ユーグレナ 掲示板。 株式会社ユーグレナ

(株)ユーグレナ【2931】:リアルタイム株価チャート

ユーグレナ 掲示板

2012年12月20日上場 本社所在地 〒108-0014 5-29-11 G-BASE 田町2・3階 設立 2005年8月9日 (14年前) ( 2005-08-09) 事業内容 微細藻類の研究開発、販売等 代表者 () 資本金 54億2424万円 発行済株式総数 82,627,216株 売上高 151億7458万円 (2018年) 営業利益 -13億7900万円 (2018年) 経常利益 -10億9600万円 (2018年) 純利益 -12億5200万円 (2018年) 純資産 159億400万円 (2018年) 総資産 218億3700万円 (2018年) 従業員数 424人 (2018年9月末時点) 決算期 9月末日 主要株主 出雲充 14. ,Ltd. )は、に本社を置くである。 の一種である(学名:ユーグレナ)を中心とした微細藻類に関する研究開発及び生産管理、品質管理、販売等を展開している。 ユーグレナモール 中央通り(2012年) 、が仲間2名と会社を設立。 ベンチャー支援をしていた社長(当時)のもユーグレナの株式を買い、となる(その後、株式会社インスパイアが堀江の持分を引き受け、全面的に支援を行う)。 株式会社インスパイアの支援なくして、現在のユーグレナは存在しなかったとも関係者は語る [ ]。 インスパイアでユーグレナを担当したは、のちにユーグレナの社外取締役を経て完全移籍し、ユーグレナの副社長となった。 2005年、世界で初めてミドリムシの屋外大量培養に成功する。 当初は約500社に営業しても「他社で採用実績がない商品は扱えない」と断られて、一時は資金繰りに窮しかけた。 2007年末、雑誌でユーグレナを知ったの担当者からコンタクトがあり、2008年5月に提携。 その後は栄養食品やバイオ燃料生産用に受注が増えた。 3月に()大川にある日本最南端の あやぱにモールのを取得し、と名づけた。 、東京証券取引所上場。 には第一部に市場変更した。 、とミドリムシ由来の次世代バイオディーゼル燃料実用化に向けた共同研究プロジェクト「DeuSELプロジェクト」をスタートした。 1月、第1回を受賞した。 8月、地球環境や健康に対する課題解決を目指す上で、未来を生きる当事者たちに議論に参加してもらう必要性を感じ、18歳以下のCFO(Chief Future Officer|最高未来責任者)を公募。 バイオジェット燃料の事業化 [ ] 横浜市鶴見区に建設予定のバイオジェット燃料を製造するための実証設備を2017年6月から着工するとした。 総投資額は58億円。 2019年から商用フライト用のバイオジェット燃料が生産される計画。 当社では2020年までの実用化を予定しているが、仮に当該実証プラントが完成した場合、1週間に当該プラントで生成できる量は東京~大阪間の1往復分の燃料に相当。 400倍規模の商用プラントを2020年以降に建設予定。 評価 [ ] ミドリムシの大量培養技術はユーグレナの独自技術であるが神戸製鋼の子会社がミドリムシの大量培養に成功し、競合はすでにあるという考えもある。 エース研究研究所のアナリストは「競合技術は出ているが、ユーグレナが中心になり、後は追随するような技術ではないか。 先行優位にある」とユーグレナを評価している。 2012年東証マザーズに上場したユーグレナは投資家の間でも人気が高い。 DAILY ANDSのライターはユーグレナ株をアベノミクス成長戦略のシンボル的な株になったとしている。 IPO時の公募価格である1700円は、初値で2. 3倍の3900円になり、上場当時からユーグレナ株の人気さがうかがえる。 その一方で空売り投資家であると指摘されている は、の株式取引開始直前に、ユーグレナ株の「売り」を推奨するレポートを公表した。 ウェル・インベストメンツ・リサーチは、以下の点を指摘している。 また、この燃料精製に関して、当社は特許を出願していないのに対し、米国企業の中には特許を有するのみならず、既に商用化にこぎつけている事業者もあるため、当社の本事業における経営環境は厳しいものである。 われわれは引き続き、ヘルスケア事業の推進による事業の収益向上と、バイオジェット燃料の実現に向けた取り組みを進めていく 」とする考えを示している。 なお、会社四季報ONLINEによると、株式市場は、ユーグレナの高いPER(160倍)はミドリムシのバイオエネルギーに対する期待の表れであるとしている。 また、ユーグレナの時価総額の評価は、株式市場の期待が高すぎて買われすぎているという可能性があるが、株式市場はこれらの企業の中長期的な成長をちゃんと織り込んでいるという見方もある。 教科書掲載 [ ] 高校のの教科書に(株)ユーグレナがの事例として紹介されている。 脚注 [ ]• 株式会社ユーグレナ 2018年11月7日. 2018-22-9閲覧。 トラベル Watch、2015年12月2日• 毎日新聞「経済プレミア」、2015年12月17日• - 株式会社Widge• 【成長の起点】ユーグレナ・出雲充社長/伊藤忠と提携 逆転呼ぶ『』2014年4月9日(スタートアップ面)• 、2010年2月13日• 、2010年2月13日• 株式会社ユーグレナ• 株式会社ユーグレナ、2012年11月16日• 日本経済新聞、2014年11月26日• Excite Bit• 株式会社ユーグレナ、2015年1月23日• 日本経済新聞、2017年2月10日• 日本経済新聞、2015年12月1日• ブルームバーグ• DAILY ANDS、2016年5月2日• 日本経済新聞、2016年12月13日• 東洋経済、2017年1月21日• 会社四季報オンライン、2016年9月12日• 東洋経済、2015年10月15日• 最新図説 政経p231、浜島書店 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

(株)ユーグレナ【2931】:掲示板

ユーグレナ 掲示板

決算年月日 2015年9月30日 2016年9月30日 2017年9月30日 2018年9月30日 2019年9月30日 現預金等 6,221 6,799 7,153 4,427 7,833 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 2,384 4,556 3,488 3,935 3,350 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 1,624 2,472 6,025 8,897 3,590 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 1,175 1,238 1,627 3,777 1,649 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 3,119 461 565 802 778 総資産 資産合計。 14,523 15,526 18,858 21,838 17,199 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 1,769 2,055 2,090 2,547 3,182 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 80 63 1,125 3,390 3,191 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 12,674 13,408 15,643 15,900 10,827 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 売掛金・受取手形・立替金・前払費用など。 3,633 3,457 3,350 3,537 3,364 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 - - 3,590 - - 無形固定資産 連結調整勘定・営業権・特許権など。 3,542 3,996 1,649 1,586 1,526 投資等 投資有価証券・出資金・長期貸付金・繰延資産など。 4,669 4,740 778 4,160 4,115 総資産 資産合計。 19,397 20,537 17,199 16,208 16,117 流動負債 買掛金・支払手形・短期借入金・前受金・賞与引当金など。 2,244 2,414 3,182 1,926 1,853 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 3,889 4,026 3,191 3,699 3,546 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 13,264 14,098 10,827 10,583 10,718 負債資本合計 負債と資本の合計。 総資産の金額と一致する。 1,905 2,966 3,678 4,220 4,010 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 1,000 1,018 1,134 878 824 その他費用収益 販売管理費・営業外収益・営業外費用・特別利益・特別損失・法人税等を合算した純額。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 「粗利益」とも言う。 マイナスの場合は税引前当期損失。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 1,155 914 169 -1,149 2,091 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 2,091 -154 -2,108 -3,889 -1,436 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 -177 -185 2,296 2,318 2,714 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 880 - 1,211 - -285 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 -1,346 - -90 - -79 財務活動によるキャッシュフロー 財務活動によるキャッシュフロー。 借入金や社債などに関するキャッシュの流れ。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 3,546 - -833 - -185 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 利益を源泉とした剰余金を示す。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 会社の本業によって稼ぎ出した現金であり、プラスである方が好ましい。 1,842位 2,048位 2,992位 3,515位 1,574位 総資産 資産合計。 2,322位 2,302位 2,198位 2,140位 2,379位 現預金等 1,464位 1,467位 1,512位 2,010位 1,551位 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 1,848位 1,833位 1,770位 1,823位 2,171位 現預金等増減 553位 1,207位 1,638位 3,353位 455位 531位 1966年5月16日生 1989年4月 三菱商事株式会社入社 2001年1月 マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社 2002年3月 株式会社グロービス・マネジメント・バンク入社 2005年7月 株式会社グロービス・マネジメント・バンク代表取締役社長 2007年6月 株式会社プロノバ代表取締役社長 現任 2014年6月 アステラス製薬株式会社社外取締役 2014年6月 株式会社丸井グループ社外取締役 現任 2015年12月 株式会社セプテーニ・ホールディングス社外取締役 現任 2016年3月 株式会社リンクアンドモチベーション社外取締役 現任 2018年12月 当社社外取締役 現任 2019年2月 株式会社マネーフォワード社外取締役 現任 決算年月日 2015年9月30日 2016年9月30日 2017年9月30日 2018年9月30日 2019年9月30日 従業員数(単独) 79人 107人 151人 170人 183人 従業員数(連結) 162人 211人 308人 355人 359人 平均年齢(単独) 35. 2歳 35歳 35. 8歳 37. 7歳 38. 5歳 平均勤続年数(単独) 2. 5年 2. 7年 2. 7年 3年 3. すべて• powered by 訂正有価証券報告書や大量保有報告書等の内容を確認するにあたっては、当サイト内の「EDINET提出書類一覧」ページ、あるいはをご参照頂きますようお願い致します。 『Ullet』では投資に関連する情報を提供しておりますが、投資の勧誘を目的とするものではありません。 当サイトを利用しての情報収集・投資判断は、利用者ご自身の責任において行なって頂きますようにお願いいたします。 また、当サイトは、相応の注意を払って運営されておりますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いかねます。

次の

ユーグレナ 株価 2ch 掲示板 2931 【株ドラゴン】

ユーグレナ 掲示板

そしてラジオNIKKEIでもお馴染みの…• 遊ぶならもう少し安全な銘柄があるだろ。 なにをやってもまったく取れない。 200〜500株 2931 ユーグレナ 3681 ブイキューブ 3911 Aiming 4563 アンジェス 今月収支…• メキシコでの臨床研究で患者の症状を回復したと発表した。 ユーグレナ〈2931〉 ミドリムシを中心とした微細藻類に関する研究開発及び生産管理、品質管理、販売等…• まず寄り付きから日経と同じくしてギャップダウンで始まったユーグレナ 2931 に挑みました。 830円で寄り付いてから、もう一段下がった822円で早い時間に…• クラウドファンディングを活用した市民参加型研究を開始する旨。 従前にも同名の「みんなのミドリムシプロジェクト」を実施、全国から新規形質株を採取して産業利用の可能性を研究してきたがその第二弾。

次の