時候 の 挨拶 ビジネス。 時候の挨拶/結びの挨拶一覧 1月〜12月 文例集 by 直子の代筆

「時候の挨拶」「季節の挨拶」の書き方とビジネス例文!月別も紹介

時候 の 挨拶 ビジネス

ビジネスでも使える6月の時候の挨拶と結びの挨拶を例文付きで解説 ビジネスレターで注意すべき点はいくつかありますが、中でも神経を使うのが、時候の挨拶でしょう。 それぞれの時節に合わせた時候の挨拶は、ビジネスレターなどの手紙では欠かせないものながら、いざ書くとなるとそう簡単ではありません。 今回は6月の時候の挨拶について、例文付きで詳しく解説していきます。 また、結びの挨拶についても紹介していますので、ビジネスレターを書く際の参考にしてみてください。 6月の漢語調の時候の挨拶 ビジネスで使える6月の時候の挨拶、まずは漢語調の挨拶について見ていきましょう。 初夏の候 使用時期:5月上旬~6月上旬 「初夏」とは、文字通り「夏のはじめ」の意味です。 暦の上では5月6日ごろの「立夏(二十四節気の1つ)」から夏に入りますが、そこから6月上旬の「芒種」までを、「初夏」と呼ぶようになっています(ちなみにこの後、「仲夏」「晩夏」と続きます)。 ですから「初夏の候」の挨拶は、「夏が始まったばかりの季節」といった意味であることになります。 それでは、「初夏の候」を使ったビジネスレターの例文について、以下でご紹介しましょう。 結びの挨拶も加えてあります。 <例文> 拝啓 初夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご愛顧を賜り、まことにありがとうございます。 (本文) 今後ともよろしくご用命のほどお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます。 敬具 入梅の候 使用時期:6月上旬~6月中旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いてご紹介する漢語調の挨拶は、「入梅の候」です。 「入梅(にゅうばい)」とは、「梅雨入り」を意味しています。 「梅雨」はもちろん、本格的な夏が始まる前の、6月から7月ごろにかけて雨が多くなる時期を指します。 気象的には毎年大体6月中旬ごろから梅雨入りしますが、雑節(二十四節気以外の季節の節目)では6月11日ごろを「入梅」と呼ぶようになっています。 ですので、「入梅の候」は6月上旬から中旬にかけて使われる挨拶です。 「入梅の候」を使用したビジネスレターの例文を、以下に挙げてみましょう。 <例文> 謹啓 入梅の候、貴社いよいよご発展の由、何よりと存じます。 平素は格別のお引き立てをいただき厚くお礼申し上げます。 (本文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書面にてご案内申し上げます。 謹白 夏至の候 使用時期:6月下旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いての漢語調の挨拶の例は、「夏至の候」です。 「夏至(げし)」とは二十四節気の1つで、太陽の黄経(黄道座標の経度)が90度に達する日を言います。 北半球においては、昼がもっとも長く、夜がもっとも短くなる日です。 太陽暦では、6月21日ごろを指すようになっています。 「夏にいたる」と書く通り、この日を過ぎれば本格的な夏の到来となる、区切りの一日でもあります。 では、「夏至の候」を使ったビジネスレターの例文を、以下にご紹介しましょう。 <例文> 拝啓 夏至の候、貴社ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。 平素はひとかたならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 (本文) 今後とも末永くお引き回しのほどお願い申し上げます。 まことに略儀ではございますが、書中をもちましてご通知申し上げます。 敬具 6月の口語調の時候の挨拶 ビジネスで使える6月の時候の挨拶、漢語調の挨拶について見た後は、口語調の挨拶についてご紹介しましょう。 通常の手紙でもそうですが、ビジネスレターでは特に相手への礼が重んじられます。 そのため形式的に漢語調の挨拶が多く使われますが、比較的親しい相手に対しては、ややくだけた口語調の時候の挨拶もよく使われます。 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました 使用時期:5月上旬~6月上旬 こちらの挨拶は、「初夏」と「青空」という言葉を使っているのがポイントです。 夏の始まりは、特に爽やかな青空が印象的な時期ですから、そうした気持ちを折り込んだフレーズとなっています。 前述のように、「初夏」は5月はじめごろから始まり、6月上旬まで含まれますので、そのころに使うのが適切でしょう。 それでは、こちらの挨拶を使った例文を、以下でご紹介しましょう。 こちらも結びの挨拶付きです。 <例文> 拝啓 初夏の晴れ晴れとした青空がうれしい季節となりました。 皆様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはひとかたならぬお心遣いを賜り、心からお礼申し上げます。 (本文) 今後とも変わらぬお引き立てのほどお願い申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 敬具 うっとうしい梅雨空が続きますが 使用時期:6月中旬~7月上旬 ビジネスで使える時候の挨拶、続いてご紹介する口語調の挨拶は、「梅雨」に関するものです。 梅雨に関してはすでに説明した通り、毎年6月から7月にかけて雨が多くなる時期を指しています。 季節の風物詩でもあり、夏の水源としては欠かせない現象ですが、長雨が続くのはやはり気分を滅入らせます。 こちらの挨拶は、そうした感情を折り込んだフレーズとなります。 それでは、こちらの挨拶を取り入れた例文を、以下に挙げてみましょう。 いつも一方ならぬお力添えにあずかり、誠にありがとうございます。 (本文) 長雨が続きますが、風邪などお召しにならないようお気をつけください。 敬具 水無月に入り、蒸し暑い日が多くなりました 使用時期:6月全般 ビジネスで使える時候の挨拶、続いての口語調の挨拶の例は、「水無月」という語を含んだものです。 「水無月」の読みは「みなづき」で、6月を指しています。 各月を数字で表すようになったのは、太陽暦が取り入れられた明治はじめごろからですが、それまでは和風の呼び方で月を表していました。 6月を「水が無い月」と呼ぶ理由には諸説あり、未だに定まってはいません。 この挨拶は、気温と湿度が上がって少々不快な様子を表しています。 では、こちらのフレーズを用いた例文をご紹介しましょう。 <例文> 拝啓 水無月に入り、蒸し暑い日が多くなりましたが、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 日ごろは格別のご協力をいただき、感謝にたえません。 (本文) 梅雨冷えの厳しき折、どうぞご自愛ください。 まずは取り急ぎお知らせまで。 敬具 6月の結びの挨拶 ビジネスに使える6月の時候の挨拶について見たところで、ここからは結びの挨拶について見ていくことにしましょう。 梅雨に関する結びの挨拶 まずご紹介するのは、梅雨に関連した結びの挨拶の例です。 すでに何度が触れているように、日本の6月と言えば、梅雨の話題がつきものとなっています。 普段の挨拶もそうですが、ビジネスレターなどの手紙についても同様で、時候の挨拶と共に結びの挨拶にも、梅雨に関する文がよく使われます。 雨が降り続く鬱陶しさや、それに伴い相手を気遣う内容が主です。 では、梅雨に関連した6月の結びの挨拶の例文を、以下にいくつか挙げてみましょう。 梅雨冷えの厳しき折、お風邪など召されませぬようご自愛ください。 長雨の折、くれぐれもご自愛下さい。 梅雨明けまで今しばらくの辛抱です。 何卒ご自愛の上、ご活躍ください。 梅雨入り前でございます。 体調を崩されませぬよう、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。 梅雨の晴れ間の美しい青空に夏らしさを覚える昨今、どうぞお健やかにお過ごしください。 梅雨の合間の青空に心浮き立つこの頃ですが、天候不順の時節柄、風邪など引かれませんようお気をつけください。 相手の健康を願う結びの挨拶 6月の時候の挨拶に伴う結びの挨拶、続いては、相手の健康や活躍を願うものをご紹介していきましょう。 ビジネスレターなどの手紙においては、最後に相手の健康や活躍を願って締めるのが定型となっています。 ですので、6月に限らず、どの時期にも使うことができる話題です。 それでは、そうした形の結びの挨拶について、以下で例文をいくつか見てみましょう。 時候不順の折、どうかご自愛専一に、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。 末筆ながらますますのご活躍をお祈り申し上げます。 一層のご活躍を祈念いたしております。 時節柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。 季節の変わり目に、体調を崩されませんよう願っています。 暑さに関する結びの挨拶 6月の時候の挨拶に伴う結びの挨拶、続いては、暑さに関連したものについて見ていきましょう。 これも前述のように、6月は暦の上ではすでに夏です。 徐々に暑さも感じ始める季節ですから、そうした話題も結びの挨拶として使われるようになります。 それでは、ビジネスレターにおける暑さに関連した結びの挨拶の例文を、以下で挙げてみましょう。 日増しに暑くなってきますが、お互い元気に爽快な夏を迎えましょう。 蒸し暑い毎日ですが、どうかお体大切に。 蒸し暑い日が続いておりますが、お身体ご自愛下さい。 向暑のみぎり、末筆ながら皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 6月の時候の挨拶と結びの挨拶を使用する際の注意点 それでは最後に、6月の時候の挨拶と結びの挨拶を使う際の注意点について見ておきましょう。 6月に限ったことではありませんが、ビジネスレターなどの手紙を出す際には、相手の住む地域の気候に合わせて挨拶を書くことが大事になります。 例えば梅雨入りは、日本列島の各地域でそれぞれ時期が異なります。 九州ではすでに梅雨入りしていても、関東ではまだ先かもしれません。 ビジネスレターを書く際はこうした点に気をつけて、相手にとって違和感のない挨拶を心がけましょう。 時候の挨拶と結びの挨拶一覧.

次の

7月の時候の挨拶/季節の挨拶》季節の言葉/挨拶文/季語/候/結び/上旬/中旬/下旬/初旬/ビジネス文書

時候 の 挨拶 ビジネス

いきなり本文(用件や本題)に入るのを避けて、ふだんの会話の中で「こんにちは。 毎日暑い日が続いていますね」というのと同じように、「拝啓 盛夏の候」といった表現を用います。 ただし「頭語」が「こんにちは」と同じ意味というわけではなく、むしろこうした単なる挨拶の言葉とは異なる点として、相手に対する尊敬の気持ちや、自分をへりくだって表現する気持ちがこめられている一面があるでしょう。 挨拶文で「謹んで申し上げます」「取り急ぎ申し上げます」といった表現をする代わりに漢字ニ文字で表記していると理解してください。 なお、ここで紹介した前文の例「拝啓 盛夏の候」において、「拝啓」は頭語ですが、「盛夏の候」は、時候の挨拶にあたります。 時候の挨拶も同じように前文に用いますが季節によって使う言葉が変わるという特徴があります。 別ページでご説明いたします さて。 この頭語(とうご)は、必ず結語(けつご)とペアで用いられます。 例:「拝啓(頭語)」+「敬具(結語)」 このページでは頭語と結語についてご説明いたします。 ・頭語は、必ず手紙やはがきの文章の冒頭に用い、一行目の一番上から書きます。 作文のときのように一文字下げたりはしません。 ・結語は、必ず文章の最後に用い、全体の文章の下のラインから一文字〜二文字下げて書きます。 頭語と結語は必ず一対(ペア)で用いられます。 手紙の種類によって用いる言葉が変わってきます。 例えばお礼状などを書く場合に、相手に対する敬意をより強く表わしたい時には「謹啓」を用いたりすると良いと思います。 以下に代表的な例をいくつかご案内いたします。 順序 例 [前文] 前文とは…冒頭に書く時候の挨拶や、 健康状態や安否を尋ねる部分を前文と言います。 冒頭の時候の挨拶などを省略し、いきなり本文に入るときに使う。 1-1. 一文字下げる必要はありません。 その他の文例 「お変わりなくお過ごしでしょうか」「お元気でいらっしゃいますか」 など。 本文 へつづく [本文] 3. 本文 3. なるべく具体的に 5. [後文] 6. お礼状だけでお返しの品はありませんという意味です。 通常の手紙なら、不要です。 手紙やはがきで本文の前にくる「時候の挨拶」は、天気や気候や季節の移り変わりや寒暖を表わす挨拶の言葉であるのと同時に、相手の健康を気づかう意味もあります。 季語とは… 時候の挨拶の語句の中に盛り込まれることが多いものに、季語があります。 季語は俳句に用いられる言葉です(俳句には必ず季節を表わす言葉を盛り込まなくてはなりません。 これを季語と言います)。 下記にはほんの一例をご紹介します。 1月 厳寒の侯 お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。 2月 余寒の侯 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております 節分を過ぎましたのに、あいかわらず寒い日が続いています。 3月 早春の侯 桃の節句を過ぎ、ようやく春めいて参りました。 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました。 4月 陽春の侯 桜の花のたよりが聞かれる頃になりました。 花の色が美しい季節になりました。 5月 新緑の侯 鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。 新緑の香りがすがすがしい季節になりました。 6月 梅雨の侯 梅雨に入り、うっとうしい毎日が続いています。 あじさいの色が美しく映えるころとなりました。 7月 盛夏の侯 暑中お見舞い申し上げます。 降りしきる蝉の声に夏の盛りを感じるころになりました。 8月 残暑の侯 立秋とは名ばかりの厳しい暑さが続いています。 土用あけの暑さひとしおの侯 9月 初秋の侯 コスモスが風に揺れ、朝夕はしのぎやすくなって参りました。 燈火親しむ頃となりました。 10月 秋冷の侯 菊の花が香る季節となりました。 さわやかな秋晴れの日が続いております 11月 晩秋の侯 朝晩はめっきり寒くなって参りました。 庭の草木も日ごとに色づいて参りました。 12月 初冬の侯 今年もおしつまって参りました。 師走に入り、あわただしい毎日が続いております。

次の

7月の時候の挨拶|ビジネス・結婚式・お手紙に使える例文【上旬・中旬・下旬】 | 時候の挨拶と季節の挨拶

時候 の 挨拶 ビジネス

拝啓 平素よりお力添えを賜り、ありがとうございます。 個人向けのビジネス文書においては、相手を「貴殿」や「皆々様」と表現するのがマナーです。 また、最後に会った日が近い場合や頻繁にお世話になっている場合は、「先日はありがとうございました」など文中に加えるとより丁寧な文書になります。 個人向けの文章なので、相手との関係性をしっかり見定めて文書作成してください。 ビジネス文書の書き出し方例文【会社向け】 ビジネス文書の書き出しについて社外 他の会社 向けと社内向けについてそれぞれ見ていきましょう。 社外向けのビジネス文書では「頭語」「時候の挨拶」「相手への挨拶 お祝いや喜びなどの言葉 」という構成です。 一方、社内に向けたビジネス文書では内容が簡潔であることが求められるので、書き出しは不要なのが通例です。 他の会社に向けたビジネス文書の書き出し【具体例】• 拝啓 平素より格別のお引き立てを、ありがとうございます。 相手の会社に対しては「貴社」という書き方になります。 相手が商店の場合は「貴店」、学校などの場合は「貴校」といったように変化をつけるとより丁寧なビジネス文書になります。 社内に向けたのビジネス文書の書き出し【具体例】 社内に向けてビジネス文書を作成する場合は、頭語や時候の挨拶などの書き出しを省略する場合がほとんどです。 社内向けの報告書や連絡事項について部署や複数の人に向けた文書はもちろん、上司や目上の人物に向けた文書でも前文は必要ありません。 ただし、「お世話になっております。 」など文書の冒頭に加えるなどのローカルルールなど存在する場合があるので注意が必要です。 あくまで簡潔な文書であることが重要なので、一言挨拶する程度に止めておきましょう。 ビジネス文書の書き出し方例文【お客様向け】• 拝啓 日頃は多大なるご愛顧を賜り、まことにありがとうございます。 お客様向けにビジネス文書を送るシーンでは、ビジネスであるとはいえ、堅苦しい文書は好まれません。 お客様に感謝の気持ちが伝わりやすい柔らかい書き出しにするのがベターです。 ビジネス文書の書き出しのマナー ビジネス文書の書き出しは定型的な文章ではありますが、しっかり抑えておきたいマナーがいくつかあります。 よく見る表現であっても、時にはお客様や他の会社にとって失礼にあたる場合もあるので、しっかりマナーを身につけておきましょう。 マナーその1:頭語と結語は決まった組み合わせがある 書き出しの中で、「頭語」と呼ばれる「拝啓」や「謹啓」を使用したら、必ず結びの文章の中で「結語」と呼ばれる言葉を使用するというルールがあります。 「頭語」と「結語」は組み合わせが決まっているので、間違えないようにしましょう。 頭語 結語 拝啓 敬具 拝復 敬具 謹啓 謹白 マナーその2:前略は使用しない 「前略」という頭語はビジネス文書には不適切です。 前略は「挨拶を省略する」という意味があるので、交流のある親しい相手に使うのであれば問題ありませんが、目上の人や取引先などに「前略」を使用するとマナー違反になります。 マナーその3:「喜び」や「慶び」と書く 「ますますのご清祥を慶び申し上げます。 」などの表現がありますが、「喜び」という書き方よりも「慶び」のほうが丁寧で、見た目の印象もよくなります。 「喜び」という書き方がマナー違反という訳ではありませんが、「慶び」という書き方の方がベターです。 ビジネス文書の書き出しまとめ ビジネス文書の書き出しについて個人向け・会社向け・お客様向けの例文やマナーについて見てきました。 頻繁にビジネス文書をやりとりする場合、毎回同じ文章を送るのは避けたいところです。 以下では頭語・時候の挨拶・相手へのお祝いなどの文章の表現をそれぞれまとめました。 ビジネス文書の書き出し 頭語 ビジネス文書に使われる頭語には3つの種類がありますが、それぞれ若干丁寧さの度合いに違いがあります。 3つの頭語をどのように使い分けるのか参考にしてください。 拝啓 標準的な文章に使います。 謹啓 拝啓と同じ意味ですが、より一層丁寧で改まった表現です。 目上の相手や非常に大切な文書に使用します。 拝復 相手に返信する文書に使用します。 ビジネス文書の書き出し 時候の挨拶 時候の挨拶にはたくさんの種類があります。 月ごとに代表的な時候の挨拶について以下にまとめました。 ビジネス文書は定型的な文書であるとはいえ、文書作成時が何月になるのかによって時候の挨拶は変わってきます。 相応しい時候の挨拶なのかしっかり確認しておきましょう。 1月 新春の候、初春の候 7月 向暑の候、盛夏の候 2月 残寒の候、厳寒の候 8月 避暑の候、納涼の候 3月 早春の候、浅春の候 9月 初秋の候、秋晴の候 4月 桜花の候、春日遅日の候 10月 秋雨の候、清秋の候 5月 若葉の候、軽暑の候 11月 晩秋の候、霜秋の候 6月 梅雨の候、短夜の候 12月 師走の候、初雪の候 ビジネス文書の書き出し 相手へのお祝いなどの文章 ビジネス文書の書き出しの最後にあたる相手への挨拶の言葉を以下にまとめました。 大きく分けて「お礼・感謝」を伝える場合と、「お祝い」を伝える場合に分けてご紹介します。 組み合わせてビジネス文書を送る相手に相応しい一文にしましょう。 お礼・感謝を表す一文 相手にお礼や感謝を伝える文章を構成する言葉をご紹介します。 下記の表の代表例の欄に「平素は何かとご用命をいただき感謝申し上げます」という一文が区切って書いてあります。 言葉を「その他の表現」に書いてある言葉と置き換えて、ビジネス文書を送る相手に合った文章にしてみてください。 代表例 そのほかの表現 平素は いつも・日頃は 何かと いろいろと・格別の・多大なる ご用命 ご愛顧・ご支援・お力添えなど をいただき を賜り・のほど・にあずかり 感謝申し上げます 厚く御礼申し上げます・まことにありがとうございます お祝いや会社の繁栄などを表す一文 他の会社や個人宛のビジネス文書の書き出しには「ご隆盛・ご発展」などの広い意味でのお祝いの言葉を入れることが望ましいとされています。 以下の表現を組み合わせて違和感のない文章にしましょう。 個人や他の会社に向けた書き出しは定型的な文書になりがちですが、その時期に相応しい時候の挨拶を選び、マナーに沿った書き方が望ましいでしょう。 また、社内向けやお客様向けの書き出しについては臨機応変に対応するところがポイントになります。 いずれも読む相手に対して誠意を伝えることを念頭に文書作成するように心がけましょう。

次の