ぼくのなつやすみ。 ボクくんがズル休み?「ぼくのなつやすみ」の都市伝説

ぼくのなつやすみ4とは (ボクノナツヤスミヨンとは) [単語記事]

ぼくのなつやすみ

スポンサーリンク どうぶつの森よりも面白い!プレステを代表するスローライフゲーム「ぼくなつ」の魅力 街づくり、田舎暮らし、牧場生活 さまざまなスローライフゲームがあります。 その代表作といえる「どうぶつの森」がニンテンドースイッチでも遊べるようになりますが、どうぶつの森よりも面白い!という評価も高いのがプレイステーションを代表するスローライフゲーム「ぼくのなつやすみ」シリーズです。 PS3を最後に新作が登場していない「ぼくなつ」ですが、今回はその魅力と ・なぜ新作が発売されないのか?発売されない理由は? ・ぼくなつのようなゲームはPS4やニンテンドースイッチではないのか? というテーマでお話ししたいと思います。 機種 タイトル名 発売日 備考 PS1 ぼくのなつやすみ 2000年6月22日 PSP ぼくのなつやすみポータブル ムシムシ博士とてっぺん山の秘密!! 2006年6月26日 ぼくなつ1の移植版 PS2 ぼくのなつやすみ2 海の冒険篇 2002年7月11日 PSP ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密! 2010年6月24日 ぼくなつ2の移植版 PS3 ぼくのなつやすみ3 -北国篇- 小さなボクの大草原 2007年7月25日 PSP ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団「ボクと秘密の地図」 2009年7月2日 過去の発売実績を見ると、いくつか共通点が見えてきます。 ・6月末から7月までのなつやすみ前に発売している ・「ぼくのなつやすみ3」までは据え置き機で発売されていたが、「ぼくのなつやすみ4」で携帯ゲーム機で完全新作が発売された という点です。 ここにどうやら、新作が発売されない理由が隠されていそうです。 ところで、ここで歴代「ぼくのなつやすみ」シリーズの魅力についてご紹介しておきましょう。 [amazon] ぼくのなつやすみの記念すべき1作目。 PS1で発売された本作はPSPでも移植版が発売されています。 [amazon] 海を舞台にした2作目では釣り、水泳、自転車などなつやすみを楽しむ要素がさらにパワーアップしています。 [amazon] 北海道を舞台に繰り広げられるシリーズ最高傑作の評価も高く、いまだになつやすみになると新品ソフトが売れるというベストセラーゲーム。 100種類以上の遊びができます。 [amazon] 瀬戸内海にある5つの島と3つの海を舞台にしたシリーズ最新作。 PSPだけどシリーズ最高レベルのやりこみ要素が楽しめます。 【PS2】ぼくらのかぞく [amazon] ぼくのなつやすみの開発チームは作った、あまり知られていない名作「ぼくらのかぞく」です。 現代を舞台にした「かぞく」をテーマにしたアドベンチャーゲームですが、基本的な楽しみ方は「ぼくのなつやすみ」です。 30種類以上のアルバイトもゲーム内でできます。 【考察】PS4で「ぼくのなつやすみ」が発売されない理由 なぜ、PS3まで発売されていた「ぼくのなつやすみ」がPS4で発売されないのか、その理由について推測してみましょう。 実際のところはわからないのですが、あくまでも推測として理由をあげてみました。 「開発費と販売数の問題(日本でしか売れないゲーム特性)」 これにほぼ集約できるのでは?と推測できます。 PS4で新作開発って、そこそこの開発費がかかります。 しかし、近年、開発費の高騰化で日本ではなく全世界でも売れるゲームでないと開発費の回収ができなくなっています。 しかし「ぼくのなつやすみ」は、日本文化に振り切ったゲーム内容であり、海外で売りにくいジャンルですから、海外展開が見込みにくいという点が発売されない理由かもしれません。 【3DS】怪獣がでる金曜日 「ぼくのなつやすみ」を開発した会社「ミレニアムキッチン社」がニンテンドー3DSで開発したゲームです。 怪獣がでるテレビ番組の世界の中を自由に遊びまわれるゲームなのですが、雰囲気は「ぼくのなつやすみ」がかなり色濃く出ていますね。 3DSを持っていたらニンテンドーeショップからダウンロード購入できます。 【ニンテンドースイッチ】どうぶつの森 [amazon] スローライフゲーム界を代表するゲームといえば「どうぶつの森」ですね 最新作がようやくニンテンドースイッチでも遊べるようになりました。 今回は島を舞台にスローライフが楽しめます。 島ということで、友達といっしょに島探索もオンラインで楽しめるので、スローライフ好きは外せないゲームです。 【ニンテンドースイッチ】ワールドネバーランド [amazon] 古いゲームファンにとって、元祖スローライフゲームといえば「ワールドネバーランド」でした、という人も多いかもしれません。 雰囲気的にはPCオンラインゲームのような感じで楽しめるゲームで、箱庭風な王国を探索したり、ファーミングをしたり楽しめます。 無料で遊べるPCオンラインゲームに近い雰囲気はあります。 内容的には「牧場物語」をかなりリッチにした感じで、フィールドはCGを多用しています。 「ポルティア」という街を舞台にストーリーは進んでいくのですが、野菜を作ったり、釣りをしたり、探検したり・・・・アドベンチャーRPGとしてかなり楽しめます。 ゲームとしての作りも豪華で、英語がわかれば日本の牧場物語以上に楽しめるかもです。

次の

ぼくのなつやすみ5は出ないのでしょうか?4からすでに7年も経っており今年も情...

ぼくのなつやすみ

この記事で分かること• 切なすぎる「ぼくのなつやすみ」…萌の都市伝説 「ぼくのなつやすみ」に登場するキャラクターでは主要メンバーと言ってもいい姉の「 萌」。 彼女にまつわる都市伝説が甘酸っぱいと、ネットで噂されているのをご存知でしょうか。 元々「ボクくん」の母親が臨月を迎えた事で、親戚がいる田舎に向かう所から始まる本作。 その田舎にいるキャラクターの中でも、ひと際主人公を翻弄する少女が従妹の「萌」。 彼女は部屋の中にいる事が多く、主人公が来ると「 私、前世はクラゲだったかも」なんて言っちゃう不思議な女の子。 主人公が滞在する1ヶ月間「 恋の病」にかかっていて日数が経過するごとに、徐々に精神的に参っていきます。 しかし、その恋の相手に関してはあまり触れられておらず、ある都市伝説が生まれたのです。 それは「萌」の恋した相手が「 ボクくんだったのでは?」というもの。 現に主人公が滞在している1ヶ月間、彼女はずっと恋の病にかかっていました。 最初は主人公に全く興味がなさそうだったものの、徐々に嫉妬や気になる発言が見られるようになります。 彼女は急に「 ボクくん、一緒にお風呂に入ろう」と言ってきたり、きわどい質問をしてみたりと…主人公を翻弄していくのです。 しかし、いよいよ主人公が家に帰る日が迫ると…彼女は自分の恋を「 夏の思い出」と割り切って元気を取り戻していきます。 確かにタイミングが絶妙すぎてかなり怪しいです…もしそうなら、彼女にとって「危険」な夏の思い出になりかねません。 彼女の心の変化に注目すると「ぼくのなつやすみ」をまた違った視点で楽しめるかもしれません。 スポンサーリンク 全部夢だった?「ぼくのなつやすみ」は「ボクくん」の悲しい夢 これは主人公「ボクくん」のグラフィックに「 影が無い時がある」事から生まれた都市伝説。 主人公の正体…それは重病を抱えて起き上がる事もままならず、外に出て遊ぶなど叶わない状態で病院に入院した 重篤な患者なのだとか。 なので、次のような経緯で「ぼくのなつやすみ」ができたとも伝えられています。 ・お見舞いに来た同級生の友達から聞いた話 ・夏に遊んだ思い出を沢山聞かされ、自分も遊びたいと強く願って見た夢 皮肉な話ですが、まさか「ぼくのなつやすみ」が主人公の見た夢だったなんて思いもしないでしょう。 実現し得ない願望が夢という形で叶った作品…それが「ぼくのなつやすみ」だったとのこと。 彼が経験した夏休みではなく、 彼が経験したかった夏休み。 それこそが「ぼくのなつやすみ」だったのかもしれません。 「ぼくのなつやすみ」ではなく「ぼくのズルやすみ」? これは「ある条件」が整えばプレイできる、まさに「 裏ストーリー」とも言われる内容。 実際に遊べたという報告も多数あったので、早速やり方を見ていきましょう。 まず8月32日をプレイし、魚釣りをします。 ここは釣れても釣れなくても一度家に帰ってください。 そして「萌」に話かけて就寝します。 すると、通常であれば8月33日に進みますが…「 4月1日」に時間が戻れば成功。 さぁ「ぼくのズルやすみ」の始まりですよ。 このゲームは「 いかに学校をズル休み出来るか」がポイントだそうで、バレたらゲームオーバーなんだとか。 セーブも不可能なのでゲームオーバーになれば、そこでズル休みは終了。 ただ、バレなければ 6月30日まで進められるそう。 しかし翌日は7月1日ではなく、また4月1日に戻ってしまいます。 そう、ずっと「ズル休み」出来るのです。 今もプレイ出来るかは定かではありませんが、気になった方は是非試してみてください。 今回ご紹介した「ぼくのなつやすみ」の都市伝説。 有名な「8月32日」のバグとは違いホラー系ではなく、どこか面白くて切ない…そんな都市伝説でした。

次の

『Firewatch』が描くアメリカ版『ぼくのなつやすみ』が意味するもの【インディーゲームレビュー 第38回】

ぼくのなつやすみ

この記事で分かること• 切なすぎる「ぼくのなつやすみ」…萌の都市伝説 「ぼくのなつやすみ」に登場するキャラクターでは主要メンバーと言ってもいい姉の「 萌」。 彼女にまつわる都市伝説が甘酸っぱいと、ネットで噂されているのをご存知でしょうか。 元々「ボクくん」の母親が臨月を迎えた事で、親戚がいる田舎に向かう所から始まる本作。 その田舎にいるキャラクターの中でも、ひと際主人公を翻弄する少女が従妹の「萌」。 彼女は部屋の中にいる事が多く、主人公が来ると「 私、前世はクラゲだったかも」なんて言っちゃう不思議な女の子。 主人公が滞在する1ヶ月間「 恋の病」にかかっていて日数が経過するごとに、徐々に精神的に参っていきます。 しかし、その恋の相手に関してはあまり触れられておらず、ある都市伝説が生まれたのです。 それは「萌」の恋した相手が「 ボクくんだったのでは?」というもの。 現に主人公が滞在している1ヶ月間、彼女はずっと恋の病にかかっていました。 最初は主人公に全く興味がなさそうだったものの、徐々に嫉妬や気になる発言が見られるようになります。 彼女は急に「 ボクくん、一緒にお風呂に入ろう」と言ってきたり、きわどい質問をしてみたりと…主人公を翻弄していくのです。 しかし、いよいよ主人公が家に帰る日が迫ると…彼女は自分の恋を「 夏の思い出」と割り切って元気を取り戻していきます。 確かにタイミングが絶妙すぎてかなり怪しいです…もしそうなら、彼女にとって「危険」な夏の思い出になりかねません。 彼女の心の変化に注目すると「ぼくのなつやすみ」をまた違った視点で楽しめるかもしれません。 スポンサーリンク 全部夢だった?「ぼくのなつやすみ」は「ボクくん」の悲しい夢 これは主人公「ボクくん」のグラフィックに「 影が無い時がある」事から生まれた都市伝説。 主人公の正体…それは重病を抱えて起き上がる事もままならず、外に出て遊ぶなど叶わない状態で病院に入院した 重篤な患者なのだとか。 なので、次のような経緯で「ぼくのなつやすみ」ができたとも伝えられています。 ・お見舞いに来た同級生の友達から聞いた話 ・夏に遊んだ思い出を沢山聞かされ、自分も遊びたいと強く願って見た夢 皮肉な話ですが、まさか「ぼくのなつやすみ」が主人公の見た夢だったなんて思いもしないでしょう。 実現し得ない願望が夢という形で叶った作品…それが「ぼくのなつやすみ」だったとのこと。 彼が経験した夏休みではなく、 彼が経験したかった夏休み。 それこそが「ぼくのなつやすみ」だったのかもしれません。 「ぼくのなつやすみ」ではなく「ぼくのズルやすみ」? これは「ある条件」が整えばプレイできる、まさに「 裏ストーリー」とも言われる内容。 実際に遊べたという報告も多数あったので、早速やり方を見ていきましょう。 まず8月32日をプレイし、魚釣りをします。 ここは釣れても釣れなくても一度家に帰ってください。 そして「萌」に話かけて就寝します。 すると、通常であれば8月33日に進みますが…「 4月1日」に時間が戻れば成功。 さぁ「ぼくのズルやすみ」の始まりですよ。 このゲームは「 いかに学校をズル休み出来るか」がポイントだそうで、バレたらゲームオーバーなんだとか。 セーブも不可能なのでゲームオーバーになれば、そこでズル休みは終了。 ただ、バレなければ 6月30日まで進められるそう。 しかし翌日は7月1日ではなく、また4月1日に戻ってしまいます。 そう、ずっと「ズル休み」出来るのです。 今もプレイ出来るかは定かではありませんが、気になった方は是非試してみてください。 今回ご紹介した「ぼくのなつやすみ」の都市伝説。 有名な「8月32日」のバグとは違いホラー系ではなく、どこか面白くて切ない…そんな都市伝説でした。

次の