コニー ちゃん。 肉チョモランマとは?Gero,コニー,めいちゃんのメンバープロフィール紹介!│知りたい情報盛りだくさん!

コニーちゃん バブルバスガール 歌詞&動画視聴

コニー ちゃん

」を公開することを決定しました。 たちまちお茶の間の人気者になり、たまごっちブームの最中、ジャンケンのおもちゃは100万個以上の大ヒットになり、ジャカジャカジャンケンブームを巻き起こしました。 デビューから25年目の今年、原作者でイラストレーターの木原庸佐(きはらようすけ)が令和バージョンのコニーちゃんを制作。 令和版ジャカジャカジャンケンを、YouTubeチャンネル「ガチャピンちゃんねる」では、3月18日(水)18:00配信分から、BSフジで放送中の「ガチャムク」では、3月22日(日)8:00放送回からお届けします。 これからも、フジテレビは、ガチャピン・ムックとともに、子どもたち向けのエンターテイメントを提供してまいります。 <ゴー!ゴー!コニーちゃん! ポンキッキ」に登場。 47年にわたりテレビやイベント、広告など様々な分野で活躍。 日本を代表するキャラクターであるガチャピンが、2018年7月よりYouTubeクリエイターとしての活動を開始。 特に人気なのはムックがストリートピアノを弾く動画で中でも「ピアノで米津玄師のLemonを弾く」動画は2500万再生となっている。 また、ダンスや歌ってみた動画も100万再生、日常動画も平均2万~以上になってきており再生回数、登録者数共に著しい成長をしているチャンネル。 <BSフジ番組概要> BSフジ「ガチャムク」 毎週日曜 午前08:30~08:53放送中 長年、多くの子どもたちに愛され、勇気を与え続けたヒーロー、ガチャピンとムックが登場し、子どもたちが元気になれる様々なコンテンツをお届けするバラエティーショー。 MCはコンビ歴46年、息もぴったりなガチャピンとムックが務める。 さらに番組に華を添えるお姉さん役にE-girlsから須田アンナと武部柚那が登場!歌と踊りが得意な彼女たちと、ガチャピン・ムックがキレキレのダンスを披露。

次の

コニー(歌い手)の体重と顔が痩せてる時と違いすぎwイケメンだけど彼女は?

コニー ちゃん

コニー(歌い手)とは、内のにをしている である。 楽しそうに歌うことに定評があり、と感の良さは、秀逸である。 自身の好きな曲であるという、氏の「」でに。 曲中の、盛大な『うー!』の部分は本当に楽しそうに歌っている。 もせざるをえない。 2作品のは、限定としてされた、。 こちらは人、 人突破記念。 ! 頃の音らしいが、満載でとても面い。 最近のでは、の最後にがつくことも。 安定した歌唱で歌っているのにも関らず、せっかくので台し。。 また、彼はである。 そして不定期ではあるが、も行っている。 公開マイリスト 関連コミュニティ 関連動画 最新作 コラボ最新作 ソロ コラボ 叫んでみた 関連商品 関連項目• 関連リンク• 本人の•

次の

肉チョモランマとは?Gero,コニー,めいちゃんのメンバープロフィール紹介!│知りたい情報盛りだくさん!

コニー ちゃん

概要 4月から1993年9月まで20年半に渡って放送された『』を放送開始20周年を機に大幅リニューアル。 新たに『』のプロデューサーだったを迎えて、主にをメインとしていた『ひらけ! ー』から、世代間のコミュニケーションを目的として視聴対象年齢を以上まで広げるとともに、各コーナーや、などに現代風のセンスや色を取り入れた「 総合キッズエンターテインメント番組」と銘打って開始した。 レギュラーおよびゲスト出演者は・・・・界など多岐にわたり、使用される楽曲も有名ミュージシャンによる幅広い年齢層に向けたものが中心となった(音声もからへと変更された)。 当番組がきっかけで子供から大人まで幅広く知名度を上げた芸能人も多く、彼らにとっては出世作とも言うべき番組でもあった。 前身の『ひらけ! ポンキッキ』は開始から程なくして朝の時間帯での放送が定着していたが、当番組の第1期は編成上の都合から放送時間の変動が激しく、時期によって朝の時間帯と夕方の時間帯を行ったり来たりしていた。 しかし、番組内容の大幅な変更に、幼児を持つ保護者からはとまどいも見られ、またの番組編成上の都合や、子供層の生活スタイル変化の最中、幾度か放送時間帯の変更や内容のリニューアルが行われた。 地上波放送後期はやを中心に据えるテレビ局の方針などの影響で放送時間は規模縮小されたものの、時代の変遷にともないや上でのコンテンツ放送・配信にも着手された。 開始当初の放送時間は07:30 - 08:30(以下全て)の。 メインMCは演じる「山田のぼる」君(小学5年生という噂 )と、が声を担当したキャラクターの「海田およぐ」教授(の研究者で、年齢は33歳 )が行い、も不定期に出演していた。 主なコーナーはその日のニュース「ニュースパレード」、や天気カメラでの駅前ウォッチング、有名人ゲスト(、、ほか週替わり)からのメッセージ、視聴者のハガキや誕生日の読み上げ、登校前の子供達への中継レポート、そして、とおよび『ひらけ! ポンキッキ』最後のお姉さん、による料理コーナーなど。 番組前半・後半で、小学生以上を対象とした内容と、幼児を対象とした内容に分けた構成が行われていた。 また、今後の時代を見越して、テレビ画面をパソコンのに見立て、CG合成によるを表示させて各コーナーへ行く方式がとられていた。 しかし、20年にわたり番組の象徴でもあったガチャピンとムックの出番は『ポンキッキーズ』へのリニューアルで大幅に減少する事態となった。 また、午前8時8分になるとアニメーションによる時報が流された(但し、実際は8時8分00秒丁度ではなく、日によって数秒前後する場合があった)。 音楽に合わせて15人前後でを踊る「 キーズラインダンス( Kies Line Dance)」も開始され、学校等での出し物としても人気を獲得、この後も新作が作られた。 鈴木と安室はの着ぐるみ姿のユニット・ として出演。 主なコーナーは視聴者のお便りやビデオ紹介、スーパーPゲーム(CG画面に合成されたプレイヤーが体を動して操作するゲーム)、・らによるコーナー「びーあんびしゃす」、「ママのお弁当クッキング」、小学校訪問、を講師役に迎えた体操のコーナーなど。 また8月にはアニメ(コーナー枠)「」が放送開始された。 放送時間は夕方への移動から僅か1ヶ月後の5月に16時台へ移動し、7月には僅か1年足らずで『ひらけ! ポンキッキ』以前の30分枠に復する形となった。 この時期から「 P-kies(ピーキーズ)」という略称が使われ始め、新キャラクターとして が登場。 Pちゃんは以降、長年に渡ってガチャピン・ムックと並ぶ番組の看板キャラクターとなる。 高泉が番組を降板し、レギュラーだった4人がメインMCに昇格。 10月から放送時間を月 - 金曜8時台前半(08:00 - 08:30)に変更。 この時期からCGキャラクター・ コニーちゃんが登場。 夕方放送していた時期はアニメーションの時報が無かったが、再び朝の8時台へ移動した事に従い復活。 番組後半には、各分野の有識者・専門家が、幼児教育について語るコーナーも設定されていた。 番組放送の後に行われていたイベントでは、メンバー参加の3x3バスケットやキャラクターショーの他、キーズラインダンスの公演やシスターラビッツのミニライブ等も開催。 7月には夏休み企画として、各メンバーが日本全国を回るロケ企画が行われた。 同年8月よりスタジオセットがリニューアルされ、出演者が四角い枠を書いて各コーナーへ行く「 P-kiesウィンドウ」が開始された。 同時にMCも4人の中から週替わりで2人となる。 同年夏には鹿賀の歌う「 ポンキッキーズ体操 Ja-nay Gymnastics」を提唱した全国が行われた(翌1997年も「」と連動して実施)。 8月8日の放送はフジテレビ新本社前のシードリームステージから生中継され、平成 8年 8月 8日 8時 8分 8秒(フジテレビのチャンネル番号も 8)という8並びの瞬間を迎える盛大なカウントダウンが行われた。 この回ではメインMCの4人が久々に揃い、P-kiesメドレーを歌うスペシャルライブを行った。 また、番組にビデオ出演したが発した「 ポンキッカー」という造語を、出演者・スタッフ・視聴者など、番組にかかわる全ての人を指す語として正式に使われるようになった。 1996年10月14日から10月18日には当番組の形態をとってフジテレビを行った特別番組『 ゴーゴーポンキッカー』、1997年1月5日には正月特別番組『 ゴーゴーポンキッカーお正月スペシャル』が放送された。 この頃より、がレギュラーに加入。 3月より安室の後輩である当時9歳のをメインボーカルとしたダンスユニット・が番組とタイアップし、メンバーが日替わりでレギュラー出演開始。 1stから(3rdを除く)5thまでのシングルA面曲はP-kiesメロディーで使用された。 5月にが新曲「花まつり」を引っ提げ、いわゆる系の演舞「BON-DANCE」を提唱。 に番組の櫓を出し、ガチャピン・ムックが参加するなどキャラバン活動を展開した。 そして期間にはとして『 』をの青海Q区画(現:所在地)にて開催。 動員数は番組単独のイベントとしては最大級の約52万人を記録した。 同時期にガチャピンがのに搭乗し、番組およびワンダーランド内で滞在の模様を紹介・中継する「ガチャピン 宇宙へ」企画が行われ、7月より訓練する様子などが番組内のコーナーで取り上げられ、8月13日にはでミールに辿り着いたが、収録に関する不具合によりミール搭乗後の放送はごく一部のみとなり、帰還の様子など取り上げられずに打ち切られた。 同年10月に『』が08:25開始となった事に伴い、月 - 金曜08:00 - 08:25と放送時間が短縮となる。 番組が大幅にリニューアルされ、レギュラー出演者のほとんどが入れ替わり、曜日ごとの日替わりでコーナーが放送された。 火曜はがの姿の に扮した『爆チュー問題のでたらめチューズデー』が放送され、長期に渡って放送される人気コーナーとなる。 月曜はBOSE司会の「P-kiesツアー」、水曜はの及びによる「うたをつくろう」、木曜はが先生に扮した「ドクターカガドル」、金曜は画家・の「どこでもキャンバス」であった。 爆チュー問題がメインMCとなり、今までのコントに加え料理コーナーが開始。 また、が新たにレギュラーに加わり、ガチャピンと共に行うチャレンジコーナー等があった。 はの緊急特別番組で放送休止となり、夕方版最終日は同年となった。 MCはケインが担当し、爆チュー問題はスタジオではパペットでも登場した。 ケインの体操コーナー「ケインサイズ」の他、レギュラーおよびゲスト出演者がテーブルゲームの「」を巨大化させた「 ビッグジェンガ」にチャレンジするコーナーが行われ、夏には一般公募による出張ビッグジェンガが行われた。 5分番組「トムさんのかみしばい」は当番組に統合され、引き続き放送。 同年10月に、扮する魔女の エミージョがレギュラー加入。 この頃から(FCC)の本番組制作部「P-kies制作部」が独立して設立されたフジテレビの子会社を中心に制作される体制となった。 毎週土曜日06:30 - 07:30(2003年10月からは06:00 - 07:00)となり、ケイン・コスギ以外のレギュラーは全員続投した(詳細は同項を参照)。 第2期 ポンキッキーズ ジャンル 演出 出演者 () (3代目) ほか オープニング 「げんき! 」 エンディング 「」 「Good day, Sunshine」 製作 プロデューサー 増當一也 福原伸治 中村雅一 制作 、 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 6:00 - 6:30 放送分 30分 2005年4月よりタイトルを再び『ポンキッキーズ』に戻し、毎週土曜日06:00 - 06:30(一部地域は05:30 - 06:00)の週一回30分放送。 スタジオセットやMCは『』の後期から引き継いだ。 お台場サマースクール」として子供向けのが開催され、一部の模様はで放送された。 また、お台場冒険王の目玉企画として「」が開催され、番組内で特番が放送された(詳細はを参照)。 同月より派生番組として、ローティーン向け教育番組『』が1年間放送された。 秋冬にの・ETSU・CHIHARUがゲスト出演、ダンス教則DVDリリースの他、2006年1月より子供対象のダンスコンテストライブ「KIDS DANCE DANCE」を開催。 2006年4月より『』が06:00開始となる事に従い『』とタイトルを改め放送時間を移動、同時に番組も大幅にリニューアルされた。 出演者はガチャピン・ムックを除いて全員降板となり、この時点で『ひらけ! ポンキッキ』からネットしていた局が打ち切るケースもあった。 担当 出演者 MC いのっち() スタジオ バットム(Bro. お~い、朝だよ! 前期にオープニングで放送。 一般公募のコーナーで、ガチャピンが早起きが苦手な子供の家に起こしに行く。 子供が色々な野菜をまるかじりしている映像を放送する。 映像は当初は子供1人のみで、番組中期はシスターラビッツが進行していた。 番組後期にはコーナー名が若干変更され、複数人の子供達をダイジェストで流すようになった。 また、最後にガチャピンとムックからの豆知識のコーナーが追加された。 バケツンとオシャベル バケツ型のバケツンとスコップ型のオシャベルが、砂場で遊ぶ子供達から遊ぶ時のルールやマナーについて学ぶコーナー。 いのっち 井ノ原がCGを利用して、色々なアクションをする。 第3期 ポンキッキーズ ジャンル 企画 小畑芳和 出演者 ほか 製作 プロデューサー 山田洋久 ほか 制作 、フジテレビKIDS 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 2017年4月2日 - 2018年3月25日 放送時間 08:00 - 08:55 放送分 55分 より、BSフジ『』の後継番組としてタイトルをまた『ポンキッキーズ』とし、第1期・第2期と同一のタイトルロゴを使用。 スタジオセットは『beポンキッキーズ』から引き続きをテーマとしたがデザインが変更された。 日曜日の週一回・55分放送、や、でも配信された。 テーマ・サブタイトルは「HAVE A DREAM」。 「デジタル時代にアナログのすばらしさを」や人が持つ魅力を伝える番組作り、をテーマとした。 ・をメインMCに迎える。 『原点回帰』をテーマに第1期(1995年〜1999年頃)を踏襲した構成で、MC2名+Pちゃんによる番組進行、セットには様々な物が出るや『』で使用されたなど、過去のポンキッキシリーズで使用された小道具等が置かれ、「8時8分」の時報が1998年度以来18年ぶりに復活。 ()と()による新生「シスターラビッツ」を結成、小学生ユニット「HAD」を結成(2期生は一般公募)。 をもって放送終了。 これをもって、『ポンキッキ』シリーズは通算45年の歴史に終止符を打つ事となった。 同年7月8日より後継番組として、ガチャピンとムックが司会の新番組『』が放送開始された。 beフリッピング• からだでプログラミング• ゼンマイ落語• ふしぎな森の音箱• 一発ギャグ• ミンナでミンワ P-kiesメロディ 番組で使用されたテーマ曲およびアーティストの曲の総称。 コーナーのテーマ曲を除いて大半は番組内に設けた「P-kiesメロディ」コーナー(番組冒頭もしくは中盤)において、番組独自制作のを添えて一定期間1コーラス分する形態となっているが、一部はとしても使用された。 ヘヴィー・ローテーション枠は1998年度(夕方移行前)を以て廃止されている。 主な視聴者層である子供に向けた歌詞を意識した楽曲が多いが、テイストをメインに、年齢を問わず観賞できるものとなっている。 この内、「ポンキッキーズ・メロディ 1 」「ポンキッキーズメロディ2」に収録された楽曲は番組初期・中期の代表的なものとなっている。 1はオリコン最高8位を記録し、35万枚の売上を記録した。 なお、P-kiesメロディとして放送(タイアップ)した楽曲がとして発売される際には基本的にジャケット上に番組ロゴ(「Super kids zone ポンキッキーズ」や「P-kies」シンボル)が配置されたり、シュリンクフィルム上にシールが貼付されている。 人気のある楽曲は番組終了時期までリクエストで時々流されたり、2000年代以降に発売したポンキッキのに収録されている。 第1期 1993年• () 93年度のオープニングテーマ。 () 93年度のエンディングテーマ。 1994年• Welcome to Ponkickies(GET UP AND DANCE) レギュラー陣が勢揃いした映像と「元気! ポンポ ポンポ ポンキッキーズ!! 」という掛け合いが特徴。 原曲は「GET UP AND DANCE」冒頭部分。 OP映像が何度か変更された上で、『ポンキッキーズ21』までOPに使用され、『beポンキッキーズ』でも歌詞を一部変えて使われた。 上記のフレーズは1994年度から『21』及び第2期まで、さらに第3期でもエンディングに出演者が締めの挨拶として発していた。 一寸桃金太郎()• 汽車ポッポ鉄道どこまでも(〃)• 四つの季節(〃) CD発売は1995年。 () 94年度以降のオープニングテーマとして放送。 MVは3種類作られた。 () MVは、ワニの人形が浜辺をドライブしたり、をするバージョンと、女の子がラインダンスなどを披露するバージョンがある。 ダンスバージョンは、海辺でタンクトップにホットパンツで踊るバージョンと、花火が上がる夜景を背景にで踊るバージョンの2種類がある。 () 94・95年度の主にエンディングテーマとして放送。 花子さんがきた!! (マユタン) コーナー枠で放送されていた「」の主題歌。 () 当初のMVは、主にイギリスの SL を風にしたユニークな映像だったが、1997年12月のの影響でを抑制する必要性からが草原を走り回る映像に差し替えられた。 その後「ひらけ! ポンキッキ」時代に撮影されたSLの映像を編集したものがイメージ映像として放送された。 夢のヒヨコ()• うちのパパとママとボク(山田のぼる〈〉)• 地球をくすぐっチャオ! ( with ) 渡辺貞夫が作曲した『ストリート・サンバ』の歌詞違い。 1995年• () MVは、映画「」の映像にガチャピン、ムック、Pちゃんを合成させたもの。 石井竜也が楽曲を提供している。 LET'S GO! いいことあるさ(SUPER P-kies) 『』のカバー曲。 逃げたいときは()• おじいちゃんはマメなのだ(〃) 一般公募より採用された楽曲。 間違えないでおくんなさい()• なまでこ(コニーちゃん) 1996年• オナラで月まで行けたらいいな() 番組ゲストで出演した小沢健二が即興で作詞作曲。 () 1996年に番組が提唱した体操「 ポンキッキーズ体操 Ja-nay Gymnastics」の伴奏曲。 フジテレビの人気番組(・・等)のスタジオで出演者とガチャピン・ムックが演舞したり、コニーちゃん単独で実技指導するものなど複数パターンがあり、全国なども行われた。 シャナナナナナ() MVに登場する動物の服を着た子供達の中に、がいる。 1997年• () MVでは、のキャラクター「アントイーターズ」がをする。 Birthday Party(Gonna be fun) ・・によるユニット。 (スチャダラパー)• (〃)• ピ ピカソ()• バブルバスガール(コニーちゃん) 1998年• (石井ビューティー〈〉) 系踊り「BON-DANCE」のテーマ曲。 キミとボク()• ポップスター()• (Folder)• 空を飛んでみたいな()• 日曜日の食事() 1999年• でたらめな歌() 「爆チュー問題」コーナーのテーマ曲。 STAND() 映画「」イメージソング。 (Folder)• BIG SMILE()• なぞのやさい星人あらわる() 2000年• 心は君のもとへ()• 君にありがとう(〃) 第2期 2005年• () 『』のオープニングテーマと併用。 げんき! ハッピーソング()• Good day, Sunshine() 第3期 2017年• () アレンジ。 レギュラー放送での完全新規は番組シリーズ初となる。 タイムマシンにおねがい() の楽曲で同じくフジテレビ系のアニメのオープニングをカバー。 一人五役の「be5」として歌唱。 ガチャガチャムクムク()• みんなでうたおう() コーナードラマ 第1期 第4シリーズ(1995年放送開始) - 第5シリーズ(1998年放送開始) 『ひらけ! ポンキッキ』から引き続き放送。 1999年からはテレビシリーズと併せて楽曲のミュージックビデオも放送された。 テレビシリーズについては後にCS放送やにて本番組で放映されたものを放映・配信。 第2期では過去シリーズの再放送のみ。 第3期時点ではでの放送に移行していたため、本番組では未放送。 となかまたち こちらも『ひらけ! ポンキッキ』から引き続き放送。 こちらも後にカートゥーン ネットワークで放映された。 人形コマ撮りによる製アニメ。 主人公は郵便配達人のパット。 ナレーションと全ての登場人物の声はが担当。 番組内での放送終了後も新作が制作され、日本ではCS放送ので放送(テーマ曲の歌詞や声優は変更されている)。 いわゆる「」を題材にした。 詳細は同項を参照。 ふしぎな赤い長ぐつ ウィリアムズ ウィッシュ ウェリントンズ 願い事がかなう不思議な長靴をはいた男の子、ウィリアムが主人公のイギリス製アニメ。 声はが担当。 後にカートゥーン ネットワーク「ピぽらぺポら」枠で放送。 ビジィ・ワールド リチャード・スキャーリー原作の製アニメ。 猫のハックルとミミズのローリーを始め、動物のキャラクターが登場する。 セリフは基本的に英語のままで、のナレーションによる解説が入る。 オールCGによる短編アニメ。 四角いペンギンの子供、ペコラが主人公。 後に独立した30分アニメが系で放送された。 コニーにおまかせ 番組のキャラクター、コニーちゃんと仲間たちによるアニメ。 「コニーズクッキング」では料理を紹介。 第2期 シトラスタウン(第2シリーズ) 前身番組『ポンキッキーズ21』から引き続き放送。 全て新作となっており、途中からオープニングがカットされた。 YAPPOOO 海に浮かぶヤッポ島を舞台にした紙芝居風の人形劇。 音楽は、ナレーションは。 第3期 キュッパ(KUBBE) の・オーシル・カンスタ・ヨンセン原作のショートアニメ。 beポンキッキーズから引き続き放送された。 商品 CD• (、1995年05月01日)• ポンキッキーズ・メロディ2(、1998年12月01日)• P-kies 20th Century New Trax(、2000年07月01日)• ハッピーソング(〃2005年10月26日) ビデオ・DVD• ポンキッキーズメロディ〜キーズラインダンス(ポニーキャニオン、1995年09月01日)• コニーちゃんのビデオ vol. 1 (〃1997年04月25日)• コニーちゃんのビデオ vol. 2(〃1997年06月01日)• コニーちゃんのビデオ vol. 3(〃1997年06月30日)• コニーちゃんのクリスマスビデオ! (〃1998年11月01日)• P-kiesコンサート ガチャピン・ムックのごきげんサマー2000 (〃2000年12月27日)• ダンス de ラビッツ Vol. 1 - Vol. 「きかんしゃトーマス」シリーズ作品の収録メディアについてはを参照。 スタッフ 第1期 第1期では役割の部分のみ英語表記になっていた。 1994年時• 構成:、松井宏夫、小川美篤、、• ブレーン:、、、鈴木清一 / 、山田洋久 / 浜野明子• タイトル:岩崎光明• ディレクター:森田倫代、増當一也、春日聰、安斎房江 / 三輪道彦、、武富英夫、木藤信吾• プロデューサー:野田俊彦、堀内善弘• ゼネラルプロデューサー:• スタッフ協力:、LITTLE STUDIO. INC、才、IMAGICA、ほか• 制作:フジテレビ 第2期 2005年時• 構成:、、、、• 音楽:中川ひろたか、藤本ともひこ、今井了介• 協力:、LITTLE STUDIO. INC、、、、、、光子館• ディレクター:内野和佳子、菅野温夫、春日聡、小野律哉• プロデューサー:中村雅一(フジテレビKIDS)• 制作協力:FCC• 制作:フジテレビ・フジテレビKIDS 第3期 2017年時• 監修:岩立京子(教授)、上野一彦(名誉教授)、苅宿俊文(教授)、榊原洋一(大学院教授)、杉田洋(名誉教授・日本英語検定協会評議員)、真板昭夫(名誉教授・客員研究教授)• 論語監修:(名誉教授)、(教授)• アドバイザー:、、• ブレーン:、我妻弘崇、新関光二• 構成:、内田英一• コレオグラファー:、、• 音楽:山口栄• アート制作:、てっこん、大久保としひこ、リュウアンベ、加藤タカ、、菊田真紀子、後藤真由子、イワサキコウメイ• キャラクター制作:北田哲也、きはらようすけ、保坂純子、山村エナミ• 技術:馬場雄二、小森谷健太朗、井上貴人、鈴木貴裕、佐藤浩一• 照明:谷口明美• 美術:吉良久仁子、内山真理子、石田博巳、石井一之介、村田誠司、横山公一• 音響効果:西山知史• 編集:澤田成樹• MA:吉田肇• 衣装:SERIKA、タイガーリリー• ヘアメイク:Nico• 技術協力:、、ビデオウイング• 制作協力:スタッフ Q、Little Studios Inc. 、ライジン• 協力:、光子館、「高過庵」「空飛ぶ泥舟」• BSフジ:、藤原和弥、山田桃子• タイムキーパー:山本美衣• ディレクター:奥瀬雄城、阪田芙未香、平尾基樹、、鶴堀貴之• プロデューサー:山田洋久、吉野克美 / 小林正治、岡部美樹• 制作著作:フジテレビKIDS 派生番組 フジテレビ運営のCS放送チャンネルでは、『ひらけ! ポンキッキ』や『ポンキッキーズ』で放送された歌やスポットの再放送を軸とした番組『 こどものじかん』の放送を1999年から開始した。 この他に等で定期的に行われた番組のステージライブを収録した『 チルドレンタイムSP サタキッズLIVE』『 チルドレンタイムSP KIDSワークショップ』を放送した。 BSフジでは、2000年12月の開局と同時に『ひらけ! ポンキッキ』及び『ポンキッキーズ』のコンテンツを流用した各番組『 』(2002年4月まで放送)『 Myポンキッキーズ』の放送を開始、2002年4月より『 東京キッズクラブ』(後 )を放送。 開始の『 』以降、ポンキッキシリーズ自体もBSフジで展開する事となった。 放送時間の変遷 シリーズ 期間 放送時間() 月曜 - 木曜 金曜 土曜 日曜 第1期(地上波) 1993. 01 1994. 31 07:30 - 08:30(60分) (放送なし) (放送なし) 1994. 01 1994. 29 17:00 - 18:00(60分) 1994. 02 1994. 01 16:00 - 17:00(60分) 1994. 04 1994. 30 16:00 - 16:30(30分) 1994. 03 1998. 02 08:00 - 08:30(30分) 1998. 05 1999. 31 08:00 - 08:25(25分) 1999. 01 1999. 30 16:00 - 16:25(25分) 1999. 01 2000. 30 16:25 - 16:30( 05分) 16:00 - 16:55(55分) 2000. 01 2001. 31 (放送なし) 06:30 - 07:30(60分) 第2期(地上波) 2005. 02 2006. 25 06:00 - 06:30(30分) 第3期(BS) 2017. 02 2018. 25 (放送なし) 08:00 - 08:55(55分) 地上波ネット局(第1期・第2期) 詳細の無いものは第1回から最終回まで放送されたネット局。 系列はネット終了時のもの。 ローカル枠時代に以下の局がネットしていたかは不明。 放送対象地域 放送局 系列 備考 制作局 1997年4月1日の開局から ローカル1時間枠時代は30分の短縮版を放送(平日 16:00 - 16:30) ローカル1時間枠時代は30分の短縮版を放送(平日 16:30 - 17:00) 現・テレビ愛媛 1997年4月1日の開局から フジテレビ系列 フジテレビ系列 1994年4月1日のFNN・FNSマストバイ化から 脚注 注釈• 2014年度以降は非公表。 『おはよう! ナイスデイ』は8時30分開始に復す。 2018年6月30日閲覧。 、ソニーミュージックショップ。 skream! 2017年4月1日. 2017年4月5日閲覧。 が『ひらけ! ポンキッキ』時代の1993年3月にへネットチェンジのためネットを打ち切ってから4年ぶりの放送再開となった。 高知県では『ひらけ! ポンキッキ』時代を含めそれ以前のネット実績はなかった。 『ひらけ! ポンキッキ』時代にもネットしていたが、途中でネットを打ち切ったため空白期間がある。 関連項目• (ポンキッキーズ放送開始時のフジテレビ社長) 外部リンク• - 公式サイト(2018年3月31日更新終了)• - VERY BEST OF AKIKO WADA'98 - DYNAMITE PARADE - LOVE BALLAD BEST - 和田アキ子 ベスト・ヒット - 和田アキ子リサイタル〜日劇に於ける実況録音 - (株)ワダアキコ - Haaah!

次の