仁 最終回。 JIN

テレビドラマの「JIN~仁~」の最終回。あんな終わり方は無い...

仁 最終回

ドラマ「JIN -仁-」最終回戻った現代はパラレルワールド! 仁が戻った世界は前の世界とは違いました。 どういうことでしょう。 ドラマ「JIN -仁-」の最終回でもあったパラレルワールドとは パラレルワードとは簡単にいうと、 私達が存在する世界とは別に 平行して 違う世界があることです。 南方仁先生がいた時代からどのように パラレルワールドが起こったかの 説明は 紫色の中に書いてあるように 起こりました。 戻った現代は元にいた現代とは異なる 世界でした。 それは南方仁がタイムスリップしたことに より出来た世界でしたが、江戸時代の 資料に南方仁はいないことになっていました。 戻った現代で容姿が未来とそっくりで でも未来ではない 野風さんの子孫と思われる未来に出会います。 野風さんが命をかけて、 咲さんが自分の幸せを考えずに 仁と出会うことが出来るように 後の世に残そうとした野風の子孫の未来。 元の時代の未来とのことを受け止め、 江戸の世で咲にプロポーズした仁。 元の未来ではない野風の子孫の未来との 将来は果たしてどうなるのでしょうね。 ドラマ「JIN -仁-」の最終回のようなパラレルワールドの話 ドラマ「JIN -仁-」のようなパラレルワールドの 事件が起こったことをご存知でしょうか? 北海道での2017年1月の話ですが、 コンビニで、にせもののお金を使用して捕まった という事件です。 ただのニセ札かと思いきやなんと ニセ 「壱万円硬貨」でした。 子供でもだまされないような詐欺事件です。 壱万円硬貨はなんと 昭和六十五年と記されて いました。 昭和は六十四年で終わっています。 なぜ!! その使った男の人はなんの悪気もなく 1500円の商品と8500円のお釣りを受け取ろうと したのです。 当然、男は捕まったわけですが、1万円硬化を 特殊機関が鑑定にかけました。 鑑定結果は 希少な金属が使われているほど 上質で、技術も日本の造幣局が作るものと 同じぐらい 精巧に作られていました。 この壱万円硬貨は2012年にも茨城県で 見つかっていたこともあり、 数件このような報告が上がっています。 信じるか信じないかは別として 世の中不思議なことがたくさんあります。 他のパラレルワールドの体験談などの話などを記載しています。 たくさんの人が経験しています。 ぜひ読んでみてください。 まとめ ドラマ「JIN -仁-」での最終回で起こった パラレルワールドの世界とても興味深かかった のではないでしょうか! ドラマでは誰もが自分のことだけ考えず 他の人達のことを思って行動するような 場面がおおかったです。 昔はそういう人が多く、今では自分勝手に 行動する人も増えてきてるのが危惧されます。 現状では不要不急の外出禁止要請がありますが、 安易に外出する方もいらっしゃるので、今一度 考え直さなければいけません。 ドラマ仁を見ていれば、家で過ごせますね。

次の

あらすじ[最終話]|TBSテレビ:日曜劇場「JIN

仁 最終回

ホスミシンが登場するTBSのドラマ「JIN-仁-2(完結編)」の最終回(第11話)「完結~時空の果て…」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。 このページは「」からの続きです。 南方仁(大沢たかお)が橘咲を診断すると、橘咲は緑膿菌(りょくのうきん)に感染していることがわかった。 緑膿菌にはペニシリンが効かない。 江戸時代に緑膿菌を治療する薬はないが、自然治癒する可能性がある感染症だった。 しかし、橘咲(綾瀬はるか)は療養を続けても、症状は好転しなかった。 ふと、南方仁(大沢たかお)は、江戸時代にタイムスリップする直前に瓶に入った薬をポケットに入れたことを思い出す。 ポケットに入れた薬は緑膿菌を治療するホスミシンだったかもしれない。 南方仁(大沢たかお)はみんなに、橘咲(綾瀬はるか)を治す薬「ホスミシン」を持っていたかもしれないことを伝えた。 みんなは瓶を探すために町中をかけずり廻る。 その日の夜、江戸時代にタイムスリップしてきた野原で、ホスミシンを探していた南方仁(大沢たかお)は、ふと、現代のことを思い出した。 包帯の男は錦糸公園から病院へ運ばれてきた。 入り口と出口とは違うのではないか…。 南方仁(大沢たかお)は直ぐ、錦糸公園にあたる錦糸堀へ向かう。 南方仁は林の中を進んで崖にたどり着くと、坂本龍馬(内野聖陽)の声に促されて、崖から身を投げた。 ある日、南方仁(大沢たかお)が目を覚ますと、現代の病院のベッドだった。 既に手術は終わり、南方仁の顔には包帯が巻かれていた。 南方仁はベッドを抜け出すと、医局へ行き、橘咲(綾瀬はるか)を治す為の薬「ホスミシン」が入った瓶をポケットに詰め込んだ。 そして、あのときと同じにするため、ホルマリン漬けになった胎児様奇形腫を抱えて、病院の外階段へ向かう。 南方仁(包帯の男)が階段を上っていると、医師・南方仁(大沢たかお)が「戻りましょう」と言って呼び止める。 南方仁(包帯の男)が手を振り払うと、あの時と同じように、医師・南方仁は階段から転落して、消えてしまった。 南方仁(包帯の男)は「咲さん、すみません」と言って、その場で気を失った。 ある日の朝、南方仁が病院のベッドで目を覚ますと、もう顔に巻いた包帯も取れていた。 南方仁は同僚の医師・杉田に状況を尋ねた。 医師・杉田によると、錦糸町で倒れていた南方仁は、着物ではなく普通の服だった。 南方仁の手術をしたのは、同僚の医師・杉田で、取り出した腫瘍は胎児様奇形腫ではなく、普通の腫瘍だった。 南方仁(大沢たかお)は友永未来(中谷美紀)が入院しているはずの病室を訪れるが、ベッドに友永未来の姿は無かった。 歴史が修正されたのか…。 南方仁(大沢たかお)は同僚の医師・野口に、小説を書くアイデアとして、江戸時代にタイムスリップした医師の話をして意見を求めた。 医師・野口は、似たような世界が平行して存在しており、世界A現代の南方仁は世界Bの江戸時代にタイムスリップし、世界B現代の南方仁は世界Cの江戸時代へタイムスリップしたとすれば、説明できると答えた。 また、脳内の胎児様奇形腫については、双子の胎児が一方の胎児に取り込まれるバニシングツインで説明できるとした。 さらに、坂本龍馬の声については、心臓移植などで性格が変わる事例を例に挙げ、細胞を浴びた時に、何らかの原因で脳内の胎児と一体化したことにすれば、説明は出来るとした。 南方仁(大沢たかお)は、坂本龍馬(内野聖陽)が長州藩士・東修介(佐藤隆太)に切られたさい、鮮血を浴びており、医師・野口の説明に納得した。 ある日、南方仁(大沢たかお)は橘咲(綾瀬はるか)がどうなったのかを調べることを決意して、図書館へ向かう。 ペニシリンについて調べると、ペニシリンはイギリスの細菌学者フレミングが1928年に発見したが、日本では既に土着的に生産されていた、と本に書かれていた。 そして、日本でペニシリンを生産していたのは、日本古来の医学「本道」と西洋医学を折衷した医療結社「仁友堂」と記されていた。 本には、仁友堂のメンバーとして、佐分利祐輔(桐谷健太)や山田純庵(田口浩正)らの名前は残っていたが、南方仁(大沢たかお)と橘咲(綾瀬はるか)の名前は無かった。 橘咲(綾瀬はるか)はどうなったのか…。 南方仁(大沢たかお)は橘家があった場所へ向かうと、そこには、橘醫院(橘医院)があった。 「」へ続く。

次の

ドラマ「JIN

仁 最終回

もくじ• 「JIN仁」(2009)の結末までのネタバレ 『JIN-仁- レジェンド』 を18日から3週連続で 土曜・日曜に放送することを 発表した。 そのトラウマから、仁は難しい手術から逃げるようになっていました。 そんなとき出会った怪しい患者ともみ合って、病院の階段を転がり落ちて目を開けると、幕末にタイムスリップしていました。 たどり着いた幕末で仁は、瀕死状態だった武士・橘恭太郎(小出恵介)を現代医術で助けた縁で、家に厄介になることになります。 その後、坂本龍馬(内野聖陽)と出会い、不治の病の伝染病コレラの治療に励みます。 仁自身も感染してしまいますが、恭太郎の妹・咲(綾瀬はるか)の看病により持ち直します。 吉原で野風に出会う ある日、坂本龍馬は仁を遊郭の吉原に連れて行きました。 そこで野風という花魁に出会いましたが、現代の恋人の 未来(中谷美紀)と同じ顔で驚きました。 実は佐久間象山も未来から来ていた! ねこまろ そんな中、皇女和宮(黒川智花)が餡ドーナッツを食べて倒れたことから、毒を仕込んだと疑われて仁と咲は投獄されてしまいます。 ドーナツにヒ素が入っていて、仁の活躍を疎ましく思う藩医の三隅俊斉(深水三章)の仕業でした。 仁友堂のメンバーはあらゆる手段を用いて仁を救い出します。 野風がフランス人のルロンと結婚することになって、もらった支度金を仁の賄賂に当てて、仁を助けていました。 そして、野風は、仁と咲が幸せになるように伝えて、去っていきます。 咲にプロポーズ そして仁は、常に支え続けてくれた咲にプロポーズ! しかし咲は、私の幸せは、先生と一緒になることではなく、仁友堂を後世に残すことが大事だと断りました。 スポンサーリンク 最終回結末のネタバレ! おお、『JIN-仁-』も再放送してくれるのか。 原作とは多少展開が違ったりもしたけど、ドラマとしての完成度は高かったし、何よりキャスティングが抜群に良かった。 そこで、咲は銃で撃たれてしまいます。 咲の銃弾を取り出しますが、傷は化膿していました。 傷は、緑膿菌に感染していて、ペニシリンが効きません。 仁は、タイムスリップする時にポケットに入れた薬を思い出しました。 「あれは、緑膿菌に効くホスミシンだったかも」 そんな中、仁の頭の中に龍馬の声が聞こえ始めて、崖から身を投げてしまいます。 現代へタイムスリップ 目を覚ますと、仁は現代の病院で手術が終わった状態で、包帯がグルグルと巻かれていました。 咲のためにホスミシンを手に入れて、階段を降りると包帯の男とすれ違い、タイムスリップした時と同じ状況になります。 仁が現代から持ってきたホスミシン! ねこまろ しかし、仁友堂のメンバーにもう一人いたような気がするが思い出せない! あげ出し豆腐が好きで、現代の10円玉を見つめながら、その人のことを好きだった記憶をたどっていました。 そこで、先生に向けて、手紙を書いていました。 改めて「橘咲は先生をお慕い申しておりました。 」 仁の目に涙が浮かびます。 仁も「咲さん、私もお慕い申しておりました。 」呟きます。 歴史は繰り返される? ある日、医師として復帰した仁のところに脳腫瘍の患者が運ばれてきました。 橘未来でした! 仁は執刀医に名乗りを上げました。 もう、JIN仁の音楽が流れて来て、鳥肌のラストでした! JIN仁の次は日曜劇場「とんび」が見たい!.

次の