親指でんき 評判。 親指でんきを検討中の方に向けて徹底解説!評判・料金等

親指でんきのメリットや口コミ評判

親指でんき 評判

電力自由化で今人気の親指でんきの口コミ評判です。 他の電力会社よりお得になるのは本当かな? 主婦目線でチェックしました。 電力自由化によって、色々な会社が電力分野に参入してきましたが、その中でも最近注目されているのが「親指でんき」という会社です。 親指でんきは2018年3月に始まった電力会社で、サービスも良くコストもリーズナブルで、節約したい主婦にはオススメの会社と人気ですよ。 特に夜間に多く電気を使う人やペットを飼っている人にお得になるワンニャンプランなどの面白いキャンペーンがあるのがメリットです。 親指でんきの口コミ評判はいかが? ここでは実際に親指でん気をご利用になっている方の口コミをご紹介したいと思います。 (40代女性) 基本料金0円が魅力で契約しました。 我が家は人が家にいる時間が長いので、どうしても電気を使っている時間が長くなり、トータルの電気料金が高いのが悩みでした。 節電を意識しても、なかなか難しい。 そんなときにインターねっとで親指でんきを知り、すぐに料金のシュミレーションをしてみたら、少し安くなったので、契約してみることにしました。 主婦としては少しでも電気料金を節約したいので、毎月の請求書が楽しみです。 (30代男性) 親指でんきは、安さに惹かれたのですが、それだけではないメリットもありました。 大体の電力会社はクレジット払いのみの対応が多いのですが、こちらは口座振替の支払いも可能で、僕にとってはとても便利でメリットが大きかったです。 ただ、親指でんきは、安いのでおすすめではあるのですが、電気を作っている会社ではなく、卸しているだけなので、災害時は電気が滞ってしまうリスクがあると思いますので、契約する前に納得して契約することをおすすめします。 (40代女性) 料金プランがシンプルでわかりやすいのが良かったです。 親指でんきは、基本料金が0円なので、自分の家で使った分だけ電気料金を支払えば良いのが無駄がなくて嬉しです。 【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】 このように口コミを見ていると、親指でんきは、本当に他社と比較してコスパが良い電力会社だというのがわかりますよね。 解約手数料も0円なので、気軽に試してみようという気にもなりやすいのもいいですよね。 ぜひ口コミをご参考に、親指でんきへの乗り換えも検討してみると良いかもしれませんよ。 確かに、親指でんきがお得なのは間違い無いのですが、実はこのお得な親指でんきに乗り換えができないエリアにお住いの方もおられますし、乗り換え対応ができない(切り替えに向かない)住居にお住まいの方もおられます。 まず、オール電化のお家にお住まいの場合、住んだときからオール電化の電力会社を契約されていますよね。 オール電化の場合、契約では深夜料金を低額にするプランになっている場合が多いのです。 でも親指でんきは、深夜料金低額プランがないので、オール電化の方が親指でんきに切り替えると割高になる可能性があるので、必ずシュミレーションして料金比較をしてみてください。 また、沖縄と離島などの一部のエリアは、親指でんきの非対応エリアとなっていますので、残念ですが、このエリアにお住まいの方は、契約できません。 また親指でんきは電気使用量が多いご家庭ほど、割安感があるプラン設定なので、一人暮らしの人には向きません。 このように、全ての方が親指でんきにしたら得になるというわけではないので注意してくださいね。 親指でんきの電気料金プランは従来と何が違う? 親指でんきの電気料金プランは、従来の電力会社と一体何が違うのでしょうか。 一言で言えば、基本料金が0円だということです。 つまり使用した分だけ支払うのみで良いわけです。 だから基本料金分、お得になるのですよね。 これが親指でんきと従来との違いです。 親指でんきへの切り替えのリスクは? 先ほど、親指でんきへの切り替えはお得になるかという項目でもご紹介しましたが、切り替えると割高になるケースがあるので、注意しましょう。 また、親指でんきは、電力を作っている会社ではなく、電力の卸し会社ですので、災害時などの非常事態においては、電力が供給されないリスクもあります。 災害時においては、電気、ガスがストップすることも多いので、親指でんきだから災害時に使えないというわけではないのですが、念のため、卸会社であることはリスクのひとつとして、覚えておいたほうが良いですね。 切り替えや解約は簡単なの?違約金がいる? 親指でんきにいざ切り替えることを決めたとしても、なかなか手続きが進まないと心配になりますよね。 切り替え完了までどのくらいかかるのでしょうか。 調べてみると、9月30日に申し込みした人が10月17日には切り替え完了されているので、検針日にもよりますが割とスムーズに手続きが完了する感じですね。 では解約したくなった場合、簡単に解約できるのでしょうか。 安い利用料金なのに、解約時に高い違約金を支払わないといけないなんてことがあったら困りますよね。 その辺りはどうでしょうか。 調べてみると、解約時に手数料、違約金などの発生はないそうです。 公式サイトにも解約手数料0円と記載されていました。 また、契約時の約款や重要事項説明書には、「2年未満」の解約で3500円の解約手数料が発生するとの記載がありますが、WEBからの申し込みの場合は「適用が除外」されるという回答をもらっている方がおられました。 公式サイトでも大々的に、解約手数料0円と謳っているので心配されることはないと思いますが、気になる方は契約前に確認しておくと安心ですよ。 親指でんきの特徴は?メリットとデメリットは? ここまで親指でんきは、節約したい主婦にぴったりの新電力会社だとご紹介してきましたが、改めてメリット、デメリットを簡単にまとめたいと思います。 <親指でんきのメリット> ・基本料金、初期費用、解約手数料0円 ・大家族になるほど、かなりお得になる料金設定 ・web申し込みなら解約手続きも無料で簡単 <親指でんきのデメリット> ・一人暮らし、オール電化の家庭には向かない ・卸会社なので災害時の対応が遅くなる場合がある ・今後のインフラ事情によって料金が改定される恐れがある ・沖縄や離島など、一部の地域ではサービスを対応していない 以上がメリットとデメリットです。 親指でんきへ切り替えに向く人は? 親指でんきは、基本料金が0円で、電気使用量に応じた料金設定なので、一人暮らしの人よりも、ファミリー世帯に向いた料金体系となっています。 また、夜間割引プランの設定がないので、オール電化住宅にお住まいの人には向きません。 そのことを踏まえると、ガスも電気も使用するファミリー世帯(3人以上でお住まいの方)におすすめと言えるでしょう。 親指でんきのわんにゃんプランとは? 親指でんきは基本使用量無料の電気会社ですが、わんにゃんプランという料金プランがあります。 こちらは基本料金半額で使用料金割引、毎年6000円分のわんにゃん割引があり、ペットフードのサンプルももらえるというベットとお暮らしの人には嬉しいプランです。 ただ、基本料金0円がウリなのに、半額っておかしいですよね。 これは、お住まいのエリアの通常の場合の基本料金で計算した場合の半額を支払ってもらう代わりに、通常プランにない割引が受けられるということなんです。 ちょっとわかりにくいのですが、ペットを家の中で飼っていると、それこそ24時間電気を使うことがほとんどなので、結局基本料金0円でも使用時間が長いので、電気料金の節約が出来なくなってしまう場合があるからなのでしょうね。 そのジレンマを解消してくれる嬉しいプランがわんにゃんプランなんですよ。 このプランは、ペットを飼っていると証明できれば申し込めます。 もちろんシュミレーションしてみて、基本料金0円の通常プランの方がお得であれば、わんにゃんプランにする必要はありません。 このように柔軟に対応できるので、ぜひ色々料金シュミレーションをしてみてくださいね。 ここでは最も標準的な関東エリアで、東京電力と、親指でんきを含めた新電力会社で料金を比較してみます。 そして、主婦目線から、4人家族を想定した料金としましょう。 東京電力のスタンダードプランでお得率をプラスマイナス0とすると、新規参入の新電力会社だと大体これまでの10〜12%くらい(14000円〜16000円くらい)も、毎月節約できる計算となりました。 新電力会社に切り替えるだけでこれだけコストを削減できたら大きいですよね。 親指でんきとほぼ同じ料金プランで、競合するのが、「あしたでんき」や「Looopでんき」です。 しかしあしたでんきは対応エリアが限られます。 北海道、北陸、四国、沖縄は契約できないので、そのエリアの人は別の会社を選びましょう。 Looopでんきの対応エリアは沖縄と一部離島以外ですので、親指でんきとほとんど条件が同じですね。 あとはサイトの使い方やデザインなど、お好みかなぁとは思いますがサイトのデザインが可愛くて、電気使用量なども見やすいのは親指でんきかなと思うので、個人的には親指でんきがおすすめです。 親指でんきも卸会社から電力を調達しているだけなので、基本的には、電力会社を変更することでコスパがよくなるということはあっても、供給される電力自体は、これまでの電力会社と大差はありません。 とはいえ、無駄な費用をかけずに必要な分だけ電力を供給してもらえるなら、家計的にエコであるといえますよね。 そういう意味では、各家庭の事情に合わせて最適なプランを選べる親指でんきはエコだと言えるかもしれません。 親指でんきの支払い方法はどうする? 親指でんきの支払い方法は、どんなプランが選べるのでしょうか。 調べてみると、今のところ、クレジットカードと口座振替の2パターンのみとなっています。 クレジットカードだとポイントも貯まるし、口座振替だとコンビニ振込のように忘れることもないですし、どちらにせよ、主婦目線ではありがたいですよね。 コンビニ振込は、1人暮らしの人だと便利ですが、主婦目線だと、クレジットカードが使えれば必要十分なサービスは提供されているなぁと感じます。 電気使用量の「見える化」機能が充実 親指でんきは、ウェブのマイページで毎日の電気使用量を確認することができます。 数値だけでなく、グラフ化もされているので、月、週、日、時間帯ごとに電気の使用量も細かく確認できますし、昼、夜間と大きく時間帯で区別して使用量を比べることもできるので、どの時間帯が電気使用量が多いか一目瞭然です。 電気使用量の見える化機能が充実しているので、料金プランを見直すことも簡単にできますよね。 節約したい主婦には、とても良いサービスです。 親指でんきのキャンペーン情報 親指でんきは、公式サイトでキャンペーンを実施していることが多いです。 その時期によってキャンペーンの内容は変わりますが、今なら新規契約者全員にクオカード3000円分プレゼントを実施中です。 以前はアマゾンギフトカードプレゼントだったこともあるようなので、ぜひこの機会に公式サイトをご覧になってお得なキャンペーン情報を入手してみてください。 親指でんきの評価まとめ いかがでしたか。 今回は、新電力会社の選択肢の一つとして今注目されている親指でんきについてご紹介しました。 基本料金や初期費用が0円、解約手数料も0円なので、気軽に電力会社の変更を試してみることができるのが良いですよね。 インフラを変えるとなると、結構敷居が高いという方もおられますが、非常時に備えて色々な選択肢を考えておくことは大切です。 また、家計の節約という意味でも料金プランを見直しして、少しでも利便性が高く、コスパの良い会社と契約することは悪いことではありません。 親指でんきは新電力会社で、参入自体は競合他社と比べると少し遅かったのですが、ファミリー世帯には格安で電力を提供してくれるお得なプランが充実しているのがメリットです。 ご自宅が親指でんきの対応エリアで3人以上がお住いのご家庭なら断然コスパが良いので、ぜひ節約したい主婦の皆さんは、一度公式サイトを覗いてみてくださいね。

次の

親指でんきの口コミ評判!お得になるのは本当?主婦目線でチェック!

親指でんき 評判

「親指でんき」ってさ、そもそもなんで「親指」にしたんだろうね。 電気と親指って関連性ゼロだよね。 うーん、そうねぇ。 もしかしたら何か関連があるのかもしれないけど…私が知っている限り親指と電気の関連性は…ないわよねぇ。 でも親指でんきを運営している会社が「株式会社ユビニティー」だから…。 ユビ(指)繋がりで??ど、どうなんだろうね。 ところで親指でんきってさ、どうなの評判は? 評判は上々みたいよ!そもそも供給エリアが広くて、北陸エリアと沖縄エリア以外に電気を供給しているのよね。 親指でんきの家庭向け基本プランは「従量電灯A」「従量電灯B」の2つ。 そして親指でんきの大きな特徴は、「4つの0(ゼロ)」よ! 4つの0(ゼロ)??? そうよ。 ひとつめの0(ゼロ)は「基本料金0」よ(従量電灯A・Bに限る)!これまで東京電力や関西電力といった地域の電力会社のプランでは当たり前に請求されていた 基本料金が、契約してからずっと0円なの!無料はすごいわよね! 基本料金0円なの!?それはスゴイね。 だから、例えばもともと契約していたプランの基本料金が高かったって人は、お得が実感できるかもしれないわね。 ふーん。 東京電力や関西電力といった地域の電力会社はそれぞれ料金設定が違うけど、例えば関東・北海道・東北・中部・九州エリアなんかだと契約A(アンペア)が上がるほど基本料金も上がるから、電気をたくさん使う家庭は基本料金だけでもバカにならないのよね。 関西電力や中国電力、四国電力エリアは基本料金がない代わりに、最低料金があるんだよね?これも0円? もちろんよ!とにかく 電気を使った分だけ電気料金が請求されるっていうのは、消費者にとってもわかりやすくて良いわよね。 あと3つの0(ゼロ)は? 「解約手数料0円」「初期費用0円」「切り替えのリスク0」よ!とはいえ…この3つの0(ゼロ)は、他の新電力の多くに当てはまることなの。 解約手数料や初期費用が発生する電力会社もいくつかあるけど、0円は珍しいことではないわね。 それに切り替えのリスク0は、ほぼすべての新電力に言えることなのよ。 なーんだ。 だったら別に取り立てて騒ぐ必要ないんだね。 確かに人によってくるよね。 でも割と安いんだ!さっそくシミュレーションしてみようかな。 シミュレーションするのは無料だもんね。 多くの電力会社は「120kWh超え300kWhまで〇〇円」みたいに、使用量に応じて1kWhあたりの単価が上がる仕組みになっているんだけど(電気使用量が多くなるほど、基本的に単価も上がる)、親指でんきは 使用量に関わらず一律の値段なのよ。 一律!! そうなの。 エリアによって単価は違うんだけど、北海道エリアなら1kWhあたり29円、関東・東北・中部エリアなら1kWhあたり26円、関西エリアなら1kWhあたり22円って感じで、一律なの。 電気をどれだけ少なく使っても、どれだけ多く使っても、単価は同じなのよ(2018年10月現在)。 エリアによって単価が割と違うんだね。 その地域の電気料金の単価なんかも考慮しているんでしょうね。 とにかくどれだけたくさん電気を使っても単価は一律だから、電気使用量の多い家庭ほどお得感が大きいでしょうね。 確かに! さっき家庭向けの通常プランは「従量電灯A・B」って言ったけど、実は他にもプランがあるのよ。 商店など電気使用量が多めの家庭に向いている「従量電灯C」と、ペットを飼っている家庭向けの「わんにゃんプラン」があるの。 「従量電灯C」はいいとして…「わんにゃんプラン」??ペット向けってことは十分に伝わってくるけど…。 この「わんにゃんプラン」は、基本料金が従来の電力会社の約半額に、さらに従量料金(電力量料金)が割引になるうえ、 毎年6,000円分の「わんにゃん割引」が受けられるの。 しかも動物保護・譲渡活動を行う団体への募金活動もしているんですって。 え?「わんにゃんプラン」は基本料金が発生するの?親指でんきは基本料0円がウリじゃないの? そうなんだけど「わんにゃんプラン」だと、従来の電力会社の半額程度の基本料金が発生するみたいね。 ただ毎月500円の割引があるし、さらにペットフードサンプルを希望するともらえるみたいよ。 ただ 加入条件はペットを飼っている人で、現時点では東北・関東・中部・九州エリア限定プランなのよ(2018年10月現在)。 そうか。 ペットを飼っている人は検討してもいいかもね。 ちなみにこの「わんにゃんプラン」。 シミュレーションしてみると30Aなら通常プランよりお得だけど、だ 40A以上だと通常プランのほうが安いみたい。 40A以上になると基本料金が500円を超えるから、 わんにゃん割引より基本料金が上回っちゃうのよ。 そっか。 契約A(アンペア)によるんだね。 シミュレーションするって大事だね。 他にも「日曜から夜更かしプラン」っていうプランもあるの。 時間帯によって料金が変わるプランなんだけど、夜型生活の人や深夜営業をしているお店向けのプランみたいね。 いろんなプランがあるんだね。 ところで親指でんきってセット割やポイント付与といった付帯サービスはないのかな? 今現在、ないみたいね(2018年8月現在)。 キャンペーンなんかは不定期にやっているみたいだけど。 え!セット割もポイント付与もないんだ! 付帯サービスはないけど、セット割で〇円得になって、付与ポイント分を考えると〇円得になって…って、あれこれ踏まえて考えるより、 シンプルに電気料金を安くしたいっていう人にはおすすめよ! 確かに!電力自由化で僕らが一番に期待するのは、電気料金を安くするってことだもんね。 そう考えると親指でんき、なかなか良さそうだ!迷っているだけじゃはじまらない!さっそくシミュレーションでどれだけ節約できるか調べてみよう! 電気の供給エリア 【北海道電力エリア】北海道地方、北海道、【東北電力エリア】東北地方、宮城県、 山形県、 岩手県、 新潟県、 福島県、 秋田県、 青森県、【東京電力エリア】関東地方、 千葉県、 埼玉県、 山梨県、 東京都、 栃木県、 神奈川県、 群馬県、 茨城県、 静岡県、【中部電力エリア】中部地方、愛知県、三重県、岐阜県、静岡県、長野県、【関西電力エリア】関西地方、京都府、 兵庫県、 和歌山県、 大阪府、 奈良県、 滋賀県、 福井県、【中国電力エリア】中国地方、鳥取県、岡山県、広島県、島根県、山口県、【四国電力エリア】四国地方、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、【九州電力エリア】九州地方、 佐賀県、 大分県、 宮崎県、 熊本県、 福岡県、 長崎県、 鹿児島県 のじこ さんの口コミ 年齢:40代 お住まいのエリア:関西電力エリア|同一世帯の人数:4人 |1年間で1番高い時の1ヵ月の電気料金:約17500円|重視している点:料金の安さ |契約切り替え:既に切り替えた 基本料金0円にひかれました 人が家にいる時間が長いので、どうしても電気料金が高くなってしまいます。 一度冬場に1ヶ月20,000円を超えてしまい、それから家族で節電を意識していますが、やっぱり電気料金って高いですよね。 親指でんきはインターネットで知りましたが、基本料金0円と書いてあったのですぐにシミュレーションしてみたんです。 実際に切り替えてみてまだ請求は来ていませんが、どれくらい安くなるか楽しみです。 面倒もなくスムーズに手続きしてもらえたのも良かったですね。

次の

【経験談】J:COM電気の評判と真相!エグい解約金、料金比較とセット割デメリット

親指でんき 評判

Looopでんきと親指でんき比較 対応エリア Looopでんき 親指でんき 全国(沖縄・離島を除く) 北海道電力エリア・東北電力エリア・中部電力エリア・関西電力エリア・中国電力エリア・四国電力エリア・九州電力エリア は沖縄・離島を除く全国に対応。 は、北陸・沖縄・離島を除く全国に対応しています。 料金プラン Looopでんき(おうちプラン) 親指でんき(いいねプランA・B) 基本料金 0円 0円 北海道電力エリア 29円 29円 東北電力エリア 26円 26円 東京電力エリア 26円 26円 中部電力エリア 26円 26円 北陸電力エリア 21円 未対応 関西電力エリア 22円 22円 中国電力エリア 24円 24円 四国電力エリア 24円 24円 九州電力エリア 23円 23円 一般家庭向けのプラン、 の「おうちプラン」と の「いいねプランA・B」であれば料金の差はなし。 4円 29円 東北電力 27円 162円 26円 東京電力 27円 140. 4円 26円 中部電力 27円 140. 4円 26円 北陸電力 22円 未対応 関西電力 23円 194. 4円 22円 中国電力 25円 199. 8円 24円 四国電力 25円 183. 6円 24円 九州電力 24円 145. 8円 23円 電気をたくさん使う家庭向けのプラン、 の「ビジネスプラン」と の「いいねプランC」だと上表のような違いがあります。 例えば、東京電力エリアで10kVA契約・月500kWhの利用の場合は下記のようになります。 Looopでんき 親指でんき 基本料金 0円 842円 従量料金 13,500円 13000円 合計 13,500円 13,842円 この例だと、 の方がお得ということになりました。 は一般家庭向けには「おうちプラン」「ビジネスプラン」の2種類のみ。 は、ライフスタイルに合わせてえらべる• わんにゃんプラン:ペットがいる家庭向け• 日曜から夜更かしプラン:昼間が高く・夜間が安い というプランも用意されています。 契約期間・解約手数料 ・ ともに、契約期間の縛りはなし。 解約手数料も0円です。 どちらも、まずは気軽にお試ししてみることができます。 支払い方法 Looopでんき 親指でんき クレジットカード払いのみ クレジットカード払い 口座振替 明細の確認方法 Looopでんき 親指でんき ウェブまたはアプリ ウェブ 郵送(108円) 電気料金の確認は は、マイページまたはアプリからの確認のみ。 は郵送にも対応していますが、別途108円がかかります。 Looopでんきと親指でんきの比較まとめ 一般家庭であれば、どちらを選んでも電気料金に違いはありません。 管理人自身は を2年間利用したあと、 へ変更してみました。 電気の料金や質などについては何も差はありません。 個人的には、ホームページなどは「 の方が使いやすいかな」と感じますが、どちらを選んでも大きな差はないと思います。 公式サイト 公式サイト.

次の