次 亜 塩素 酸 水 生成 器。 次亜塩素酸水は作れます!〜家庭用は買うのと作るのどちらがいい?〜

次亜塩素酸水の種類と正しい選び方。おすすめはコレ♪

次 亜 塩素 酸 水 生成 器

ご家庭で次亜塩素酸水をらくらく生成!低コストで次亜塩素酸水と弱アルカリ性電解次亜水を両方生成できる【CLEAN MAKER クリーンメーカー】がついに登場! 20年以上の歴史を持つ日本メーカー保証がついてので更に安心! クリーンメーカーは活性剤や安定剤などの化学物質を含まない、安全性の高い次亜塩素酸水と電解次亜水をご家庭で簡単に作れる除菌液生成器です。 次亜塩素酸水とは? 厚生労働省が定める次亜塩素酸水とは、食塩水(塩化ナトリウム水溶液)や塩酸を電気分解して「次亜塩素酸」を主成分とする水溶液です。 厳密には次亜塩素酸水は酸性であり、高い除菌力を持ちながらも食品添加物として厚生労働省により認可されており、その安全性が検証されております。 漂白剤などの強アルカリ性次亜塩素酸ナトリウムに比べ刺激が低く、同じ濃度では数十倍の除菌力を発揮します。 クリーンメーカーで生成される次亜塩素酸水は炭酸水+水道水+食塩のみで生成されており、活性剤などの化学物質を一切含まないため安心してお使い頂けます。 市販の炭酸次亜塩素酸水の価格は高いですが、クリーンメーカはらくらく低コストで生成できます。 次亜塩素酸水生成方法: 炭酸水(甘味料等の添加物を含まないもの)200㎖+水道水300㎖+食塩1gで電解生成。 PH値5. 3前後100ppmの次亜塩素酸水500㎖を生成できます。 水道水1:1希釈すればph5. 5前後、濃度50ppmになります、日常除菌は50ppmで十分です。 また2倍〜3倍に希釈してお使い頂けます。 安全性が高い除菌液なのであらゆる場面でご活用いただけます。 〈次亜塩素酸水生成専用塩1g計量スプーンは付いてあります。 なかった場合はご連絡ください。 〉 電解次亜水とは? 食塩水(塩化ナトリウム水溶液)を電気分解した「弱アルカリ性」の除菌水です。 厚生労働省により食品添加物の次亜塩素酸ナトリウムと同等として効果と安全性が認められています。 漂白剤などの強アルカリ性次亜塩素酸ナトリウムに比べ刺激が低く、高い除菌力を有しながらもより安全にご利用頂けます。 クリーンメーカーで生成される電解次亜水は水道水+食塩のみで生成されており、活性剤などの化学物質を一切含まないため安価かつ安心してお使い頂けます。 生活除菌、消臭対策、油汚れ取りに大いに役立ちます 電解次亜水は生活除菌に効果が認められているほか、タバコやペットなどの気になる臭いの消臭にも効果を発揮します。 電解次亜水生成方法: 水道水500㎖+食塩15g(付属スプーンひとさじ)で生成。 PH値8前後1200ppmの電解次亜水が生成できます。 最大50倍まで希釈してお使い頂けますので大変コストパフォーマンスに優れています。 日常生活除菌用の200ppmに希釈するとPH値7前後になるので、高い除菌効果を有します。 消費電力 12W 製品重量 800g 製品規格 外包装 : 横24. 5 x 縦13. 0 x 高さ26. 0 本体 : 横10. 0 x 縦11. 5 x 高さ22. 0 生成時間 20分 生成容量 500ml 生成濃度 次亜塩素酸水100ppm,電解次亜水1200ppm 付属品 本体、シェイクボトル、軽量スプーン 生産地 中国(日本メーカー) パッケージは少々痛みがある場合があります。 お支払いについて 配送について お支払い方法は、クレジットカード、代金引換、銀行振込、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、セイコーマート、ゆうちょ銀行、楽天バンク決済、auかんたん決済、楽天Edy決済がご利用いただけます。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。 ・ご注文確認後(前払いの場合はご入金確認後)3営業日以内の発送をこころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合は メールでご連絡致します。 午後0時〜午後1時迄は休憩しております お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。

次の

除菌・消臭用次亜ソフト水生成器 HiTopⅡ

次 亜 塩素 酸 水 生成 器

スポンサーリンク 一応、試験紙に浸してみると、塩素、しっかりでていますので、ちゃんとした仕事してくれそうです。 せっかくなので、おっさん推奨の次亜塩素酸水のCELAの塩素も測ってみました。 公称通りの濃度のようです。 トイレで使っているCELA小分けボトルの中身の塩素濃度も測ってみました。 これも、問題なさそうです。 扉が付いた、いわゆる冷暗所保管だったのが良かったのでしょう。 もし、直射が当たるところなら、ただの水だったでしょうね。 次に、ジアキレイという次亜塩素酸水 生成パウダーを使って見ました。 いわゆる、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムのパウダーです。 写真の様に、0. 2グラムのパウダーを500cc弱の水に溶かした結果です。 こちらも、十分な塩素濃度があるようです。 というわけで、時間が経ったら駄目でしょうが、いずれの製品も、塩素濃度で考えたら、十分殺菌効果があると言えるのではないでしょうか。 ただ、当然、素人の実験ですし、信じるか信じないかはあなた次第です。 というか、次亜塩素酸水を使ってどのような結果になっても、おっさんは、責任を取れませんので、自己責任での使用をして下さいね。 ちなみに、塩素濃度は、下の試薬を使いました。 計量に使ったのは、下の機材です。

次の

「次亜塩素酸水」の空間噴霧について(NITE=製品評価技術基盤機構)

次 亜 塩素 酸 水 生成 器

塩素とはその名の通り、元は「海の塩」からできています。 食塩は塩化ナトリウムでNaClです。 塩素の作り方は、意外に簡単で、まず水に「海の塩」を溶かして「塩水」を作ります。 次に「電解槽」というところで、電気分解(陽極と陰極でガスが発生)すると、陽極に塩素ガス(Cl 2)ができ、これを加工して「塩素」ができます。 殺菌効力のある塩素系薬剤を有効塩素といい、殺菌や分解してもなお水中に残留している有効塩素を残留塩素といいます。 普段私たちが口にする、水道水の塩素とは残留塩素となります。 日本で水道水で使用を認めているのは、次亜塩素酸ナトリウム、次亜塩素酸カルシウム、液化塩素です。 日本では、水道水の消毒は水道法第22条に基づく水道法施行規則(厚生労働省令)第17条3号により「給水栓(蛇口)における水が、遊離残留塩素を0. 1ppm)(結合残留塩素の場合は0. 4ppm)以上保持するように塩素消毒をすることとなっております。 過塩素酸 1つ多い) HCl O 4 塩素酸(基準) HClO 3 亜塩素酸は(1つ少ない) HClO 2 次亜塩素酸は(更に)1つ少ない) HClO となります。 基本的に「亜」、「次」のついた酸は不安定で殺菌力があります。 次亜塩素酸ナトリウム(NaClO は次亜塩素酸ソーダとも呼ばれ、アルカリ性で漂白剤としても使われています。 漂白剤では50000ppm(5%)濃度などがあります。 次亜塩素酸水とはHCLOが含まれた水となります。 2~2. 7〜5. 0~6. 5 有効塩素濃度10〜80ppm.

次の