アズールレーン最強。 【アズールレーンの通信量はどのくらい!?】wi

【アズールレーン】最強キャラTierランキング【7/21更新】|アズレン|ゲームエイト

アズールレーン最強

リセマラの手順• チュートリアルをプレイ• 初期キャラを選択• メール・任務でアイテムを受け取る• ガチャ(建造)を5回行う• 狙ったキャラが出なければリセマラ続行:再インストールし1に戻る (所要時間 約10分) リセマラを行う時の注意点• 同じサーバー内で、同じ名前を使用することはできません。 ユーザー名は一度決定すると、後から変更することはできません。 サーバーを切り替えることは可能ですが、入手キャラや装備等の情報は引き継がれません。 友達とプレイする場合は、同サーバーでゲームを開始しましょう。• 初期キャラは、どのキャラクターも後々ドロップ入手する事ができます。 初期選択キャラの能力の違いはあまりありませんが、強いて言えば〈綾波〉のステータスは優秀です。 リセマラ当たりランキングと詳細• 【SSランク】:リセマラ終了!• 【Sランク】:リセマラ終了妥協点• 【Aランク】:SSランクやSランクには性能では劣るが、優秀な点もあるキャラクター達 【SSランク】 エンタープライズ 〈詳細〉• 【建造】特型艦• 【建造時間】4:20:00• 超高火力の後衛キャラ• 中でも 回避や航空値は非常に高く、他の空母と比較するとその優秀さは一目瞭然でしょう。 つまり、2倍の火力で一方的に相手を攻撃することができ、 全空母中最強のキャラとなっています。 ロイヤル編成には高い対空値を持つキャラが多く存在しており、演習では特に苦しい思いをします。 最強のキャラでも、演習では見劣りしてしまいます。 【SSランク】 フッド 〈詳細〉• 【建造】大型艦• 【建造時間】5:50:00• 高火力な後衛キャラ• スキル、ステータス共に優秀で、主力となるキャラです。 むやみに限界突破したり適当な編成をしてしまうと、燃料を大きく減らしてしまいますので、運用には注意が必要です。 【SSランク】 ベルファスト 〈詳細〉• 【建造】小型艦・大型艦・特型艦• 【建造時間】1:25:00• 攻守に優れた前衛キャラ• トップクラスの火力と雷装を持ち、さらに耐久も高く、対空値までも高いです。 回避は少し低めですが、スキルの煙幕の能力もあり、生存能力は高めと言えるでしょう。 スキルである榴弾強化が、榴弾砲を大幅に強化します。 6-2を周回し 榴弾装備の中でも最強な、155mm三連装砲T3(通称:ベルファスト砲)を入手しましょう。 全体的にバランスの良い最強クラスの軽巡なので、様々な場面で活躍できるキャラです。 【Sランク】 イラストリアス 〈詳細〉• 【建造】特型艦• 【建造時間】4:30:00• 高耐久の後衛ユニット• 耐久値は特別高くはないが、 唯一の重装甲を持った空母で、敵主力艦隊の主砲攻撃に対して非常に強いです。 編成も爆撃機の枠が無い代わりに、対空で輝く戦闘機2枠となっています。 この対空性能の高さが重装甲の欠点を打ち消し、 総合的な防御力はさらに磨きがかかっています。 また、打たれ弱い駆逐艦や低レアの艦と組み合わせると、さらに輝きを増します。 防衛に特化している為、周回等には不向きと言えるでしょう。 【Sランク】 ウォースパイト 〈詳細〉• 【建造】大型艦• 【建造時間】4:10:00• 高火力・高耐久の後衛• 全体的に良いステータスの中でも、火力は突き抜けています。 一定時間ごとにクリティカル攻撃を行うスキルを持ち、 火力で敵を殲滅する力を持っています。 つまり、 クイーン・エリザベスのバフを受けた場合、超一流の高火力戦艦として、艦隊のエースへと化けます。 スキルレベルの最小時と最大時を比較した場合、 スキル発動までの時間が20秒も異なる点は見逃してはいけません。 【Sランク】 高雄 〈詳細〉• 【建造】大型艦• 【建造時間】2:05:00• 火力全振りの前衛ユニット• 中装甲を持ち、主砲・雷装の武器補正、そして攻撃に優れたスキルが非常に強力で、 かなり高い戦闘能力を持ったキャラクターです。 ただ、 このキャラの比較に大きな差はありませんので、好みで選ぶ人も中にはいます。 高雄の性能に似たキャラは、8-4でドロップする「摩耶」などもいます。 航空攻撃に対しては対抗手段を持ちません。 ある程度の攻撃は耐えますが、集中攻撃を受けるとみるみるHPが減っていくので注意が必要。 【Aランク】 ユニコーン 〈詳細〉• 【建造】特型艦• 【建造時間】2:30:00• 前衛の回復ができる後衛• 支援空母により航空攻撃を行うたびに前衛が回復し、回復量も多く、 防御寄りのキャラや他の回復キャラと組めばパーティの耐久力を上げることができます。 装填を上げ、前衛の攻撃速度を上げることができます。 PTの火力にも貢献でき、 SRでは優先して育成すべきキャラの一人です。 優秀なスキルを持ちますが、終盤にも使う場合は 限界突破などの育成をしっかりと行いましょう。 【Aランク】 ロドニー 〈詳細〉• 【建造】特型艦• 【建造時間】4:40:00• 追加攻撃で広範囲を攻撃• 特殊弾幕は上下に非常に濃く、 画面いっぱいの敵を一網打尽にするほどです。 【Aランク】 レキシントン 〈詳細〉• 【建造】特型艦• 【建造時間】3:40:00• 爆撃機を2つ装備できる高い殲滅力を持つ• 爆撃機を2機搭載できることや、確実に発動できる攻撃スキルで、安定した火力を出すことが可能です。 妹のサラトガとは、全く同じ性能をしています。 使う空母がいない場合は、サラトガ・レキシントン姉妹を編成しておけば、安定した活躍をします。 【Aランク】 ホーネット 〈詳細〉• 【建造】特型艦• 【建造時間】4:20:00• 高い攻撃性能を持つ空母• スキル「強襲空母」は航空機の火力が瞬間的に倍になり、「ドゥーリットル空襲」は航空攻撃時に一定確率で爆撃機が空襲を仕掛けます。 この両スキルこそが、ホーネットの強みです。 しかしながら、 多くの場面で姉のエンタープライズには劣ります。 それ以外に関しては、 高水準で優秀なキャラと言えるでしょう。 まとめ ゲームを進めると、ガチャ(建造)は結構な回数行えるため、『リセマラは必須!!』と言うまでもありません。 (そもそもゲーム自体が、課金してガチャを引かせようという感じではない) しかし、ゲーム開始時に強いキャラを入手する事によって、進行具合は大きく変わります。 無課金でプレイする方ほど、リセマラは大切と言えるでしょう。 そして一つ一つのコンテンツによって、『最強キャラ』は変わります。 目的に応じて艦隊の編成を行うことが何よりも重要でしょう。 ……実は私は、「早くプレイしたい!」という気持ちが先走り、リセマラはやってません(汗) キャラクターを入手した際には是非、参考になさってください。 「アズールレーン」のインストールはコチラ.

次の

【アズールレーン】最強キャラランキング(6月版)【アズレン】

アズールレーン最強

左 中心 旗艦 右 主力 前衛 工作艦で弾薬を増やす 高難易度海域はボス出現まで6体の雑魚を倒す必要がある。 工作艦を編成するとマップでの弾薬が5から6に増えるので、全ての雑魚をスムーズに倒すことができる。 工作艦は回復もできる 工作艦は マップでの回復ができるため、道中が安定する。 戦闘中も回復スキルが使えるため、連戦に強くなれる。 回復できる空母で前衛を回復 高難易度での連戦はダメージが大きく、特に前衛は耐久値が減りやすい。 工作艦とは別に 更に回復できるキャラを編成することで、連戦が安定する。 前衛の自由度は高め 重要になるのは主力艦隊の編成なので、前衛の自由度は高め。 最強ランキングなどを見つつ、 自分の手持ちから強力なキャラを選べばOKだ。 入れ替え候補 ティルピッツと入れ替え候補 ステータスが高く、高い主砲ダメージがだせる。 手数を増やせる弾幕スキルも優秀。 ティルピッツと入れ替え候補 スキル「グロリー・オブ・ロイヤル」による瞬間火力と味方空母の装填をアップ出来るのが強み。 主砲は攻速重視で装備しよう。 祥鳳改と入れ替え候補 祥鳳と同じ役割ができる軽空母。 祥鳳より高ステータスで対空も得意だが、火力面はやや祥鳳に分がある。 燃費もユニコーンのほうが少し悪い。 祥鳳改と入れ替え候補 前衛にシールドを付与できる空母。 被ダメージを減らせるので、回復スキルと似た感覚で使える。 重装甲で耐久値も高いので、軽空母に比べて倒されにくい。 明石と入れ替え候補 数少ない工作艦キャラのひとり。 基本は明石と同じ役割をこなせるが、回復スキルは明石のほうが使いやすい。 ヘレナのスキルで速攻撃破!ボス用編成 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 ヘレナのスキルを活かした編成 ヘレナのスキル「レーダー探知」の、敵被ダメージ大幅アップの効果を活かした編成。 魚雷や戦艦の攻撃は元々のダメージが大きいため、ヘレナのスキルの恩恵を効果的に受けられる。 Point 長門&加賀赤城などの大ダメージを狙える主力艦隊とも相性抜群です。 ヘレナのスキル発動タイミングを調整 ヘレナのスキル発動タイミングは20秒毎。 ヘレナのスキル発動の少し前にボスが出現するよう、画面右上の戦闘時間を見て道中の突破タイミングを調整しよう。 Point デューク・オブ・ヨークの特殊弾幕スキルも20秒毎の発動。 スキルの発動時間を意識して戦えると他の編成でも役に立ちます。 ただし、スキル発動のタイミングを調整するためなら多少使ってしまっても問題ない。 移動速度ダウンで攻撃が命中しやすい アーク・ロイヤルは、スキルで敵の移動速度ダウンが可能。 移動速度ダウンさせることで、魚雷や戦艦の攻撃が命中しやすくなる。 そのため、魚雷や戦艦の主砲攻撃を行う前に、アーク・ロイヤルの航空攻撃を行っておこう。 一部高難易度用対空編成 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 12章や一部のイベント海域などを想定 ノーマル海域12章や一部イベント海域など、敵の航空攻撃が激しい海域を想定した編成。 対空に優れるキャラをメインに編成している。 戦闘機数が多い空母を編成 戦闘機を装備できる空母は、敵の航空攻撃に合わせて自動で戦闘機が発艦し、対空を行ってくれる。 中でもイラストリアスなど、戦闘機数が多いキャラの対空が優秀だ。 Point 戦闘機も爆弾を積んでいない、対空特化の戦闘機にしてみるのもおすすめ。 工作艦の編成もおすすめ 回復効果が目立つ工作艦だが、対空能力も非常に高い。 道中用の編成などであれば、無理なく編成することができるだろう。 ボス用にはダメージがだせないためやや不向き。 おすすめの工作艦はこちら 状況を見て調整しよう 対空砲の強化具合などによって、対空ができるかどうかは大きく変化する。 実際に戦闘してみて対空能力が足りていないと感じたら、空母を多めに編成する、より対空値の高いキャラを編成するなどして調整しよう。 Point 対空値アップできる設備などで補うのもおすすめです。 エディンバラと入れ替え候補 スキル「大物狩り」と「火力全開」でとても高い攻撃力を持つ。 ボスが重巡の場合に起用するのがオススメ。 同性能のキャラにが存在する。 同時編成することで、より攻撃的な編成にすることも可能。 エディンバラと入れ替え候補 エディンバラから装甲を落とす代わりに、より艦隊火力を高めたい場合はこちらを編成する。 アーク・ロイヤルと入れ替え候補 攻撃力は控えめだが、スキル「装甲空母」による前衛へのバリアが強い。 ヘルキャットなどの 爆弾を持った戦闘機を装備させて少しでも火力を伸ばそう。 アーク・ロイヤルと入れ替え候補 スキル「BIG SEVEN」による特殊弾幕が強み。 自爆ボートやボス前の雑魚敵処理などに非常に強力だ。 同じ性能を持ったキャラに、がいる。 フッドがいない場合、ネルソンとロドニーの同時起用しても強い。 アーク・ロイヤルと入れ替え候補 特殊弾幕や主砲砲撃が命中した際の付属効果が優秀。 砲撃自体の火力も高くダメージ稼ぎにも貢献してくれる。 Point! 演習でおなじみのロイヤル艦隊、もちろん海域でもすごく強いです!敵に合わせて編成をあれこれ変えてみるのも楽しくていいですよ。 そのため、ボスまでの 道中戦の被害を抑えながら進むことが出来る。 そのため、主力艦の攻撃が無い時でも安定してダメージを与えて敵を倒しやすい。 安定した自爆ボートの処理が可能 ティルピッツのスキル「磁性魚雷」と前衛の副砲を合わせることで、 自爆ボートの処理がかなり楽にできる。 道中連戦する際には重要視したいポイントになる。 攻撃機は「汎用型」を使おう 道中の敵は駆逐艦や巡洋艦が出てくることが多く、敵が動いてるので魚雷のタイプが「汎用型」の攻撃機を使用しよう。 理想はバラクーダT3だが、持っていないのであればバラクーダT2やTBFアベンジャーT3でOK。 入れ替え候補 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 フレッチャー級の駆逐艦を3隻編成する フレッチャー艦隊とは、前衛艦隊に無凸のフレッチャーとフレッチャー級のノーマル駆逐艦を2隻編成した低燃費周回用の艦隊。 フレッチャーのスキルで前衛を強化できるため、 ある程度までの海域の道中戦を1回あたり消費燃料4で行える。 後衛は海域に合わせて変更 後衛は攻撃力と燃費を優先するのであれば無凸のレンジャーを、前衛艦隊の耐久維持が難しければ 回復スキル持ちのユニコーンや祥鳳を使用する。 ハーミーズなどの同時編成もオススメ。 入れ替え候補 一番燃費がいい編成はレンジャーだが、育成状況や海域に合わせて主力艦隊を入れ替えたり、これらの中から複数編成するのがオススメ。 特に回復がかなり欲しい海域では ユニコーンと祥鳳の同時起用もあり得る。 レンジャーと入れ替え候補 回復スキルが必要な場合に編成する。 同じ回復持ちの祥鳳と比べると、 装填速度を上げるスキルを持っている点が優秀。 レンジャーと入れ替え候補 回復スキルが必要な場面で編成したい。 ユニコーンと比較すると、艦載機の装備スロットが攻撃寄り。 主力の追加候補 ノーマル艦なので消費燃料が低く、スキル「強襲空母」で高い火力を出すことも出来る。 Point! 無凸フレッチャー編成は、敵のレベルが上がってくると周回が苦しくなってきます。 その場合は、完凸したフェニックスを単艦で運用したり、主力に軽空母を3隻入れて火力を上げるなどして対応しましょう。 後半の海域で使うことを意識するなら、 応急修理装置など装備の強化をしっかりとしていきたいです。 第2艦隊編成例:ボス用艦隊 クリーブランドと入れ替え候補 支援はできないが、クリーブランドより単体での火力が高い。 手に入れたら積極的に運用していこう。 クリーブランドと入れ替え候補 クリーブランドより火力で劣るが、スキル「真紅の不死鳥」で耐久値を回復できる。 RキャラなのでSRキャラより少しだけ燃費が良い。 速力が遅く、回転率の遅い重巡主砲なので小回りはきかないが、それを補って余るステータスの高さ。 R重巡艦と同じ消費燃料なので、低燃費キャラとしても優秀。 フッドと入れ替え候補 スキル「磁性魚雷」と副砲をあわせた自爆ボート処理能力が魅力。 主砲砲撃の火力も高い。 フッドと入れ替え候補 自爆ボートの攻撃が激しくない海域の場合、エンタープライズも候補に入る。 空母なので耐久が若干低いが、スキル「LuckyE」が発動した時は一撃でボスを撃破することもある。 フッドと入れ替え候補 ボス艦隊の動きが遅い場合は攻撃に特化した空母であるアークロイヤルも選択肢に。 攻撃機を2スロット装備できるので、「重桜型」の攻撃機を使ってボスを一気に仕留めよう。 フッドと入れ替え候補 高い主砲火力を持つ戦艦。 特殊弾幕を持つので手数もあり使い勝手が良い。 Point! 強力なキャラが揃ってない場合、配布でもらえるインディアナポリスとポートランドの組み合わせなどもオススメ。 道中だけ低燃費にしてボスは一番強い艦隊を用意しよう。 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 一航戦を使った速攻編成 赤城と加賀はスキル「先手必勝!」を持っており、 1回目の航空攻撃を早く繰り出すことが出来る。 また、赤城と加賀の同時出撃でスキル「一航戦」が発動し、高い航空能力を持つので強力な攻撃が出来るのが特徴。 攻撃機は「重桜型」を使おう 演習では敵主力艦隊が動かないので、敵に魚雷が一直線に進む流星T3や天山T3と言った「重桜型」の攻撃機を装備させたい。 Point! 逆に敵前衛艦隊を意識したいなら、当てやすい「汎用型」の魚雷でもOK。 敵の編成に応じて装備を変更しよう! 入れ替え候補 赤城と加賀がメインになるため、それをサポートするキャラを入れ替えて編成する形になる。 特殊弾幕でダメージもだせる。 長門と入れ替え候補 スキルによって主砲火力が高い。 耐久ステータスもトップクラス。 長門と入れ替え候補 特殊弾幕によって手数が多く、移動速度もダウンできる。 ステータスも優秀。 長門と入れ替え候補 スキル「LuckyE」が発動すれば敵を一気に殲滅出来る。 強化レベル15まで育成すれば、序盤の魚雷ダメージがトップクラスに。 耐久面も優秀で、主砲でもダメージを出せる。 神通と変更しても問題ない。 防御スキルによって自身の耐久面も優秀。 敵前衛が軽装甲だった場合、開幕から大ダメージを狙える。 全弾発射の魚雷も強力。 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 長門一航戦編成を仮想敵に設定 演習で上位に上がるほど遭遇率が上がる長門一航戦編成への対処を考慮した編成で、ユニオンと重桜の決戦は史実を彷彿とさせる。 高速かつ強烈な空襲に耐え切って特殊弾幕や浸水による反撃を加え、 粘り勝ちを目指して行く。 ワシントンとサウスダコタが主軸 ワシントンにはサウスダコタとシナジーがあり、サウスダコタの耐久が減少することをトリガーとして自身のダメージを強化し、サウスダコタのダメージを一定時間無効化する。 これによって 激しい空襲により耐久が一気に奪われる事があっても、旗艦の損失を一度は免れることが可能。 Point サウスダコタについて多少無理が効くことから、長門など強力な弾幕を受けがちな旗艦を引き受けてもらっています。 徹底的な対空強化 本編成は 対空の高いキャラの中でも強力なスキルを保有するキャラを選抜している。 サンディエゴ改のスキルで更に対空が強化された際の迎撃率は高く、ジュノーを先頭に配置することで全体回復スキルを誘発し、削れてきた艦隊の耐久を仕切り直すことも出来る。 ユニオン編成の自由度の高さ ユニオンにおいては編成の縛りが緩い艦が多く、目的に沿って編成を組み替えることで、 比較的自由に艦隊の方針を変えることが出来るのが利点だ。 入れ替え候補にはそれらを挙げて行くので参考にしてほしい。 Point! 例えば今回の例はユニオン編成を活かす為に、ユニオン艦が多ければ強化されるエセックスや、仮想敵を長門一航戦とした為に駆逐艦対策でオーロラを編成しています! 入れ替え候補 ワシントンとサウスダコタのシナジー、対空と反撃という考え方を基礎にエセックスとオーロラの枠を入れ替え対象として細かい方針を決定していく。 エセックスと入れ替え候補 より対空に偏重するための候補。 ついでにエセックスのスキルが一つ発動しないモヤモヤも解消する。 オーロラと入れ替え候補 より広い範囲の対処を考慮。 編成される前衛が全て軽巡なので、モントピリアの命中と火力、被ダメ軽減のスキル効果が前衛全員に掛かる。 ただし発動が20秒間隔なので、長門一航戦の開幕初擊には間に合わない。 オーロラと入れ替え候補 主力保護に偏重する候補。 スキルによって旗艦のダメージを大きく軽減可能な為、激しい攻撃にさらされる事がほぼ確定しているサウスダコタをピンポイントで守ることが出来る。 オーロラと入れ替え候補 前衛保護に偏重する候補。 被弾をトリガーに前衛全体のダメージを一定時間無効化する為、前衛を長時間生かすことで全体の安定化を図る。 ただしスキル解禁まで20秒掛かるので、初擊の速い長門一航戦を相手取るには向かない。 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 フォーチュン改で主力艦隊を守る フォーチュン改のスキルで主力艦隊の被ダメージを軽減できるため、 主力艦隊による安定した継続火力をだすことが可能。 前衛艦隊はフォーチュン改を守るために、回避スキル持ちなどの耐久を重視した編成にしよう。 ジュノーには真珠の涙を持たせよう ジュノーはスキル「戦争の悲劇」によって、 戦闘不能時に味方の耐久を回復することが可能。 同様のスキルを持つ設備「真珠の涙」を装備させることで、かなりの耐久値を回復することが出来る。 Point! ジュノーという艦は2隻いるので、間違えないように。 演習で使うのは ユニオンのジュノーです!ジュノーは対空補正も高いので、エンタープライズや一航戦に対しても強かったりします。 編成例2:煙幕回避ロイヤル.

次の

【アズールレーンの通信量はどのくらい!?】wi

アズールレーン最強

駆逐主砲の最強装備まとめ 駆逐主砲は敵装甲(特に重装甲)への通りが全体的に悪く、特に通常弾は中装甲以上の敵にはダメージが通りにくい仕様になっている。 榴弾が最も通り安いので優先的に榴弾装備を選択していきたいところ。 駆逐艦には全弾発射が非常に強力なキャラクターも数体存在する(、など)。 そういったキャラクターには攻撃速度だけで主砲を選ぶという選択肢もあり。 一度で5発の弾丸を直線状に発射するので敵1体に集中してヒットしやすい。 主砲攻撃をメインで戦うのであれば最適な装備。 発射速度が遅めなのと入手難易度が非常に高いのがデメリット。 威力と集弾性にすぐれる最高峰装備(DPSではに劣る)主砲メインで戦うのであれば最適な装備の1つ。 入手難易度が低めであることが大きなメリット。 威力が十分に高い上に発射速度が非常に速い。 全弾発射が強力でかつ主砲攻撃の威力も求めたい場合の最適装備になる。 ただし射程が短いのでオートでは使いにくい場面も…デメリットは全体的にダメージの通りが悪い「通常弾」であるということ。 が入手できるまではこちらを強化してしていくと良い。 威力にも発射速度に優れるので主砲攻撃も全弾発射も強力なキャラでに向いている。 基本的に駆逐艦に徹甲弾を採用することはほとんど無いが、スキル「徹甲弾専門」を持つ一部のキャラには最適になる。 射程が短いのがデメリットの1つ。 ただし主砲自体の威力はものすごく低い。 火力自体は低いが、全弾発射が強力なキャラクターにとっては最適装備になる。 綾波や夕立などの最強装備候補。 射程がかなり短いのでオートだと性能を発揮しきれないこともあるので注意。 には劣るものの非常に発射速度が速く、射程は大幅に勝っている。 DPS自体はに劣るが射程の広さで安定感がある。 オートで使うのであればの方が有利か。 スポンサーリンク 軽巡主砲の最強装備まとめ 軽巡主砲は榴弾の通りが全体的に良い。 逆に通常弾の通りが悪くなっている。 特に榴弾の対軽装甲が高く、敵駆逐艦や敵軽巡洋艦の処理に向いている。 駆逐艦主砲とは異なり、徹甲弾の通りも悪くない。 徹甲弾は弾が貫通するので多くの敵を処理することを考えると、補正値では若干劣る徹甲弾が活きる場面は多い。 威力、発射速度ともに優秀で軽巡主砲としては最強クラスの装備。 特筆すべきは射程の長さで、かなり離れていても発射してくれるのでオート性能が高い。 戦艦副砲としても最強クラスなので、取り合いが激しい上に入手難易度が高いのがネック。 と比べると1度の弾数が多いこともあり発射速度が遅い。 全弾ヒットさせたときのポテンシャルは非常に高いので若干手動向きか。 ベルファストのような榴弾強化スキル持ちには最適な装備。 入手難易度が低いのが非常にありがたい。 通称「タバスコ砲」 重巡主砲の最強装備まとめ 重巡主砲では徹甲弾の軽装甲へのダメージの通りが悪くなる。 逆に中装甲以上への通りは良好。 徹甲弾と榴弾共にダメージの通りが良く、甲乙つけがたい。 弾丸が貫通することを考えると徹甲弾の方が若干使いやすいようにも思うが、海域では軽装甲の敵が多いので、榴弾が活きる場面も多い。 ステージやスキルに合わせて最適なものを選択してくと良い。 主砲単体での能力としては最高の性能になっている。 発射速度は後述するに劣るので、全弾発射スキルを考慮すると難しい選択を迫られることも。 科学研究室でしか入手できないので、量産性が低く、入手難易度が高い。 榴弾の重巡主砲としては最高の性能を持っている(主砲単体の性能ではに若干劣る)1セットの弾数が少ないこともあって発射速度が速く、全弾発射が強力なキャラクターに適している。 が実装されるではダントツで最強の重巡主砲だったが、現在ではに若干劣る性能という評価。 それほど性能差はなく、装備箱から出るので入手しやすい。 最大強化しても十分に使える装備。 が実装されるまでは、最強の榴弾重巡主砲で榴弾強化スキルを持つなどの最適装備とされていた。 コアショップのみで入手可能だったが、現在ではコアショップからも消されて入手不可になっている。 スポンサーリンク 戦艦主砲の最強装備まとめ 戦艦主砲の徹甲弾は軽装甲へのダメージの通りが非常に悪いので、基本的には榴弾一択になっている。 榴弾は軽装甲はもちろん、中装甲、重装甲にもダメージの通りが良い。 特定のボスに対しては徹甲弾が有効な場面もあるので、「」のような超強力な徹甲弾主砲であれば何本か限界まで強化しておくと良い。 主砲依存のスキルが特に無ければを装備しておけば問題はない。 難点は入手難易度の高さ。 ただし、中装甲、重装甲への通りは非常に良いので、特定のボスなどではピンポイントで刺さる場面もある。 1つくらいは最大強化しておいてよい装備。 主砲発射をトリガーにしたスキル持ちであれば最適装備になることが多い。 主砲発射をトリガーとした弾幕スキル持ちキャラにはとりあえずこれを装備しておけばよい。 主砲単体の性能も十分に高いがには劣る。 スキルの影響でが装備した場合に能力が大幅に上昇する。 性能はそれなりに高いがには劣る。 用に1つだけ最大強化しておけば問題はない。 入手も容易で汎用性も非常に高い。 性能はとほぼ変わらないレベルなので、数個最大強化しておいてよい。 が入手できるまでのつなぎ装備として活用できる。 敵艦がある程度接近した場合には敵艦にもヒットする、非常に優秀な副砲。 最強の戦艦副砲の1つ。 難点は入手難易度の高さと軽巡主砲としても副砲としても最強クラスなので取り合いが発生すること。 威力も十分で非常に強力な副砲になっている。 こちらも軽巡主砲としての用途と副砲としての用途で取り合いが発生するのが難点。 自爆ボートの迎撃性能はそれほどと高くないが仕方のないところ。 装備することで対空値がそれなりに上昇するがメリット。 一度に4発の徹甲弾を扇状に打ち出すので複数の自爆ボートを迎撃できる。 入手難易度が低いので序中盤から使える。 最大強化しておいて損のない装備。 一度に6発もの榴弾を扇状に打ち出す。 広範囲に弾が拡散するので、自爆ボートの処理向き。 ダメージが無駄に分散してしまうので軽巡主砲としての性能はイマイチになっている。 性能は非常に高く、追尾効果があるのでオートでもヒットしやすい。 イベント報酬限定なので入手可能は本数がかなり限られるのが難点。 こちらも入手難易度が高いが、装備箱から入手できるので頑張れば集められる。 追尾効果があるのでオートで特に性能を発揮する。 多くの装備箱から出現するので、いつの間にか溜まっている。 性能は十分に高く、最大強化の価値があるものになっている。 追尾性能はないが拡散範囲が広いのでオート性能はそれなり。 拡散範囲が狭く、追尾能力もないので完全に手動向けの魚雷装備になっている。 こちらも最大強化する価値が十分にある。 追尾性能のない魚雷を3本だけ発射するものなので手動向け。 命中不安のある戦艦・巡洋戦艦にとっては最適装備になる。 対空砲自体の性能も高く、取り合いが非常に激しい。 科学研究室限定となっているので、簡単に数を増やせないのが難点。 性能はの下位互換で、威力、発射速度共に劣る。 の量産が難しいので、こちらも十分有用。 名前がメチャクチャカッコいい。 対空砲の素の性能であればトップクラス。 基本的にこれを装備しておけば問題はない。 総合的な性能ではには負けるものの、十分に高性能。 対空砲は装備させるキャラ数が多いので、最大強化して全く問題はない。 入手方法が科学研究室に限られるが、のように特殊な能力を持っていない。 対空砲としての性能は十分に高い。 射程が若干短めなのが弱点。 他の射程の広い対空砲と組み合わせて射程を補うと良い。 しかし射程が25とかなり短く、オートだと敵艦載機の取りこぼしが多くなる。 汎用性という面ではあまり高くないので、控えの艦に装備しておくと良い。 攻撃速度が非常に早く、威力も十分にある汎用性の高い最強クラスの攻撃機。 難点は限定イベント報酬であるため数を集められないこと。 隠しデータの耐久が低いという弱点があるものの、それを含めても全戦闘機の中でもトップクラスの性能。 装備箱からの入手が不可能で、ドロップもイベント海域に限られるので入手難易度が高い。 その代りに攻撃速度が若干遅い。 航空攻撃をトリガーとしたスキルを所持するキャラクターには若干不向きか。 攻撃速度は若干に劣るが、大差はない。 汎用性が高く、使いやすい性能になっている。 威力が高く強力な性能になっている。 限定イベント報酬なので入手難易度が高い。 と異なり、やで代用が効く。 航空攻撃をトリガーとしたスキル所持艦には最適な装備になることも。 ただし爆弾の威力が低いので攻撃力が削られる。 元々の攻撃性能がそれほど高くないには最適。 汎用性は低いので最大強化するのは数個で十分。 その代りに敵艦載機の迎撃性能が非常に高く、12章や13章などの敵航空攻撃が厳しいステージでは最高の活躍をしてくれる。 12章以降をクリアするのであればそれなりの数を最大強化しておきたい。 性能はと並んで最強クラス。 と比べると入手難易度が非常に高いのがネックになる。 爆弾の威力は、に劣るが攻撃速度と機関銃性能に優れている。 限定イベント報酬なので入手難易度が高め。 搭載する爆弾の数が多く、ヒット数が増えるとを凌ぐダメージをたたき出す。 最短で3-2でドロップするのが大きなメリット。 癖がなく汎用性が非常に高いのが特徴。 とりあえず攻撃機はこれを装備しておけば良いとされるほどに安定感がある。 多めに最大強化をしておきたい最強クラスの攻撃機。 かなり癖があるが、雑魚処理後に出現するボス敵には大活躍が可能。 限定イベント報酬であるため、入手難易度が高いのがネック。 特殊効果の影響で、基本性能はに劣る。 入手方法はコアショップに限定されている。 動かない敵には最大効率でダメージを与えられるが、動きが速い敵には一発も当たらないことも。 場所を選ぶことによって最適装備になりうるが、入手難易度が高い。 発射速度は速いものの、追尾能力があるので弾速遅く、威力も低めになっている。 追尾のおかげでヒットしやすく、汎用性が非常に高い。 射程が短いのが弱点で一部の敵には届かないことも。 追尾能力はないものの、射程が長く、弾速も早いので汎用性が高い。 威力の高い魚雷を3発発射するので、発射速度は潜水艦用G7e音響追跡魚雷T3や潜水艦用九五式酸素魚雷T3に大きく劣る。 さらに射程が短いという問題もあり、ピーキーな性能になっている。 コアショップで入手できるので入手難易度は低め。 しかし、大量のコアデータが必要になる。 駆逐艦の攻撃性能を向上させる目的ならこれを装備しておけばOK。 潜水艦にも積めるのでたくさん入手して限界まで強化しておきたい。 強化の際には汎用パーツが溶けまくるの注意。 火力値が大きく上昇し、命中も若干上昇する。 追加でクリティカル性能も上昇。 戦艦の命中不安を多少でも解消できるのは大きい。 入手はコアショップ限定になっている。 数個は限界まで強化しておきたい。 のように命中の上昇がない代わりに火力の上昇値が大きい。 追加でクリティカル性能が上昇する。 どちらかというとの方が汎用性が高いが、も十分に強力なので数個は限界まで強化しておきたい。 よりもさらに命中が上昇する、非常に強力な装備。 特殊効果で1発目の主砲攻撃の装填時間が短くなるオマケ付き。 戦艦の最強設備の1つ。 難点は限定イベント報酬で個数が確保できないこと。 耐久も上昇するがオマケ程度。 空母の能力を大きく上昇させられるので多めに最大強化しておきたい。 全ての装備箱から出現するので気が付くと溜まっている。 装填が上昇するので砲撃メインでも魚雷メインでもどんな艦にも装備しやすい汎用性が高い設備。 戦艦の手数を増やすためにも良く採用される。 数個最大強化しておいて問題ない。 航空値の上昇量はに劣るものの、特殊効果で空母の装填時間が短くなるのでに並ぶ能力になっている。 航空攻撃時に発動するスキルがあるのであればはぜひ装備しておきたい。 回避に難のある重巡洋艦に装備すると耐久力が大きく上昇する。 移動力上昇効果もかなりありがたい。 非常に汎用性の高い装備なのだが、図鑑報酬で入手制限があるのがツライところ。 短時間ではあるものの、一定時間無敵になるというオマケ効果付き。 こちらも重巡洋艦のような回避の低いキャラに装備することで大きな効果を発揮する。 強力すぎることが原因なのか、アップデートで1つしか装備できないようになったという過去がある。 科学研究室でしか入手できないので数をそろえるのに非常に時間がかかる。 特殊効果で装備しているキャラが戦闘不能になった場合に他のキャンの耐久が10%回復する。 ジュノー(軽巡)のスキルと効果が重複するので、採用されることが多い。 真珠の涙装備したジュノーは「真ジュノー」とも呼ばれ、演習で猛威を振るっている。 図鑑報酬なので数をそろえることができないのがネック。 敵艦載機が多く出現する12章、13章ではものすごくお世話になるので、たくさん最大強化しておきたい。 ただし、科学研究室でしか入手できないので量産が難しい。 特殊効果で一定時間で耐久が回復するという非常に優秀な能力を持っている。 駆逐艦のような耐久値に不安のあるキャラにとっては最適な装備になる。 汎用性が非常に高いので、多めに最大強化しておいて問題はない。 赤城&加賀がドロップする3-4で入手できるので自然に貯まるのもありがたい。 よりも耐久の上昇値が若干低い。 は効果がメインになっていて、魚雷のダメージを大幅にカットできるという特殊効果を持っている。 魚雷ダメージを受けやすい前衛の先頭にはぜひ装備しておきたい。 駆逐艦には装備できないので注意。 耐久の上昇はオマケ程度で速力の上昇がメイン。 重巡洋艦は移動速度が遅いので、艦隊に加える場合には最大強化した改良型缶T3を装備しておくと、移動速度のサポートができる。 有用ではあるが他の設備がさらに強力ということもあって、数個最大強化してあれば十分。 特殊効果で炎上確率と、炎上ダメージを大幅に減少させることができる。 戦艦の主砲攻撃で炎上すると消耗が非常に激しいので、敵戦艦が出現するステージでは主力艦へのの装備が必須になる。 特殊効果で運とクリティカル性能が上昇する。 回避と命中の上昇値は大したことがないが、が装備した場合に艦隊全員の火力が上昇するという隠しスキルが発動する。 ほぼ、の専用装備という形になっている。 上昇値もなかなかだが、メインは特殊効果。 装備をすることで待ち伏せ率と回避成功率が上昇するという海域攻略には欠かせない装備。 出撃する艦隊の分だけ最大強化しておきたい。 すべての装備箱から出現するので気が付くと貯まっている。 明石を編成する際には可能な限り装備しておきたい。 入手時に同時に手に入る。 最大強化すると8. 5秒潜航時間が伸びる、潜水艦の必須そうび。 強力すぎて2つ装備することができないので注意。 入手はコアショップ限定になっている。 最低でも3個は入手して最大強化しておきたい。 最大強化すると支援範囲がさらに広がる。 支援範囲が広がるということは海域攻略にとってかなり大きなメリットなので潜水艦にはぜひ装備しておきたい。 複数艦に装備しても意味がないので1つだけ最大強化すれば十分。 救助信号海域を攻略するときにはソナーが必須になるが、ソナーの中でもこの改良型ソナーT3が最良の装備になっている。 爆雷投射機の中でもトップクラスの性能になっている。 最大強化をしておくと潜水艦に大きなダメージを与えることができる。 敵戦艦はそれほど強くないので最大強化が必須というわけでは無いが、強化しておけば時短にはなる。 設備ではあるものの艦載機パーツで強化可能。 汎用パーツは消費が激しいので非常に助かる仕様。 こちらも最大強化が必須というわけでは無いが、最大強化しておくと潜水艦を高速で処理することができる。 入手はコアショップ限定。 ちなみに、も装備可能。 こちらもと同様に艦載機パーツで強化可能。 と比較すると威力が高い代わりに攻撃速度が遅い。 限定イベント報酬なので入手難易度が高い(性能的にはで十分なので問題ないが…).

次の