インフルエンザ 予防 接種 副作用。 インフルエンザの予防接種の効果は?副作用はあるの?

抗インフルエンザ薬の副作用を薬剤師が解説!タミフル・リレンザ・イナビル

インフルエンザ 予防 接種 副作用

殺菌作用がある水銀・チメロサール。 1回の注射量に含まれる量は5マイクログラム程です 「インフルエンザワクチンには水銀が入っている」という話を聞いたことはありませんか? 「水銀」と聞くと、「ワクチンを打ってしまったが、どんな副作用があるんだろう……」「子どもにインフルエンザワクチンを打つのは止めた方が良いのだろうか?」と、不安に感じてしまう人が多いと思います。 インフルエンザが流行する時期、健康を守るためのワクチンにもし健康を損なう有害物質が含まれているとなれば大問題です。 しかし、インフルエンザワクチンに含まれる水銀は「チメロサール」というもので、細胞毒性のあるメチル水銀とは異なります。 ワクチンにチメロサールを使用しているのは、少量で殺菌作用があり、保存剤として有用だからです。 日本では、ワクチンによって異なりますが、多くのワクチンで1回の注射量0. 5ml中に約0. 005mg 5マイクログラム のチメロサール(0. 002~0. 004mgで海外で0. 05mg)が含まれています。 多くても「0. 005mg」という数字はごく僅かな量だとイメージできると思いますが、では「5マイクログラム」は体内に入れる安全な基準として、多いのでしょうか? 少ないのでしょうか? インフルエンザワクチンを接種する上で、知って置きたい使用目的やメチル水銀との比較、危険性を判断する参考基準、懸念される合併症について詳しく解説します。 「チメロサール」のメチル水銀基準値から見た毒性・安全性・危険性 少し専門的な話になりますが、チメロサールは、エチル水銀とチオサリチル(thiosalicylate)に分解されます。 このエチル水銀は、炭素と水素を含む化合物で有機水銀です。 同じ有機水銀で、似た構造である「メチル水銀」には、人体に有害な影響があるため、かつてはエチル水銀も同じような毒性があるのではないかと懸念されていました。 これまでエチル水銀に対してアレルギー反応があることのみが報告されていて、中毒症状などの報告はありません。 その点で、エチル水銀が人体に与える影響に関しては、現在も明らかでないことは事実です。 では基準値から見た場合の安全性はどの程度と言えるのでしょうか? 体内への有機水銀の許容量は、有害であることが明らかな「メチル水銀」を基準にしたものが、アメリカの公的機関や世界保健機関(WHO)で決められています。 現在、アメリカでは、有害なメチル水銀については、環境保護庁で基準値 「0. 世界保健機関の基準値の方が高いのは、魚を食べることが大きく関係しています。 環境保護庁では日単位、世界保健機関では週単位で基準値で示されているのに加え、ワクチンは毎日接種するものではないので少し計算がややこしくなります(安全な基準値について個人で計算を試みている方もいるかもしれませんが、しばしばこのあたりでの混乱が見られるようです)。 不活化ワクチン、特にインフルエンザワクチンを2回接種する場合、1週間以上空けて2回目の接種をします。 1週間でワクチンを2回接種することはありません。 そのためまず前提として、日ではなく、週単位で見て計算するのがよいと考えられます。 前述の通り、最も多いワクチンで、1回の予防接種のワクチン0. 5ml中には、5マイクログラムのチメロサールが含まれています。 体重60kgの人が、5マイクログラムの注射をある週に1回したとすると、「0. 体重10kgの1歳の子どもでは、1回の注射量0. 25mlですので、「0. 毒性が明らかで基準の厳しいメチル水銀を基準としている環境保護庁の基準値は、週にすると「0. そもそもチメロサールにはメチル水銀のような明らかな危険性は報告されていないのですが、メチル水銀基準で厳しく見ても、危険視される量には到底及ばない量であることがわかると思います。 魚にも含まれるメチル水銀の毒性と人体への影響・リスク 魚にも水銀は含まれていますが、バランスよく食べたいものです メチル水銀に代表される有機水銀は、口から摂取した場合、消化管からほぼ吸収され、血液を介して全身に回り、脳に到達したり、胎盤から胎児に到達したりします。 メチル水銀の細胞毒性によって、細胞が破壊されてしまいます。 環境中に存在している水銀は、水中で細菌によってメチル水銀に変わり、食物連鎖の結果、上位にいる生き物に濃縮されていきます。 強くて大きくて長生きな魚ほど、体内にメチル水銀をため込んでしまう傾向にあるのです。 これらの魚を食べることによっても、人は有機水銀を摂取しています。 アメリカの食品医薬品庁(FDA:Food and Drug Administration は、魚の水銀濃度について、サメ0. 96ppm、メカジキ1. 00ppmと報告しています。 FDAは魚のメチル水銀の濃度が1ppmを超えた時に勧告を出します。 また、英国では既に妊婦や妊娠しようとしている女性、16歳未満の子どもには、サメやメカジキなどを食べないように勧めています。 では、日本ではどうでしょうか? 厚生労働省は、妊婦に対して、キハダマグロ、ビンナガマグロ、メジマグロ クロマグロの幼魚 、ツナ缶について、通常の食事では食べても大丈夫としており、下記の魚については食べる量と頻度の目安を示しています。 バンドウイルカ…1回約80gとして2ヶ月に1回まで(1週間当たり10g程度)• コビレゴンドウ…1回約80gとして2週間に1回まで(1週間当たり40g程度)• キンメダイ、メカジキ、クロマグロ、メバチ(メバチマグロ)、エッチュウバイガイツチクジラ、マッコウクジラ…1回約80gとして週に1回まで(1週間当たり80g程)• キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、ヨシキリザメ、イシイルカ、クロムツ…1回約80gとして週に2回まで(1週間当たり160g程度) (厚生労働省 妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項より引用) これによれば、メカジキやクロマグロなどは、1回約80g、つまり刺身で1人前程度までとしており、妊婦は週に1回までとしています。 しかし、魚介類の栄養は健やかな妊娠と出産にはメリットもあるため、過度に制限しすぎるのも考え物です。 メカジキの場合は1. 00ppmなので、刺身1人前でメチル水銀を80マイクログラム摂ることになります。 ここで思い出してください。 1回のワクチンに含まれるチメロサールは5マイクログラムです。 もちろん体内へ入る水銀は少しでも減らしたいと思うかもしれませんが、このようにワクチンによって体内に入る水銀よりも、日常的に食物から入る水銀の方が多いという現実があるのです。 有機水銀を含まない「チメロサールフリーワクチン」とは 一方で、ワクチンには、チメロサールが含まれていない製剤もあります。 いわゆる「チメロサールフリーワクチン」というものです。 ワクチン接種には、注射器に既にワクチンが入っているシリンジタイプ、もしくはゴム栓をしたガラスの小さな瓶に注射針を刺して中身を吸い出すバイアルタイプがあります。 バイアルタイプはゴム栓をしているため無菌状態を保つことができます。 チメロサールが含まれていない製剤の多くは、シリンジタイプや1回量しか入っていないバイアルタイプです。 一方で、チメロサールが含まれているワクチンは、一斉に多くの人に使用できる10ml入ったバイアルタイプであることが多いです。 最近は、チメロサールを減量したワクチンであったり、含まないワクチンが増えています。 しかし、新型インフルエンザのように大量に多くの人に接種する必要がある時には、保存性のよいチメロサールを含む製剤が生産されます。 また、2016年に使用されるインフルエンザワクチンでは、熊本での地震の影響で製造数が減少しているため、すべてのインフルエンザワクチンにチメロサールが含まれています。 チメロサールは主にに含まれています。 チメロサールが保存剤に使用されるようになった背景 そもそもチメロサールが保存剤として使用されるようになったのは、1928年1月にオーストラリアで起こった事故に基づいています。 1週間に21人の子どもに対し、ゴム栓した瓶10mlの液の中からジフテリアワクチンを接種し、最初の使用日から10日後に、再び同じ瓶から別の21人の子どもに接種が行われました。 このとき、最初の1週間に接種した子どもには問題がありませんでしたが、10日後に同じ瓶からのワクチンを接種した21人の子どものうち、12人もの子どもが亡くなってしまったのです。 この事件の原因は、細菌感染でした。 同じ瓶から何度も薬液を取るうちに、ブドウ球菌が侵入、増殖してしまい、注射器を介して細菌感染症を引き起こしてしまったようです。 この事件を受け、「細菌の増殖を抑えるのに十分な殺菌剤を含むもの」がワクチンに望まれるようになりました。 そこで、以前より抗菌効果が知られていて、かつ当時から薬剤にも使用されていたチメロサールがワクチンに使用されるようになったのです。 ワクチンにチメロサールが含まれたことで、上記のような悲しい事故は激減し、今では保存剤としては使用されています。 一方で、保存剤だけでは完全に細菌感染を予防できないこともあるので、もちろん基本として清潔な操作が前提です。 「自閉症と水銀の関係」について今わかっている事実関係 近年、アメリカや日本では自閉症が増えており、その原因の1つにチメロサールを含むワクチンの接種回数が増えたことがあるのではないかという仮説も提唱されています。 小さいお子さんをお持ちの方は、このような話を聞くと不安になられるのも無理はありません。 一方で、2004年の米国科学アカデミーの医学協議会では、チメロサールを含むワクチンの接種と自閉症との因果関係は否認されています。 しかし現時点ではチメロサールを含むワクチンの接種と、自閉症などの神経発達障害との因果関係については、肯定するにも否定するにも、十分な証拠はないようなのです。 そのために、上記のように基準値からは十分に少ない安全な量と考えられるにも関わらず、日本やアメリカ、欧州をはじめとした世界保健機関で、チメロサールもできるだけワクチンに添加しないようすすめられてきました。 しかし現在、チメロサールを含まないワクチンが増えてきたはずなのに、自閉症が減っているわけではありません。 このようにさまざまな情報が錯綜する中、注意しないといけないことは、「あるものが増えたから、この病気が増えた」というように、理論的に無関係なものを結び付けた情報が、数多く存在しているということです。 因果関係を証明するためには、それなりに多くの根拠を積み重ねる必要があり、長い時間がかかります。 以上解説した通り、十分な検証結果が出尽くしていない以上、安全と断言はできませんが、インフルエンザワクチンに対しては、根拠のない過剰な不安は持たなくて良いのではないかと思います。 もちろん自己判断は難しい部分だと思いますので、不安を感じたら気軽に主治医や薬剤師に相談してみましょう。 最近、ワクチンの製造および安定供給が問題になることがあります。 効率よく、多くの人にワクチンを提供するためには、1本のバイアル(瓶)から、複数の人にワクチン接種する必要性が出ています。 安定供給の点で、チメロサールが入っていないワクチンにすべてしていくのは困難な状況になっています。 【関連記事】•

次の

インフルエンザワクチンの水銀・チメロサールの影響 [予防接種・ワクチン] All About

インフルエンザ 予防 接種 副作用

2006年 北里大学大学院卒 2008年 平塚共済病院内科医長を経て小田原銀座クリニックに入職、その後院長に就任 2013年 12月には当院久野銀座クリニックを開業 早期発見、早期治療を心がけ、健康で心豊かな人生を歩んでいただくことを願っており、内科・消化器内科を中心に幅広い情報の発信に努める。 インフルエンザから身を守るために、予防接種を考える方も多いと思います。 インフルエンザが話題になるのは例年では10月末頃ですが、2019年は9月に入って沖縄県で患者数が急増したのを皮切りに、全国に流行の兆しを見せています。 インフルエンザワクチンの予防接種は、適切な時期に受けてこそ効果を発揮するものですが、今年は早めの対策が必要なのでしょうか? この記事では『インフルエンザの予防接種』に適した時期や副反応についてご紹介しています。 これから予防接種をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。 もっと見る インフルエンザの予防接種はいつ受けたらいい? 最短で、いつから予防接種ができる? インフルエンザワクチンの予防接種は、一般的に 10月1日から医療期間にて受付が始まります。 そのため、最短で10月末からインフルエンザワクチンを接種することができます。 インフルエンザワクチンを接種するのはいつがいい? 10月末から12月初めまでに! インフルエンザの流行する時期は、12月末頃から翌年の3月頃までです。 その時期に効果を出すためには、 10月末から12月初めまでに接種を終わらせましょう。 早めの接種をおすすめする理由 インフルエンザワクチンの予防接種をしてから免疫ができるまで、通常2~3週間かかります。 ワクチンの効果は約5ヶ月とされているため、 インフルエンザが流行し始める前に接種しても効果は持続します。 13歳未満のお子さんの接種について 13歳未満は 2~4週間空けて2回の接種が必要です。 そのため、遅くても 1回目の接種を11月中旬までには終わらせましょう。 受験生は、いつ接種するのがおすすめ? 適した時期に接種をして受験を乗り越えましょう! インフルエンザが流行する11月~3月は、ちょうど受験シーズンと重なります。 そのため、受験生やそのご家族にとって、インフルエンザ対策として予防接種は有効です。 接種をする場合は、以下の時期がおすすめです。 ・インフルエンザが流行する前に免疫をつけたい場合 10月中旬から10月下旬にかけて ・インフルエンザが流行する時期に免疫がついていればいい場合 11月上旬~11月下旬にかけて とは言っても、効果は約5ヶ月持続するとされているため、早めの接種に越したことはありません。 インフルエンザが流行する時期まで待って免疫をつけるメリットはとくにないでしょう。 接種は12月初めまでに終わらせましょう どんなに遅くても、12月初めまでには接種を終わらせておくことをおすすめします。 受験生はもちろん、ご家族もインフルエンザの予防接種をおこなっておくことで、万全の状態で受験にのぞむことができます。 ふだんから環境づくりに気を配ることが大切 予防接種を受けたからといって、絶対にインフルエンザに感染しないわけではありません。 毎日の手洗いうがいなどを徹底して、免疫力が低下しないように普段の食生活や睡眠も見直しましょう。 インフルエンザの予防接種の副反応について 副反応の症状は? インフルエンザワクチンの予防接種によって、副反応が起きることがあります。 よく見られる副反応としては、 接種した部分が赤く腫れる、痛む・発熱・頭痛・悪寒・だるさ・発疹・じんましん・かゆみ、などがあります。 その場合は、通常2~3日で消えていくでしょう。 「卵アレルギー」による副反応も インフルエンザワクチンには微量ですが、卵白が入っています。 そのため、卵アレルギーをお持ちの方は、強いアレルギー反応が出てしまうこともあります。 心配な方は、接種する前に医師に相談しておくようにしましょう。 非常に重い副反応が出ることも まれにではありますが、免疫の異常や非常に強いアレルギー反応によって重い病気を発症することがあります。 考えられる病気としては、『ギランバレー症候群』『急性脳症』『急性散在性脳脊髄炎』『けいれん』『肝機能障害』『喘息発作』『紫斑』などがあげられます。 副反応による死亡は、ワクチンではなく基礎疾患が原因 インフルエンザの予防接種の副反応による死亡例については、現在も厚生労働省や専門家による評価がおこなわれています。 しかし、インフルエンザワクチンの予防接種が直接の死因とされる症例は認められていません。 また、死亡例のほとんどが基礎疾患のあるご高齢の方でした。 種別 期間 症例 新型 平成21 2009 年10月~平成22 2010 年9月 3例 平成22 2010 年10月~平成23 2011 年3月 4例 季節性 平成23 2011 年10月~平成24 2012 年5月21日 0例 平成24 2012 年10月~平成25 2013 年5月14日 1例 平成25(2013)年10月~平成26(2014)年7月まで 1例 平成26 2014 年10月~平成27 2015 年6月まで 3例 平成27 2015 年10月~平成28 2016 年4月まで 1例 (「インフルエンザワクチンによる死亡例」表は厚生労働省ホームページより) 副反応があらわれる期間 副反応は接種後から1週間以内に出る! 副反応は、 接種から 4~5日後がピークとなり、1週間ほどで治まるとされています。 5日以上経過しても症状が出なければ、副反応はなかったと判断してよいでしょう。 アレルギー反応が強い場合、接種後30分で副反応が! 強いアレルギー反応の場合、 接種後30分程度で副反応が見られます。 アレルギーが心配な場合は、30分ほど病院で休ませてもらうとよいでしょう。 まとめ 予防接種は適切な時期におこなうことで効果を発揮 インフルエンザを予防するために、インフルエンザワクチンを接種しておくことは有効です。 できれば、インフルエンザが流行する前にしっかり免疫をつけておいたほうがよいでしょう。 「インフルエンザワクチンを接種しておくのか」、「インフルエンザが流行する時期に免疫をつけておきたいのか」をよく判断し、適切な時期にインフルエンザワクチンを接種しましょう。 接種後は副反応もあるため、体調の変化に注意! 個人差はありますが、インフルエンザワクチンによる副反応も見られます。 予防接種後の体調変化にはじゅうぶん気をつけましょう。 あまりつらい状態であれば医師に相談することをおすすめします。 執筆者:久野銀座クリニック 岡村信良 先生.

次の

インフルエンザワクチンの水銀・チメロサールの影響 [予防接種・ワクチン] All About

インフルエンザ 予防 接種 副作用

予防接種を受ける前は、その時の体調や今までの病気、アレルギーの有無を正確に申請すること 予防接種で使われるワクチンも、治療時の薬と同じく「副作用」があります。 例えば、病原体が生きたままの生ワクチンを接種する場合、そのときの体調が悪く免疫が弱っていると弱い病原体でも病気になるリスクがあります。 予防接種前の問診票に体温、風邪のような症状、薬のアレルギーの有無など、体調や体質を問う設問があるのはこのためです。 例えば、発熱中に予防接種をしてしまった場合、その後の発熱が元の病気のせいなのか、ワクチンのせいなのかの特定も難しくなります。 保育園などで集団生活をしている小さい子供の場合、頻繁に風邪を引くことが多いようですが、体調の悪いときには無理をせず、元気なときに受けるようにしましょう。 予防接種後の注意 予防接種を受けた後も、アレルギー反応が出ないか観察するために、30分程度は接種した医療機関などにいるようにしましょう。 子供の場合は、母子手帳にワクチンの種類、製造番号が記入されるので、万一帰宅後におかしな症状が出たときには母子手帳を持って医療機関に行きましょう。 特に注意が必要なのは、「インフルエンザワクチン」と「黄熱ワクチン」。 これらのワクチンにはごく微量の卵白成分が含まれている可能性があるため、卵加工品でアナフィラキシーなどのアレルギー症状を起こしたことがある場合は、事前に皮膚テストをしておくことが望ましいです。 予防接種後の入浴は基本的に問題ありませんが、発熱があった場合や注射部位が腫れた場合は、無理な入浴は避け、部位を冷やすようにしましょう。 予防接種を連続して受ける場合の空けるべき間隔 1つの予防接種をしてから次の予防接種を受けられるようになる間隔は、生ワクチンか不活性ワクチンかで異なります。 ポリオやBCGなどの生ワクチンの場合は、ワクチン自体が強いので27日以上。 インフルエンザやB型肝炎などの不活化ワクチンの場合は、ワクチンが弱いので6日以上あければ次の予防接種を受けることができます。 ただし、DPT三種混合ワクチンの予防接種は3~8週間の間隔で行います。 できれば風邪シーズンを避け、体調のよいときに続けて接種しておきたいもの。 抗体をしっかりとつけるためには、これぐらいの間隔をあけながら接種する必要があるのです。 体調不良の時、妊娠中、持病がある場合の注意点は次ページで解説します。

次の