アンサンブルアンフランセ 講師。 フランス語教材 すぐに文法も旅行会話も通じる実践フランス語ビデオ講座

自宅でフランス語学習ができる*オンラインのフランス語学校を5つ比較

アンサンブルアンフランセ 講師

Bonjour! 「フランスの携帯電話事情」とは? Rosita先生が分かりやすく指導いたします。 現在、松山の大学と語学学校でフランス語を教えています。 旅行や他の文化を知ること、スポーツが大好きです。 イギリスでオーペアをしたり、1年間ヨーロッパ中を廻った経験があります。 私にはビジネスと教育の2つの職があり、この2つの間で心が揺れています。 日本語も少し話し、現在も学習中です。 レッスンスタイル/基本的にフランス語にてレッスンを行いますが、必要の際には日本語か英語で補足をすることが出来ます。 教材としては新聞記事や動画、音楽を使うことが多いです。 また、フランス語の発音や自然な表現を教えることも好きです。 また会話レッスンも、生徒様が習った文法を実際に当てはめて使うことができるので好んで行います。 興味のある方にはビジネスフランス語を指導することも可能です。 また、特定のテーマに沿ってのレッスンも好きです。 オーダーメイドにしますので、ご要望を遠慮なく教えて下さい。 初級/発音を身に付ける、自己紹介が出来る、数を数えたり、好きなことや出来事に関し話せる、フランス旅行の際に最低限必要なキーフレーズを身に付け、フランス人の友人を作れるようにする 中級/ 選択や要求を伝えることが出来る、ボキャブラリーを強化する、さまざまなシチュエーションでコミュニケーションが取れる、フランス語的な表現やフランス文化を理解する 上級/ 議論が出来る、分析したり、相手を納得させることが出来、とりわけフランス語で考えを掘り下げることが出来る、さまざまなテーマに対応し、ボキャブラリーを更に増やす、発音を更に完璧にし、試験の準備をしたりシミュレーションをする• 110• 153• 130• 139•

次の

アンサンブル アン フランセ|オンラインフランス語学校

アンサンブルアンフランセ 講師

(Flickr: ) スカラシッププログラムでは、月二回のオンライン・対面授業をする特権をいただいています。 そこで先日ついに、フランス人講師との対面授業を体験しました! この対面授業の概要は以下の通りです。 ・先生を事前に選び、都合のいい時間を予約(夜9時からのレッスンもできます) ・スカイプで受講 ・一レッスン50分 ここまで 密な授業ははじめて!でした。 大学や学習塾でフランス語会話を学んだことはあるものの、その場合はだいたい先生(一人)対学生(多数)となってしまって、私の文法や表現方法をみっちりみてくれる、ということはありませんでした。 スカイプ授業では、会話中に間違えてしまった文法をスカイプのチャットでメモしてくれるので、そのあとも見返すことができます。 また、私の要望(突然DELFの学習をしたいと伝えたのですが)や語学レベルにも授業を アダプティブに変えてくれるところもほかの学校にはない利点だと思います。 正直、月2回にプラスしてお金を払ってでも多く授業を受けたいと思いました。 大学のばたばたが終わったら、ぜひ受講回数を増やしたいと思います。 ここ最近は先生に教えていただいたサイトでリスニングのトレーニングをしています。 こういうツールを教えていただけるのも、この上ない利点だと思います! TV5 Monde.

次の

アンサンブルアンフランセの講師は?フランス料理が詳しいHugo先生

アンサンブルアンフランセ 講師

奨学金の詳細は上述の記事にまとめてあります。 アンサンブルアンフランセというフランス語学校には大きく2つのプログラムがあります。 1つはビデオによる文法口座、もう1つがskype lessonです。 今回は前回まとめた「無料相談」を受けてPriya先生という方を予約し、50分間のskype lessonを行いました。 ちなみに通常価格は1回辺り2500-3000円となっています。 Priya先生 初めてのskype lessonということで指名させていただいたのは、Priya先生。 無料相談の際にお薦めと言われた先生の中から、適当に日程が合うタイミングの方を選びました。 というのも、最初の内は「そもそもskype lessonってどんな感じなのか」「先生との相性ってどんな風に考えたら良いのだろうか」というところが曖昧だったので、誰でも良いと言えば誰でもよかったのです。 今回は自己紹介や簡単な日常会話を通して、自分のレベルを見てもらいつつ今後どんな風に仏語を勉強していったらいいのかという相談をさせて頂きました。 会話しながら適宜文法を修正頂き、僕の言っている汚いフランス語を綺麗に直したものをskypeのチャットボックスを使って共有頂けるので後から正しい表現を振り返ることも簡単でした。 話しながら「この人と僕の話したい話題は合うだろうか」というところに焦点を当てて、哲学や文学の話を少しだけした所彼女の一番の関心は「外国語学習・教授」にあるようで少しズレていた模様。 しかし、英語講師の資格もしっかり持っているだけあってわかりづらいところは英語に変換して教えていただいたり、全体としての雰囲気はとても優しかったです。 更に「まだ明確な目標を定めていないのならば、DELFやDALF(世界共通の語学試験)を取ることを目指すのは良いかもしれない。 海外の大学院に行きたいのなら必須である」とした上で、更に模擬試験のようなものを共有して頂きました。 skype lessonの良いところの1つは、このように簡単にファイルやデータを共有してもらえることだと思います。 裏を返せば、今度は自分が解いたものを送って添削などしてもらうことも容易だということ。 それにしても無料相談の時しかり、「こちらが聞いていないことであっても、有益な情報をどんどん共有してくれる」姿勢というか感覚を持っている方が多いのはすごく素敵なことだなと感じています。 今後の方向 とりあえず、まずは最初に無料相談の方が紹介してくれたお薦めの先生に片っ端からアタックしてみる予定です。 自己紹介と日常会話を通して自分の仏語力を取り戻しつつ、哲学や政治の話などがしやすい方を見つけていくつもりです。 それが一段落すれば、より具体的なレッスン(例えば読みたい文献を共有し、そのまとめを見てもらって添削していただくこと。 あるいはプレゼン資料みたいなものを作成しておいて、その発表を見てもらいながrあコメントを頂く、など)に移っていこうと思います。 どうやら今後のアンサンブルアンフランセの活用は、文法をビデオで学ぶというよりはこのようなより実践的な仏語活用の方に活かすことになりそうです。 僕のプロフィールは twitterは 問い合わせ: ph. donief gmail. com.

次の