横浜 から 鎌倉 電車。 鎌倉・江ノ島へ 最安ルートとおトクな切符情報 [鎌倉・江ノ島の観光・旅行] All About

江ノ島&鎌倉の観光がもっと充実♪お得に楽しめる切符6選

横浜 から 鎌倉 電車

1日で「横浜」と「鎌倉」を観光するなら、どっちから先に回るべき? 2017. 16 神奈川の二大観光地といえば、横浜と鎌倉。 えっ? 箱根もあるって? じゃあ三大でいいよ。 ともあれ、横浜と鎌倉って距離的にわりと近いわけですが、じゃあ、この2つを日帰りで存分に満喫することって可能なんでしょうか? 限られた時間で互いの良さを享受するには、横浜と鎌倉どっちから先に回ったらいいんでしょうか? どのエリアにどれくらいの時間を配分すべきなんでしょうか? というわけで、ヨコカマ(横浜と鎌倉)の1日をより楽しむため、巡り方の「最適解」を考えてみました。 午前中は「空いてる鎌倉」を満喫 まず、横浜と鎌倉どちらを先に回るか問題ですが、 これはもう 完全に「鎌倉」一択 なぜなら 鎌倉には「朝から午前中」という時間帯ならではの楽しみが多いから。 たとえば、鎌倉駅東口の小町通りには最近、こだわりの「朝食」を提供するお店が増えています。 旅先で食べる「朝食」って、むしろランチよりテンションあがりません? 午前7時30分~10時くらいにぶらりと小町通りを歩いてみると、けっこうありましたよ。 「モーニングタイム」の看板を掲げているカフェや食堂。 小町通りは昼から夕方あたりまでがピークタイムで、飲食店はどこも激混みになるわけですが、この時間ならまだ空いているのでわりと待ち時間なしで入れます。 よく「玉子焼きを食べれば寿司屋のレベルが分かる」とかいいますが、その法則は朝食にも当てはまるかもしれません。 ほら、観光地のランチって割高だから、店選びには絶対に失敗したくないじゃないですか。 その点、朝食は比較的リーズナブルなので、「お試し」でその店の味を知るにはもってこいなわけです。 ちなみに、写真はNYスタイルのブランチ専門店「BRUNCH KITCHEN」のフレンチトースト。 これが中身とろとろでスーパーうまい。 フレンチトーストなんて気取った名前じゃなくて「とろとろ」に変えたらいいと思います。 ブランチセットはフレンチトースト+好きなメインが選べます。 写真は「大山鶏のグリル+スクランブルエッグ(目玉焼きに変更可)」1800円。 このトリもまた、やたらうまかった。 うまみがエグかった。 なお、ここには平日限定で1000円のお得なモーニングセットもあるので(11時まで) いつか会社をサボって食べにこようと思います。 地域の農家が持ち寄った、朝採れたてピチピチの鎌倉野菜が並んでいるので、買って帰ればきっとお母さんが喜びます。 そんなこんなで、気づけば昼。 本格的に混雑のピークタイムに突入する頃合いです。 超人気観光地としての鎌倉が牙をむき始める前に、横浜へと向かいましょう。 目安としては、鶴岡八幡宮(三ノ鳥居)前の交差点が「渋谷のスクランブル交差点みたいな雰囲気」になったら引き上げ時です。 ちなみに、鎌倉から横浜へ向かうJR横須賀線の車窓からは超でかい!!大船観音(巨大白衣観音像)が拝めます。 超でかい!!ので、必ず写真におさめましょう。

次の

神奈川県鉄道路線図

横浜 から 鎌倉 電車

南越谷発着列車の 運行ルート(太字は停車駅)(2017年3月18日以降)• - - - - - - - -(武蔵野南線)- - -(東海道本線)- - -(横須賀線)- - -• 鶴見駅ではホームのない線路上でし、乗務員を交代する。 また同駅を境にが変わる。 同駅構内で東海道線列車線(南越谷行は武蔵野線)に転線する。 横浜駅ではホームではなく、ホームに到着する。 戸塚駅構内で横須賀線線路(南越谷行は東海道線列車線)に転線する。 鎌倉駅には列車折り返し用の設備がないため、客扱い終了後はまでされる。 上り列車も逗子駅から回送され、鎌倉駅で客扱いを開始する。 南越谷駅には、東側のとの接続部分に、折り返し用の設備があるが、客扱い終了後は一旦までされる。 「ホリデー快速鎌倉路」、快速「湘南ビーチ」、「ホリデー快速あかぎ鎌倉」、特急「おはようとちぎ&かまくら」、快速「鎌倉物語」(春季・夏季)は、武蔵野線を経由せず経由。 武蔵野線鶴見駅 - 府中本町駅間にはJR東日本の営業キロが設定されているが 、この区間で有効な乗車券は販売されておらず、・・経由の乗車券で利用することになる。 停車駅 [ ] 現在運行されているホリデー快速鎌倉の停車駅は以下のとおり。 (2017年3月18日以降)• - - - - - - - - - -• 以前は、、にも停車していた。 かつて運転された同様の列車 [ ] ホリデー快速鎌倉(小山駅発着) [ ] からの間、と間で運行された ホリデー快速鎌倉の停車駅は以下のとおり。 1993年春季以降、大宮駅 - 鎌倉駅間の運行に短縮された。 小山駅 -(各駅停車)- 大宮駅 - 北朝霞駅 - 東所沢駅 - 新秋津駅 - 西国分寺駅 - 横浜駅 - 大船駅 - 北鎌倉駅 - 鎌倉駅 には ホリデー快速鎌倉が再び小山駅発着で運行されたが、この時は宇都宮線内も快速運転となった。 停車駅は以下のとおり。 小山駅 - - - - 大宮駅 - 北朝霞駅 - 東所沢駅 - 新秋津駅 - 西国分寺駅 - 横浜駅 - 大船駅 - 北鎌倉駅 - 鎌倉駅 特急おはようとちぎ&かまくら [ ] には前年のダイヤ改正で新設されたの(発 行き)の運転区間を延長する形で、宇都宮駅との間に特急 おはようとちぎ&かまくらが運行された。 鎌倉行きのみで宇都宮行きは運行されなかった。 停車駅は以下のとおり。 宇都宮駅 - - 小山駅 - 古河駅 - 久喜駅 - 蓮田駅 - 大宮駅 - - - - 横浜駅 - 大船駅 - 北鎌倉駅 - 鎌倉駅 ホリデー快速ときわ鎌倉 [ ] ホリデー快速ときわ鎌倉号。 車両は167系アコモ改善車。 (2002年3月23日) 勝田駅・ - 鎌倉駅間を常磐線、山手貨物線、東海道本線、横須賀線経由で運行していた臨時快速列車。 常磐線貨物支線を経由し、(近在にある折り返し線)でをして山手貨物線に入った。 特に運転開始当初は田端操車場での停車時間が長く、取手行きは約45分も停車していた。 開通以降、の容量が逼迫したため、設定されなくなり、常磐線内と横浜・鎌倉方面を結ぶ列車はぶらり鎌倉号に引き継がれた。 なお、常磐線三河島駅 - 田端駅間はJR東日本の営業キロが設定されている にもかかわらずに含まれていないが、経路を指定した専用の乗車券が発売された記録はなく、運賃は事実上日暮里駅経由で計算された。 停車駅 [ ] 勝田駅 - 水戸駅 - 友部駅 - 石岡駅 - 土浦駅 - (この間各駅停車) - - - 柏駅 - - - - - - 横浜駅 - - 北鎌倉駅 - 鎌倉駅• 運行開始時点では南千住駅は通過していた。 使用車両 [ ] 初めは幕張電車区(現・)の165+169系6両、2番目は田町電車区(現・)のアコモ改善車8両、次は勝田電車区(現・)の7両(全車編成)、最終設定時は再び田町電車区の167系(2番目に同じ)が使用された。 快速鎌倉物語 [ ] からの多客期には、と間に全車指定席の多客期臨時 快速鎌倉物語が(配置。 後にへ転属)で運行された。 鎌倉物語は夏季と冬季で異なる経路で運行された。 冬季の経路および停車駅は以下のとおり。 宇都宮駅 - 石橋駅 - 小山駅 - 古河駅 - - 久喜駅 - 蓮田駅 - 大宮駅 - 北朝霞駅 - 新座駅 - 東所沢駅 - 新秋津駅 - 西国分寺駅 - 横浜駅 - 大船駅 - 北鎌倉駅 - 鎌倉駅 2004年春季 - 夏季は新宿経由での運行となった。 停車駅は以下のとおり。 宇都宮駅 - 石橋駅 - 小山駅 - 古河駅 - 栗橋駅 - 久喜駅 - 蓮田駅 - 大宮駅 - 池袋駅 - 新宿駅 - 横浜駅 - 大船駅 - 北鎌倉駅 - 鎌倉駅 ホリデー快速鎌倉路、快速湘南ビーチ、ホリデー快速あかぎ鎌倉 [ ] より秋季まで、多客期にと鎌倉駅(1996年の夏季以降は)間で運行された ホリデー快速鎌倉路および 快速湘南ビーチの停車駅は以下のとおり。 以降は名称を ホリデー快速あかぎ鎌倉に変更し、またその後、運行区間を発着に延長している。 (現・)の9両(3連x3)で運行され、一部座席が指定席であった。 毎年、鎌倉市周辺のなどの見頃である6月から7月上旬、および紅葉シーズンの11月から12月、およびのシーズンである1月の土曜日・日曜日・祝日に運行されていた。 ただし他の時期(例:「」開催にあわせて)でも運行されることがあった。 また、時期によっては「ぶらりお座敷鎌倉号」が運転されることもあった。 なお、11月と1月には同じ車両で「ぶらり高尾散策号」も運行されていたため、その場合は当列車は運休となった。 2015年3月14日の上野東京ライン開業に伴い、「ぶらり横浜・鎌倉号」へ移行することになり、2014年11月の鎌倉の紅葉時期の運転が最後となった。 なお、「ぶらりお座敷鎌倉号」については、2015年1月の鶴岡八幡宮初詣シーズンの運転が最後となった。 また、武蔵野線内と横浜・鎌倉方面を結ぶ列車はホリデー快速鎌倉号に引き継がれることとなった。 停車駅 [ ] 2014年6月(柏駅停車復活後)以降、2015年1月の運行終了までの停車駅を示す。 いわき駅 - 湯本駅 -泉駅 - 磯原駅 - 高萩駅 - 日立駅 - 常陸多賀駅 - 大甕駅 - 東海駅 - 勝田駅 - 水戸駅 - 赤塚駅 - 友部駅 - 石岡駅 - 土浦駅 - 牛久駅 - 佐貫駅 - (柏駅) - (南流山駅) - - 横浜駅 - 北鎌倉駅 - 鎌倉駅• ()は、「ぶらりお座敷鎌倉号」は通過 運行開始時点では柏駅にも停車していたが、「」との誤乗防止のため開始して早々に通過駅となった。 しかし、2013年以降は「フレッシュひたち」が基本的にでの運行に変わったこともあり、2014年からは柏駅停車が復活した。 2007年3月18日ダイヤ改正で・・も通過に変更された。 他にも・に停車していたこともあった。 さらに2010年の途中から取手駅 ・我孫子駅も通過駅に変更されている。 2012年6月からは・も通過に変更されたため、武蔵野線内の停車駅は新秋津駅のみとなった。 しかし、2014年の柏駅停車復活にあわせ、新たに南流山駅にも停車するようになった。 当初はが1両設定されていたが、それ以降は全席となった。 使用車両 [ ] 2014年11月以降は、勝田車両センター所属の651系が使用されていた。 当初は7両編成を使用していたが、のちに勝田所属の6両編成(K60編成)に変更された。 2013年6月からは、E653系7両編成が再び使用されていた。 E653系での運転は特急「」への転用が進められていたため、2014年6月(アジサイ見頃時期の運転)が最後となった。 なお、485系での運行時には、画像にもあるように「ぶらり鎌倉号」専用のが備えられていた。 「ぶらりお座敷鎌倉号」は同センター所属の485系お座敷列車編成「」が充当された。 横浜ベイエリア号 [ ] ぶらり鎌倉号の運転開始と同時に運転開始した、いわき駅 - 鎌倉駅間を常磐線、武蔵野線、東海道本線()、、横須賀線経由で運行していた臨時急行列車。 - - 間の貨物支線(通称「」)を経由する数少ない営業列車であった。 横浜港開港150周年として運転された7月を最後に運転されていない。 停車駅 [ ] いわき駅 - 湯本駅 - 泉駅 - 勿来駅 - 磯原駅 - 高萩駅 - 日立駅 - 常陸多賀駅 - 大甕駅 - 東海駅 - 勝田駅 - 水戸駅 - 赤塚駅 - 友部駅 - 石岡駅 - 土浦駅 - 牛久駅 - 佐貫駅 - 東所沢駅 - 新秋津駅 - - - - 北鎌倉駅 - 鎌倉駅• 鶴見駅で乗務員交代のため、ホームのないところでしていた。 これ以外の駅でもの都合上運転停車することがあった。 使用車両 [ ] ぶらり鎌倉号と同様にE653系や485系が使用されていた。 の開業以降である2015年4月5日に運行を開始した。 前述の「ぶらり鎌倉号」では、鎌倉の観光シーズン(1月の初詣、6月のアジサイ見頃、11月 - 12月の紅葉見頃)にあわせた運転であったが、列車名に「横浜」がついたこともあり、鎌倉の観光シーズンに捉われず他の時期にも運行されることになった。 停車駅 [ ] ( - - - - - ) - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -• ()のいわき駅 - 日立駅間は、2017年7月以降は運転がない。 経由から上野東京ライン経由への変更に伴い、新たに上野駅・東京駅・品川駅に停車する。 常磐線の特急()を含む定期列車は品川駅止まりのため、品川駅以南も運行する列車は、上野東京ラインが開業した2015年春季では当列車と始発の臨時「」のみである。 武蔵野線を経由しないため、・は停車駅から外れている(南流山駅は「」の停車駅として設定された)。 上野東京ライン経由のため速達化されており、2014年11月運行の「ぶらり鎌倉号」と比較し、いわき駅発鎌倉駅行きが37分、鎌倉駅発いわき駅行きが56分短縮されている。 なお、春季 - 初秋にかけての運転は、いわき駅 - 柏駅(正確には武蔵野線への貨物線始点である付近)間については「ぶらり鎌倉号」と比較してダイヤの変更はないため、単純に横浜・鎌倉での滞在時間が90分強増えることになる。 晩秋(紅葉時期) - 冬季については、日没前後の16:50に鎌倉駅を発車するため早まる。 よって復路ではダイヤが異なるため、例えば上野駅の停車時間が異なり、春季・夏季シーズンでは6分 18:56 - 19:02 に対して、秋季・冬季シーズンでは1分 17:43 - 17:44 である。 そのため鎌倉駅 - いわき駅の所要時間は、前者が4時間11分に対して、後者が3時間48分と差があった。 しかし、2017年10月ダイヤ改正で鎌倉駅の発車が16:22に繰り上がり、上野駅の停車時間が1分 17:16 - 17:17 に変更とともに2018年の春季・夏季シーズンも左記のダイヤに統一された。 前身の「ぶらり鎌倉号」より、いわき駅発着で急行列車として運転を行っていたが、2017年6月の運行を以っていわき駅 - 日立駅間の運行を廃止し、日立駅発着に変更となり 、2018年4月の運行から快速列車に格下げされ 、それにあわせ、新たに取手駅・松戸駅・北千住駅が停車駅に追加された(取手駅は過去に「ぶらり鎌倉号」時代に停車していたことがあり、それ以来の復帰。 松戸駅・北千住駅は、上野東京ライン経由に伴い新たに停車。 これにより、同じく常磐線の臨時列車である「」や、「」も日立駅発着の快速列車のため、常磐線の主だった臨時列車は日立駅発着の快速列車に統一されることになった。 しかし2018年6月を最後に運転されておらず、2018年秋・2019年春の臨時列車でも設定されず、事実上の運転休止状態となっている。 当列車の運行路線のうち、東京駅 - 鎌倉駅間を東海道線 (通過)経由での運行は、東海道線と横須賀線がされた1980年以来となる。 また東海道本線東京駅 - 間の急行列車は、2008年3月に廃止された寝台急行「」・昼行列車では1996年3月に急行から特急に格上げされた「」(「(ワイドビュー)東海」)以来となっていた。 使用車両等 [ ] 引き続き、所属のが使用された。 当初は「ぶらり鎌倉号」と同様に、引き続きを実施していたが 、2016年以降は車内販売を行わなくなっている。 車両 [ ] ホリデー快速鎌倉で使用されていた115系 の登場から夏季まで、ほぼで運行されていた。 2002年度冬期から2013年夏季までは豊田電車区(現・)の6両編成()がほぼ専従で運行。 小山担当時代は専用ヘッドマークが掲出されていたが、豊田移管後しばらくはヘッドマーク無し、以降は「ホリデー快速」ヘッドマークを掲出されることがある。 2012年秋期から2013年春期までは()で運行されていた。 2013年秋期からは183系 または(大宮総合車両センター)で運行されていた。 2018年9月の運転からは()での運転となり、全車指定席となった。 一時期使用された165・169系 が投入された経歴もある。 (現・)モントレー色車(2002年度春・夏期)。 三鷹電車区(現・)三鷹色車(2002年度秋期のみ)。 沿革 [ ]• - - 間で ホリデー快速鎌倉(経由)運行開始。 この時の列車愛称は、鎌倉行きが「ホリデー快速鎌倉1号」、小山行きが同「2号」であった。 - 秋季より運行区間を大宮駅以南に短縮し、列車名に付された号数(1号・2号)を省略。 - - 鎌倉駅間で ホリデー快速鎌倉路(経由)運行開始。 - 夏季、高崎駅 - 間に 快速湘南ビーチ運行。 この後、ホリデー快速鎌倉路の運行区間が発着に延長された。 1996年 - 秋季より - 鎌倉駅間に臨時特急 おはようとちぎ&かまくら(新宿経由)運行(鎌倉行きのみ)。 春季まで。 1997年 - ホリデー快速鎌倉路を ホリデー快速あかぎ鎌倉に改称。 - ホリデー快速鎌倉の運行区間を小山駅発着に延長。 - 2001年12月の湘南新宿ライン運行開始に伴い、2002年春季の運行を休止。 秋季よりホリデー快速の間合い運用として運行を再開。 - 宇都宮駅 - 鎌倉駅間に全車指定席の 快速鎌倉物語が運行される。 に使用されるを使用。 - 秋季から、昼間の留置場所を品川から東所沢へ変更。 - 冬季から運行区間を発着から、発着に変更。 - をもって、115系M40編成での運転を終了。 使用車両が183系または185系となる。 - 夏季をもって、185系での運転を終了。 使用車両がE257系に、全車指定席となる。 脚注 [ ] []• 国土交通省鉄道局監修『平成28年度 鉄道要覧』電気車研究会・鉄道図書刊行会• 使用車両であった165+169系、167系はに対応していないため、これらが使用されたときは取手駅発着となっていた。 国土交通省鉄道局監修『平成28年度 鉄道要覧』電気車研究会・鉄道図書刊行会• - 東日本旅客鉄道水戸支社 プレスリリース 2012年1月20日• - 東日本旅客鉄道水戸支社 プレスリリース 2014年8月22日• - 東日本旅客鉄道水戸支社 プレスリリース 2017年5月29日• PDF プレスリリース , JR東日本, 2018年1月19日 , 2018年1月19日閲覧。 - 東日本旅客鉄道水戸支社 2015年• - 東日本旅客鉄道水戸支社 2016年•

次の

横浜から鎌倉 時刻表(JR横須賀線)

横浜 から 鎌倉 電車

3つの案があります。 1 横浜駅から「スーパービュー踊り子号」 伊豆急下田行き に乗り、伊豆高原駅で下車。 付近を散策したり、海の幸を楽しむ。 現地までは乗り換えなしで1時間40分程度で着きますよ。 2 横浜駅から湘南新宿ラインで宇都宮まで2時間半の旅を楽しむ。 宇都宮ではもちろん餃子の店をはしごし、昼間からビール三昧ですね。 3 宇都宮までが遠いのであれば、横浜駅から東横線~副都心線~東上線で川越まで一気に行きます。 1時間20分程度しかかかりませんので、川越の蔵造り・小江戸の街並みを散策してみては如何でしょうか。 3 は今話題のルートで、3月にはマスコミで川越の人達が中華街に食べにくると紹介されていましたので、ご存じですね。 ではゴールデンウィークを思う存分楽しんできてください。 Q 転勤族です。 昨年より横浜市に住み始めたので、関東を中心にできるだけ観光したいと思っています。 (40代夫婦2名) 日帰りか、1泊で行けるおススメ観光地を教えてください。 (景勝地・寺院仏閣・テーマパーク・食べ物の美味しい土地・特産品のある土地…ジャンルは何でも問いません。 交通機関は、自家用車でも電車バスなどでも構いません。 ) ちなみに今まで行ったところ(横浜市内以外で) ・箱根 ・鎌倉 ・河口湖 ・伊豆半島 ・水戸偕楽園 ・真鶴 ・東京(月島もんじゃ、浅草、明治神宮、NHK、相田みつを美術館) ・日光東照宮と華厳の滝 ・内房 ・三浦半島 ・浜松、浜名湖、西湖 ・ディズニーランド よろしくお願いします。 A ベストアンサー 横浜に住んでいました。 当方が一泊旅行で行ったところで、まだ挙がっていないところを載せておきます。 (全部車利用です。 ) 秩父(火祭りで有名ですが新緑の季節も良いです。 ) 湯河原(落ち着きます。 お隣の伊豆山温泉もお勧め。 ) 潮来・鹿島(菖蒲まつりの頃がベスト。 潮来花嫁さんも見れます。 ) 清里・八ヶ岳(夏場はお勧め。 ペンションの嫌いな人は、湯村温泉あたりで宿をとるのも良いかも。 ) 草津・伊香保(一泊でも行けますが、見どころが多いのでできれば二泊したいところ) 軽井沢・渋温泉・戸隠(遠いように感じますが、意外に一泊でも行けます) 別所温泉 霧降高原 那須高原 会津(私達は東山温泉に泊まりました) 日帰り旅行は、北は佐野薬師、笠間稲荷、西は甲府、石和、東はアクアライン経由で成田、千倉(今ならイチゴ狩りが盛んだと思います)、南は三崎、熱海あたりまで行きました。 県内でも七沢温泉とか近場ですが、良かったですよ。 A ベストアンサー こんばんは 横浜からなら箱根でしょうが観光するには寒すぎますね。 赤沢温泉はどうでしょう。 横浜からJR特急踊り子号で伊豆高原駅へ 駅から送迎バスがでています。 dhc. kawazu-onsen. city. ito. shizuoka. izukogen-navi. itospa. A ベストアンサー adahanaさん こんばんは 横浜から日帰りだと、修善寺あたりどうでしょうか???丁度紅葉狩りの時期だと思いますよ。 そして温泉に入ってグルメってどうですか???その気になったらサイクルスポーツセンターで汗かいても楽しいでしょうし。 例えばAM9:23発 特急踊り子に乗れば、11:07に修善寺に付きます。 帰りは修善寺PM5:25発の伊豆箱根鉄道に乗って三島からワイドビュー東海に乗り換えて横浜着が19:17。 この予定だと、修善寺に6時間居られる事になり、朝もゆっくりですし帰りもそんなに遅くないと思います。 もう少し早めに出て、新横浜から新幹線に乗って行けば、もう少し滞在時間を長くする事が可能です。 wbs. 伊豆大島の三原山温泉とか。 東京・竹芝桟橋から高速船で1時間40分。 土日は久里浜経由の便から久里浜港から1時間です。 リス村とか大島公園の動物園とか、小さな子供連れに適した場所も多いです。 東京経由だと、浜松町まで30分くらい、そこから竹芝桟橋まで徒歩10分、30分前に桟橋に着いておくと考えても3時間弱です。 久里浜経由だと、久里浜まで1時間、港までバスで15分、30分前に港に着いておくと考えて、やっぱり3時間弱です。 大島の元町港付近には、露天風呂とかもあります。 レンタカーを予約しておくと、港まで迎えに来てくれるので楽ですね。 tokaikisen.

次の