アジングフロート。 楽しさは無限大!! 夏のアジングを制するためのノウハウ|【Shar's=Style= vol.11】

アジングにおすすめのラインは?フロロ・エステル・ナイロン・PE徹底比較!

アジングフロート

アジングフロートリグは「Fシステム」がおすすめ 出典: フロートリグは幾つか種類があるが、ツリネタ編集部が最もアジングにおすすめするフロートリグはアルカジックジャパンが発売している「シャローフリーク」を活用したFシステムです。 上記のように、メインラインとリーダーを結束した際に出る切れ端にシャローフリークを結束し、その延長上にジグヘッド+ワームを取り付けるというシンプルな仕掛けとなっています 余分な接続金具がないため感度、操作性よくフロートリグでのアジングを楽しむことができ、また15gまでのウエイトラインナップが揃えられているため、50m以上の飛距離を叩き出すことが可能。 ジグ単アジングでは10m〜20mが射程圏内となるため、この飛距離差は釣果に大きく影響することだろう• Fシステムで使うロッド・リール・ライン フロートリグで使うタックル、というよりFシステムで使うタックルセレクトだが、基本的には一般的にアジングにて使われるロッドよりもワンランクもツーランクも強力な仕掛けを使うことが大前提となる。 フロートリグでのアジングは多くの場合10g以上のウエイトを背負うことになるため、そのウエイトを問題なくキャストでき、遠く沖へ届けることができるタックルセレクトが鍵となります では、フロートリグ、及びFシステムで使うタックルセレクトはどのように考えるべきか?まとめます ロッド フロートリグ専用のアジングロッド ロッドの長さ 7ft〜9ft 流用可能ロッド エギングロッド・チニングロッド・シーバスロッド リール 2000番手のスピニングリール リールのギア比 ハイギアが推奨だが、ノーマルギアでもOK ライン PEライン0. 4号 ショックリーダー フロロカーボン4lb ジグヘッド 0. 2g〜0. Fシステムの釣り方・使い方まとめ フロートリグ(Fシステム)を使ったアジングでの使い方、釣り方ですが、基本的には投げれる場所まで大遠投し、ゆっくり巻いてくるだけでオッケー。 広範囲を広く探ることができるが、手っ取り早くアジの居場所を掴まないと時間的ロスが大きくなるため、アジが溜まっている場所をいち早く見つけることが釣果を伸ばす鍵 また、やはりアジングでは「フォール」主体の釣りとなるため、ただ巻きで通すよりも、リトリーブの中にステイを入れ、フォールを入れることが推奨される。 フローティングタイプのシャローフリークの場合、フロートが支点となりジワーっとフォールさせることができるため、リトリーブの中に10秒ほどステイを入れ、長くフォール、漂わすことも有効的 時間的ロスを失くす フロートリグは広範囲を攻められるが、回収による時間ロスが大きいため、いち早くその日のパターンを見つけよう フロートリグの使い方 ただ巻きの中にステイを入れ、フォールでの釣りがおすすめ 応用技 フローティングタイプのシャローフリークを使い、フロートを支点とした漂わす釣りもおすすめ(具体的な釣り方は後ほど) 合わせて読みたい アジングにおけるフロートリグの基本 フロートリグ仕掛けの基本と釣り方を知った上で、続いてフロートリグでアジングを楽しむときの基本をまとめます。 フロートリグで釣果を伸ばすために基本を押さえることが大事な要素となるため、ぜひ知っておいて下さい• フロートリグを使うタイミング• ドリフトの釣りにも最適• ボトムを攻めるのは不得意 飛距離が必要な状況下にて使おう フロートリグを使うタイミングですが、やはり「飛距離が必要」な状況下にこそフロートリグを活用すべきでしょう。 逆に言うと、飛距離がいらない状況下でのフロートリグは手間と手数が増えるだけのデメリットだらけの仕掛けとなるため、アジが沖を回遊している、遠浅な場所でアジングを楽しむ、尺アジが沖を回遊している、など、兎にも角にも飛距離が必要な状況下にてフロートリグを使っていきましょう また、反対に水深が浅いシャローエリアにもフロートリグを活用できる場面があります。 具体的に言うと、ジグ単ではすぐにボトムへ付いてしまい、根掛かりが多発してしまう・・・このような場合、フローティングタイプのフロートリグを活用することで、フロートが支点となりワームがボトムまで沈むことを避けられるため、浮き代わりとしてフロートリグを使うのもあり 合わせて読みたい 所謂「ドリフト」の釣りにも最適 フローティングタイプのフロートリグを使うことにより、ドリフトの釣りを用いたアジングを簡単に実践することができます。 アジングにおけるドリフトとは、上流から下流に掛けてワームを流していく釣法であり、潮に向かって頭を向けているアジに向かって、ワームを流れに乗せたまま届けてあげる、簡潔に言うとこのような釣り方です フローティングタイプのフロートリグを使うことで、ワームが取ったリーダー以上は沈まなくなります。 つまり、フロートリグを支点にワームを一定レンジに留まらせることができ、レンジキープ容易にドリフトの釣りを展開することが可能。 ただし、アジが表層付近を意識しているときのみ有効的な釣法となるため、その点を考慮した上で使っていきましょう 合わせて読みたい ボトムを狙うのは不得意 残念なことに、フロートリグは表層付近、またはシャローエリアに特化したリグとなるため、深場のボトムを攻めるのに適していません。 また、浅場であっても潮が速い場所など、フロートリグが流されてしまう場所に関しても、ボトムを攻めることが難しくなるでしょう。 アジはボトム付近を回遊していることも多く、特に大型になるほどその傾向が強いため、飛距離を出しボトムを攻めたい そんなときは、フロートリグではなく「キャロライナリグ」や「スプリットショットリグ」を活用することがおすすめです。 あくまでアジングにおけるフロートリグの使い所は表層付近を攻めるとき、シャローエリアを攻めるとき、この2点を重要視しておきましょう アジングにおすすめフロートリグ5選 最後に、アジングに使うと捗るおすすめなフロートリグを紹介しておきます。 一言でフロートリグとは言っても色々なタイプがあるため、自分の釣りにあったフロートリグを使い、遠く沖にいるアジに狙いを定め釣果を伸ばしていきましょう シャローフリーク.

次の

MAKEAFISH!!30 Fシステムのすすめ

アジングフロート

スロージギングリールの選び方 まず狙うターゲットとその水深を確認し、それに合うメインライン(PEライン)の太さと長さを決めます。 そして、そのメインラインがすべて収まる糸巻量のリールをいくつかピックアップします。 あとはそのリールの中から、ドラグ力、巻上長、ハンドル長、ベアリング数、スプール寸法、自重、ギア比(ハイギヤ・パワーギヤ等)といった要素がその釣り方の特性に合っているリールを選択すればOKです。 以上がスロージギングにおけるリールの選び方とその流れです。 スロージギングのリールはスピニング?ベイト? スロージギングはバーチカル(垂直方向)でフォール主体の釣りですから、クラッチを切るだけで容易にフォールさせることができるベイトリールが適しています。 また200メートルを超えるような深海のディープジギングも視野に入るスロージギングにおいては、これもまた巻き上げ力の強いベイトリールが適しています。 青物のドテラ流しのようにキャスティングもするようなジギングであれば、たしかにスピニングリールにも優位性があります。 しかしバーチカルでフォール主体、スパンカーで船をたてたりするようなスロージギングにおいては、ベイトリールが圧倒的に有利なのは間違いありません。 最近のベイトリールは技術の進化でドラグも非常に高性能で、スピニングリールのそれと遜色ない仕上がりですから、ベイトリールになじみのない方も一度手にしてみて下さい。 きっとその釣り味の良さに浸っていただけると思います。 スロージギングで使用できるベイトリールは複数のメーカーからリリースされており、スペックも価格帯も多種多様です。 そんな様々なベイトリールの中から、当ブログで厳選した人気機種をランキングでご紹介します。 スロージギングおすすめリールランキング|最適な人気機種を厳選! 前項で解説した通りスロージギングにおいてリールはターゲットと水深、釣り方に合わせるのが基本です。 したがっておすすめリールもターゲットと水深、釣り方によって多様に変化します。 ターゲットと水深、釣り方による推奨リールは別ページで解説させていただき、ここでは総合的な評価としてのスロージギングおすすめリールをご紹介します。 スロージギングおすすめリール1位|シマノ オシアジガー シマノを代表するオフショアジギングリール・オシアジガーはジギングリールの先駆け的存在。 堅牢なボディ、力強く滑らかな巻き、そして酷使に耐えるタフネス、を謳うシマノのジギングリールの代名詞がオシアジガーです。 回転抵抗を最大約60%排除し、軽快にしてパワフルな巻き上げを実現させた新機構インフィニティドライブを搭載。 高剛性HAGANEボディとXプロテクトの高い防水性能による完璧な内部構造。 ・・・などなど、この辺りのスペックの部分は公式サイトで詳細に解説されていますが、とにかく最高の素材と最新の技術が詰まりに詰まった最強のリールです。 近海から中深海までカバーする豊富なバリエーションがあり、オシアジガーのみで大半のスロージギングをカバーすることができます。 自分自身、スロージギングで使用しているリールの半分以上がオシアジガーで、水深やターゲットや釣り方に合わせて使用する番手を変えています。 中でも1500 1501 という品番のオシアジガーは、近海から中深海まで様々な場面で使える番手でヘビーローテーション必須なので、最初の一台目に購入するスロージギング用のリールとして自信を持っておすすめします。 スロージギングおすすめリール2位|シマノ オシアコンクエスト シマノのオフショア用両軸リールのフラッグシップモデルであるオシアコンクエストです。 高剛性のHAGANEボディ、高耐久クラッチやドライブギアといった強靭な内部パーツ、ひたすら滑らかでシルキーな回転性能のマイクロモジュールギア・・・その性能を語れば一筆では書き切れないほどですので、こちらもスペックの詳細はシマノのHPをご覧になってください。 前述のオシアジガーと決定的に違うところ、それは使用するラインの細さといえます。 オシアコンクエストはより細いライトラインを扱うのに適したサイズ感であり、オシアジガーにはないレベルワインダーも搭載しています。 繊細なスロージギングに適した仕様ですので、対象魚や釣り方に合わせて番手を選ばれてみて下さい。 ちなみに私が最も多用するのが300HGという番手です。 (当方左巻きなので厳密には301HGです) この300番台のオシアコンクエストは、近海のサクラマスジギングから中深海のアカムツジギングまで幅広く使用させてもらってます。 PE0. 8号~1. 2号くらいまでのラインをその状況に合わせて使い分けていますが、非常に使用感が良く、オシアコンクエスト無しには釣りを成立させにくい日もあるほどです。 オシアジガー同様、かなり出番の多いリールになるので、ライトラインを使った繊細なスロージギングをよくされるという方はぜひ使ってみてください。 スロージギングおすすめリール3位|スタジオオーシャンマーク ブルーヘブン ジギングファンなら一度は手にしてみたい・・・そんな憧れのリールのひとつでもあるスタジオオーシャンマークのブルーヘブンシリーズ。 近海フィールドにおけるスタンダードモデルBHL50、そこからギヤーサイズ、フレーム強度軸受け強度をアップしたBHL30、パワフルを追求したBHL120、そして更にパワーと耐久性を向上させた最強のジギングベイトリールBHL120。 ブルーヘブンシリーズは本気のジガーが求めるデザイン、タフネス、ドラグ、メンテナンスだけでなく、ジギングにおいて重要な要素である高感度も追及しています。 このような特徴を持つブルーヘブンシリーズは他社のリールとは一線を画している部分があり、その虜になるヘビーユーザーも少なくありません。 私の釣り仲間内にはそれまで使っていた他社のリールをすべて手放し、ブルーヘブンに乗り換えてしまったという信者と言えるほどハマってしまった人もいます。 ブルーヘブンでのスロージギングは普段とれないようなアタリやノイズをとらえることができ、その高感度の恩恵を強く感じます。 普段から感度を必要とするターゲットをスローピッチジャークで狙っている方は、一度このブルーヘブンシリーズを触ってみてください。 特に感度という要素において、今までにない新しい感覚に出逢うことができるかもしれません。 スロージギングおすすめリール4位|エバーグリーン オケアノス スロージャーカーでもお馴染みのエバーグリーンからリリースされた、スローピッチジャークに最適なジギングリールがオケアノスです。 大きな特徴は3つ。 トラブルレスなオリジナルラインガード、スローピッチジャークに最適なハイギア仕様、ライトラインに対応するスムーズドラグ、です。 近海ジギングを快適に楽しむためのエッセンスがふんだんに盛り込まれたオケアノスは、操作性に優れたロッド、細く強いライン、よく動くジグ、多彩なフックなど、進化するジギングタックルを最大限に生かすことのできるリールといえるでしょう。 また、オケアノスの特別仕様としてドラグフォール釣法に対応し、海中感知性能を向上させたオケアノス ワイド。 あの佐藤統洋氏が近海ジギングで求めるリールの性能をとことん突き詰めそのこだわりを具現化させた特別モデルです。 フォール中のジグにレバードラグ式リールを作用させ適度なドラグ力をかけ、スピードやアクションを自在にコントロールするという繊細で画期的な釣法を可能にしています。 より細かい巧みな操作ができるこのオケアノスワイドもまた、進化するジギングタックルの性能のシナジーを極限まで高めるリールといえるでしょう。 その他おすすめリール• アルファタックル マーフィックス 高強度ステンレスマシンカットギア&屈強なアルミワンピースフレーム搭載。 スムーズなドラグ機能を有するレバードラグと大口径コルク製ドラグワッシャー採用で安心のやり取りが可能。 大型魚のマグロ・マーリン、強烈な引きのカンパチ・ヒラマサなどとスタンディングで真っ向勝負できるリール。• ダイワ ソルティガ ベイトキャスティングモデル 耐久性の高いハイパーデジギヤをメインギヤに採用。 精密でパワフルなオールマシンカットアルミボディ、ピニオン部にはこれまた高い耐久性のマグシールドボールベアリングを搭載。 大型魚にも余裕をもって対応できる堅牢ジギングベイトリールです。• ラインキャパは豊富なバリエーションで近海ハードジギングから中深海ジギングまで可能。 深場のジギングも快適なレベルワインド搭載。• リアルメソッド REALMETHOD GINEGA 100RH 剛性、軽量性をアルミボディによって向上させたソルトウォーター仕様の丸型両軸リール。 防錆シールドベアリングとしてステンレス製ベアリングを採用し、スムーズな回転と優れた耐腐食性を実現。• アキュレートジャパン ボスエクストリーム 強く小さく美しいアルミ削り出しボディを謳うアキュレートリール。 強靱なウルトラパワーギアと世界最高峰のツインドラグシステムを採用。 カジキやマグロと真っ向勝負してもギア飛びしない頑丈なオフショアリールです。

次の

おすすめフロートリグの仕掛けやタックルについて[アジング]

アジングフロート

アジングはジグヘッド+ワームの組み合わせである、所謂「ジグ単」の釣りを軸に楽しむ釣りではありますが、1g前後のリグを使ったときの飛距離は、どう頑張っても30mが限界であり(10m〜20mの飛距離が妥当)、 「遠く沖を回遊しているアジ」を狙うことは不可能です。 場所によっては「飛距離を出さないことには話にならない」ようなポイントもあるため、そのような場所では、どうアジングを展開していくか?が釣果を分ける大事な要素となり、外せないポイントとなってきます。 そこで便利なのが「フロートリグ」を用いた方法で、ジグ単の釣りでは10〜20mほどの飛距離で戦わなければいけないところ、フロートリグを使うことで50mほどの飛距離を出すことができるようになるため、 「飛距離を出すことが絶対条件」な状況下では、これ以上ない武器となるのです。 今回は、そんな「フロートリグ」の仕掛けや作り方、その使い方までを詳しくまとめていこうと思いますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。 フロートアジングを楽しむときの仕掛け(ロッド、リール、ライン)の考え方 1g前後のリグを扱う一般的なアジングでは、〜3gまでのリグを扱えるタックルセレクトを組むことが大半ですが、フロートアジングを楽しむときは、〜15g前後のリグを組むことが多くなるため、 「重たいリグを背負うことができるタックルセレクト」が必要不可欠な要素となってきます。 一般的なアジングロッドだと、〜5gまでがリグウエイトとして設定されていることが多いため、エギングロッドやシーバスロッドを流用するか、フロートリグを扱うことに特化したロッドを使うことが絶対条件となってくるのですね。 ただし、あまりにパワーが強いロッドや重たいロッドでは、操作性が悪くなったり、感度が低下することになるため、できる限りライトなロッドをセレクトしていきましょう。 フロートアジングで使うリールですが、基本的には 「ロッドとバランスが取れたもの」を使うことが理想的です。 番手で言うと各メーカー2000番〜2500番が最適で、後はロッドの重量とリールの重量のバランスを考え、先重りしないタックルバランスを意識しておけばオッケーですね。 ラインの種類はPEライン、太さは0. 4号〜0. 6号、ショックリーダーはフロロカーボン4〜10ポンドを、必要な強度に応じてセレクトしていきましょう。 かっ飛びボール• シャローフリーク• ぶっ飛びロッカー では、それぞれ一つずつ詳しく見ていきましょう。 ハピソン かっ飛びボール かっ飛びボールは中に電球が内蔵されており、電池を入れることで光ってくれる、非常に視認性に優れたフロートリグです。 真っ暗闇の中、フロートアジングを楽しむときは「仕掛けがどこに飛んだか分からない」「巻きすぎてティップに仕掛けを巻き込んでしまう」などなど、ストレスが溜まる要素が多いのですが、かっ飛びボールはその全ての悩みを一撃で解消してくれます。 光色は赤、青、緑が用意されており、ウエイトは4. 6g〜7gがラインナップされており、サスペンドからエクストラシンキングまで、フォールスピードが選べるようになっています。 アルカジックジャパン シャローフリーク シャローフリークは最早フロートリグの定番とも言えるアイテムとなっており、「Fシステム」というリグを組むことで、ジグ単のような感度精度を誇ったまま、遠投でのアジングゲームを楽しむことが可能となっています。 シャローフリークにはフローティングタイプとダイブタイプの2種類が用意されており、表層付近を回遊しているアジを狙うときはフローティング、中層〜ボトム付近を攻めたいときはダイブタイプと、異なるアジングを楽しむことが可能であり、ウエイトは7. 5〜16. 6gまでがラインナップされています。 出典: シャローフリークを使ったFシステムの作り方はこんな感じで、ショックリーダーを結束するときに出る不要なライン(カットするライン)上にシャローフリークを結束するという、なんとも不思議なリグとなっています。 フロートが孤立していることから、従来持つ感度性能を損なわずにアジングを展開していけるため、「ちょっとしたアタリをモノにすることが大事なアジング」において、これ以上ないフロートリグとなっています。 アルカジックジャパン ぶっ飛びロッカー こちらもアルカジックジャパンからリリースされているフロートリグで、Fシステムとは違い「中通し式」のフロートリグとなっています。 「Fシステムを組むのが面倒」そんなときは、ぶっ飛びロッカーで文字通りぶっ飛しちゃいましょう。 フロートリグの使い方 超遠投を可能とするフロートリグですが、一体どのような使い方をすれば良いのでしょうか?基本的には「ジグ単と同じような使い方」でオッケーなのですが、ちょっとした使い方のコツがあるため、その辺りについて詳しくお話していこうと思います。 フロートアジングの使い方としては、「ただ巻き」「ただ巻き+フォール」「チョンチョンフォール」この3つがあるため、それぞれ一つずつ、詳しく簡潔に見ていきましょう。 (Fシステムを基準にお話していきます) ただ巻き 文字通り、「ただ巻いてくる」だけのテクニックとなります。 ただし、ただ巻きでコンスタントに釣果を得るためには、その日の(アジの)活性に合わせたリトリーブスピードを見つけ出すことが肝心で、2秒に1回転ほどのスローリトリーブが効くこともあれば、少し速めのリトリーブが効くこともあるため、色々試してみるのが釣果を伸ばすコツとなります。 アジは(どちらかと言うと)横の釣りよりは縦の釣りに好反応を示す魚ですが、 活性が高いときほどただ巻きに好反応を示す傾向にあるため、アジが表層付近に浮いているような状況下や、積極的にベイトを追い回しているような状況下では、「ただ巻きオンリー」のフロートアジングを楽しんでいきましょう。 ステイを入れるただ巻き アジの活性が渋いときなど、「ただ巻き」だけでは反応が鈍いことがありますが、そんなときは「ステイを入れたただ巻き」を試してみて下さい。 グルグルとタダ巻きで引いてきて、そのままテンションフォールで沈める。 こうすることで(フローティングタイプのフロートでは)フロートリグを軸にワームが斜めに落ちていくこととなり、落ちきるとそのレンジをキープしたまま、ユラユラと漂うアクションを演出してくれます。 また、ステイしたままラインテンションを掛け、そのまま放置しておくことで、潮の流れや風によりフロートリグが動き、よりナチュラルな誘いを掛けることができるため、 所謂「巻かない釣り」でアジを狙うテクニックも、アジに有効的な方法です。 チョンチョンフォール アジが散っているときなど、積極的にアピールしていくテクニックが「チョンチョンフォール」です。 その名の通り、ロッドで2〜3回ほどチョンチョンとアクションを入れ、その後のカーブフォールで口を使わせる・・・という、アジングのスタンダードとも言えるテクニックですね。 ただ巻きの釣りで反応が鈍いときに最適な方法であり、良く釣れるテクニックなので、ぜひお試しあれ。

次の