の

新橋のサラリーマン御用達「ニュー新橋ビル」。仕事後に行きたい居酒屋12選

ニュー 新橋 ビル

ニュー新橋ビル ニュー新橋ビルは新橋駅の烏森口にあります。 周囲は雑居ビルやガード下に飲み屋・レストランなどが軒を連ねています。 主に男性向けの雑多な街並みが続いているのはにも似ていて、オフィス、外国人、高級、、といったイメージの強い港区の中で、一種の緩衝材のような役割とも言えます。 100年以上続く高架下にはレストランが並んでいます。 現在我々が使う新橋駅は、1909年に「烏森駅」として高架鉄道が開業した始まりです。 1872年に開業した初代新橋駅はその後「汐留駅」に名称を変え、その後廃止されています。 昔はヨーロッパのように新橋が南方面と上野が北方面のターミナルになっていたのですね。 烏森口から見たニューしんばしビルです。 新橋駅はこの 烏森口の他に、日比谷側の 日比谷口と 銀座口、他にゆりかもめや汐留に繋がる地下通路のある 汐留口があります。 新橋の烏森口の前にあるのが、 ニューしんばしビルです。 1971年(昭和46年)にオープンし、地下1階から4階までがお店になっていて、エスカレーターで上がることができます。 その上にオフィスビルも付いています。 「サラリーマン天国」新橋の顔とも言える建物ですが、2022年までの解体が予定されています。 ニューしんばしビルの外壁です。 この不思議な模様の一部は窓になっており、3階のカフェカトレアからはこの格子のようなデザインを通して外を眺めることができます。 1階の地図です。 中央の通路はチケット売り場が集積していて、新幹線の切符や劇場のチケットなどをサラリーマン達が物色しています。 随分と賑わうゴチャゴチャしたお店と、看板は綺麗なのに閑散としたお店があるのは不思議なものです。 新橋駅に面しては、全て洋服の青山になっています。 お直しの受け取りは4階にあります。 オフィス棟へ続くエレベーターです。 オフィスも大きなテナントはなく、細かく区画が分かれて入居しているようです。 2階に上がってみると、マッサージ店が多くありました。 どの店もアジア系の女性がお店の前で数人暇そうに立っていて、お客さんが通ると「お兄さんマッサージ」と声をかけるのは、まるでアジアの裏通りのようです。 前の男性は慣れたように無視して通り過ぎて行きました。 このフロアはいるだけで全女性の注目を集めるのでカメラを構えることができていません。 3階に移動します。 3階のティーラウンジ、カトレア。 ニュー新橋ビルの完成時からある喫茶室で、お店の様子も昭和にタイムスリップしたような様子です。 スマホが無ければ「今って昭和何年でしたっけ。 」「今年は昭和54年だよ」なんて会話が聞こえてきても違和感がなさそうです。 3階のマップです。 レストランから事務所まで、多様です。 ニューしんばしビル 4階と屋上へ 4階に上がってみます。 外の光が見えてきました。 4階のマップは随分と新しいです。 東京囲碁会館、麻雀サロンなど、なかなか普通のショッピングセンターでは見かけないものもあります。 ニュー新橋ビルはショッピングセンターであり、雑居ビルであり、趣味の集まりの場でもあるようです。 階段の表示やタイルから古さが伺えます。 急速に人々の嗜好やテクノロジーが変化してきた平成の東京では、多くの古い建物が取り壊されてきました。 昭和の刑事ドラマに出てきそうな屋上です。 対照的にモダンな汐留のビル群が見えています。 ニューしんばしビル 地下階へ 地下1階です。 飲食店が多くあります。 サラリーマン天国と言われる街を支えてきた昭和のサラリーマン達は次々と退職し、新橋という街を後にしてしまいました。 今の若い人たちがどの程度、会社帰りにスナックに立ち寄ってお金を使うのか、定かではありません。 大人の遊びやお酒の飲み方を教えてくれる上司がいなくなり、スマホの登場もあり、そういった時間を過ごす若者は減っている可能性もあります。 地下一階の地図 開業時からある喫茶フジです。 SL広場から見たニューしんばしビル。 2023年完成を目処に高層ビルへの再開発が予定されているとの計画が発表されています。 しかし現在はテナントが空いている訳でもなく、これから撤退、取り壊しと高層ビルを建てるのであれば、結構な時間がかかりそうです。 新橋駅前ビル 烏森口にあるニュー新橋ビルの反対側、汐留口に要塞のように建っているのが、 新橋駅前ビル1号館と2号館です。 汐留と新橋駅をブロックするかのように横たわるビルは、1966年に開業。 ニュー新橋ビルよりも、5年早く開業しています。 ニュー新橋ビルと同様、新橋駅前ビルも2022年までに解体が予定されています。 臨海部への輸送ルートとなる交通システム「ゆりかもめ」の始発駅がある新橋駅汐留口です。 築地市場の移転後の再開発や、オリンピックの選手村跡地のマンション販売、タワーマンションが次々と建設され、今後も中央区や江東区の人口増が予想されています。 臨海部からのアクセスを支えるには、更なる交通機関(地下鉄やBRTなど)が必要と言われており、その BRTの玄関口として新橋駅周辺が予定されています。 この新橋駅前ビルは湾岸エリアへの新たなバスターミナルなどを含む大規模な再開発になることが考えられますが、新橋駅前ビルは区分所有者が300人以上もいるとのことで、なかなか合意が難しいようです。 安っぽさがなく、とても重厚感のあるビルであることが分かります。 裏口です。 この壁の深緑〜濃茶のレンガはよく見かけますが、昭和40年代頃に流行っていたのでしょうか。 2階は数件の飲食店があるだけで、殆どが事務所になっていました。 新橋駅の汐留口の地下街から見た新橋駅前ビルの入り口です。 新橋と汐留を結ぶ途中にあり、利便性の高い立地です。 新橋駅前ビルの1階の呑み屋街です。 B1も同じように飲食店が多くあります。 新橋駅前ビルは地下で駅に直結しているという強みはあるものの、駅の反対側にあるニュー新橋ビルに比べると、人は圧倒的に少ないです。 お店が少ないことや、立地が原因かと思われます。 新橋の賑わいを支えてきたサラリーマン達が新橋を去り、新しい世代を迎えるに相応しいビルに建て替えていく。 それが東京の進化の仕方なのかもしれません。 昭和の光景が少なくなっていくのは残念ですが、私の私感では今の日本人の傾向として江戸時代のものは好きでも、昭和のものにあまり愛着を感じる段階には無いように思います。 地震がある日本では耐震補強の基準も変わり、人命第一ということで仕方がないのかもしれません。 関連リンク.

次の