スマブラ ダックハント 対策。 【スマブラSP】における「煽りプレイヤー」の対策を教えるよ!|ゲームメインのサブカル総括シティ

スマブラSPのダックハント対策を究める。

スマブラ ダックハント 対策

万能であるがゆえに、一発で仕留める決定力に欠けるので、コンボを覚えてダメージを稼ぐ戦い方を覚えなければいけません。 ゲッコウガを使う場合は、慣れるまでじっくり練習しましょう。 ですのでゲッコウガを相手にする時は相手が引きステップをできなくなる距離まで追い詰めることが重要です。 ガードキャンセルの行動として「上スマッシュ」「上必殺技」「掴み」「ジャンプ攻撃」がありますが、ゲッコウガの上スマッシュは1ヒット目に横方向の判定がなく、上必殺技は攻撃としては使えず、掴みも遅く、空後以外の空中攻撃も遅いです。 したがって、ガード後の行動はジャンプか横回避になりがちなので、ゲッコウガのシールドを見たら、どちらかを狩れる技を強気に振っていきましょう。 相手が高パーセントになると、空Nをかすめて当てる必要があり、熟練の度合いが試されるコンボでしょう。 上強をかすらせて、地面に叩きつけて横スマッシュを決めましょう。 空前を出すタイミングや、DAを最速で発動させることが難しいので、上級者向けのコンボです。 ゲッコウガの技考察 ゲッコウガの弱攻撃 1vs1ダメ 発生F 弱1 A 2. 4 3. 0 弱2 2. 4 3. 0 弱3 3. 6 5. 0 百裂 連 0. 6 - 百裂 〆 2. 4 4. ゲッコウガの技はいずれも発生が遅いので、ゲッコウガの貴重な近距離択です。 ゲッコウガのダッシュ攻撃・強攻撃 1vs1ダメ 発生F ダッシュ (ダッシュ+A) 9. 6 7. 96 10 横強 無シフト 8. 76 10 横強 下シフト 9. 4 9. 8 5. 相手を上へ緩く吹っ飛ばすので、コンボ始動として使えます。 主にステップからの牽制として使用します。 着地後の暴れや、コンボの始動技として使います。 崖に捕まっている相手に使ったり、撃墜コンボの始動として使用します。 0 12 上スマ Hit2 16. 2 11 下アピール 0. ゲッコウガには、スマッシュ攻撃に頼らずとも撃墜はできるので、横スマッシュ単体で使うことはほとんどありません。 初段がヒットすれば、相手を上方向へ強く吹っ飛ばせますが、初段がヒットしなかった場合は、横方向へ弱く飛ばすだけとなります。 初段部分を当てるのは難しいので、基本的にコンボの〆として使います。 左右同時に攻撃するので、相手が横回避で回り込むのを拒否するのに使います。 ゲッコウガの空中攻撃 1vs1ダメ 発生F 空N (空中でA) 13. 2 12 空N 持続 7. 6 5. 0 空後 Hit2 3. 0 7. 0 空後 Hit3 7. 56 7. 56 19 空上 Hit6 3. 6 17 空下 持続 9. 空Nは当たった相手を緩く吹っ飛ばすため、そのまま上スマッシュや空後で追撃できます。 ゲッコウガの技は基本的に発生が遅いので、コンボとして繋ぐ場合は基本的に空後を使います。 基本的には上方向への追撃択として使いますが、1-5hit目の下方向への吹っ飛ばしを利用してコンボパーツとすることもできます。 空下は着地隙が大きいので、落下の速いゲッコウガが使用する機会はあまりありません。 長押しで溜めることができ、溜めた分だけ手裏剣が大きくなり、ダメージが上がります。 通常必殺技は溜め状態をキャンセルできないので、使用する状況には気をつけましょう。 ボタンを長押しすることで、影の位置を離すことができます。 ボタン長押し中はゲッコウガが歩きモーションになるほか、近距離では発生の遅さから当てにくいので、基本的には復帰の択の一つとして使います。 移動距離は長く、一度だけ方向を変えることも可能ですが、水流部分の怯みがなく、進行方向と逆に出すので注意しましょう。 カウンター成立後は好きな方向へ飛び出して反撃することができます。 ただし、ゲッコウガのカウンターは当身の部分の発生が遅いので、近距離での読み合いよりも復帰阻止に使ったほうが良いです。 ゲッコウガの投げ技 1vs1ダメ 発生F 掴み攻撃 1. 6 15 前投げ 投げ 6. 投げた後は、空上で追撃しましょう。 投げた後は空後で繋げられるので、ダッシュ反転空後を出す練習をしましょう。 自慢の素早さで距離を詰めてから発動しよう。

次の

【スマブラSP】ダックハントの性能・立ち回り【スマブラスペシャル】

スマブラ ダックハント 対策

この記事の目次• 飛び道具キャラ対策で意識したいこと キャラ別対策に行く前に、飛び道具でガン待ちしてくる相手に対して意識したい共通事項をおさらいしていきましょう! ここに書いてあることはどのキャラクターにも有効なので、「あれなんか勝てないな?」と思ったら思い返してみてください。 きっと役に立つはずです。 絶対にイライラしない! 動画内でも触れてますが、これ対戦する上で一番大事です。 飛び道具はどれだけ対策を積んだ上級者でも当たります。 全部に当たらずに勝利するなんて無理な話です。 飛び道具に当たって「ああもう!」とイラついてしまうと意識がその事実に向いてしまって集中が落ちてしまい、結果また飛び道具に当たってしまう負のループに入ってしまいます。 飛び道具は基本的に単発のダメージが低く設定されているので、当たってもそれはそれと割り切る精神で戦いましょう! そうすれば用意した対策をイメージする余裕が最後までキープできるので、途中で崩れそうになっても問題なく戦えるようになりますよ! 飛び道具生成の隙を狙おう! 格ゲーにおける共通事項ですが、飛び道具は無敵に見えて使う側にもしっかりとリスクが設定されていることが殆どです。 特にスマブラの場合は、 一部キャラを除き使用前と使用後にモーションを挟むのでその隙を狙えば簡単に攻撃を通すことができます。 全キャラ共通の弱点とも言えるこの要素はしっかりと把握して、自分の攻めの起点にしちゃいましょう! ころころ横回避を許すな! 飛び道具ガン待ちキャラは、 基本的にステージの端で待って戦うことが多いです。 理由は言わずもがな、相手との距離が離れている方が飛び道具生成しやすいからですね。 そしてそういう相手を追いたら後ろには崖しかないので、追いつめられた時はなんとか逆の方に行こうと横回避を使ってきます。 この横回避、無敵に見えて実は隙だらけ。 飛び道具を投げれないどころか、後隙があるので事前に使うことが分かっていれば簡単に攻撃を通せちゃいます! 相手が横回避を多用するようであればその使うタイミングをしっかりと覚えておけば、簡単にダメージを通せるようになります! キャラクター別対策を紹介! お待たせしました、ここからキャラクター毎の対策です。 飛び道具対策とはいっても色んな種類の飛び道具に対して共通の対策を用意するのは不可能。 キャラ毎にしっかりと特徴を把握しておきましょう! トゥーンリンク Mr. 弾幕キャラの申し子、トゥーンリンク。 爆弾やブーメランから空中攻撃が繋がってしまい、序盤のダメージ稼ぎから撃墜までなんでもかんでも飛び道具を絡めてくるいやらしいキャラ。 シールド中心に戦う シールドでブーメランをガードするとブーメランは消え、爆弾も上にホップして爆発しない。 飛び道具の性能だけ見ると全体的にシールド貼りっぱなしが有効です。 シールドで爆弾をガードしたことを確認したらすかさず相手を確認。 爆弾を取り出す素振りを見せたら迷わず攻撃を入れちゃいましょう! 横回避に注意 ダッシュが速い一方で、空中横移動は弱いので相手に追いつめられたら横回避を使いがちです。 横回避を使われるというのが事前に分かっていれば、相手の横回避に合わせて技を置くだけでOK。 飛び道具を消費した相手の前で一旦様子見をして、相手がころころし始めたタイミングで適確にダメージを通していきましょう! サムス 通常必殺技のチャージショットが非常に強力で、この技をキープされていると迂闊に技を通すことすら難しく思わせてくるいやらしいキャラ。 更にシールドを使わせて掴みからのコンボも狙ってくるので、迂闊にシールドを使うこともままなりません。 ダッシュが速いキャラで一気に攻める サムスは遠距離~中距離が得意な反面、近距離はそこまで強くないキャラクターなので一気に間合いを詰められるキャラクターが戦いやすいです。 掴みからのリターンが高いので、シールドにはあまり頼らずジャンプから攻撃を仕掛けられるキャラが望ましいでしょう。 間合いを詰めて横回避を使わせてしまえば見てから追いつけるので近距離のタイミングをどれだけ早く作れるかが勝負のカギとなります! 下Bに無理に付き合わない サムスの下Bは今作かなり強化されています。 着地や崖に置かれてるタイミングで無理に下から手を出そうとすると下Bに当たって展開が悪くなってしまいます。 一度浮かせたら下Bを使うまで待って、横から確実に叩いて崖外に出せるようにしましょう! ダックハント 飛び道具が豊富な上に運動性能が高くて回避も強い。 おまけに顔がうっとおしいという厄介な要素をこれでもかと盛り込んだとてもいやらしいキャラ。 僕も使い手側なのであまり貶すことは書けませんが、相手にしている時は相当厄介に感じます。 缶は基本殴ること 缶は一方向にしか進まない仕様なのですが、 こちらから設置されている缶を動かすと動かした方向に缶が進むようになります。 相手が動かしている缶や置いてある缶は基本的に殴って相手に返した方がお得な展開になりやすいです。 缶が相手に当たればそこからダメージを稼ぐこともできちゃいます。 ただし 空中の缶を生身の技で攻撃すると爆発してしまうことがあるので、地上の缶を確実に攻撃しておきたいところです。 全体的にジャンプorダッシュシールドが効果的 缶を殴る以外にもジャンプで飛び越えてしまうかシールドで消滅させてしまうのが効果的です。 特に缶生成直前の相手に近づいてダッシュシールドを使えば、相手だけ自爆してダメージを加速させることもできちゃいます。 クレー射撃も後隙が絶大なので、ジャンプで避けて空中攻撃でダックハントにどんどんプレッシャーを与えていきましょう。 復帰阻止はガンガン行こう ダックハントの一番の弱点と言えばこの復帰阻止。 外に出したらほぼ無抵抗になるので、どんな攻撃であろうが基本通ります。 缶と一緒に戻ってくるテクニックもありますが、 缶復帰自体しっかり使い込まないと難しいテクニックなので、ガン待ちだけ狙うダックハント相手であれば基本使えないと思ってスルーしてOKです。 地上ではしぶといキャラクターなのでガンガン攻撃を狙っていきましょう! ロックマン ロックバスター(豆)とメタルブレードの待ちが非常に厄介。 可愛らしいデザインとは裏腹に濃い弾幕と破壊力の高い一撃を秘めた重戦車のようなキャラクター。 基本的に後出しジャンケンで攻める 飛び道具の前隙が少なく自分からは攻めづらいので、相手の飛び道具を見てから適確に技を選んでいきましょう。 豆の対処の基本は相手が3発目の豆をどのように打ってくるかで決めます。 地上の場合はこちらは吹っ飛ばないので強引に技を通すことができ、空中ニュートラルで締めてくる場合は相手は必ずジャンプしている状態になるので着地狩りを狙えばOKです。 最初から対処しようとすると豆で動きを止められてから相手の思うツボなので、ゆっくり冷静に対処していきましょう。 メタルブレードは生成のタイミングで隙があるので、 生成するような素振りを見せたら技を被せていく意識を! 相手がメタブレを回収した後は基本不利展開なので、相手が投げるまでシールドを使って様子見をするのが無難。 無理はしすぎないように。 リーフシールドは確実にガードする リーフシールドは無敵の技に見えて、投げた後の後隙が絶大です。 飛び道具と優秀な横強攻撃で地上の攻防を制するキャラ。 クロスは確実にガードする 横Bのクロスは出したままにすると戻ってきた時の攻撃判定に当たってコンボの始動になってしまいます。 クロスはガードすると相手の手元に戻るので、出したのを確認したらジャンプで避けずにガードで手元に戻しましょう。 クロスの発生自体はそこまで早くないので、中距離をキープすれば後隙を狩りやすいです。 斜め上から差し込むようにする 横強は地上の相手に対してとても強い選択肢ですが、斜め上の相手には対抗し辛いです。 クロスを出した後の後隙や横強の固めには斜め上を陣取れるようにすると攻撃を当てられるので、小ジャンプからの差し込みを中心に戦っていきましょう。

次の

【スマブラSP】キャラクター対策まとめ

スマブラ ダックハント 対策

下必殺のカウンター技「反逆ガード」で任意に反逆ゲージを溜められるため、いかにペルソナを召喚して戦えるかが重要なキャラです。 ・小技の隙が少なく使い勝手が良い• ・コンボが多彩で選択肢が多い• ・機動力が高い• ・上方向への復帰が強い• ・アルセーヌ召喚時のバースト性能が高い 弱い点• ・通常時がバースト難で飛ばしづらい• ・ガードキャンセル行動が弱い• ジョーカー側の反撃が届かないよう間合い管理ができれば、一方的な有利状況を作れます。 ジョーカー側に攻めさせる行動を意識 ジョーカーは高い機動力と後隙が少ない技を持ち、立ち回りが強力なキャラなので、下手に攻め込むと差し返しなどで一方的にダメージを受けてしまいます。 リーチが長い技や飛び道具で牽制して、ジョーカー側が攻めなければいけない状況を作り、読み合いを有利に進めましょう。 ペルソナ召喚時は守りに徹する ジョーカーがペルソナを召喚している時は、安易に攻めずに時間経過を待つか、飛び道具やリーチが長い技での牽制で、守り中心の立ち回りを意識しましょう。 攻撃を当てれば召喚時間が短縮されますが、ジョーカー側の一撃が非常に重いため、攻めるのはリスクに対してリターンが少ない行動です。 飛び道具はガードで対応 ペルソナ召喚時のジョーカーの横Bは飛距離が長く、蓄積ダメージも高めですが、ガードすれば爆風が発生しません。 極力ガードで対応して、ダメージを抑えましょう。 同様にダッシュ攻撃も優秀なので、初めはダッシュ攻撃を多く使用し、シールドを相手に意識させてから掴みを通しましょう。 下投げからは空中上と空中前を狙い、空中上がヒットしたら上必殺を振ると追撃に繋げられます。 横必殺は躱されると大きなスキができるため、多用は禁物です。 復帰阻止を狙って崖で待ち構えている相手には、一度横必殺を当てることで安全に復帰ができます。 下必殺は相手のコンボに差し込むように使う ジョーカーの下必殺は成功すれば反逆ゲージを溜められる上、ボタンを離すタイミングで近距離の相手を振り払えます。 相手のコンボに捕まった時の脱出手段として有効です。 対遠距離攻撃も反逆ゲージを溜めるチャンスですが、後スキが多いので相手との距離を確認してから使いましょう。 中でもダッシュ攻撃や空中攻撃は威力が高いため、相手を崖外に飛ばしたいときは有用です。 各種スマッシュも優秀ですが、ペルソナ召喚した途端に多用すると相手に見切られやすいため、ここぞというタイミングで使用しましょう。 復帰阻止を意識する ジョーカーの通常必殺は下方向に打てるため、下から復帰してくる相手に有効です。 クラウドやガノンドロフのように垂直に復帰する相手は、崖外に追いだしたら通常必殺で復帰阻止を狙いましょう。 横から復帰する相手に対しては、撃墜範囲でなければ横必殺でダメージを稼ぎ、充分撃墜が可能ならば空中前や空中後で復帰阻止をしましょう。 カウンターを使う場面を絞る ペルソナ召喚のジョーカーは下必殺がカウンターに変化します。 ふっとばしや連続使用もしやすい優秀なカウンター技ですが、カウンター持ちのキャラは総じて警戒されやすいので、多用してしまうとあっさり対応されてしまいます。 カウンターの使用を1試合に1~2回程度に抑えておくことで、ここぞという場面でカウンターをヒットさせやすいです。 ジョーカーのキャラ相性 有利キャラ キャラ名 理由• ・飛び道具での牽制が有効• ・復帰が直線的で狩りやすい• ・空中での暴れがなくお手玉できる• ・機動力が低く有利状況を作りやすい• ・空中での暴れがなくお手玉できる• ・復帰阻止を狙いやすい• ・機動力が低く有利状況を作りやすい• ・空中での暴れがなくお手玉できる• ・復帰阻止を狙いやすい ジョーカーはコンボ火力・機動力が高く優秀な飛び道具を持つので、機動力が低いキャラや飛び道具耐性が低いキャラには、有利に立ち回れます。 ファルコ・ドクターマリオのように機動力の低いキャラ相手には、機動力の高さで有利な間合いからの差し込みを狙えます。 クロムのように飛び道具耐性が低いキャラには、エイハやガンの牽制でダメージを積み重ねる戦法が有効です。 不利キャラ キャラ名 理由• ・体が小さく始動技を当てづらい• ・上必殺での復帰阻止が強力• ・メテオで早期撃墜の可能性がある• ・体が小さく始動技を当てづらい• ・メテオで早期撃墜の可能性がある• ・複数の飛び道具で動きを制限される• ・メテオで早期撃墜の可能性がある• ジョーカー側の撃墜力がアルセーヌに依存しているのも欠点の一つです。 ロックマンやインクリングのように時間経過を狙えるキャラは、アルセーヌ退場まで粘られる可能性があります。 ピチューのように火力が高いキャラは、アルセーヌを活かせないと一方的に撃墜されやすいです。 4 三回相手を斬りつける。 ダッシュ攻撃 ダッシュA 10 2回相手を蹴り飛ばす。 発生が早い。 5 スライディングして攻撃。 1 上方向に相手を斬りつける。 6 相手をナイフで斬りつける。 発生が早い。 1 前後に斬りつける。 8 回転しながら相手を斬りつける。 空中前攻撃 空中前A 2. 3 二段の前蹴り。 空中後ろ攻撃 空中後ろA 11. 3 後ろ方向に相手を斬りつける。 5 シークのような技。 上投げや上強からのコンボに使用。 アルセーヌ召喚時メテオ効果あり。 3 距離が開くとダメージ減少 ボタン長押しや連打で連続射撃になる。 回避しながらの射撃も可能。 7 持続ダメージ9. 6 ヒット時に爆発し、追加ダメージを与える。 8 斜め上にワイヤーをのばして相手を引きつける。 崖つかみも可能。 反逆ゲージがたまるとアルセーヌを召喚。 6 1度の射撃で3発撃ち込む。 3 持続ダメージ14. 4 大きな爆風で、連続ヒット。 追加ダメージの効果時間が長くなる。 攻撃判定はないが、一定時間無敵。 マカラカーン:飛び道具を反射。 後ろ投げ 掴み後後 12. 6 掴んだ相手を後ろに蹴り飛ばす。 8 掴んだ相手を地面に叩きつける。 8 掴んだ相手を上に放り投げる。 最後の切り札「総攻撃」 総合評価 S 大乱闘評価 S タイマン評価 S ジョーカーの最後の切り札「総攻撃」は怪盗団のメンバーと総攻撃をしかけます。 背中側に入力しておくと1度だけ切り返せます。 アルセーヌの有無は切り札には影響しません。 ジョーカーの特徴 反逆ゲージが貯まると技性能が強化 ジョーカーは時間経過と相手から攻撃を受けることで、反逆ゲージが溜まっていきます。 反逆ゲージが最大まで貯まるとアルセーヌを召喚し、一時的に技の性能が強化されます。 ダメージが上がるだけではなく、空中下攻撃にメテオが付くなどの特殊効果もあるため、反逆ゲージを素早く溜められるかどうかが重要なキャラです。 通常必殺の間で回避が可能 ジョーカーの通常必殺を長押し中にスティックを左右に入れることで、空中回避のような挙動で動けます。 加えて上下入力とジャンプ入力で、銃の打ち方が変化するので、通常技後に5通りの行動を自由に選択できます。 ジョーカー自体が素早く動けるため、相手との距離を開けたり、一気に接近するなど間合い管理に便利な技です。 , LTD. , INC. , LTD. All rights reserved. 登場キャラ• 新規参戦キャラ• キャラ一覧関連• , LTD. , INC. , LTD.

次の