恵方巻方角。 節分の恵方巻き|恵方とは?2020年の方角は?いつ食べる?具材(レシピ)は?コンビニ各社の恵方巻きは?恵方巻きの販促POPのご紹介

【2020年】恵方巻きの方角(西南西)がどっち方向か調べる方法

恵方巻方角

この記事の目次• Sponsored Link 恵方巻き2020年の方角は? 2020年は、 「西南西」が恵方巻きの方角。 南と西の間が南西、南西と西の間が西南西です。 方位磁石は100円均一でも手に入りますし、今はスマートフォンでも方位磁石のアプリがありますので、簡単に方角を調べることができますよ。 恵方巻きの縁起の良い食べ方は?食べる時間帯は? 恵方巻きを食べるのに決まった時間帯はありませんが、日付は決まっています。 節分である 2月3日に食べるようにしてくださいね。 一般的には、豆まきをした後に夜ご飯として恵方巻きを食べますよ。 また、恵方巻きは縁起の良い食べ方が決まっています。 食べ方のポイントは全部で3つです。 1つ目は、 1人1本一気に食べきること。 切ってしまうと運が逃げてしまいますので1本丸ごと食べることに意味があるのです。 お子さまやご年配の方で食べきるのが難しそうなときは、あらかじめ半分にした海苔で恵方巻きを作ったり、具を縦長に入れて細長いサイズで作ったりしておくと良いでしょう。 2つ目は、 恵方(2020年は西南西)を向いて食べきること。 恵方は神様がいるとされている意味のある方角なので、よそ見をせずに食べてくださいね。 3つ目は、 無言で食べきることです。 途中で話してしまうと、口から福が逃げて意味がなくなってしまいますので必ず守りましょう。 願い事を心に描いたり、思い浮かべながら食べるのがおすすめですよ。 方位を間違えたら? うっかり間違えた方位で食べちゃった・・。 方位を間違えて食べたらなんだかご利益がなさそうですよね。 それどころがバチが当たるのでは・・?と不安に思うかもしれませんが、大丈夫です。 方位を間違えたらもう一度正しい方位を向いてやり直しましょう。 Sponsored Link 恵方とは?方角の決め方は? 恵方巻きの正しい食べ方は、決められた方角を向いて話すこともせずに一気に食べると良いことが分かりました。 ではその恵方巻きを 食べる時の方角や、決め方はどうなっているのでしょうか。 このあたりの疑問について見ていきましょう。 恵方とは? 恵方巻きを食べる時、毎年向く方向について売り場などに表示がされていますよね。 まず 恵方巻きを食べる時に向く方角を 恵方と言います。 恵方とは、その年に 『歳徳神(としとくじん)』と呼ばれる神様がいる方角です。 歳徳神様は、 その年に幸せや福をもたらしてくださる神様と言われています。 恵方巻きを食べる節分だけではなく、1年中恵方に神様がいますので、節分以外のときでも恵方を意識しておくと良いとされているんですよ。 恵方の方角は? また、方角は16方位ありますが、恵方となる方角は、 「北北西・東北東・南南西・西南西」の全部で4つしかありません。 恵方を決めるのにはルールがあり、風水などでも使われる 「十干(じっかん)」が関わっていますが、簡単に考えるのには西暦の下一桁の数字がポイントとなります。 西暦の下一桁が「2・7」の場合、恵方は「北北西(やや北)」(壬の方角) 西暦の下一桁が「4・9」の場合、恵方は「東北東(やや東)」(甲の方角) 西暦の下一桁が「1・3・6・8」の場合、恵方は「南南東(やや南)」(丙の方角) 西暦の下一桁が「0・5」の場合、恵方は「西南西(やや西)」(庚の方角年) となります。 上記のルールにあてはめると、昨年の2019年は東北東でしたが、今年の2020年は西南西、来年の2021年は南南東ということになりますね。 今年はどちらの方角になるのかは西暦の下一桁を確認するとわかるのでかんたんですね。 このように恵方巻きの方角というのは誰が決めているということではなく、十干によって決められていたのです。 要するに恵方巻きは、 恵方と言われる方位、すなわち神様のいる方を向いて、ご利益を得るために静かに集中して食べるというわけですね。 恵方で初詣 また、恵方は、節分に恵方巻きを食べる時だけでなく、初詣に行く神社を選ぶ時にも使えます。 恵方の神社に初詣をすることを、 恵方詣りといって、よりご利益があるとされているんですよ。 恵方巻きの意味や由来は?いつから始まったの? 恵方巻きは 「 福を巻き込む」という意味を持つ巻き寿司です。 まるかじりすることによって、商売繁盛などを祈願していたことがきっかけでした。 全国的に恵方巻きが広まったのは、1998年(平成10年)にセブンイレブンが全国エリアで恵方巻きの販売を開始したのがきっかけとなっています。 もともとは 「巻き寿司の丸かぶり」と言われていましたが、このときに恵方巻きという名前が初めて付き定着しました。 今ではコンビニエンスストアだけではなく、スーパーなど食品を扱うほとんどのお店で恵方巻きを買うことができます。 そのほかにも、2000年に栃木県の磐裂根裂神社(いわさくねさくじんじゃ)という神社で、節分祭に初めて太巻き寿司を取り入れて食べたとも言われています。 そのことは境内にある風水の方位盤の上に、福巻寿司発祥の地という石碑があるということで、恵方を向いて食べるという習慣はこの神社が発祥という説もあります。 このように諸説あるのでどれが正しいのかは詳しくは分かっていません。 恵方巻きの中身は?おすすめの具材は? 恵方巻きの中身はなんでもいいの? 恵方巻きに使う具材は何でもかまいません。 カンピョウや椎茸が入った、昔ながらの太巻き寿司以外に、サラダ巻きや、海鮮巻きなどが売られていますが、恵方巻きとしては、何の問題もありません。 ただし、具材の種類は 7種類が正式です。 なぜかというと、恵方巻きの具材の数は 七福神の数に由来しているからです。 おすすめの中身は? さて恵方巻の中の具材はなにが良いのでしょうか。 縁起の良い七福神から、 7種類の具材を入れると幸運を呼び寄せるという意味で良いとされています。 地方にとって入れる具材に違いはありますが、一般的な具材としては次が挙げられますね。 今は具材にはあまりこだわりがなく、また子供受けしやすいような具材を入れたりすることが多いようですよ。 ですからあまりこだわることはありません。 食べやすいもので良いでしょう。 恵方巻きは、縁起の良い食べ方と、縁起の良いとされる7つの種類の具材が入っていれば、後は楽しみながら食べるというのが良いのではないでしょうか。 簡単にできる恵方巻の作り方! 簡単に手に入る材料でも恵方巻は作ることができます。 5倍、5合なら2. 5倍など)。 ・Fortune Sushi Roll 幸運の寿司巻き ・Happy Direction Roll 幸せな方角の巻物 海外に恵方巻きのような慣習はある? 海外には似たような慣習は見当たりません。 陰陽道や十干が関係しているので、中国の方で似たような風習があるのかもしれませんね。 日本は昔から邪気という目に見えないものを非常に恐れる風習があって、その邪気を祓うために縁起の良いものなどを好んで用いていました。 なので、自然と恵方巻きのような風習が地方独自に生まれていったのかもしれませんね。 恵方巻きの意味をしっかりと理解して食べる恵方巻きは、いつもの恵方巻きとは一味違うはず。 初詣で願った1年の抱負を思い返しながら、気持ちを引き締める良いきっかけにもなりそうですね。

次の

恵方巻きの方角、2020年節分は?由来・食べ方・ルールを知り開運! [暮らしの歳時記] All About

恵方巻方角

恵方巻の食べる方角はなぜ毎年違う? 恵方巻の 恵方とはその年の一番良いとされる方角のことです。 恵方巻を食べるだけでなく、何をするにつけても良い方向なので、かつては自宅から見て恵方にある神社に初詣(はつもうで)する習慣があったほどです。 恵方とは 「歳徳神(としとくじん)」と呼ばれる神様がいる方角のことを指します。 歳徳神とは金運や幸せをつかさどる神様のことでとても縁起のいい神様です。 歳徳神は毎年いる方角が違うので恵方も毎年変わりますが、その方角は 「北北西」、「東北東」、「南南東」、「西南西」のどれかです。 恵方を決めている十干とは? では、恵方はどうやって決められるのでしょうか? 恵方の方角は「十干(じっかん)」によって決まります。 では十干とはいったい何でしょうか?これには 「干支(えと)」が関係しています。 干支と聞くと毎年動物が変わる十二支を想像しますが正式には 「十干十二支(じっかんじゅうにし)」といい起源は古代中国です。 十二支(じゅうにし)は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥のことで、十二年で一巡りします。 生まれた十二支の年を迎えた男女のことを年男・年女といい、12歳、24歳、36歳と12年ごとに巡ってくることはご存知だと思います。 十干(じっかん)は甲(きのえ)・乙(きのえ)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)のことを指し、十二支と同様に十干も毎年変わります。 日本では契約書などには甲・乙・丙が使われていますし、物の階級や種類を示すときにも十干が使用され、焼酎は甲類・乙類、危険物取扱者などの資格において甲種・乙種と表現されます。 また、四柱推命などの占いにも用いられています。 そして、十干と十二支を組み合わせたものを「干支(えと)」または「十干十二支(じっかんじゅうにし)」といい、その組み合わせは以下の表のように60通りあります。 このように干支(十干十二支)は60年で一巡りします。 60歳を祝う還暦ですが、干支の組み合わせを一巡りして還ったというお祝いなのです。 恵方の4方角 十干十二支を組み合わせることによって、年・月・時刻・方位を表すことができ、 恵方はその年の十干が表す方角で、以下の通りとなります。 庚が表す方角は 西南西とわかりますね。 四つの方角を順番に巡っているので西暦にあてはめて考えることもできます。 西暦の下一桁が「4・9なら東北東」、「5・0なら西南西」、「1・6・3・8なら南南東」、「2・7なら北北西」ということになります。 最近では恵方巻がスーパーやコンビニで手に入れることができるので、定番の行事になっていますが、恵方が4つの方角しかないのは驚きでしたね。 恵方巻きを食べるときにどちらを向いていいかわからなくなったときは是非参考にしてみてくださいね。 関連: 関連: -.

次の

恵方の意味と方角の決め方!2020年の恵方巻きの方角は?

恵方巻方角

今年の恵方巻きの方角は? まず、結論から述べます。 2020年今年の恵方巻きの方角は、 『西南西やや右』です。 「西南西」自体ぱっと言われたらどの方角かわからないと思いますが、 感覚としては 『ほぼ西だけど、わずかに南より(向かって左)』といったところ。 スマホでグーグルマップを開いたら自分が向いている方角がわかるので、大体この方角になるように調整するのが一番楽かなと思います。 今年の恵方巻きの方角がわかったと思いますが、 ついでに恵方がどのように定められているのか説明していきます。 恵方巻きの方角 恵方巻きの方角は毎年違うのでややこしく感じますが、 実は4つの方角しかありません。 東北東やや右(ほぼ東でわずかに北寄り)• 西南西やや右(ほぼ西でわずかに南寄り)• 南南東やや右(ほぼ南でわずかに東寄り)• 北北西やや右(ほぼ北でわずかに西寄り) このように綺麗に90度間隔の4つの方角です。 そして、これら4方角のうち今年の恵方を定めるのは、 干支の 十干(じっかん)です。 よく「今年の干支は〇年」と言うと思いますが、 それは『子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥』の十二支です。 それに対し十干は、 『甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)』の十種類からなります。 毎年十二支のうちの一つが干支として定まっていますが、 同じように十干もそれぞれ割り当てられており、西暦の下一桁できまります。 甲:4、乙:5、丙:6、丁:7、戊:8、己:9、 庚:0、辛:1、壬:2、癸:3 そして、以下の方角に対応します。 甲・己: 東北東やや右• 乙・庚: 西南西やや右• 丙・辛・戊・癸: 南南東やや右• 丁・壬: 北北西やや右 今年は2020年なので、『庚』で 『西南西 やや右』ですね。 恵方の順番を追ってみよう 次に年ごとの恵方の方角の変化を見てみましょう。 この方角も順番に回ってくるんだったらいくらかマシでしょうけど、 この規則もまた少々ややこしいのです。 少し南の割合が高いんですよね。 ちなみに何故「やや右」というのが付いているのでしょうか? 「やや右」の理由 私達は日頃「東西南北」で方角を示しています。 「東・西・南・北」で4方位• 漢字2つを重ねて「北東」や「南西」などで8方位• 漢字3つを重ねて16方位• さらに「微」を用いて32方位 これらが一般的に私達が用いているものです。 これに対し、東洋(中国を中心とする東アジア)は、 6方位、12方位、24方位などを用いています。 恵方というのは、この24方位によって表されたものなので、 私達が用いる32方位ではどうしてもズレが生じてしまうのです。 これが「やや右」の理由です。 恵方巻きの正しい食べ方 続いて恵方巻きの正しい食べ方についてご紹介します。 恵方巻きを食べるポイントは以下の3つです。 切らずに食べる• 恵方の方角を向いて食べる• 黙って願い事を思い浮かべながら食べる 切らずに食べる 恵方巻きは食べやすいように切って食べたいところですが、 そうではなく、切らずに1本をそのまま食べましょう。 これには「縁を切らない」というような意味があります。 恵方の方角を向いて食べる ここまで散々の方角の話をしておいていまさらですが、 恵方巻きは、恵方の方角を向いて食べるようにしましょう。 恵方というのは、 その年の幸せをつかさどる『歳徳神(としとくじん)』がいるとされており、 縁起が良い方角です。 黙って願い事を思い浮かべながら食べる 恵方巻きを全部食べ終えるまでに言葉を発してしまうと、 運が逃げてしまいます。 黙って願い事を頭に思い浮かべながら食べることで願いが叶うと言われているのです。 恵方巻きの起源・由来 最後に恵方巻きの由来について説明します。 起源と現在のように普及しだした経緯について見て行きましょう。 恵方巻きの起源 その起源は様々な説があり、はっきりしていませんが、 時代としては 『江戸時代末期』ではないかとされています。 以下が様々な起源の説の一例です。 「大阪の商人が商売繁盛を祈願した」、「恵方巻きを鬼の金棒と見立てて厄除けの意味で食べていた風習」、「豊臣秀吉の家臣が節分の日に海苔巻きを食べて次の日に勝利した」など。 恵方巻きの普及の経緯 大正時代から戦前には、 大阪の一部の地域で節分に恵方巻きを食べる風習が定着していたことが確認されています。 戦後に一度廃れてまた復活したり、 大阪を中心に色々あり段々大きくなっていき、1970年代にメディアで報じられ関西まで広がりました。 はじめは大阪と兵庫県の 『ファミリーマート』が先駆けとなり、 全国的には 『セブンイレブン』が1989年に広島で販売し、翌年から地域を拡大していき、 1998年に全国まで普及したのです。 なんとも強かですね。 あとがき 以上、「恵方巻きを食べる方角」から、 「恵方巻きの正しい食べ方」、「恵方巻きの由来」などについてでした。 方角は「やや右」という曖昧な表現をする割には、 恵方巻きの食べ方には少し細かいルールがあるところが面白いです。 私は毎年恵方巻きを食べている記憶があるのですが、 それにしては意外と最近の風習なんですよね。 恵方巻きの風習はもっと古くからあるものだと思っていましたが。 コンビニの戦略によって普及した恵方巻きですが、 恵方巻きのようにコンビニから普及するような新たな風習は今後現れるんでしょうか? また、今回は恵方巻きに関しての記事でしたが、 節分の豆まきの由来や正しい方法についても記事にしました。 是非こちらもご覧ください。

次の