ぬか 名前 の 由来。 ぬか喜びの意味とは?語源・由来や類義語・対義語は?使い方を例文で解説!

2017/12/13の問題: ことば検定記録

ぬか 名前 の 由来

無料会員様やプレミアム会員様 5日間無料 はハンドル名で「みんなの名字の由来」に珍しい名字の由来や登録されていない名字ルーツの追加表記ができ、ご自分の幅広い名字由来の知識を多くの検索者に知っていただくことができます。 更に、知りたい名字を「情報求む」欄に掲載できます。 ユーザーの皆様は当サイトを無料でお使いいただけます。 名字研究の歴史 日本人の名字や系譜についての文献としては、古くは室町時代初期に成立した「」があります。 洞院公定 とういん きんさだ が編纂したもので、現在でも鎌倉時代以前の名字や家系を知る上で貴重な資料となっています。 江戸時代になると幕府や各藩の命により「」や「」を代表として盛んに家系図が作られるようになりましたが、学問として名字 姓氏 研究が本格的に行われるようになったのは、明治時代に入ってからとなります。 名字の種類 日本の名字 姓 の数え方には諸説あり、「伊藤、伊東、井藤、依藤、井東」など同じ「いとう」でも漢字構成の違いにより各1件とカウントする数え方や「伊藤」でも「いとう、いふじ」など「読み方の異なるもの」を各1件とカウントする数え方などがあります。 漢字と読みが異なるものをそれぞれカウントすると、苗字研究家であり文学博士である丹羽基二氏の著書「」によると 30万種弱と紹介されています。 これまで約30万種の名字を全て完璧に網羅できた文献や資料は国内に存在していませんでしたが、日本で唯一名字を専門的に調査している機関である名字由来netでは、日本人の名字を政府発表の2020年現在の最新統計データや全国電話帳データを元に独自に調査を行い、日本の全人口の 99. 名字ランキングでは、漢字の異なるものおよそ10万件を全国及び各都道府県、市区町村単位で人数や順位を掲載しています。 また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。 名字由来netについて 名字由来netは各名字の推計人数・順位といったランキングだけではなく、独自に調査を行った名字の由来をはじめ、日々日本中の皆様から沢山の名字情報が寄せられることにより絶えず進化している、日本人の名字「情報量No. 1」サイトです。 また、,対応のスマートフォンアプリもリリースしており、おかげさまでiOS版は AppStore総合第1位を2012年と2015年と 2度獲得するなど、多くの方々にご利用いただいております。 姉妹サイトの「」とあわせ、名字や家紋を総合的に、かつ手軽に調べることのできる現代の必携ツールでもあります。 年間の利用者数は累計 2,000万人以上。 名字由来netは日本の名字業界にデジタル革命をもたらし、業界No. 1として市場を広げ、牽引し続けていきたいと考えます。 名字由来netは「名字 姓 のルーツ」「名字の読み」「名字ランキング」が一度に検索でき「使いやすさ、わかりやすさ、アクセスしやすさ」を追求したお客様視点に立った情報検索サイトです。 で、皆様がお持ちの名字情報を随時受け付けしております。 名字の由来、読み方、分布、人数など些細な事でも構いませんので、ご存知の情報をぜひお寄せください。 名字由来netのビジョン 基本理念 「日本の系譜や姓氏・家系などの調査研究により人類学・歴史学の基盤の一つをなす地域や郷土の歴史や先達の優れた学業を知り、高尚かつ健全な日本人の名字・由来・家系図の普及と復興に関する活動を行い、日本人の社会文化活動の発展に寄与する。 」 我々は理念を踏まえ、 「地球的視野に立ち、世界中の顧客満足のため、『愛』をもって質の高いサービスを適正な価格で提供する」ことを目指しています。 名字の豆知識 日本の名字には難読姓が多く、現在では普通に読めないものも数多くあります。 理由としては、当たり前に呼んでいた名字の読みが、時代とともに廃れ、発音しなくなってしまう例などがあるためです。 例えば「東海林」さん。 山形県には多い名字であるが、「とうかいりん」と読む場合もあれば「しょうじ」と読む名字もあります。 荘園を司っていた職業部の「庄司」さんという名字に対し、東の海を渡ってきた林氏が、あるきっかけで荘園の管理を任され「東海林」と名のったことから、職名の「しょうじ」さんと周囲に呼ばれました。 結果「しょうじ」と読む名字になり、平民苗字必称義務令後の現代でもその名残となるなど、日本人の名字は複雑です。 丹羽氏は、全国に存在する難読姓の読みをわかりやすく探しだせる辞書をすでに執筆しています。 難読姓や珍しい名字に興味のあるかたは、をぜひご一読頂きたいと思います。 名字研究家 太田亮 おおた あきら 1884-1956 氏は「」という日本初ともいえる名字の辞書を1920 大正9 年に刊行しました。 さらに日本各地の氏族の出自、系譜について7年もの歳月をかけて調べ上げ、1942 昭和17 年に「」として上梓しました。 計3巻、7,000ページを越える大書である「姓氏家系大辞典」は、現在でも姓氏研究において欠かすことの出来ない第一級の文献とされています。 そして、それを受け継いだのが太田氏や民俗学者として著名な 柳田國男氏らに師事して名字研究を始めた 丹羽基二 にわ もとじ 1919-2006 氏。 全国 100万基の墓を巡るなどして、名字や家紋の研究を行いました。 代表的な著書に「」「」があります。 日本最大100冊以上の名字本を執筆し、日本の名字研究に金字塔を打ち立てた第一人者です。 他にも国内には素晴らしい名字研究家や郷土史家が数多く存在します。 名字由来netは多くの地道な研究家の方々を。 家系図について 古来より日本では家系図をつくることは、ご先祖様を祀ること、供養すること、自分や先祖を清め 浄め 浄化する、重要な第一歩と考えられてきました。 そのため自身の先祖を知ること、残すことは、子孫にも影響する、伝統的でとても大切な記録ともいえます。

次の

ビタミンの名前の由来

ぬか 名前 の 由来

概要 [ ] のはと呼ばれる形態で、を一体化したとで硬く覆われている。 これを除去する過程が精白で、この際得られる穎果の表層部分が糠である。 日本では、歴史的にから出るものが身近であったため、単に糠といえば「米糠」を指す場合が多い。 米の栄養素の95%は米糠中に存在する。 他に、の糠は「麦糠」、の糠は「ふすま(麬)」という。 の糠は、オートブランという。 多くの穀物では穎果の外層がよりももろいため、精白に際して杵や棒で搗くなどして表面に衝撃を与える(搗精)ことで糠だけが砕けて胚乳から剥がれる。 これをふるいわけて分離する。 小麦の場合は胚乳のほうが穎果の外層よりももろいため、穎果全体を丸ごと砕いて製粉するときに細かく砕けず粗大片として残るふすまをふるいわけて分離する。 同じイネ科のは、大きな胚乳の回りの果皮が厚く、収穫から日数が経過したものは乾燥・硬化して除去がさらに困難となるため、そのまま挽いて糠ごと粉にして食用とする(など)。 を含まず粘性がないので、中南米ではと呼ばれるアルカリ処理を行ってのような粘性と吸収性をもたせ、これを挽いて糠ごと粉にしたを作って食用(などが知られる)とする。 利用 [ ] 食品としての利用 単品では使用されることが少なく、油分が多いことから油()を絞る、あるいはが高いことからの一種であるの「ぬか床(ぬかみそ)」として使用される。 精白せずにやといったかたちで、糠ごとを食べることもある。 また、の調理をする際に行う抜きと鮮度保持のための下茹での際に使用する。 ビタミンB群を多く含むため、米糠は明治期にに効果あるとされた。 この報告は正しかったが、当時の識者からは嘲笑で迎えられた。 の・地区やなど旧に属する地域では、やなどの青魚をぬか床(糠味噌)その他の調味料で煮る(北九州では「じんだ煮」と称する。 現代では「ぬかみそ」と言えばぬか床のことであるが、古来はや、などと合わせてされた「ぬかみそ」が現代ののように直接食用とされていた。 「ぬか炊き」はその名残である。 現在、食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が含まれている点 が見直され、特に小麦ふすまを「 ブラン」と呼んで健康食品等に利用する例も増えてきている。 洗剤としての利用 日本ではが普及するまで、米糠はとしても広く用いられていた。 米糠に含まれるというがの役割を果たしているとされている。 布袋に包んで、やを磨き上げるなどのにも利用された。 飼料・培養基としての利用 脱脂した米糠はやのに配合されることがあるほか 、鋸屑と米糠を混ぜたものは栽培の培養基として活用されている。 工業製品としての利用 近年では脱脂した米ぬかを原料するRB Rice Bran:米ぬか セラミックなども開発されている。 軽量ながら高い強度と硬度を持ち、優れた耐摩耗性、低摩擦特性があるため無潤滑のすべりなどに利用され、の赤外線分析装置の可動部にも採用されている。 その他にもゴムに混ぜる事でウェット面でも耐滑性が得られる事からRBセラミックをゴム底に配合した靴やトレッドゴムに配合した自転車用タイヤなどが製品化されている。 糠と動物 [ ]• 米糠の臭気は、糠を好物とするを呼び寄せる可能性を高める。 日本では、しばしば米糠を貯蔵する倉庫がクマの襲撃を受ける事例が発生する。 主な成分 [ ] 米ぬか 100 gあたりの栄養価 1,723 kJ 412 kcal• 抗作用・抗作用、やの予防、形成抑制の効果などがあるとされる。 や、異常に起因する、、に有効とされる結果もある。 米糠に特有である。 吸収、防止機能があり、やに用いられる。 米糠に特有である。 の吸収を抑える作用、などのに効用があるとしてとして用いられる。 また、防止のためにに用いられる。 脚注 [ ]• 門田, めぐみ 2005 日本語 , , 公益社団法人 日本ビタミン学会, : , 2020年3月18日閲覧。 Vegeday. 2020年3月18日閲覧。 www. ja-gp-fukuoka. 2020年3月18日閲覧。 2020年1月30日閲覧。 生活向上委員会 『これで解決!おばあちゃんに聞く生活の知恵』 SMART GATE Inc. 、2015年6月。 佐藤裕子,飯野 幸弘,沼澤穂奈美,小松正尚「飼料用籾米と脱脂米糠の給与が「やまがた地鶏」の生産性に及ぼす影響」『山形県農業研究報告(Bulletin of Agricultural Research in Yamagata Prefecture)』第10巻、山形県農業総合研究センター、2018年3月、 69-76頁。 下郡洋一郎, 浦野松幸「人工飼料原料の可消化粗蛋白質含有率と代謝エネルギー」『日本蚕糸学雑誌』第57巻第5号、社団法人日本蚕糸学会、1988年、 393-397頁、 :。 Ito, Hitoshi; Sato, Tomotaro 1975. NIPPON SHOKUHIN KOGYO GAKKAISHI 22 8 : 401—407. www. glocaldream. mech. tohoku. 2020年3月18日閲覧。 秋田魁新報 2019年6月20日. 2019年6月18日閲覧。 ibcニュース 2019年6月6日. 2019年6月18日閲覧。 、「」 関連項目 [ ] に関連の辞書項目があります。

次の

へしこ

ぬか 名前 の 由来

鯖のへしこ(切り身) へしことは、青魚にを振ってにし、さらににした、および水産加工品である。 地方()およびの伝統料理で、越冬のとして重宝されている。 若狭の特産品・土産物として、漬け込む魚の種類も「へしこ」「へしこ」などが加わり、福井県で親しまれている。 糠を軽く落とし火で炙ったものはやのに良い。 新鮮なものであればで食べることもできる。 現代では塩とだけでなく、塩漬け後に生じる、、、、なども味付けに用いる。 こうした漬けダレの配合比率や、生産する地域の気候により、味は製造業者ごとで微妙に異なる。 同じく魚を糠漬けにする料理として、のではを使ったがあり、へしこの調理法がによって現地に伝わり広まったと言われている。 その他 [ ] 12月、「さばのへしこ」として、の一つに選定された。 また、若狭地方のにはのが存在する。 同町では、客の減少を受けて1997年から名物料理検討委員会でに使える郷土食を議論して、鯖のへしこを重点を置くこととした。 濃厚なを生かして、洋風料理の具にも使っている(、、、など)。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の