えん や ー こら やっと。 炎やこら屋

アンファン Enfin(本厚木/居酒屋)<ネット予約可>

えん や ー こら やっと

これから展開する話は、天皇は中央アジアからやって来たとする私のファンタジーである。 祇園祭での掛け声「エンヤラヤー」はヘブライ語だという説がある。 前回の「ワッショイ」ヘブライ語源説は私のオリジナル解釈だが、エンヤラヤーのヘブライ語源説はけっこう有名な説だろうと思う。 それによれば、「私は主 ヤー を賛美する」という意味のヘブライ語「ァンィ・ァハレル・ヤー any ahalel YAH 」が、変化したものらしい。 ユダヤ人にはそう聞こえるのだそうだが、日本人の私としては全然結びつかなかったので、今回少し音韻変化の変遷を考えてみた。 私の立場では、完成された古代ユダヤ教ではなく生成過程のユダヤ教が古神道に影響を及ぼしたのだろうと見なしている。 そして、この祇園祭は八坂神社のお祭りだが、祀られている神は素戔烏尊その他である。 これがまたいかにもユダヤ臭い。 笑 だが、それはまた別の機会に論ずることにしよう。 さて、「エンヤラヤー」という音で私が連想してしまうのは「エンヤコラ」である。 《(伊勢神宮式年遷宮広報本部 公式ウェブサイト)》《(前掲サイト)》 伊勢神宮といえば天皇の祖先の天照大神を祀っている所だから、天照大神はユダヤ教の神ヤハウェ・・・なんて主張はしなつもりだが、古代イスラエルの宗教文化が伊勢神宮に紛れ込んでいることは確かだろうと思う。 笑 《(成田シティージャーナル)》 ヘブライ語では「拒絶する」または「退ける」ことを(dokheh)といいます。 ……この「ドケ」の語尾が変化すると(dokhek)となり、発音は殆ど同じながら「押す」という意味になります。 ……すると、ヘブライ語の「ドケ」に神の救いを意味する「イェシュ」という言葉を付け加えると「ドケイシュ」となり、「神の御力で押す」という意味になります。 すなわち「どっこいしょ」とはヘブライ語の「ドケイシュ」が訛った言葉であり、力を込めて押し、相手を倒す時に、神の助けを求めて叫ぶ、祈りの言葉だったと考えられます。 《(成田シティージャーナル)》 、「ドッコイショ」は既に解説した通り、「神の助けによって押しのける」という意味を持っています。 ついでだから、「ヨイショ」のヘブライ語解釈も紹介しよう。 《(言葉の杜)》 「よーいしょっ」・・・とは? これはヘブライ語の、「ヨー・イショ」(IW・ISW)に違いない。 「ヨー」=「神(ヤーエ)の古名」,「イショ」=「引き上げる(救援)」・・・となるから「ヤーエの救援」という意味になる。 同じ「救い」でも「イショ」(ISW)は、「動的な救い」を意味する。 ちょうど、「レスキュー隊の救助活動」のようである。 この人は、私がYと表記しているヨッドという文字をIで表記している。 ) みなさん、日本人はもともと信仰深いはずなのに神を忘れた民族だということがわかりましたか? 「俺は無神論者だ」という人は、「ヨイショ!」という掛け声をかけずに重いものを持ち上げてくださいね。 ただし、くれぐれも腰痛にならないように。 《》 も合わせて御覧ください。

次の

『えん家こらやっと どっこいじゃんじゃん こーらや』by men党 : 【閉店】大衆ホルモン 池袋えん家 人形町店

えん や ー こら やっと

使われ方・意味合い 「えんやこら」の使われ方・意味合いとしては、三省堂 大辞林によれば、「多人数で力仕事をするときなど、息を合わせるための掛け声」と解説されている。 実際の民謡に登場する「えんやこら」を見ると、川や海など漁業に関連する力仕事の掛け声として使われているように感じられる。 「えんやこら」が使われている民謡・童謡をいくつか簡単に見てみよう。 北海盆歌 ほっかいぼんうた ドリフ「8時だョ! 全員集合」オープニングテーマの原曲として有名な北海道民謡『』では、次のような囃子ことばが使われている。 『』は、かつて炭鉱で栄えた三笠市幾春別(いくしゅんべつ)が発祥の地とされているので、炭鉱夫らによる採掘作業の掛け声に由来している可能性があるが、詳細は不明だ。 最上川舟歌 山形県民謡『最上川舟唄』(もがみがわふなうた)では、囃子ことばとして次のような「えんやこら」が歌われる。 ここでの「えんやこら」は、舟の漕ぎ手が力を入れて舟を漕ぐ際の掛け声に由来すると推測される。 桃太郎 ももたろう 1911年(明治44年)の文部省唱歌『』の歌詞では、「えんやこら」に関連して次のようなフレーズが登場する。 お伴の犬や 猿キジは 勇んで車を えんやらや この「えんやらや」も「えんやこら」と同様に、宝が山のように積まれた重たい手押し車を、お供の犬・サル・キジが力を合わせて運んでいく際の描写に使われている。 「えんやらや」の「えんや」も、「えんやこら」の「えんや」も、由来・語源は同じと考えられる。 ちなみに「えんやらや」は、お座敷遊び歌『』の歌詞にも使われている。 ヨイトマケの唄 美輪明宏が作詞作曲した1966年の歌謡曲『ヨイトマケの唄』では、次のように「えんやこら」が印象的に用いられている。 父ちゃんの為ならエンヤコラ 母ちゃんの為ならエンヤコラ もひとつおまけにエンヤコラ <引用:美輪明宏『ヨイトマケの唄』より> 『ヨイトマケの唄』は日雇いの肉体労働者の歌であり、数人がかりの力作業で汗水流し働く様子が「えんやこら」という掛け声に込められている。 えんやこらの語源・由来は? 以上のとおり、「えんやこら」という囃子ことば・掛け声について簡単にまとめてみたが、その語源・由来を探るには、「えんやこら」の「えんや」の語源・由来について掘り下げる必要がある。 「えんや」の語源・由来については、こちらの「」を参照されたい。

次の

えんやこら 意味 民謡の囃子ことば・掛け声

えん や ー こら やっと

これから展開する話は、天皇は中央アジアからやって来たとする私のファンタジーである。 祇園祭での掛け声「エンヤラヤー」はヘブライ語だという説がある。 前回の「ワッショイ」ヘブライ語源説は私のオリジナル解釈だが、エンヤラヤーのヘブライ語源説はけっこう有名な説だろうと思う。 それによれば、「私は主 ヤー を賛美する」という意味のヘブライ語「ァンィ・ァハレル・ヤー any ahalel YAH 」が、変化したものらしい。 ユダヤ人にはそう聞こえるのだそうだが、日本人の私としては全然結びつかなかったので、今回少し音韻変化の変遷を考えてみた。 私の立場では、完成された古代ユダヤ教ではなく生成過程のユダヤ教が古神道に影響を及ぼしたのだろうと見なしている。 そして、この祇園祭は八坂神社のお祭りだが、祀られている神は素戔烏尊その他である。 これがまたいかにもユダヤ臭い。 笑 だが、それはまた別の機会に論ずることにしよう。 さて、「エンヤラヤー」という音で私が連想してしまうのは「エンヤコラ」である。 《(伊勢神宮式年遷宮広報本部 公式ウェブサイト)》《(前掲サイト)》 伊勢神宮といえば天皇の祖先の天照大神を祀っている所だから、天照大神はユダヤ教の神ヤハウェ・・・なんて主張はしなつもりだが、古代イスラエルの宗教文化が伊勢神宮に紛れ込んでいることは確かだろうと思う。 笑 《(成田シティージャーナル)》 ヘブライ語では「拒絶する」または「退ける」ことを(dokheh)といいます。 ……この「ドケ」の語尾が変化すると(dokhek)となり、発音は殆ど同じながら「押す」という意味になります。 ……すると、ヘブライ語の「ドケ」に神の救いを意味する「イェシュ」という言葉を付け加えると「ドケイシュ」となり、「神の御力で押す」という意味になります。 すなわち「どっこいしょ」とはヘブライ語の「ドケイシュ」が訛った言葉であり、力を込めて押し、相手を倒す時に、神の助けを求めて叫ぶ、祈りの言葉だったと考えられます。 《(成田シティージャーナル)》 、「ドッコイショ」は既に解説した通り、「神の助けによって押しのける」という意味を持っています。 ついでだから、「ヨイショ」のヘブライ語解釈も紹介しよう。 《(言葉の杜)》 「よーいしょっ」・・・とは? これはヘブライ語の、「ヨー・イショ」(IW・ISW)に違いない。 「ヨー」=「神(ヤーエ)の古名」,「イショ」=「引き上げる(救援)」・・・となるから「ヤーエの救援」という意味になる。 同じ「救い」でも「イショ」(ISW)は、「動的な救い」を意味する。 ちょうど、「レスキュー隊の救助活動」のようである。 この人は、私がYと表記しているヨッドという文字をIで表記している。 ) みなさん、日本人はもともと信仰深いはずなのに神を忘れた民族だということがわかりましたか? 「俺は無神論者だ」という人は、「ヨイショ!」という掛け声をかけずに重いものを持ち上げてくださいね。 ただし、くれぐれも腰痛にならないように。 《》 も合わせて御覧ください。

次の