アンドロメダ 野手 デッキ。 『アンドロメダ学園高校』アミティ入り真・勝負師デッキと立ち回り|パワプロアプリ攻略 ぱわでび

【パワプロ】アンドロメダ学園野手育成のデッキの組み方について考察してみた

アンドロメダ 野手 デッキ

こんなデッキでアンドロメダ野手初挑戦。 セク1から大興奮。 ちょっとVR練習早かったかも。 もし金特1セク1つなら焦って回す必要はないので残り4ターンで発動でいいよね。 そしてセク2 やべー😱 筋力過多過多の過多じゃけぇ…… はいセク2で7200とかいうわけのわからん数字が出ましたと😂 正直震えたよね😂 セク3 こちらも絶好調。 そして最後のターンに…… ヤバすぎな練習😂😂😂 声出ますわこんなの。 明らかに敏捷不足ほか余りなので早速開眼。 外れ気味だねー。 そしてセク3で12000と😂 もうね、アホかと。 こんだけ出ると人間アホになりますよ。 イベント走らずだったけどジャベリンちゃんギリギリセーフ。 セク4は敏捷回収を意識して監督金特を取り逃してしまいました😣 肩上限があったらなあ😭😭😭 こういうときのために上限は必須なんですな…… そしてセク4は伸び悩んだ感で16800フィニッシュ。 それでもぼくの野手育成の中ではダントツで経験点が出たほうですね。 フリートだと13000くらいなので。 アンドロメダ楽しすぎます。 しかし肝心の査定は…… SS5😭 フリート産と変わらん😭😭😭 やっぱりバランスよく稼いでしっかり振れることが大切なんですねぇ…… 今回の反省点は上限アップを意識していなかったことかな。 次回デッキを改善していきたいと思います😣  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ こうしてみるとやっぱり得意練習は固めたほうがいいのかな。 段違いにデカイのが来やすいです。 あとやっぱり彼女は不要説ありますね。 序盤意識して追いかけたくない感じがするし、デートターンも損な気がするし。 とはいっても投手メンタルキャラがなあ……有能キャラを持っていないので😣 現状自然とメンタルキャラを入れられる野手のほうが育成しやすい感。 まあこんな具合だとマントル越えが出てくるのも時間の問題ですね。 ぼくはマントルつまらんかったし別にいいかな…… アンドロメダは楽しいし、今のパワプロ最高って感じです。 しばらくハマりそうですね。 当たり前だけど…… 投手はなかなかハマらん気がするので初見の人は野手から始めたほうがいいですよ。 投手はちょっとイライラする 以上アンドロメダ最高!という記事でした。 それでは。 雪山とかジャングルとか。 次から意識してやってみよ。 なんか点は出るけど感があるな…….

次の

【パワプロアプリ】アンドロメダ学園至高の外野手デッキ【パワプロ】

アンドロメダ 野手 デッキ

本デッキの強い点 敏捷ptをかなり稼ぎやすい 館橋の強力な走塁タッグと敏捷ブースターにより、アンドロメダ野手育成のネックである敏捷ptをかなり稼ぎやすい。 これにより、 敏捷ptのことをあまり気にかけず、強力な打撃タッグをガンガン踏みに行ける。 前2編成によりもねの告白が早く起きやすい 前イベ数が計6とかなり軽いため、もねの告白発生が早くなりやすい。 序盤選手キャラの評価上げに集中しても、クリぼっちを回避しやすい。 もね,館橋の2人からいいヤツ取得可能 もねの全レアイベと館橋の全レアイベでを確定取得可能。 序盤に取得することでキャラの評価上げをより効率的に行えるようになる。 凡才スタートでもワンチャンに期待できる。 もね評価をMAXまで上げやすい もねはデートでの評価UP量が少なめというネックがあるが、アミティの全レアイベで取得可能なため、エピまでにもね評価をMAXまで上げやすい。 本デッキの懸念点 査定最大値が低い パワー上限UPが無くも無いので、選手査定の最大値は低め。 後イベがやや重い 後イベ数が計14とやや重いため、後イベ未完のリスクが高め。 上限突破時の査定はどれも非常に高いため高査定の選手を育成しやすい。 告白のために木村を追わなくていい 彼女キャラのユニ木村はSR覚醒で初期評価が最大20UPする。 木村がPSRかつSRの潜在能力がMAXまで上がっていれば自己紹介だけで評価がオレンジに達するため、告白のために追う必要がなくなる。 ユニ木村のイベント回復量がかなり多い ユニ木村は合計4回の体力回復イベがある上に、クリスマスやバレンタインの回復量も多い。 アンドロメダ高校は練習回数の増加が経験点の伸びに大きく関わってくるため非常に強力。 本デッキの懸念点 告白がやや間に合いにくい 木村を彼女にするためには必ず2回告白イベを発生させる必要があるため、クリスマスまでに彼女にする難度がやや高い。 前イベ数が多い 本デッキの前イベの合計数は14 空きイベ数は38 とかなり多い。 告白と選手キャラのSRイベが完走すればよく、全てのイベントが発生する必要はないが完走を安定させるなら招き猫を持ち込みたい。 牛若丸がかなり重い 黒聖良の金特のは取得に大量の敏捷ptを要する。 敏捷ブースターを出せるのはジャベリンしかいないため、敏捷pt不足に陥りやすくなる。 ユニ木村を覚醒している必要がある ユニ木村の最も強い点はなんといってもSR覚醒での初期評価20UP。 SR覚醒をして初期評価UPをしていないと使う意味がかなり薄れるため、覚醒をして 最低でもSRの潜在能力をMAX付近まで上げておく必要がある。 社長の体力消費イベが多い 社長は自己紹介含め4回の体力消費イベがあり、発生タイミングによっては練習回数が減ってしまう。 サクセス中の練習の試行回数を大幅に増やすことができ、経験点を伸ばしやすくなる。 序盤のゲージ管理が非常に楽になり、サクセスを通しての超特訓発動回数も増やせるため強力。 6上限UPを達成できる 本デッキは基礎上限UPを6上限全て編成している。 上限突破時の査定はどれも非常に高いため高査定の選手を育成しやすい。 本デッキの懸念点 筋力ptが大幅に余りやすい ガジェット・社長の2人が筋力ブーストセル持ちのためVR空間が雪山 筋力ボナ になりやすい。 しかし本デッキは強力な筋力ボナ持ちの打撃キャラが複数人編成されており、雪山を複数回生成してしまうと大量の筋力pt余りが発生してしまう。 社長の体力消費イベが多い 社長は自己紹介含め4回の体力消費イベがあり、発生タイミングによっては練習回数が減ってしまう。 後イベ数がやや多い 本デッキの後イベの合計数は ガジェットのSRイベを2回目で切る前提で14 空きイベ数43 とやや多い。 ライター体感でアンドロメダ学園の後イベは走りにくいというのもあり、安定した完走を目指すなら招き猫を持ち込みたい。 恋がPSRかつSRの潜在能力がMAXまで上がっていれば自己紹介だけで評価がオレンジに達するため、告白のために追う必要がなくなる。 本デッキの懸念点 牛若丸がかなり重い 黒聖良の金特のは取得に大量の敏捷ptを要する。 敏捷ブースターを出せるのはジャベリンしかいないため、敏捷pt不足に陥りやすくなる。 恋を覚醒している必要がある 恋の最も強い点はなんといってもSR覚醒での初期評価20UP。 SR覚醒をして初期評価UPをしていないと使う意味がかなり薄れるため、覚醒をして 最低でもSRの潜在能力をMAX付近まで上げておく必要がある。 エピローグで扇風機が付く 二股対象扱い?の天音がいるため、恋とのエピローグで赤特のが付いてしまう。 が、扇風機の消去に使用する経験点は余りやすい技術なので、そこまで大きなデメリットとはならない。

次の

アンドロメダ野手育成!やる気効果アップとカオスが強すぎた!しかし…[パワプロアプリ]

アンドロメダ 野手 デッキ

本デッキの強い点 敏捷ptをかなり稼ぎやすい 館橋の強力な走塁タッグと敏捷ブースターにより、アンドロメダ野手育成のネックである敏捷ptをかなり稼ぎやすい。 これにより、 敏捷ptのことをあまり気にかけず、強力な打撃タッグをガンガン踏みに行ける。 前2編成によりもねの告白が早く起きやすい 前イベ数が計6とかなり軽いため、もねの告白発生が早くなりやすい。 序盤選手キャラの評価上げに集中しても、クリぼっちを回避しやすい。 もね,館橋の2人からいいヤツ取得可能 もねの全レアイベと館橋の全レアイベでを確定取得可能。 序盤に取得することでキャラの評価上げをより効率的に行えるようになる。 凡才スタートでもワンチャンに期待できる。 もね評価をMAXまで上げやすい もねはデートでの評価UP量が少なめというネックがあるが、アミティの全レアイベで取得可能なため、エピまでにもね評価をMAXまで上げやすい。 本デッキの懸念点 査定最大値が低い パワー上限UPが無くも無いので、選手査定の最大値は低め。 後イベがやや重い 後イベ数が計14とやや重いため、後イベ未完のリスクが高め。 上限突破時の査定はどれも非常に高いため高査定の選手を育成しやすい。 告白のために木村を追わなくていい 彼女キャラのユニ木村はSR覚醒で初期評価が最大20UPする。 木村がPSRかつSRの潜在能力がMAXまで上がっていれば自己紹介だけで評価がオレンジに達するため、告白のために追う必要がなくなる。 ユニ木村のイベント回復量がかなり多い ユニ木村は合計4回の体力回復イベがある上に、クリスマスやバレンタインの回復量も多い。 アンドロメダ高校は練習回数の増加が経験点の伸びに大きく関わってくるため非常に強力。 本デッキの懸念点 告白がやや間に合いにくい 木村を彼女にするためには必ず2回告白イベを発生させる必要があるため、クリスマスまでに彼女にする難度がやや高い。 前イベ数が多い 本デッキの前イベの合計数は14 空きイベ数は38 とかなり多い。 告白と選手キャラのSRイベが完走すればよく、全てのイベントが発生する必要はないが完走を安定させるなら招き猫を持ち込みたい。 牛若丸がかなり重い 黒聖良の金特のは取得に大量の敏捷ptを要する。 敏捷ブースターを出せるのはジャベリンしかいないため、敏捷pt不足に陥りやすくなる。 ユニ木村を覚醒している必要がある ユニ木村の最も強い点はなんといってもSR覚醒での初期評価20UP。 SR覚醒をして初期評価UPをしていないと使う意味がかなり薄れるため、覚醒をして 最低でもSRの潜在能力をMAX付近まで上げておく必要がある。 社長の体力消費イベが多い 社長は自己紹介含め4回の体力消費イベがあり、発生タイミングによっては練習回数が減ってしまう。 サクセス中の練習の試行回数を大幅に増やすことができ、経験点を伸ばしやすくなる。 序盤のゲージ管理が非常に楽になり、サクセスを通しての超特訓発動回数も増やせるため強力。 6上限UPを達成できる 本デッキは基礎上限UPを6上限全て編成している。 上限突破時の査定はどれも非常に高いため高査定の選手を育成しやすい。 本デッキの懸念点 筋力ptが大幅に余りやすい ガジェット・社長の2人が筋力ブーストセル持ちのためVR空間が雪山 筋力ボナ になりやすい。 しかし本デッキは強力な筋力ボナ持ちの打撃キャラが複数人編成されており、雪山を複数回生成してしまうと大量の筋力pt余りが発生してしまう。 社長の体力消費イベが多い 社長は自己紹介含め4回の体力消費イベがあり、発生タイミングによっては練習回数が減ってしまう。 後イベ数がやや多い 本デッキの後イベの合計数は ガジェットのSRイベを2回目で切る前提で14 空きイベ数43 とやや多い。 ライター体感でアンドロメダ学園の後イベは走りにくいというのもあり、安定した完走を目指すなら招き猫を持ち込みたい。 恋がPSRかつSRの潜在能力がMAXまで上がっていれば自己紹介だけで評価がオレンジに達するため、告白のために追う必要がなくなる。 本デッキの懸念点 牛若丸がかなり重い 黒聖良の金特のは取得に大量の敏捷ptを要する。 敏捷ブースターを出せるのはジャベリンしかいないため、敏捷pt不足に陥りやすくなる。 恋を覚醒している必要がある 恋の最も強い点はなんといってもSR覚醒での初期評価20UP。 SR覚醒をして初期評価UPをしていないと使う意味がかなり薄れるため、覚醒をして 最低でもSRの潜在能力をMAX付近まで上げておく必要がある。 エピローグで扇風機が付く 二股対象扱い?の天音がいるため、恋とのエピローグで赤特のが付いてしまう。 が、扇風機の消去に使用する経験点は余りやすい技術なので、そこまで大きなデメリットとはならない。

次の