マック サイド メニュー。 マクドナルドで買ってはいけない商品 フィレオフィッシュは○○に買え?!

【マクドナルド】朝マック「栄養バランス◎」! 管理栄養士が選ぶ“最高のセットメニュー”3つ(2020/02/28 21:00)|サイゾーウーマン

マック サイド メニュー

10円しか変わらんのやが……まぁええか あと勘違いでクーポンを使ってサイドメニューを変えようとする人もいるのだがそれはできないのでクーポンを使うときは朝ならハッシュポテト、それ以外はポテトをおとなしく食べよう。 ポテナゲはある時期に頼むと損してしまう 17時以降閉店か24時間営業のお店では翌5時までの間、マクドナルドは夜マックをやっていてバーガーのパティ(肉)を2倍にできたり、ポテナゲという商品を販売している。 このポテナゲ、実はある時期に購入すると損してしまう。 その時期というのが現在(2019年11月28日)、まさに今なのだが ナゲット15ピース390円のプロモーションをやっている時期だ。 2種類あるポテナゲのうち、 ナゲット15ピースとポテトL2つの組み合わせになる 特大は普通に単品で購入すると 1230円とマクドナルドで支払うにはかなりばかばかしい値段になるのだが、セットで買うと 800円になっていてかなり安い。 しかしナゲット15ピースが390円の時期になると、ほぼ確実に配信している アプリのクーポンでポテトL190円と合わせて購入することで770円とポテナゲ特大を買うよりもさらに安くなってしまう。 さらに現在(2019年11月28日)はポテトの値段がそもそも全サイズ150円になっていてこれだとすべてバラバラに買ったほうが690円と元の値段より大体半額くらいになってしまう。 マイナス20円で買えるとかいうパワーワード マクドナルドにはチーズバーガーやハンバーガーのセットがないので、仕方なく単品でサイドメニューやポテトなどもバラバラに購入する人もいるのだが、そんなことするくらいならエグチのたまご抜きのセットにした方が断然安くなる。 マクドナルドの価格設定はたまに意味不明なことをやっているので、こういう抜け道を探すのは結構楽しい。 結論:マクドのメニューは超おもしろい 最後にひとつだけ注意事項を書いておくと、マクドナルドの値段は実は全国均一ではない。 マクドナルドの値段設定は4段階あり、9割の店舗はアプリなどのメニュー表に書いている値段がそのまま採用されているが、立地やテナントの家賃などの理由で通常よりも割高な値段設定になっている店舗もある。 またさらに一部の店舗では店舗のスペースや人員の都合で一部メニューを販売していないところもある。 割とシェイクを販売していない店舗はそこそこあるのだ。 あの機械デカくて高いから。 今回この記事で紹介した値段は最もオーソドックスな値段の店舗の場合だ。 なのでそこそこレアな値段が違う店舗ではこの通りにならない場合もあるので注意してほしい。

次の

マクドナルドの宅配「マックデリバリー」試してみた!おうちにいながらあの味!

マック サイド メニュー

マクドナルドの店舗 ハンバーガーチェーン最大手の マクドナルドは、2014~15年にかけて異物混入や消費期限切れ鶏肉の使用といった不祥事を相次いで引き起こし、苦境に陥っていた。 しかし、問題を受けたマックはメニューのリニューアルや、店舗でのサービス向上といった企業努力を続け、業績を大きく回復させた。 その勢いは、現在でも止まるところを知らず、19年1~6月期の連結決算では、営業利益が前年同期比10%増となる146億円だったことを発表した。 安価でハイクオリティという、コストパフォーマンス的におすすめできる商品を多数提供し、再び支持を集めるにいたったマック。 そこで今回は、メニュー選びで後悔しないように、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が実食やネットの評判を参考としながら、「この秋、買ってはいけないマックのメニュー」を5品セレクトした。 さっそく見ていこう。 チキンのクオリティは高く、チーズやソースとの相性もいいので、決して美味しくないわけではない。 だが、ラインアップされているほかのチキンバーガー系メニューと比べると、どうしても見劣りしてしまうのだ。 コスパで言えば、100円で購入できる「チキンクリスプ」のほうが確実に優れている。 しかも、こちらは万人受けする味付けなので、行楽の秋、家族やグループで出かける際に持っていくのにもぴったりだ。 一方、バーガーひとつで満足感を得たいということであれば、350円ではあるが、ジューシーでボリュームたっぷりのムネ肉を使用した「チキンフィレオ」のほうが勝っているだろう。 ベーコンエッグマックサンド/200円 もちもちとしたイングリッシュマフィンがバンズとして使われている「朝マック」のラインアップのなかに、18年より追加された「ベーコンエッグマックサンド」は、蒸したてのふわっとしたバンズが特徴となっている。 それまでのイングリッシュマフィンが苦手だった人には、いい選択肢のようにも思えるメニューだが、このふわふわバンズは甘みが強く、万人にはおススメできない味付けなのだ。 また、サンドされているスモークベーコンやチーズは非常にあっさりとしていて、サイドメニューである「ハッシュポテト」の味のほうが濃いという意見を持つ人もいるほど。 食欲の出てくる秋、がっつり食べたいという多くの人にとって、物足りない商品となってしまっている。

次の

マクドナルドの宅配「マックデリバリー」試してみた!おうちにいながらあの味!

マック サイド メニュー

10円しか変わらんのやが……まぁええか あと勘違いでクーポンを使ってサイドメニューを変えようとする人もいるのだがそれはできないのでクーポンを使うときは朝ならハッシュポテト、それ以外はポテトをおとなしく食べよう。 ポテナゲはある時期に頼むと損してしまう 17時以降閉店か24時間営業のお店では翌5時までの間、マクドナルドは夜マックをやっていてバーガーのパティ(肉)を2倍にできたり、ポテナゲという商品を販売している。 このポテナゲ、実はある時期に購入すると損してしまう。 その時期というのが現在(2019年11月28日)、まさに今なのだが ナゲット15ピース390円のプロモーションをやっている時期だ。 2種類あるポテナゲのうち、 ナゲット15ピースとポテトL2つの組み合わせになる 特大は普通に単品で購入すると 1230円とマクドナルドで支払うにはかなりばかばかしい値段になるのだが、セットで買うと 800円になっていてかなり安い。 しかしナゲット15ピースが390円の時期になると、ほぼ確実に配信している アプリのクーポンでポテトL190円と合わせて購入することで770円とポテナゲ特大を買うよりもさらに安くなってしまう。 さらに現在(2019年11月28日)はポテトの値段がそもそも全サイズ150円になっていてこれだとすべてバラバラに買ったほうが690円と元の値段より大体半額くらいになってしまう。 マイナス20円で買えるとかいうパワーワード マクドナルドにはチーズバーガーやハンバーガーのセットがないので、仕方なく単品でサイドメニューやポテトなどもバラバラに購入する人もいるのだが、そんなことするくらいならエグチのたまご抜きのセットにした方が断然安くなる。 マクドナルドの価格設定はたまに意味不明なことをやっているので、こういう抜け道を探すのは結構楽しい。 結論:マクドのメニューは超おもしろい 最後にひとつだけ注意事項を書いておくと、マクドナルドの値段は実は全国均一ではない。 マクドナルドの値段設定は4段階あり、9割の店舗はアプリなどのメニュー表に書いている値段がそのまま採用されているが、立地やテナントの家賃などの理由で通常よりも割高な値段設定になっている店舗もある。 またさらに一部の店舗では店舗のスペースや人員の都合で一部メニューを販売していないところもある。 割とシェイクを販売していない店舗はそこそこあるのだ。 あの機械デカくて高いから。 今回この記事で紹介した値段は最もオーソドックスな値段の店舗の場合だ。 なのでそこそこレアな値段が違う店舗ではこの通りにならない場合もあるので注意してほしい。

次の