清水 ミチコ youtube。 清水ミチコの小池知事ものまねが人気 一音ずつ区切り&横文字多用…「ウケる!」と反響(デイリースポーツ)

清水ミチコ、天龍源一郎と岡田晴恵教授のモノマネに反響「そのチョイス、さすが!」|ニフティニュース

清水 ミチコ youtube

4万人と映像がないラジオ形式でも十分勝負ができることが証明された。 タレントの清水ミチコも1か月半ほど前からYouTube『清水ミチコのシミチコチャンネル』をスタート。 長くて6分、短い動画だと1分にも満たないが、どれも内容が濃いものばかり。 1980年代半ば、ライブハウスでモノマネを披露していた清水ミチコだが、その才能を見出したのは当時放送作家だった永六輔さんだ。 その後、売れっ子になった清水に対し、永さんは2011年1月にある番組で「彼女のモノマネはコピーでもなくパロディでもない、批評になっています。 嫌われるのを覚悟しているのは、ジャーナリストの姿勢であります。 その点に、拍手!」と、そのモノマネに対する姿勢を褒め称えていた。 そんな清水は進学のために上京した際にはラジオ局でバイトし、放送作家を目指してコントのネタを書いていたという。 モノマネは高校生の頃に桃井かおりの大ファンであったことから、自分の部屋で「宿題やんなくちゃ、いけないワケ?」などと彼女の口調を真似て楽しんでいただけだった。 これがいつしかコント仕立てのモノマネと進化し、清水の本業となったのだ。 画像は『清水ミチコのシミチコチャンネル 2020年4月21日公開 YouTube「都知事からのメッセージ」』のサムネイル (TechinsightJapan編集部 みやび).

次の

清水ミチコYouTubeチャンネル(シミチコチャンネル)

清水 ミチコ youtube

【出だしから世界観が「昭和」】 『ビンテージCM集(架空)』は、清水さんのライブツアーや武道館での幕間に流していた映像を集めたもの。 すべてのCMに清水さんご本人が出演しています。 まずは架空のヘアカラー、「マローネリッチ」のCMからスタート。 1990年当時のCMをイメージしているようなのですが、清水さんの演技もファッションも世界観も、まさしく当時そのものという感じ! 昭和みがすごい〜。 続いて流れるのは、架空のパン「ムスーノ アルル」のCM。 どっかで見たことあるようなパンだナー。 【声色まで「昭和」なのがすごい(笑)】 中でも私が思わず吹き出してしまったのは、しゃぶしゃぶ・懐石 「美濃屋」のCM(もちろん架空)。 演歌をBGMに夜のネオンやしゃぶしゃぶの映像が映し出される、といった内容なのですが、清水さんは声の出演のみ。 最後に流れる 「お正月は深夜2時まで営業」というナレーション&テロップもツボを押さえていて、昭和再現力(?)が神レベル~! 【演出のセンスに驚かされる】 こうした架空CMのザ・昭和な演出を見るにつけ、改めてプロデューサーをつとめた藤井さんのセンスや力量に驚かされます。 清水さんもそんな藤井さんについて「こういう表に出ない才能もすごい」とコメント。 おっしゃるとおり、天才ですね……! 【藤井さんもツイッターで反応】 このCM集の公開に際し、当の藤井さんもツイート。 7曲のCMソングはすべて清水さんが手がけた(!)ことを明かしたうえで 「打ち合わせを終えた2日後にグロリア!ピッキオ!美濃屋!といきなり3曲届いて背筋が伸びました。 その4日後にはシャイン!ハックジャパン!とその後もすごいテンポで全曲仕上げられました。 さすが天才」 とつぶやきました。 天才が2人もそろうと、ここまでハイクオリティーな作品ができあがるのですね……! ちなみに藤井さん、過去には 90年代風のCM集も制作しているんです。 こちらも秀逸なので、ぜひあわせてご覧になってみてくださ~い! 参照元:YouTube、 執筆:田端あんじ c Pouch.

次の

藤井隆がプロデュースした清水ミチコの『ビンテージCM集(架空)』にじわじわ…世界観が完全に「昭和」です

清水 ミチコ youtube

ウィルス問題で ぎゅうぎゅう しめつけられてたけど、 やっと下世話な話題が やってきたぞー! 号外!号外~! と、世の中が 活気づいた。 どう見ても そんな気がします。 かくいう私も、 ニッポン放送で ニヤニヤしながら しゃべってしまいました。 ああ、「下世話」っていったい なんなのでしょうか。 何から届く光なんだろう。 皆の顔がいつのまにか 明るく元気に なってるって、 いったいどういう 構造になっているんだ。 そんな私にバチが 当たったのか、 「清水さん、そろそろ 選挙期間になるので、 しばらく小池百合子さんの モノマネは封印してください。 」 なんと、宣伝になって しまうおそれが あるのだそうです。 なるか!笑 私の下世話が ひとつ増えて、 ひとつ消えた。 みんな違って、 みんないい。 撮影があり、 水戸市で宿泊。 空き時間に千波湖まで 行ってきました。 普通に 「カモが落ちている」 みたいにたくさん路上で 見かけたりして。 ジョギングしてる人など、 いちいちカモだ、と 立ち止まっても いなかったようです。 こんな可愛い動物が 「生活圏にいる」風景が、 めっちゃうらやましい。 しかも湖にはなんと 白鳥たちも普通に いるのには、めっちゃ 驚きました。 私の個人的な今年の目標は 白鳥が集まる、と聞いてた 「猪苗代湖」に一度 行ってみたい! だったのですが。 水戸にも、白鳥から選ばれし 湖があったのですな。 しかも、湖に設置されてた 何気ない看板を見たら。 こっちが思うほど 街ではそんなに (白鳥のご一行さま!ようこそ!) ではなかったようで、 偽卵までほどこされていて むしろ、どうぞ ヨソでも大丈夫! なのでした。 笑いました。 生活圏だと逆にこうなるん ですなあ。 私の実家にオットが 初めて来たとき、 大きな看板に 「緑の山をシカから守ろう!」 とあって、 「シカは守らないんだな、、」、と 言ってたのを 思い出しました。 生活圏だと逆にこうなるん ですなあ。 (二回目) アメリカでのデモが 高まってく中、 暴動や略奪まで起きちゃって、 (この時期に なんということだよ~) と、思ってたのですが、 ビックリしたのは、 (あれ、間違ってるな) と、市民が気がついて 戦わないデモに ハンドルをくるっと切り替えた ニュース映像。 ここが早かった。 しかもなんとそれに 膝を折ることで 同意してくれる ポリスたち。 ぐっときました。 精神性が実は 高いんだなあって 感じました。 2020年は、 よくよく「変動」 というものを 体感させられる一年に なりそうですね。 あと、ああいう時に 現実には ジョン・マクレーンが 出てこないんだな~。 ・ [11]• ・ [19]• ・ [24]• ・ [23]• ・ [20]• ・ [19]• ・ [16]• ・ [20]• ・ [19]• ・ [21]• ・ [18]• ・ [20]• ・ [21]• ・ [19]• ・ [20]• ・ [19]• ・ [19]• ・ [19]• ・ [22]• ・ [23]• ・ [27]• ・ [18]• ・ [21]• ・ [17]• ・ [21]• ・ [20]• ・ [16]• ・ [20]• ・ [17]• ・ [17]• ・ [14]• ・ [20]• ・ [18]• ・ [18]• ・ [17]• ・ [15]• ・ [22]• ・ [13]• ・ [19]• ・ [22]• ・ [17]• ・ [18]• ・ [20]• ・ [23]• ・ [17]• ・ [21]• ・ [17]• ・ [15]• ・ [13]• ・ [23]• ・ [20]• ・ [20]• ・ [21]• ・ [21]• ・ [21]• ・ [16]• ・ [14]• ・ [18]• ・ [18]• ・ [14]• ・ [20].

次の