ライオンズ やみそく。 4連敗CS敗退、涙で目を真っ赤に。西武・源田壮亮の悔いと覚悟。

埼玉西武ライオンズ 人気ブログランキングとブログ検索

ライオンズ やみそく

「中継ぎでも抑えでも、どこでも思いは一緒です。 チームの勝利に貢献できるならそれでいい」 今シーズン、常に同じ言葉を繰り返してきた選手会長の増田達至が、レフトスタンドに向かって深々と頭を下げる。 今シーズンはクローザーとして65試合に登板し、30セーブを記録した。 しかしこの日はレギュラーシーズンでは見られなかったビハインドでの登板。 異例の2イニングスを投げ、味方の反撃を待ったが、最後は力尽き3対9で第4戦を落とした。 試合後、挨拶のためにグラウンドに現れたライオンズの選手たちに向けられたのは大きな拍手とブーイングだった。 アドバンテージの1勝を除く4連敗という結果で、パ・リーグ連覇を果たしたライオンズのクライマックスシリーズ・ファイナルステージは幕を閉じた。 「うちはこういう戦い方しかできない」 試合後、辻発彦監督はさばさばとした表情で語った。 「うちはこういう戦い方しかできない。 平井(克典投手)、増田という盤石のリリーフがいて、その前に誰が投げるか……そこが固定できなかった。 そこがしっかりしていれば、先発も初回から全力で行ける。 その課題はシーズン中からありましたが……。 でも、それも含めて『チーム力』ですから」 対する福岡ソフトバンクはシーズン中こそ故障者が多かったものの、代わって出場した選手が活躍。 終盤からポストシーズンに向けて故障者も戻り、戦力が整った。 「レギュラー陣は大きな故障もなく、満身創痍の中、本当によく1シーズンを戦ってくれたと思っています。 しかし彼らに続く選手が現れなかった。 層の薄さがこのクライマックスシリーズでもあらわになってしまった」(辻監督).

次の

8/31(土)・9/1(日)「埼玉フェスタ2019」イベント情報!埼玉のご当地グルメ・キャラクター・アイドル・ヒーローなど盛りだくさん|埼玉西武ライオンズ

ライオンズ やみそく

8月14日に西武ライオンズはメットライフドームでオリックス・バファローズと対戦し、6点差をひっくり返す逆転勝利で貯金を22に増やした。 最終回には山川穂高選手が気迫のヘッドスライディングでサヨナラ勝ちを呼び込んだが、ファンからは大柄な山川選手が滑り込む姿に 「笑ってはいけないのに笑っちゃう」などの声が出ていた。 気迫の3連続ヘッドスライディングでサヨナラ勝ち 西武は先発の多和田真三郎投手が 初回いきなりの6失点で波乱の幕開けを迎えた。 それでも少しずつ点を返し、立ち直った多和田投手も二回以降はオリックスのスコアボードに0を並べ続ける。 そして西武は八回に 森友哉選手、中村剛也選手の適時打で同点に追いついた。 6-6で迎えた十回裏、西武は浅村栄斗選手がサードゴロで気迫のヘッドスライディング。 一旦はアウトと判定されるもボールがミットからこぼれてセーフになる。 続く山川選手の当たりはサードへの強烈なゴロ。 山川選手は一塁へのヘッドスライディングで併殺を阻止する。 オリックスはその判定に異議を申し立ててリクエストを求めたが、リプレー検証でもそれは覆らなかった。 続く森選手が打球を左中間へ飛ばすと、山川選手は全力疾走。 体重108キロの巨体を揺らしながら三塁も蹴って サヨナラのホームに頭から滑り込んだ。 勝利を呼び込むヘッドスライディング3連発だったが、珍しい山川選手のヘッドスライディングには 「なぜかちょっとコミカルに見えた」などの声が寄せられていた。 最強打線ですからね! ヒースとマーティンもナイスピッチ 打線は、外崎、メヒア、山川のホームラン、森友哉、中村のタイムリー、そして浅村、山川の執念のヘッスラ!!あれはほんとに気持ちが現れてた。

次の

4連敗CS敗退、涙で目を真っ赤に。西武・源田壮亮の悔いと覚悟。

ライオンズ やみそく

8月14日に西武ライオンズはメットライフドームでオリックス・バファローズと対戦し、6点差をひっくり返す逆転勝利で貯金を22に増やした。 最終回には山川穂高選手が気迫のヘッドスライディングでサヨナラ勝ちを呼び込んだが、ファンからは大柄な山川選手が滑り込む姿に 「笑ってはいけないのに笑っちゃう」などの声が出ていた。 気迫の3連続ヘッドスライディングでサヨナラ勝ち 西武は先発の多和田真三郎投手が 初回いきなりの6失点で波乱の幕開けを迎えた。 それでも少しずつ点を返し、立ち直った多和田投手も二回以降はオリックスのスコアボードに0を並べ続ける。 そして西武は八回に 森友哉選手、中村剛也選手の適時打で同点に追いついた。 6-6で迎えた十回裏、西武は浅村栄斗選手がサードゴロで気迫のヘッドスライディング。 一旦はアウトと判定されるもボールがミットからこぼれてセーフになる。 続く山川選手の当たりはサードへの強烈なゴロ。 山川選手は一塁へのヘッドスライディングで併殺を阻止する。 オリックスはその判定に異議を申し立ててリクエストを求めたが、リプレー検証でもそれは覆らなかった。 続く森選手が打球を左中間へ飛ばすと、山川選手は全力疾走。 体重108キロの巨体を揺らしながら三塁も蹴って サヨナラのホームに頭から滑り込んだ。 勝利を呼び込むヘッドスライディング3連発だったが、珍しい山川選手のヘッドスライディングには 「なぜかちょっとコミカルに見えた」などの声が寄せられていた。 最強打線ですからね! ヒースとマーティンもナイスピッチ 打線は、外崎、メヒア、山川のホームラン、森友哉、中村のタイムリー、そして浅村、山川の執念のヘッスラ!!あれはほんとに気持ちが現れてた。

次の