刑務所 の ルール ブック あらすじ ネタバレ。 「刑務所のルールブック(賢い監獄生活)」あらすじ・相関図・キャスト

韓国ドラマ「刑務所のルールブック」(原題:賢い監房生活)視聴感想|ドラマほびっと

刑務所 の ルール ブック あらすじ ネタバレ

本作は、大人気ドラマ『応答せよ』シリーズのスタッフが出掛けた大ヒット作です。 韓国では地上波も含めた全チャンネル中、ケーブルテレビドラマでありながら同時間帯視聴率1位となり、初回から最終回 韓国では1話約40分の全32話 までその座をキープし続けた人気作品! 百想芸術大賞2017において5冠に輝くなど、2017,2018年の韓国ドラマを代表する名作となりました。 演出のシン・ウォンホさんは『応答せよ』シリーズを通じて、演技ドルを発掘したり、多くの俳優たちにブレイクの切っ掛けを与えてきましたが、本作では舞台を中心に活躍していた俳優たちを主要キャストに起用しています。 そんな多くの実力派俳優が出演している本作ですが、主演のパク・ヘスさんは本作がドラマ初主演作であり、普段主演にキャスティングされるチョン・ギョンホさんにとっても珍しい二番手役となります。 ベテラン勢と共に見事な演技を披露している大人気若手俳優チョン・ヘインさんや、WINNERのカン・スンユンさん、f x のクリスタルさんといったアイドルたちも出演し作品に華を添えています。 その他にも『あなたが眠っている間に』でチョン・ヘインさんと共演していた人気若手俳優さんや、『応答せよ』シリーズでお馴染みの俳優たち、そして韓国ドラマ好きならご存じの俳優さんたちが囚人役や様々な役柄で登場しています。 キャスト一覧には載っていなくてもキャラクターとして印象が薄いわけではなく、各キャラクターがそれぞれに魅力を発揮しているのが本作の面白いところ。 」をはじめ、WINNERのカン・スンユンとソン・ミノによる「扉(Prod. この他にも懐メロが多く活用されていて、その使われ方も秀逸でした! スポンサーリンク 刑務所のルールブック あらすじ 韓国野球界のスター選手キム・ジェヒョク(パクヘス)は、メジャーリーグ行きも決まっていました。 しかし、ある日妹を暴漢から助けようとしたところ犯人に重傷を負わせてしまい、過剰防衛として1年の実刑判決が下されることに。 西部刑務所に収監されたジェヒョクは、そこでかつて共にプロ野球選手を目指していた親友のジュノ(チョンギョンホ)と再会します。 刑務官のジュノはジェヒョクとの関係を秘密にし彼のことを見守っていくことになります。 刑務所でジェヒョクが出会ったのは様々な罪により収監された個性豊かな面々で、同室となった彼等と共に生活していくうちに徐々に環境に順応していきます。 囚人たちとのふれ合いや、親友のジュノ、面会に訪れる元恋人のジホ(クリスタル)に支えられ、ジェヒョクはもう一度プロ野球選手として再起しようとするのですが、囚人たちの嫉妬やいじめがジェヒョクに待ち構えていて・・・。 スポンサーリンク 刑務所のルールブックみどころ 本作は、刑務所が舞台の人間ドラマでありブラックコメディでもあるという異色の作品。 登場人物は皆犯罪者ですが、彼らをただの悪人として描くだけではなく、一人の人間として描いているのが特徴です。 たとえ犯罪者であっても彼らにも家族があり夢や希望もあるんだという、これまではあまり描かれなかった面を描くことで作品をリアリティーあるものにしています。 しかしそれは犯罪者を美化しようというものではなく、彼らがどのようにして犯罪者となり、どのような想いを抱いているのかということを描くことがテーマとしてあるんです。 この作品は高い評価と視聴率を獲得しましたが、決して派手な作品ではありません。 韓国ドラマにありがちな、安易な刺激的設定やあり得ない展開などもないのですが、脚本の面白さや出演者たちの演技力によって魅力的な作品に仕上がっています。 キャスティングに関しても、主要人物の殆どは舞台出身の実力派俳優ですし、主演のパク・ヘスさんにしても演劇やミュージカルで活躍されてきた方で、ドラマへの出演数もわずかなんです。 誰もが知っている有名な俳優さんといえば、クリスタルさんとチョン・ギョンホさんに、『応答せよ』シリーズでお馴染みのソン・ドンイルさんに、近年大人気のチョン・ヘインさんくらいなんです。 もちろん、脇役として多くの個性派俳優や名脇役も出演していますが、美男美女を取り揃えた作品とは一線を画すといえます。 このドラマは、そんな彼らの刑務所での生活や人生について描いたものですが、犯罪者だから悪い人間だと思っていると実はいい人であったり、一見するといい人に見えても実は悪い人だったりと、複雑な人間ドラマにハラハラさせられると共に感動させられるのが本作です! スポンサーリンク 刑務所のルールブック視聴率 ケーブルテレビtvN放送にも関わらず、地上波を越える絶大な人気を誇り、ヒット作となりました。 同時間帯に放送されたSBS「イ判サ判」やMBC「ロボットじゃない」を押して、KBS「黒騎士」とほぼ同様の視聴率を記録。 13話からは視聴率10%を越えて、同時間帯地上波水木ドラマをすべて超える数値をマークしたのでした。 刑務所のルールブックシーズン2は? 本作は「応答せよシリーズ」を演出したシンウォンホ監督作品。 シーズン2もあるのではないかと期待する方もいらっしゃるでしょう。 監督は放送前に以下のように話しています。 「刑務所のルールブックも個人的にはシリーズ化してもいいかなと思った。 セットを初めてみた瞬間、1回で終わらせるのはもったいなかった。 応答せよも規模が大きかったが、今回の監獄セットはさらに大きい。 みたくもないのにシーズン2を作るのはおかしなことだ。 視聴者の反応を見て決めたい。 」 ドラマの人気に伴い、視聴者からもシーズン2を望む声が高まり、終了後も話題となっていました。 その後、2019年になって「賢いシリーズ」が決定したようです。 刑務所のルールブックの原題は「賢い監房生活」。 次回は「賢い医師生活」だとのことで病院を背景に医師や看護師、患者などの物語だとのことで、監獄セットはもったいないことになります・・・。 スポンサーリンク 刑務所のルールブック感想と評価・評判 「刑務所を舞台とした作品に外れはない!」と言われるほどこれまでに数々の名作の舞台として使われてきましたが、本作においても例外ではありませんでした。 ただ、これまでの名作たちと本作が違うのは、感動のヒューマンドラマではありながらブラックユーモア満載のコメディでもあるということです! 映画という短い時間の中での脱走劇や死刑囚との感動のドラマもいうものは、これらの映画でたくさん見てきましたが、本作のような刑務所を舞台としたホームドラマというのは斬新でした。 なんたって刑務所での生活は基本的に毎日同じことの繰り返しですから! それをサスペンスやアクション映画の一部に活かすのではなく、囚人たちの生活を切り取るというのはなかなかの着眼点だと思いました。 私たちが想像する刑務所内での出来事といえば、囚人同士のトラブルや派遣争いに、刑務官や所長の悪行などを描いたものでしたが、その中には過失によって服役を余儀なくされた人や、根っからの悪人でない人も多くいるわけなんです。 だからといって犯罪を正当化するわけでも、同情を買おうというわけでもなく、例え刑務所の中とはいえギスギスし続けているわけではなく、笑いや感動もそこにはあるんだということを教えてくれた作品でした。

次の

韓国・中国・台湾ドラマ 刑務所のルールブック | BS11(イレブン)

刑務所 の ルール ブック あらすじ ネタバレ

2018. 投稿者: 刑務所のルールブック 賢い監房生活 13話・14話 あらすじと感想 【PR】 しまった!第〇話を見逃してしまった! そんな時はU-NEXTをチェック!その作品配信しているかも?U-NEXTなら31日間無料トライアル! 刑務所のルールブック 賢い監房生活 슬기로운 감빵생활 全16話 第13話 あらすじ ジェヒョクは復縁を求めるためジホに電話をかけ続けるが一向に出てくれず焦りを募らせる。 ジェヒョクと同じ房に戻ってきたトルマニはこれまでのいきさつから心の壁を作っていたが、自分を許した周囲の面々を慕い始める。 ジェヒョクはトルマニから周りの悪党を引き離すため…。 第13話感想 daisySSさんより 契約が決まった球団名を刑務所長に真っ先に結果を知らせ、 1週間の条件で借りた携帯電話を使いジホに電話やメッセージを残すジェヒョク。 別れたジュヒョクからの連絡に返事をしないジホに、返却の期限が迫ったジェヒョクは、大胆な発言を残します。 柔道部出身のトルマンはジェヒョクに誘われ、キャッチャーとして練習に参加し、 2上(サン) 6房(バン)の皆とも仲良く、平和な時間を過ごします。 第 13話はこれまで語られることのなかった収監者たちの過去を中心に話が展開されました。 ヘロンイの過去は、お母さんが働いていたため、いつも一人ぼっちだったヘロンイ。 中学に入ってからは、野球を誘ってくれたジウォンと仲良くなり、楽しい時間を過ごしていました。 高校生になってから引っ越しをしたヘロンイと、留学することになったジウォン。 迷ったヘロンイは隠していた気持ちを告白するメールを送り、既読される前に削除する様子が描かれました。 しかし、そのメールをジウォンは既に読んでいたんですね。 母の通報で逮捕されることになったヘロンイは、母への寂しい気持ちを胸にひそめ、息子を心配して後悔の涙の見せるヘロンイの母の姿まで描かれました。 舌足らずの発言で強力なキャラクターのムンレドン・カイストの話には、切ない気持ちになりました。 苦労を掛けた元妻が登場し、息子の命を助けるため移植を決意するムンレドン・カイスト。 息子が父から移植されることを拒否していると知った彼は、手術当日、エレベーターで息子と再会しながらも、最後まで父だと語れない姿・・・切なかったです。 弟の無罪を晴らすために一生懸命のユ大尉と兄の関係も描かれ、一番印象的だったのは、無期懲役チャン・ギスの過去でした。 指輪まで渡した好きな女性の存在がいたんですね。 ペン部長から仮釈放されることを伝えられたチャン・ギスと、自分の事のように喜ぶペン部長。 ムンレドン・カイストが別の刑務所に移ることが決まり、 2上(サン) 6房(バン)を取りまとめていたチャン・ギスの仮釈放の知らせまで、最終話に向け動き出したそれぞれのこの先の話しが気になる終わりでした。 【豆知識】キム・ソニョンが特別出演しています。 第14話 あらすじ ジェヒョクがスティーブ・ブラス病によりストライクを投げられなくなってしまう。 ジュノは専門家を呼びジェヒョクに治療を受けさせるが効果が出ない。 6号棟で薬物取引が行われていたことが明らかになり、ナ課長の追及を受けた売人の受刑者はハニャンを利用することを思いつき… 第14話感想 daisySSさんより 球団との契約を終え、刑務所を出るだけで再び野球選手のジェヒョクに戻れる。 ジェヒョクにこれ以上何もないことを願っていましたが、前半トラブルが絶えなかった木工所の元班長が再び登場しました。 ジェヒョクのいる刑務所の園芸科を 1週間の日程で訪問することになった囚人の中の一人。 果たしてジェヒョクの監房生活は、再び困難を迎えることになるのでしょうか。 突然ボールをコントロールできなくなったジェヒョク。 Steve Blass症候群が原因とされ、ジュノとペン部長の協力のもと、ジェヒョクの病気を治すために催眠療法や心理治療まで行いますが、ジホの簡単なアドバイスで乗り越えることができました。 Steve Blass症候群って、野球で使われるノーコン(ノーコントロールの意味でピッチャーの制球が定まらないこと)病のことをさすようです。 同じ年のユ大尉とヘロンイのギクシャクしながらも、心のこもったアドバイスをするヘロンイや、危険な状態にさらされたヘロンイを助けようとするユ大尉の気持ちが伝わった話でした。 ヘロンイが薬物に依存するようになった過去が描かれ、刑務所内で薬物が売買されているとの暴露記事が流れたことで、刑務所長は薬を売買する刑務所内のグループを割り出そうと動きだしますが、そのせいでヘロンイが危険な状況に。。。 でも一人医務室に残されているヘロンイを心配したユ大尉のおかげで危ないことは避けられました。 しかし、この先もヘロンイが心配になります。 ヘロンイはどんなエンディングを迎えることになるのでしょう。 卒業論文のため、チャン・ギスにインタビューを申し込んだのは、キュートな女子学生でした。 彼女とチャン・ギスって何らかの関係がありそうです。 2017年の秋へと時間が進んだ第 14話でしたら、今後も緊張を緩めることのできない、内容がギュッと詰まった展開が続きそうです。 ヨン・ウジン、gugudanのキム・セジョン、ソン・ジェリム、T-ARAのジヨン まずは30日間お試し.

次の

刑務所のルールブックの感想は面白い?韓国ドラマの口コミ評判を調査!|ドラマーチ!

刑務所 の ルール ブック あらすじ ネタバレ

本作は、大人気ドラマ『応答せよ』シリーズのスタッフが出掛けた大ヒット作です。 韓国では地上波も含めた全チャンネル中、ケーブルテレビドラマでありながら同時間帯視聴率1位となり、初回から最終回 韓国では1話約40分の全32話 までその座をキープし続けた人気作品! 百想芸術大賞2017において5冠に輝くなど、2017,2018年の韓国ドラマを代表する名作となりました。 演出のシン・ウォンホさんは『応答せよ』シリーズを通じて、演技ドルを発掘したり、多くの俳優たちにブレイクの切っ掛けを与えてきましたが、本作では舞台を中心に活躍していた俳優たちを主要キャストに起用しています。 そんな多くの実力派俳優が出演している本作ですが、主演のパク・ヘスさんは本作がドラマ初主演作であり、普段主演にキャスティングされるチョン・ギョンホさんにとっても珍しい二番手役となります。 ベテラン勢と共に見事な演技を披露している大人気若手俳優チョン・ヘインさんや、WINNERのカン・スンユンさん、f x のクリスタルさんといったアイドルたちも出演し作品に華を添えています。 その他にも『あなたが眠っている間に』でチョン・ヘインさんと共演していた人気若手俳優さんや、『応答せよ』シリーズでお馴染みの俳優たち、そして韓国ドラマ好きならご存じの俳優さんたちが囚人役や様々な役柄で登場しています。 キャスト一覧には載っていなくてもキャラクターとして印象が薄いわけではなく、各キャラクターがそれぞれに魅力を発揮しているのが本作の面白いところ。 」をはじめ、WINNERのカン・スンユンとソン・ミノによる「扉(Prod. この他にも懐メロが多く活用されていて、その使われ方も秀逸でした! スポンサーリンク 刑務所のルールブック あらすじ 韓国野球界のスター選手キム・ジェヒョク(パクヘス)は、メジャーリーグ行きも決まっていました。 しかし、ある日妹を暴漢から助けようとしたところ犯人に重傷を負わせてしまい、過剰防衛として1年の実刑判決が下されることに。 西部刑務所に収監されたジェヒョクは、そこでかつて共にプロ野球選手を目指していた親友のジュノ(チョンギョンホ)と再会します。 刑務官のジュノはジェヒョクとの関係を秘密にし彼のことを見守っていくことになります。 刑務所でジェヒョクが出会ったのは様々な罪により収監された個性豊かな面々で、同室となった彼等と共に生活していくうちに徐々に環境に順応していきます。 囚人たちとのふれ合いや、親友のジュノ、面会に訪れる元恋人のジホ(クリスタル)に支えられ、ジェヒョクはもう一度プロ野球選手として再起しようとするのですが、囚人たちの嫉妬やいじめがジェヒョクに待ち構えていて・・・。 スポンサーリンク 刑務所のルールブックみどころ 本作は、刑務所が舞台の人間ドラマでありブラックコメディでもあるという異色の作品。 登場人物は皆犯罪者ですが、彼らをただの悪人として描くだけではなく、一人の人間として描いているのが特徴です。 たとえ犯罪者であっても彼らにも家族があり夢や希望もあるんだという、これまではあまり描かれなかった面を描くことで作品をリアリティーあるものにしています。 しかしそれは犯罪者を美化しようというものではなく、彼らがどのようにして犯罪者となり、どのような想いを抱いているのかということを描くことがテーマとしてあるんです。 この作品は高い評価と視聴率を獲得しましたが、決して派手な作品ではありません。 韓国ドラマにありがちな、安易な刺激的設定やあり得ない展開などもないのですが、脚本の面白さや出演者たちの演技力によって魅力的な作品に仕上がっています。 キャスティングに関しても、主要人物の殆どは舞台出身の実力派俳優ですし、主演のパク・ヘスさんにしても演劇やミュージカルで活躍されてきた方で、ドラマへの出演数もわずかなんです。 誰もが知っている有名な俳優さんといえば、クリスタルさんとチョン・ギョンホさんに、『応答せよ』シリーズでお馴染みのソン・ドンイルさんに、近年大人気のチョン・ヘインさんくらいなんです。 もちろん、脇役として多くの個性派俳優や名脇役も出演していますが、美男美女を取り揃えた作品とは一線を画すといえます。 このドラマは、そんな彼らの刑務所での生活や人生について描いたものですが、犯罪者だから悪い人間だと思っていると実はいい人であったり、一見するといい人に見えても実は悪い人だったりと、複雑な人間ドラマにハラハラさせられると共に感動させられるのが本作です! スポンサーリンク 刑務所のルールブック視聴率 ケーブルテレビtvN放送にも関わらず、地上波を越える絶大な人気を誇り、ヒット作となりました。 同時間帯に放送されたSBS「イ判サ判」やMBC「ロボットじゃない」を押して、KBS「黒騎士」とほぼ同様の視聴率を記録。 13話からは視聴率10%を越えて、同時間帯地上波水木ドラマをすべて超える数値をマークしたのでした。 刑務所のルールブックシーズン2は? 本作は「応答せよシリーズ」を演出したシンウォンホ監督作品。 シーズン2もあるのではないかと期待する方もいらっしゃるでしょう。 監督は放送前に以下のように話しています。 「刑務所のルールブックも個人的にはシリーズ化してもいいかなと思った。 セットを初めてみた瞬間、1回で終わらせるのはもったいなかった。 応答せよも規模が大きかったが、今回の監獄セットはさらに大きい。 みたくもないのにシーズン2を作るのはおかしなことだ。 視聴者の反応を見て決めたい。 」 ドラマの人気に伴い、視聴者からもシーズン2を望む声が高まり、終了後も話題となっていました。 その後、2019年になって「賢いシリーズ」が決定したようです。 刑務所のルールブックの原題は「賢い監房生活」。 次回は「賢い医師生活」だとのことで病院を背景に医師や看護師、患者などの物語だとのことで、監獄セットはもったいないことになります・・・。 スポンサーリンク 刑務所のルールブック感想と評価・評判 「刑務所を舞台とした作品に外れはない!」と言われるほどこれまでに数々の名作の舞台として使われてきましたが、本作においても例外ではありませんでした。 ただ、これまでの名作たちと本作が違うのは、感動のヒューマンドラマではありながらブラックユーモア満載のコメディでもあるということです! 映画という短い時間の中での脱走劇や死刑囚との感動のドラマもいうものは、これらの映画でたくさん見てきましたが、本作のような刑務所を舞台としたホームドラマというのは斬新でした。 なんたって刑務所での生活は基本的に毎日同じことの繰り返しですから! それをサスペンスやアクション映画の一部に活かすのではなく、囚人たちの生活を切り取るというのはなかなかの着眼点だと思いました。 私たちが想像する刑務所内での出来事といえば、囚人同士のトラブルや派遣争いに、刑務官や所長の悪行などを描いたものでしたが、その中には過失によって服役を余儀なくされた人や、根っからの悪人でない人も多くいるわけなんです。 だからといって犯罪を正当化するわけでも、同情を買おうというわけでもなく、例え刑務所の中とはいえギスギスし続けているわけではなく、笑いや感動もそこにはあるんだということを教えてくれた作品でした。

次の