妊婦 下痢 薬。 妊婦さんの便秘・下痢対策と使える薬とは?

妊娠中の下痢について。

妊婦 下痢 薬

妊娠中は便秘になりやすいと言われますが、下痢になることもあります。 妊婦さんに起きる下痢の原因は実にさまざま。 治療の緊急性は高くないことが多いとはいえ、軽視していいわけではありません。 妊娠中の下痢の原因や正しい対処法を理解しておきましょう。 この記事の監修ドクター 産婦人科専門医 齊藤英和先生 梅ヶ丘産婦人科勤務、国立成育医療研究センター臨床研究員、神戸元町夢クリニック顧問、浅田レディースクリニック顧問、近畿大学先端技術総合研究所客員教授、1 more baby 応援団理事、ウイメンズヘルスリテラシー協会理事。 山形大学医学部卒業後、同大学、国立成育医療研究センターを経て現職。 日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖専門医、医学博士 妊娠初期〜後期、下痢することはある? 便秘、下痢……妊娠中はおなかの状態が乱れがち 妊娠すると、母体には心身共に多くの変化が現れます。 例えば、昼間に眠くなったり、暑さや寒さに敏感になったり、涙もろくなることもあります。 おなかの状態が乱れがちになることも、妊婦さんによく起こる変調です。 妊娠中のおなかの不調として多いのは便秘ですが、下痢が起きることもあります。 妊娠中に下痢しやすくなる理由 ・ホルモンの影響で下痢になりやすくなる 妊娠に伴うおなかの不調は、女性ホルモンの一つ「プロゲステロン」の分泌が増えることが影響しています。 プロゲステロンには腸の蠕動運動(ぜんどううんどう:便などを移動させる動き)を抑える働きもあり、これは便秘につながります。 一方、妊娠で起こるホルモン分泌の変化が自律神経のバランスの乱れにつながり、その結果として下痢が起きることもあります。 つわりにはいろいろな症状があり個人差もありますが、多いのは吐き気や嘔吐などの消化器症状です。 つわりの吐き気のために食欲がないときは、食べられそうなものを食べられるときに食べられる分だけを口にすることが第一です。 その際に冷たいアイスなどを食べ過ぎてしまうと、下痢をすることもあるでしょう。 なお、下痢を起こしやすい食べ物としては、冷たい食べ物・飲み物のほかに、脂っこい物や味付けが濃くて刺激の強い物が挙げられます。 ・ストレス、薬……そのほかの下痢の原因 妊娠に伴う心理的な変化やストレスの影響によって下痢が起きることもあります。 また、妊娠後期には赤ちゃんが大きくなる分、鉄分の需要が増えるため貧血になりやすくなり、治療として鉄剤が処方されることがありますが、その副作用で下痢になることもあります。 病的な下痢の可能性がある時は医療機関へ 下痢は日常よく起こるマイナートラブル(ちょっとした異常)であり、多くの場合それほど深刻に考えなくてもいいのですが、下痢が長引く場合や以下に該当するケースでは、治療が必要となる可能性があるので、医師の診察を受けてください。 下痢以外の症状を伴うとき ・嘔吐、腹痛、発熱など ウイルスや細菌の感染症、または消化器疾患による下痢の可能性があります。 原因にあわせた治療とともに、感染症の場合は周囲の人へうつさないようにする注意が必要です。 ・性器出血 性器からの出血がある場合は、切迫流産などの可能性があります。 切迫流産とは、おなかの中で赤ちゃんは生きていて、かつ子宮口は閉鎖していますが、流産の可能性がある状態のことで、性器出血のほかに下腹部痛や緊満感(おなかが張る感じ)、腰痛などが現れたりします。 正常に妊娠が続くこともありますが、そのままにしておくと流産になる危険もありますので、妊娠週数や症状などに応じて、安静にしたり薬による治療が行われたります。 甲状腺機能亢進症による下痢 のどにある甲状腺からは、体の新陳代謝や内臓の働きを活発にするホルモンが分泌されています。 そのホルモンの作用が亢進する(機能が強まる)「甲状腺機能亢進症」では、症状の一つとして、下痢が起こりやすくなることがあります。 甲状腺機能の異常は(亢進の反対の低下も含めて)、女性が妊娠しやすい年齢に頻度が高い病気です。 妊娠中の下痢、赤ちゃんへの影響は? 下痢と流産の関係 妊娠中に下痢をすると、流産してしまうのではないかと心配される妊婦さんは少なくありません。 なお、妊婦の約15%に自然流産が起こり、その多く(13. 早期流産の原因の大半は胎児の染色体異常などであり、母親に何か問題があって起きるわけではありません。 下痢と早産の関係 妊娠中の下痢を早産と結び付けて考える妊婦さんもいらっしゃいます。 しかし、早産もやはり、生理的な原因による下痢が影響することはまず考えられません。 病的なこと以外では、喫煙、ストレス、やせすぎなどの生活習慣に関係する因子が知られています。 下痢で大量の水分が出て行ってしまうので、失った分も十分に補給しなくてはいけません。 さらに、下痢に加えてつわりのためにあまり食べられない時は、より積極的に水分をとるようにしてください。 体の中に入ってくる水分は、飲み物からだけではなく、食べ物からも意外に多く、その量は1日1Lほど。 仮に1日何も食べなければプラス1Lの水分を飲み物から補う必要があるということです。 水分補給のための飲み物は何でもいいわけではなく、冷たいものや刺激のあるものは下痢を誘発しかねませんので避けましょう。 適しているのは、体に吸収されやすいように作られている経口補水液です。 妊娠中は、分娩の時の胎盤剥離(たいばんはくり:赤ちゃんが出た後、胎盤が子宮から剝れ出る)による出血に備えるため、血液が固まりやすくなっています。 加えて、先に解説したように、つわりのために食事量が減ることや、妊娠時に起こりやすい頻尿を避けるために水分摂取を控えたりすること、つわりの辛さのために長時間寝ていることなどが、血液をより固まりやすくします。 その結果、例えば肺の血管が詰まり肺塞栓症などの重病が引き起こされることがあります。 このような病気を防ぐためにも、妊娠中はふだんからしっかり水分を摂取するようにしてください。 自己判断で薬を飲まない 下痢に限らず、妊娠中は使用する薬に関して慎重になることが必要です。 すべての薬が妊娠中に使ってはいけないわけではありませんが、妊娠前に使っていた薬や市販薬などに関しては自己判断による薬の服用は控え、医師や薬剤師に相談しましょう。 また、相談の際は必ず妊娠中であることを伝えてください。 早めに受診しましょう 「下痢が続く。 だけど薬を飲んで良いかわからない」。 そんな辛さや不安を解消する一番の方法は、医師に相談することです。 妊娠中は安全第一。 「たかが下痢」と思わずに、早めに医療機関を受診しましょう。 まとめ 妊婦さんのおなかの異常というと便秘がよく知られていますが、下痢も無視できないマイナートラブルの一つ。 つわりの時期やストレスを感じることによっても起こりますが、感染症などの疾患によって引き起こされていることもあります。 他の症状とあわせ、気になることがあれば医療機関に相談しましょう。 10産科編」(第4版)p. tyojyu. 必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。 本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます• 関連記事.

次の

妊婦は水下痢を起こしやすい?妊娠中の水下痢の原因と3つの予防策と解決策

妊婦 下痢 薬

妊娠中、特に初期の頃に下痢になってしまう妊婦さんは多いようです。 妊娠初期は、ホルモンの劇的な変化や自律神経が乱れにより下痢が起こりやすくなります。 つわりで食欲不振に陥ったりもするので、下痢まで起きてしまうと体力が消耗して、とても辛いですね。 また、ひどい下痢が続くと、流産してしまうのでは・・と心配される妊婦さんもいらっしゃると思います。 しかし、妊娠中に市販の下痢止め薬を安易に服用するのはおススメできません。 下痢が辛い場合は、産婦人科の主治医に相談して下さいね。 妊娠と下痢の関係 妊娠初期に下痢になってしまう妊婦さんは多いんですが、逆に、妊娠後期に入ると、大きくなった子宮に腸が圧迫されて便秘になりやすくなる傾向があります。 また、妊娠中は体が過敏になる傾向があって、ちょっとのことでお腹をこわす・・ってこともよくあるようです。 たとえば、今までは平気だったのに、牛乳を飲むと便がゆるくなる・・とか。 胃腸のトラブルがちょっと増えるのが、妊娠中の悩みでもあります。 妊娠によって味覚が変わったりして、栄養が偏りがちになることもあるので、栄養のバランスや規則正しい食生活を心掛けるようにしましょう。 あまり心配することはありませんが、下痢が長く続く場合や、腹痛や倦怠感を伴う場合などは主治医に相談してください。 妊娠中の下痢で気をつけること 妊娠初期は下痢になりやすく、妊婦さんは「流産してしまうのでは・・」と非常に心配になると思います。 妊娠初期(2~3ヶ月)は赤ちゃんもとても小さいので、実際のところ、下痢が直接的に流産を引き起こすことはほとんどないと言われています。 また、つわりや下痢で体重が落ちてしまうと、「お腹の赤ちゃんが育たないのでは?」と心配する人もいますが、妊娠初期の胎児は、お母さんの体に蓄えられた栄養分だけでちゃんと育つことができます。 ただ、妊娠後期になっても下痢が続いて体重が減少するということになれば、やはりそれは問題がありますので、産科の医師に相談するようにしてくださいね。 下痢が続くことで子宮の収縮を促してしまうこともありますので、早産を防ぐ意味でも早めに受診した方がいいです。 妊娠中の胃腸のトラブルは、自己判断で市販薬を服用するのではなく、小さな問題でもきちんと主治医に相談することが大事です。 市販の下痢止め薬に関するコンテンツ.

次の

妊娠後期の下痢の対処法!腹痛も。赤ちゃんへの影響は?|医師監修

妊婦 下痢 薬

日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。 現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。 妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 妊娠1~4ヶ月にあたる妊娠初期は体内のホルモンバランスが急激に変わるので、体調も変化しやすくなります。 つわりに悩まされる妊娠さんが多いですが、実は下痢も妊娠初期症状の一つとして現れることがあります。 今回は、妊娠初期の下痢について、原因や対策、流産を引き起こす可能性があるのかどうかをご説明します。 妊娠初期の下痢の原因は? 妊娠初期に下痢が起こりやすいのには、いくつかの理由があります。 下記に、妊娠初期の下痢の主な原因をご紹介します。 ホルモンバランスの変化 妊娠が成立すると、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」と呼ばれる女性ホルモンの分泌量がどんどん増えていきます。 そのため、消化機能が弱って下痢が引き起こされることがあります。 消化不良によって便秘が起こることもありますが、妊婦さんによっては下痢がひどくなったり、便秘と下痢を繰り返したりするようになります。 つわり 妊娠初期につわりの症状が現れると、味の好みの変化や食欲不振などから、食べられるものや飲めるものが偏ることがあります。 「脂っこいものばかりを食べすぎて胃腸に負担がかかる」「冷たい飲み物ばかりでお腹が冷える」といったことが原因で下痢が起こりやすくなります。 関連記事 妊娠初期の下痢の対処法は? ここでは、妊娠初期の下痢の対処法や予防法をご紹介するので、できることから実践してみてくださいね。 胃腸に負担をかけない 妊娠中の便秘対策には食物繊維を含む食べ物がおすすめですが、下痢のときは胃腸への負担を軽くするため、食物繊維は避けましょう。 また、香辛料を多く含む食べ物や飲み物は刺激が強いので、おすすめできません。 冷え対策をする お腹を冷やすと下痢になりやすいだけでなく、風邪などの体調不良を引き起こす原因になります。 妊娠初期のうちから体を冷やさないように、腹巻でお腹を温めたり、防寒着やひざ掛けを常備したりしましょう。 つわりでお風呂に入るのがつらいときは無理する必要はありませんが、湯船に浸かって体の芯から温めてから寝床につくのもいいですね。 妊娠初期に下痢が続くときの注意点は? 妊娠初期に下痢が起きたときは、下記の点に気をつけてください。 脱水症状に注意 妊娠初期の下痢で注意したいのが、脱水症状です。 下痢が続くと、どうしても体内の水分が不足してしまいます。 さらに、妊娠初期のつわりがひどいと十分に水分を摂れないこともあるため、ますます脱水症状が進んでしまいます。 つわりや体調不良で食べ物を口にできないときでも、氷を舐めたりストローで水を飲んだりと、水分補給だけは欠かさないようにしましょう。 なお、つわりの症状が悪化し、脱水症状や栄養失調になって「妊娠悪阻(おそ)」と診断されると、入院治療が必要となることもあります。 関連記事 妊娠初期の下痢が心配なときは病院へ 妊娠初期に下痢になるのはよくあることなので、あまり心配しすぎないようにしましょう。 ただし、ノロウイルスのような食中毒や風邪の症状が見られるときは、感染症の恐れもあるので早めにかかりつけの産婦人科医に相談してください。 場合によっては、内科の受診を勧められることもあります。 また、激しい腹痛が続いたり出血があったりした場合は、切迫流産や流産の兆候の可能性もあるため、すぐに産婦人科を受診してください。 下痢が長く続くと体力が落ちてしまったり、肛門に負担がかかって痔になってしまったりすることもあるので、早めに対処してストレスの少ない妊婦生活を送れるといいですね。

次の