高田健志 俳優。 JP (ものまねタレント)

ワタナベマホトYouTubeチャンネル変更!「高田健志」「事件について」│熱血スナイパー神津エンタメ漫遊記

高田健志 俳優

兵庫県出身。 ゼルプロダクションを経て、フリー。 現在はニコニコ動画やYouTube内で企業チャンネルを開設するなど活躍。 身長180cm、体重63㎏。 中学時代、母親の推薦でジャニーズ事務所に所属していた。 嵐のバックダンサーを務めたこともある。 しかし本人は将来芸人になるのが夢だったのであまり乗り気ではなかった。 そして東洋大学附属姫路高等学校卒業後に大阪NSC27期生として入学し、前坂淳平と出会いコンビを結成する(コンビ名はプリティプリンセス)。 結成1年もたたずにコンテスト等で結果を残していたが、出場していた大会の決勝の当日に相方が失踪し連絡が取れなくなった。 その後ピン芸人としての道は歩むことなく高田は芸人を引退し一般職に就職した。 その後2009年から高田はニコニコ動画で、『蛟(か)』名義で動画や生放送をするようになり、現在も活動中。 『蛟(か)』の由来は、アクションゲーム無双OROCHIのキャラクターである蛟(みずち)の名前を蚊(か)と読み間違えたことによる。 2015年2月18日の生放送中、元相方が芸名JP(ものまねタレント)として活躍していることを知った。 2012年9月から俳優になるため仕事を退職し、本名の高田健志で芸能事務所ゼルプロダクションと契約。 2014年1月にゼルプロダクションが倒産してからはフリーの俳優になると本人が発言したが、現在までドラマや映画等俳優としての目立った活動は無い。 一方でニコニコ動画では株式会社テクサ提供のもと加藤純一とともに企業番組への出演を開始。 ニコニコ動画では神と崇められている。 趣味はアニメ鑑賞、特技はスノーボードである。 4歳から15歳の間、空手(糸東流)を習っていた。 学生時代の部活は陸上部。 関連記事 親記事.

次の

蛟(か)とは (カとは) [単語記事]

高田健志 俳優

蛟(か)とは、のや、を行っている人物である。 上半期までは、Jin、で頻繁に配信していた。 その後、紆余曲折ののち、 よりによる配信をしている。 、芸人になったらしい。 が、 にて、正式なに! 所属 がにて新設「」の 芸 を開設したおかげ。 また、にも出演したり裏方としてをしたり(本人談)と積極的に活動中。 の放送を視聴する際にはこちらのから視聴することを推奨している。 「 蛟( か)」という名称の由来 (みずち)と書いて「か」と読む。 名前の初出は『』で、の敵武将である (みずち)の名前を (か)と間違え、それを本人が気に入ったため決まった。 間違いに気がついたあとも使用し続けている。 登録する時にはを間違えないように注意。 特徴 でのいい喋りが特徴。 出身で在住。 以下、内のを抜。 『』で新武将であるとした際に判明した。 それ以降の内でいかにがかという熱したをたびたび繰り返している。 『』にてからにる。 最速宣言 はのの中で最速をして一日に2本はしてでを終わらせたいと思っております。 『』より抜。 最速かどうかはさておき実際には非常にい。 しかし、4作品のが停滞している。 に弱い? 武将の名前が読めない。 との違いがわからないなど。 の武将の名前を間違えて生まれたは多い。 三時代とのがャャになることがよくある。 その後本人も自らがに疎いと内で発言している。 独特な武将 では、や武将に疎いゆえなのか、見たから武将に勝手なやを付けることがある。 気もする。 以下、代表的な武将に付けられたを記す。 :発祥。 (MLO)。 年齢的なは広い。 : :幾千の兵を倒してきたが、のを越えられなかった。。 :出来る。 嫌われ者だがが出来るから周りは何も言えない。 意地汚い。 新人りに。 (濡れ衣です) :のに潜むドロ :で。 ちなみに、CRで政宗の予告に苦戦したため、蛟(か)の恨みは相当なもの。 :ゴキ 元・芸関係者? の19にて、の時に芸関係のをしていたことを。 だがその後本人く、芸界といってものくらいで芸人と言うにはほど遠いものらしいことが明かされている。 は似? にて最初に描いたのがで飼っている「」なのだが、で描かれたその姿はそのものであった。 蛟(か)いわく、 「ちゃんはものに似ているんですよ!」とのこと。 ので、「が冷たくて死した」と言っている。 実況動画 順に掲載。 したものは 太字。 人物 わらし 高田健志の元。 約2年半の交際の末、ついに別れることとなった。 な原因は束縛するから ル 高田健志の昔からの友人。 高田健志の。 自称医療従事者。。 フカシ。。 高田健志の元。 は一般とし、をしている。 と仲が悪く、ディスをよくする。 産業卒。 の元 基 の。 にてを受けてもらっている人物。 付属 高田健志の校 0本 集団を糾弾したくせに高田健志自信も割りまくってる 高田健志の 高田健志の をまとめたの。 生もある。 うざい…、自分の友人知人両親などが被災したら心配だが、まったくの他人に心配な感情なんて抱くか? だなぁ…とかは思うが、変にだのこんな時にの話とか頭おかしいだの、被災者が心配だとか、そういうに限ってで見てる口だけの、そんな気になるなら落ち着いたらにでも行け のときにした 高田健志の。 由来は幼児性を意味する ブー ほぼ準ュで出演している。 がない(本当はある) 高田健志が〇〇やってみた。 土 より、Eの芸、 がのとからで放送されていた。

次の

ワタナベマホトの復帰動画の高田健志とは誰?加藤純一リスナーの犯行で確定?

高田健志 俳優

高田健志とは1985年12月16日生まれの30歳で、ニコニコ動画にゲーム実況をあげたり、ニコニコ生放送をしたり、公式生放送に出演したり、たまにYouTubeに面白動画をあげているゲーム実況・ネットタレントです。 ニコニコ動画において「加藤純一」「もこう」と並んで三大実況者と呼ばれる一角で、 その3人の中では唯一専用のユーザーチャンネルを持っておらず、動画の再生数も大して伸びていないという特徴があります。 しかしながら狂信的なファンを持っているという点では最も神に近い存在でもあり、wikipediaにも『ニコニコ動画では神と崇められている』としっかりと記載されているほどです。 ゲーム実況者とは思えないほどのイケメンです。 もしかしたら嵐や関ジャニといった国民的なアイドルになっていてもおかしくなかったのかもしれません。 ちなみにその嵐のバックダンサーを務めていたこともあるそうです。 ちなみにジャニーズ時代の高田健志を思い出させる動画としてはこちらのものがあります。 【ニコニコ動画】SMAP解散報道がショックで歌ってみた うーん、何とも言えませんが個性的な歌声です。 もしジャニーズとして活動を続けていれば、中居くんあたりとコラボした曲が発売されて大人気になっていたからもしれません。 これはこれで下手に上手いよりもよほど話題性があっていいと思います。 何より古巣のジャニーズに対する愛がとても感じられて、素晴らしいですね。 陸上部の面影を感じさせる動画はこちらです。 ちなみにこのYouTube動画は、同じくニコニコ動画の有名実況者である加藤純一とのコラボ動画で、二人はもともと大変仲がよく、高田健志が芸能界デビューした時には頻繁に遊びに出かけるなど一時はカップルの噂さえ断つほどの仲睦まじさでした。 しかし後述する事件により、今では絶縁関係にあります。 あの有名な大阪NSCにも27期生として入学しており、 今ではとても有名な前坂淳平さんとコンビを組んでいて、「プリティプリンセス」というコンビ名で大変将来を嘱望されていたそうです これはネタのようで本当の話です。 結成後1年も経たずしてコンテスト等で結果を残していましたが、出場していた大会の決勝になんと相方が失踪に連絡が取れなくなったことをキッカケに芸人の道を諦め、一般企業に就職することなります。 ちなみになどにその時代の功績が残されており、ニコニコ動画の神扱いのようなネタではなく 本当に芸人時代は実力派で、その元相方は今ではものまねタレントとしてプチブレイクしていたことから、高田健志の才能は芸人としてトップレベルであったことがわかるエピソードです。 もともと名無しの実況者という体で投稿していましたが、持ち前のトークスキルによって瞬く間に人気を獲得し、 無双OROCHIというゲームをプレイしており、その時に「蛟」という字を「か」と読んでしまい、それが反響を呼んだことで、蛟(か)という名前でニコニコ動画で活動してくことになります。 名前の読み間違えさえ、自分の糧にするなんてまさに転んでもただでは起きない、ということを実践している凄い実況者ですね。 ちなみに今では後述する芸能界デビューによって本名である高田健志が定着し、蛟(か)と呼ばれることはほとんどなくなりました。 しかしニコニコ動画の投稿者名は未だに蛟(か)になっており、それによって「 高田健志の名前は知ってるけど、蛟(か)が高田健志とは知らなかった」という高田健志難民を多く生み出しており、個人的には投稿者名を変えたほうがいいのではないかと思っています。 ところで、当時のゲーム実況者は今のように外部のイベントにでたり、他の実況者と積極的にコラボすることもなく、粛々とゲーム実況だけを行うことが多かったのですが、 芸人魂が騒いだのか高田健志はラジオや他の実況者との絡みを率先して作っていたことでも知られていました。 中でも後にとても仲が良くなる が、絶縁する 加藤純一との絡みは早々に見られ、当時はうんこちゃんという名前で一世を風靡していたのですが、うんこちゃんが素性を隠した上でのコラボラジオで、他の投稿者の悪事を暴いたりしましたが、それによってしばしば炎上することもありました。 それにより数々のテレビドラマに出演するのですが、中でも有名なのは「半沢直樹」への出演でしょう。 半沢直樹は言わずと知れた国民的大ヒットドラマであり、「倍返しだ」のキャッチフレーズは流行語にもなり、最終回の視聴率は驚異の42. そんな半沢直樹にも高田健志はタミヤ電機社員という重大な任務をこなしました。 傍から見れば単なるエキストラですが、高田健志という圧倒的な存在感によってシリアスなドラマの世界観が作られたと一部では評判です。 その他にも「東京全力少女」「ミス・パイロット」などといった作品にも出演し、映画・オリジナルビデオにも出演するなど事務所入から2年も経たずして才能の片鱗を見せています。 ゼルプロダクションに所属している間は権利関係の問題もあり、ゲーム実況を休止していたのですが、ゼルプロダクションは2014年1月に倒産していまい、高田健志はそれ以降、現在に至るまでフリーで活動しています。 しかし事務所の後ろ盾がなければ大手ドラマ作品等への出演は難しく、それにより俳優活動は事実上道半ばで断念せざるを得なくなります。 歴史にifはありませんが、もしも芸能事務所が存続していたならば、高田健志は俳優として順調にステップアップし、もしかしたら今頃主演作品を持ち、大手メディアからも一挙手一投足が注目される人気俳優になっていたのかもしれません。 これまでの歴史がそうであるように、高田健志は高い実力を持ちながら、それを神によって嘲笑れることでそのチャンスをふいにしています。 そういった苦い経験の数々が高田健志自身が神となることへ導いたのかもしれません。 そして伝説へ 芸能事務所が倒産したあとは、浜田ブリトニーらとゲーム番組に出演するなどしたものの、これまでの輝きはなく、翌年2015年8月から株式会社テクサ提供のもと、加藤純一とともに企業チャンネルを開設し、ついにニコニコ動画に高田健志が帰ってきました。 さらに「かとけんYouTubeチャンネル」というYouTubeチャンネルを開設するなど、これまで以上に動画サイトでの活動に精力的になります。 これまでゲーム実況というジャンルは市民権のない、著作権的にはグレーなアングラ活動だったのですが、 高田健志らの尽力により、大手ゲーム会社もゲーム実況を容認するなど時代背景が変わってきたことで、高田健志がゲーム実況を表向きに行なっても良くなったのです。 高田健志の本格的な復帰作としては、当時「」が実況したことであまり売上は伸びていないものの、良ゲーだとしてニコニコ動画で話題になっていた「レゴシティアンダーカバー」が有名でしょう。 他人の褌で相撲を取るかのごとく、また自身の復帰作ということで注目で集めていたことが功を奏し、Part1の再生回数は26万回以上を数えます。 【ニコニコ動画】【実況】レゴシティで殺戮と破壊を繰り返し快楽を得る Part1 しかし、Part2の再生回数はわずか4万回に留まっています。 基本的にゲーム実況はPart1が最も多く、そこからなだらかに低下し、最終回に向けてまた少し再生数を戻してくるという傾向が一般的なのですが、高田健志の場合はPart2の時点で半減どころかほとんどの再生数を失っており、 これは通常ではありえない現象であることから「20万人の神隠し」という秀逸なタグが付けられるまでになっています。 なぜこのような事が起きてしまうのかというと、 実は高田健志はあまりゲーム実況自体が面白くないというのが主な要因として挙げられます。 存在自体が奇跡的であり、ドラマや芸人としてはトップレベルの才能を誇っていたものの、ゲーム実況の才能はあまりなく、話題性だけで1発ネタなら再生数は伸びるものの、シリーズ物を継続的に見させるほどの実力は持ち合わせていないのです。 それにより、高田健志は実はさほど高い再生数を持っていないことが露呈してしまい、投稿リストを見れば分かる通り、 その知名度と神として崇められる狂信的な信者の多さにも関わらず、ほとんどの動画作品が1万再生に到達していないのが現状です。 また高田健志の受難は続きます。 高田健志には「わらし」と呼ばれる界隈で有名な彼女がいたのですが、そのわらしとも別れてしまいます。 その時に生放送で放ったセリフとして「 この星 地球 は俺に合っていない。 別の星に移住する。 」と言うものがあります。 まさに高田健志自身が神であることを認めたかのようなセリフに一部でカルト的な人気を博した動画でもあります。 また長らく親友として同じ釜の飯を食ってきた加藤純一 うんこちゃん とも、ニコニコ超会議での出演をめぐるトラブル、および 高田健志の数々のウソによって、加藤純一が激怒してしまい、絶縁関係になってしまいます。 一方で、加藤純一はもこうとのポケモンバトルに敗れ、その時の罰ゲームが「高田健志と会いに行く」だったことから、既に何らかの接触は取っていると思われ、 もしかしたら仲直りすることで、再びコラボする日が来るのかもしれません。 現在高田健志はニコニコ動画への投稿、ニコニコ生放送の配信、YouTubeへの動画投稿を平行して行なっています。 ニコニコ動画の再生数は前述したようにほとんどが1万再生を割り込んでおり、とりわけYouTubeは悲惨でチャンネル登録者はわずか2000人程度、さらに動画もほとんどが3000を割り込むなど、収益的にかなり心配になる程度の再生数しか得ていません。 頻繁にニコニコ生放送は行なっていますが、もしかしたらあまり仕事を得られていないことの裏返しなのかもしれません。 いかに高田健志といえども動画投稿で生計を立てるというのが難しいのか分かります。 子供がYouTuberになりたい、と言い出した親御さんは高田健志の現状を伝えるのが一番効果的かもしれませんね。

次の