立花孝志 ヤバい。 立花孝志は犯罪者これからもNHKの業務を妨害し続けます(^〇^)

スーパークレイジー君・西本誠氏がN国・立花孝志氏の激励に涙

立花孝志 ヤバい

「NHKから国民を守る党」代表の立花孝志 現在は、NHKをぶっ壊そうとさまざまな政策を打ち出し、YouTuberとしても活動している「N国党」立花孝志党首。 そんな立花氏は、もともとNHKの職員で20年間も働いていました。 普通なら、安定した職業であり年功序列で年収が上がっていくNHKですから途中で辞めるという決断はかなり勇気がいるものだったのではないでしょうか? ちなみに、平均年収は1,124万円ほどですから、一般的な平均年収を大きく上回っていることがわかります。 2018年 NHK職員平均年収 1124万8281円 35歳年収:666万円 30歳年収:528万円 引用:NHK職員の年収・初任給・給与システム NHKを退職したのは、2005年、立花氏が38歳の頃のことです。 理由は、その当時「NHK大阪放送局経理部」に配属されていた立花氏が、不正なお金の流れを発見してしまったことからです。 その事実をリークすれば、退職へと追い込まれるコトはほとんど予測できていたことだと思いますが、立花氏は悩んだ挙げ句に『週刊文春』へと情報を流すことを決意しました。 1951年からスタートした長寿番組「NHK紅白歌合戦」の制作プロデューサーの不正が発覚したと主張しています。 この制作プロデューサーは「NHK紅白歌合戦」に使用すべき2億円という大金を、自分の愛人へと流していたというのです。 NHK側は、この事実について一部認めていますが、金額を2,000万円だったと変更し、それ以降メディアに取り上げられることもなく、事件は葬られています。 これらの立花氏の主張が真実だったとすれば、「NHK紅白歌合戦」はかなりヤバい集団だということになりますね。 一般人の視聴者から集めた受信料を、不正に2億円も横流ししていたなんて。。 とは言え、このようなイザコザがあればNHK側としても立花氏を放っておくわけにもいかないため、依願退職というカタチを取って辞めてしまうことになります。 【合わせて読みたい】 パチプロ時代は年収2,000万円だった!?• 回転率• 換金率• 平均出玉数• 返し玉数• トータル確率• 持ち玉自給• 現金自給• 期待当たり数 これらの数値を確率収束論によって計算して、平均的な時給を割り出し計算していたようです。 立花氏の徹底した計算式によると、1ヶ月に500時間パチンコをすれば100万円の利益が出るというコトが証明されているようですから、元嫁と合わせてきっちり500時間それを実践していたんですね。 それを単純に年収にするだけでも1,200万円も稼いでいたということになります。 仮に土日も休まず働いていたとすれば、1日にすると約8時間ちょっと働いていた計算ですから、なかなかハードかも知れませんが、昔から執念を確実に実行する人間性が感じられるエピソードですね。 パチプロ時代には、元嫁と一緒に稼いでいた時期もあった 立花孝志氏は、幼い頃から両親が離婚して父親からも放置同然だったようです。 そのため、小学5年生の頃から新聞配達のバイトで食いつないでいて生活し、なんとか高校進学を果たします。 と同時に、 実家から離れ一人暮らしを始めます。 もちろん生活のためにバイトをしつつ、さらにパチンコも空いた時間にやっていたというかなりのハングリー精神(?というか)根性の持ち主であることは確かなようです。 そして、その頃に培ったパチンコのノウハウを生かして、NHKを退職後は「パチプロ」として活動していました。 7~8年間も「パチプロ」として活動していたようですから、かなり稼いでいたことには違いないでしょうね。 2018年1月の通帳を公開• 参議院議員としての給与:584,040円• YouTuberとしての収入:207万8,991円• その他、寄付金収入:仮に50万円として これらの金額をざっくり足して、300万円だったとすると、年収は3,600万円ということになりますね。 ちなみに、YouTuberとしての収入は炎上などの影響で現在は倍近くになっている可能性もあり得ますから、そうなると年収は5,000万円以上は軽く超えていることになります。 そう考えると、立花氏の過激な演出や炎上騒動は成功しているということになるので、アンチ立花孝志という人からすれば、許せない状況かもしれませんね。 【合わせて読みたい】 まとめ【衝撃】立花孝志は元パチプロ!.

次の

【ヤバイ】え?なにコイツ?葛飾区議の立花孝志、政治家なのに…日本大丈夫?|Memoranda

立花孝志 ヤバい

以下は、昔、私が話を聞いたMさんの知り合いの知り合いと4人ぐらいのツテをたどって連絡をくれた方からいただいた文章です。 文面から、NHK時代の立花氏を知っている方らしく、細かい真偽の程は詰めようがないのですが、当方がこれまでまとめた記事と付合することもあり、いただいた文章の一部を、そのまま掲載します。 (前後の私に関するコメントは削除してます) フェイク情報が飛び交うご時世ですので、どうかと思ったのですが、 真偽の判断は皆さんにお任せしたいと思います。 以下原文ママ) =========================================== 人間嫌になったら逃げ出したくなるモノです。 立花さんもNHK時代「編成経理」の仕事について行けず「メンタル」を理由に休職届けを出して逃げ出した過去があります。 その前後でNHKの不正経理事件が発覚。 立花さんも容疑者の伝票チェックをさせられ、自分が報道局スポーツ時代にやっていた裏金作りも、そのうち追求されるのではないか。 その不安を抱えることになりました。 その頃から立花さんは週刊誌に匿名でNHKの放映権の話や自分以外の不正の話を売るようになったのです。 立花さんが、その情報源だと突き止められ立花氏への取り調べが始まります。 立花氏は「NHK改革のためにやったんだ。 助けてくれ」と組合や昔の上司に助けを求めましたが「人の手柄を横取り」したり「「人の功績」を自分がやったんだと吹聴する立花さんには誰も同情しませんでした。 そのうち報道スポーツ時代の裏金作りが露呈し300万円以上の裏金作りをしたとして、出勤停止7日の懲戒処分を受けました。 立花さんは全て業務で使った自分ではもらっていないと言い張りましたが、どうみても半分以上の使い道が不明でした。 この時は既に、スポーツ放映権など契約上守秘義務が課されていた情報を漏洩したことで懲戒処分を喰らっていたので2回目です。 立花さんが実名で週刊誌に暴露情報を出したのもその頃です。 この時点で立花さんの職員としてのキャリアは既に崩壊していました。 「NHKに残って改革を続ける」とNHK職員の肩書きに執着していた立花さんですが、当時の取り調べの担当者の追求の激しさに音を上げ、立花さんは自主退職を行い退職金もせしめてNHKから「逃げるように」やめていきました。 その後youtubeでNHKの職員証を出して話をする立花氏を見る度に、NHKをやめたことが、よほど悔しかったのだろうなと思った次第です。 大部昔の話で自分の記憶がやや前後しているとは思いますが、立花さんのいう「内部告発」などとというの詭弁です。 正義感からではなく、裏金作りに手を染めた自分を正当化・守るために行った「自爆行為」であることは付言しておきます。 二瓶氏への脅迫・NHKへの威力業務妨害・不正競争防止法と3つの罪での起訴のようです。 立花氏は「不正競争」については当初「映像をもっていたら罪になります」といわれ認める方向でしたが、書類送検された途端に「否認」に転じたようです。 以下NHKニュース引用です N国 立花孝志党首を在宅起訴 04月09日 17時17分(NHKニュースから引用) ======================================= 東京地方検察庁によりますと立花党首は、去年9月、都内で受信料の契約・収納業務の委託先会社の元社員に専用端末を操作させて画面を撮影し、受信料の契約者情報50件を不正に取得したとして、不正競争防止法違反の罪に問われています。 さらに去年11月「個人情報をまき散らしていいか」「会長と話したい」などと言って契約者情報をインターネット上に拡散させると脅し、NHKの業務を妨害したとして威力業務妨害の罪に問われています。 また立花党首に契約者情報を不正に見せたとして、委託先会社の元社員、高久了被告(26)も不正競争防止法違反の罪で在宅起訴されました。 立花党首は、書類送検された7日記者会見を開き、威力業務妨害の容疑については認める一方、不正競争防止法違反の容疑については起訴されれば裁判で無罪を主張する方針を明らかにしています。 また立花党首は、去年7月インターネット上に投稿した動画の中でかつて党に所属していた東京の区議会議員に対し、「人生をつぶしに行く」などと脅したとして脅迫の罪でも在宅起訴されました。 (後略) 立花氏の説明やこれまでの情報をもとにすると 1回目は、大阪でNHKから契約書を集金人から強奪した容疑(2013年1月) 2回目は弁護士法違反。 受信料安心保険と銘打って金を集めた非弁行為容疑。 (2013年10月) 3回目は、東京都西東京市で集金人を取り囲んで暴行監禁した容疑(2016年1月) 4回目は、摂津の渡辺市議の名誉を毀損した容疑(2017年8月) 5回目は、中央区議の二瓶氏を動画上で脅迫した容疑(2019年9月) 6回目が、今回の威力業務妨害容疑(協力した集金人も不正競争防止法違反容疑で送検) 特徴的なのでは ・取り調べでは、刑事や検事には、ひたすら平身低頭 ・必ず「起訴して下さい」と検事にお願いする これは起訴したら公判で戦うという姿勢を見せることで、罰金刑で片づけたい検察側の弱みを 見越しての戦術と私は見ています。 今回これが司法当局相手に通用するのかどうかは注目ですね 【追記】4/9 NHKのニュースによると、威力業務妨害は認めるが、視聴者の個人情報を入手した不正競争防止法は否認する方針のようです。 脅迫については言及していませんね。

次の

スーパークレイジー君・西本誠氏がN国・立花孝志氏の激励に涙

立花孝志 ヤバい

プロフィール 名前: 立花孝志(たちばなたかし) 生年月日:1967年8月15日(51歳) 出身地:大阪府泉大津市 前職:NHK職員・千葉県船橋市議会議員 現職:NHKから国民を守る党代表 立花孝志ひとり放送局 代表取締役 東京都葛飾区議会議員 経歴 「NHKから国民を守る党」のサイトに、ご本人が経歴を書いているものを見つけたので引用しました。 1986年 3月 大阪府立信太高校 卒業 1986年 4月 NHK入局 和歌山放送局 庶務部に配属 1991年 7月 NHK大阪放送局 経理部に異動 1992年 7月 NHK大阪放送局 放送センター(編成)に異動 1998年 7月 NHK本部報道局 スポーツ報道センター(企画・制作)に異動 2004年 7月 NHK本部編成局(経理)に異動 2005年 4月 週刊文春でNHKの不正経理を内部告発 2005年 7月 NHKを依願退職 2005年 8月 フリージャーナリストとして活動開始 2011年 11月 インターネットテレビ「立花孝志ひとり放送局」の放送を開始 2012年 9月 立花孝志ひとり放送局 株 を設立し初代代表取締役に就任 2013年 6月 政治団体【NHKから国民を守る党】初代代表に就任 2015年 4月 千葉県【船橋市】議会議員選挙 初当選 2016年 7月 東京都【知事】選挙に立候補【NHKをぶっ壊す!】が流行 2017年 11月 東京都【葛飾区】議会議員選挙 当選 引用元: 高校を卒業後、NHKに入社。 私は、NHKって大学卒業している人しか入れないのかと思っていましたが、 高卒でも入れるんですね! でも、NHKに入れる人って、優秀な人っていうイメージがあるので 立花孝志さんも学校では優秀だったのかもしれませんね。 ホリエモンも言っていました。 NHK和歌山局から、大阪局へ、そして東京へ。 優秀な人は東京に転勤になるシステムなので、 仕事は優秀だったのかも? 在職中にNHKの不正経理を告発して、結果的にNHKを退職。 フリージャーナリストを経て、 インターネットで「 NHKの受信料は払うな!」活動をし、 知名度をアップさせたところで政治家として立候補し、当選したという・・・ ちょっと癖のありそうな人です。 インターネットで、 NHK反対派の票をたくさん集めて当選! 通常、議員に立候補するとき、NHKの政見放送に出演しますが そのときも、この人は 「NHKをぶっ壊す!」などの NHK批判をやってのけたりしていました。 ちょっといかれてると思うのは私だけでしょうか? 確かに、「NHK受信料」については、賛否両論…というか反対!! って思ってる人がほとんどだと思いますけど… 法律変えるためには、派手なことしないとダメなような気もするけど… 過激すぎるのもどうなんでしょうか? 活動について 立花孝志さんは、 「NHKから国民を守る党」の代表で NHK受信料を払わない方を応援・サポートする政党をしています。 NHKにお金 受信料 を払わない方を全力で応援・サポートする政党 政治団体 です。 党代表は、元NHK職員 記者・経理 で、10年前に週刊文春でNHKの不正経理を内部告発したジャーナリストの立花孝志です。 NHK撃退シールを作って、無料で配っています。 効果の方はどうなんでしょうね? 私は、このシールを貼っている玄関をまだ見たことはありません。 みなさんは見たことありますか? ネット上では、 「NHKの集金が来なくなった」とか 「効果があった」とのカキコミもありました。 このシールが貼ってあると、 「めんどうな人」というイメージがあるので、 NHKの集金をしている人も避けるのかもしれません。 衛星放送を受信できるテレビを持っていると• 月2,230円• 年26,760円 結構かかります。 さて、 立花孝志さんは元々NHKで働いていたのに どうしてこのような活動をしているのでしょう? 色々調べていくと、 ただ「目立ちたいから」 のようです・・・・ 確かに、自分が勤めている会社を在職中に内部告発するって なかなかないですよね? しかも、相手は 天下のNHK! すごい勇気ですよねぇ。 たとえ不正経理を見つけたとしても 私にはできません。 もちろん、不正(経理)はいけないことですが、 私が告発するなら、辞めてからにします!! NHKについて 実は以前、NHKと取引があった業者で働いていました。 NHK職員さんと直接やり取りしていました。 この 立花孝志氏がいたときは 私はまだその会社で働いていませんでしたので、 立花孝志氏の評判とかはわかりません。 NHKは、 立花孝志氏の経歴を見てもわかるように、本当によく異動があります。 なんででしょうね? そのため、番組担当者も結構変わったりします。 しかも、急に変わるときもあり、後任の方も詳細を聞いてないことも 多々あったりして、取引先の私が説明することもありましたね・・・ (なんでやねん!と思いながら説明) NHKアナウンサーさんもよく異動があります! やはり東京が1番! 例えば 地方局から大阪勤務になると人気がある証。 (当然ですね!) 逆に、東京や大阪から地方局に飛ばされたときは 「あの人、何かやったのかな・・・」と噂されることも。 内勤の方はどのような基準で異動になっているのか 聞いたことはないのですが やはりできる方は、東京や大阪にいることが多いですよ。 この5~10年の間で、 NHKの経理処理が厳しくなり、 関連会社からNHKへの請求に関しても 色々な通達がありました。 ・タクシーの使用者名、場所、日付、時間の記載 ・新幹線の指定席のコピー添付 が、必要になったので、私たち 関連業者にも「このようにしてくれ」と言われました。 業者には何の関係がなくても、NHKの言う通りにするしかないから 私はきっちりしましたけどね! 私がいた会社だけなのかもしれませんが、 やはり天下のNHKですから逆らったらダメ…みたいな雰囲気はありましたね。 そもそも、経理処理をきちんとすることは当然ですよね。 お役所体質だったNHKも、民間の会社と同じように、 正しく処理をするようになったということなので、 それはそれでいいんじゃないでしょうか? 議員がアイドルのハメ撮り疑惑動画をYouTubeに投稿? アイドルグループ 元NGT48の山口真帆さんの 過去に話題となった ハメ撮り疑惑動画(本物ではない)を、 今見つけたように、YouTubeに投稿し解説していました。 (現在は削除) そもそも、本物、偽物なんか関係なく、誰のものとかも関係なく 仮にも議員が、いや、議員じゃなくても、 「ハメ撮り」の動画をYouTubeにアップするって、どんな神経なんだろうと思いませんか。 このニュースを知り、この 立花孝志さんについて調べるきっかけになりました。 元NGT48の山口真帆さんの事件、まだ現在もニュースになっています。 こちらもまた別記事にまとめたいと思いますが、なんだか最近ひどい事件が多くないですか? 元 「純烈」の友井氏の事件も女性の私からすれば、本当にひどい・・・というしかないですし。 あわせて読みたい• なんだか怖い時代になってきました・・・ さて、この 立花孝志氏。 とにかく 目立ちたがり屋!! 以前、森友学園関係者が死亡した件で、摂津市議員の渡辺慎吾市議が 遺体の状態を知っていた事などから、 「渡辺氏が殺害に関与した疑いがある、取材に圧力をかけた」 などと発言する動画をアップロードし、結果、 逆に名誉毀損で訴えられ 30万円の慰謝料の支払いを命じられたこともありました。 2017年には、勝訴の見込みがない女性に対し NHKへの裁判を起こさせた件で、NHKへの業務妨害に当たるとして、 弁護士費用相当の54万円の支払いも命じられています。 今回も結局、 注目を集めたかっただけだと思われます。 しかし、注目を浴びたかったとしても やっていいことと悪いことはわかりますよね?? しかも、 議員なんです。 私たちが納めたお金で生活している方ですよね?(年収2000万位?) Twitterでも多くの人が色々カキコミをしていました。 そりゃそうですよ。 50歳を超えて、そんな分別もつかないとは。 山口真帆さんがどれだけ苦しんでいるか理解していますか? 今すぐお辞めになって下さい。 血税の無駄です。 — T. Tokunaga ttoku1969 おまえマジでいいかげんにしろよ。 ただでさえ今打撃を受けて精神的に参っている山口真帆さんに、こんな過去の捏造ポルノ動画でダメージを与えんのかよ。 これはただの口だけ馬鹿。 人1人守れない人間が 区民を守れるはずがない。 ましてや根拠もない話をアップする輩が、NHKのような組織に勝てる訳がない。 (西川キヨシさんは、全部断っていたそうですよ) 「先生、先生」「社長、社長」って言われて 勘違いなのに、偉そうにしている人に限って・・・ 以下自粛) 本当に素晴らしい「先生」は、「先生」と言われても 偉そうにすることも調子に乗ることもなく、 お金にがめついわけでもなく、周りの人から本当の意味で慕われていると思いますね。 あ、ちなみに、この 立花孝志氏。 なぜ議員をしているのかというと、 「お金が欲しいから」 だそうですよ。 議員報酬高いですもんね…。 NHKから国民を守る党のもう一つの公約 生活保護受給者には現金やバウチャーやクーポンではなく、食事・衣料・住居・医療・介護・余興を現物支給にします。 つまり生活保護受給者には、公共の施設に入居していただき、常にバランスのとれた食事と医療や介護サービスが24時間受けられる安全で安心な環境を提供します。 また、生活保護受給者の体調に応じて施設で食事を作ったり掃除をするなどのボランティアが出来るようにすれば、生きがいや働きがいも感じていただけます。 更に生活保護費の削減ができ不正受給も撲滅できます。 公式サイトにこのようなもう一つの公約を見つけました。 生活保護受給者の施設を作って、全員を入居させて・・・ となると、先日の青山での児童相談所のときのように、住民の反対とかがありそうですが・・・ 生活保護の不正受給に関しては、それこそ政治家が考えればいいのでは? そもそも、 政治家が多すぎると思うのは私だけでしょうか? NHKや政治については、きっと何も変わらないと思うんですけど、 少しでもいい国になるように頑張ってくれる人、いないですかね?.

次の