機能回復。 養成講座

機能不全家族の回復は生きづらさから

機能回復

最新記事 by 中川 幸太郎• - 2018年3月24日 私は日頃、脳卒中のリハビリに携わる仕事をしている 作業療法士の中川幸太郎といいます。 ここでは、脳卒中のリハビリにおける機能回復訓練に対して 様々な角度から解説します。 最後まで読んで頂ければ、 「リハビリは歯を食いしばって頑張るもの!!」と思っている方にとっては、リハビリに対する向き合い方や考えがきっと変わります。 機能回復訓練が足りなくなる背景!! リハビリの機能回復訓練を受けるには医療制度による条件があります。 ここでは機能回復訓練を受ける機会が縮小している背景をお伝えいたします。 「リハビリ」と「機能訓練」の違いについて!! 「 リハビリ」という言葉は都合よく使われやすく、ひとによっても「リハビリ」の捉え方はたくさんあるので混乱してしまいますよね。 また、「機能訓練」という言葉も同じように捉えている方多いと思います。 以下に簡単に整理します。 リハビリ 原則「医師の指示に基づき」という条件があり、それに応じた 専門職種(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など)が定められています。 目的は 機能の維持と回復とされています。 機能訓練 「医師の指示に基づき」という条件や 定められた職種はありません。 目的は 減退防止とされています。 つまり、「機能訓練」は専門職種でなくても、脳卒中の片麻痺の手足を動かす運動や一緒に歩きに行くことも可能ということです。 このように「リハビリ」と「機能訓練」では目的も内容も違うということです。 入院期間の短縮が機能回復訓練を縮小の傾向に!! 超高齢社会により入院患者の増加、医療技術の進歩により治療費が高額化しています。 そこで、国の政策として増加した 医療費を抑制する働きがあります。 入院期間の短縮もそのひとつです。 脳卒中で命にかかわる急性期を過ぎた後のリハビリを行うのが回復期リハビリ病棟です。 この病棟はいつでも入れるわけではなく、発症してから 2ヶ月以内と決められています。 さらに入院期間も脳卒中の場合で 最大180日と期限があります。 また、病院以外の 自宅や介護施設に退院できた方の割合が一定以上維持できれば病院に高い診療報酬が受けられるようになっています。 つまり、当事者や家族が他の医療機関のリハビリで機能回復訓練を望んでも発症から2ヶ月経過した場合、回復期リハビリ病棟への転院は出来ず、2ヶ月以内だとしても介護保険サービスでのリハビリがあることを理由に、自宅もしくは介護施設への退院を強く薦める病院があるのが現状です。 外来でのリハビリが受けられなくなる?! 現在、医療保険によるリハビリテーション(以下、リハビリ)は病名によって受けられる日数の制限が決められているのはご存知ですか? 脳卒中であれば発症日・手術日から 原則180日までとなっています。 では、180日を超えるとリハビリ出来ないの?と思われるかもしれません。 実は、今の医療制度でも発症日・手術日から180日を超えてもリハビリを受けることは可能です。 ただし、条件があります。 医師が「もう少しリハビリをすれば改善する可能性があります」と判断した場合には180日を超えても1ヶ月に13単位(1単位:20分)に限り継続が可能です。 つまり、1回60分の外来リハビリを受けている方は月に約4回リハビリを受けにいくことが可能ということです。 しかし、現実的には180日を超えてリハビリを行うことは 厳しくなっています。 国としてはリハビリを長引かすことを良いとはしていません。 180日を超えてリハビリを行った場合、病状の改善が期待できるかを 厳しく問われます。 中には保険請求をしても一切認められない場合もあります。 つまり、180日を超えてリハビリをしても、保険点数がいただけないので、 多くの外来リハビリをしている医療機関はこれを回避しようとします。 そのため、医療制度では発症日・手術日から180日を超えると、 リハビリが必要な方でも受ける事がますます出来なくなっていくのです。 今後の方向性次第では、診療報酬改定時に医療制度による 外来リハビリを廃止するかもしれないという話も噂されています。 その一方で、10年間麻痺を持つ方でもリハビリにおける機能回復を目指した 訓練を続けると・・・ ・楽に持つ事ができるようになった ・家事をしても以前より疲れにくくなった 等といった麻痺の回復傾向みられる方もおられます。 片麻痺の機能回復訓練をする期間は短くなっている!! 在宅生活でも復職に向けて機能回復訓練が必要な方もいます。 ここでは、なぜ機能回復訓練の期間が短縮傾向になっているかをお伝えします。 動作訓練中心の生活期リハビリとは?! 近年、医療機関から在宅生活に移行した時期を「維持期」ではなく「 生活期」と言われることが多くなっています。 和田ら(1) によると『半年から年単位での改善がみられる例も少なくない。 改善していく例を数多くみている医療者の間では「維持期」の代わりに「生活期」という言葉が使われるようになった』(昭和学士会雑誌)と述べています。 しかし、生活期でのリハビリでは 障害を抱えても日常生活を送れることが重要視されています。 回復期リハビリ病棟では180日という期限内に日常生活動作は自立し、退院後の生活期リハビリに移行する流れになってきています。 退院後の在宅生活では環境の変化に慣れない方も多く、具体的な生活目標を設定し、その動作訓練を行われることが多いのです。 言い換えれば 片麻痺の機能回復訓練をする期間が短くなっているのです。 確かに機能回復に固執し、医療者に依存しないように生活期リハビリを展開することも重要です。 ただし、日常生活動作の自立にとどまらず、復職に向けて機能回復を目指すことが必要な方も存在します。 (1)和田 真一 他:リハ医療システムと今後 生活期リハ:昭和学士会誌. 特集:リハビリテーション医学の現状と展望 ,2014;74(4)384-388 3. リハビリにおける可能性!! ここでは、先行研究からリハビリにおける機能回復訓練の可能性と運動機能回復における5つのポイントをお伝えします。 麻痺した手足を動かさないとどうなるの? 入院中は生活期に向けた動作訓練中心の回復期リハビリになってしまい、機能回復訓練をすることが少なくなっています。 麻痺側を使用しない状態が長期間続くと麻痺側を使用しないことを学びその機能が失われていきます。 1984年にサルの手をつかった研究 (2)では、サルの中指を切断すると数ヶ月後には中指に関連した脳の領域が消滅するという報告があります。 また、1995年には片側足首の固定が必要な22名の患者に対して行った、 固定側と非固定側のそれぞれの足首の筋に関連した脳の領域を比較した研究 (3)では、固定した側の脳の領域が減少したという報告などもあります。 つまり、脳卒中により麻痺側を使用する機会が減ると麻痺した手足を動かす 脳の領域が減少する可能性があるということです。 (2)Merzenich MM et al: Somatosensory cortical map changes following digit amputation in adult monkeys. Journal of Comparative Neurology. 1984; 224 4 591-605. (3)Liepert J et al: Changes of cortical motor area size during immobilization. Electroencephalogr Clin Neurophysiol. 1995;97 6 382-6. 脳には可塑性(かそせい)がある!! 〜リハビリの可塑性(かそせい)〜 脳の可塑性(かそせい)とは障害によって機能が 低下した脳の部位を他の部位が補うことを言います。 脳卒中後、脳の可塑性が起きやすい期間は報告によっても様々ですが、発症から約3ヶ月 (4)〜6ヶ月 (5)とされていることが多いです。 そのため、発症から6ヶ月経過している場合、医師から「6ヶ月経過しているので片麻痺は治りません」と心無い言葉を言われることがあると思います。 しかし、サルの研究 (6)では、難易度が優し過ぎずやや難しい課題を繰り返すなど、手をよく使うことで手の運動に関連した脳領域の拡大を認めています。 さらに、指の運動に関連した脳領域に人工的に脳梗塞をつくり、自然回復に任せたところ、5ヶ月後には指に関連する脳領域がほとんどなくなり、肩に関連する脳領域が大きくなったという報告 (7)があります。 しかし、サルにリハビリを実施し、つまむことが再びできるようになると、拡大していた肩に関連する脳領域が再び、指の脳領域に変化していたという報告 (8)もあります。 つまり、 片麻痺になった手足を使用したリハビリを行うほど、その部位に関連する脳領域が拡大する 可塑性(かそせい)を脳がもっていることを示しているのです。 (4)Cathy MS et al: Predicting and accelerating motor recovery after stroke. Current Opinion in Neurology. 2014;27(6)624-630. (5)Cinzia C et al: Functional Neuroimaging Studies of Motor Recovery After Stroke in Adults. Stroke 2003;34 (6)Plautz EJ et al: Effects of repetitive motor training on movement representations in adult squirrel monkeys: role of use versus learning. 2000;74 1 27-55. (7)Nudo RJ et al: Reorganization of movement representations in primary motor cortex following focal ischemic infarcts in adult squirrel monkeys. Journal of Neurophysiology. 1996;75(5)2144-2149. (8)Nudo RJ et al: Neural substrates for the effects of rehabilitative training on motor recovery after ischemic infarct. Science. 1996;272(5269)1791-1794. 脳科学からみたリハビリ 〜研究からみたリハビリ〜 脳の可塑性(かそせい)に関連した様々な研究をまとめた報告 (9)によると運動機能回復に 5つのポイントがあります。 1.触れる時や動かす時の感覚 2.運動イメージ・運動観察 3.正しい運動の反復 4.目標を持った練習 5.一人ひとりにあった難易度の設定 「1. 触れる時や動かす時の感覚」 麻痺側の手において 何かに触れる時の感覚や 動かしている時に感じる感覚を麻痺のない手と同様に感じ取ることが重要。 その背景には脳卒中患者の手の感覚に刺激を入れることで麻痺した手の運動機能に改善を示したという報告 (10),(11)もあるからです。 運動イメージ・運動観察」 実際にからだを動かさずに、ある動作をする時のからだに感じる感覚を想像する「 運動イメージ」や、ヒトが運動している場面をみる「 運動観察」をおこなうことが重要。 その背景には運動観察、運動イメージをしている時にはたらいている脳領域と実際の運動をしている時にはたらく脳領域の場所が似ていることが明らかにされています。 (12), (13)つまり、脳卒中によって手足を動かしにくくなっても、運動イメージやヒトの運動を観察することで手足の運動に関連する脳領域にはたらきかけることが出来るということです。 つまり、 触れる・動く感覚をわかった上で、 運動イメージや他者の 運動観察により、運動を担う脳領域をはたらかせた状態にしてから 正しい運動を反復していくことが重要。 目標を持った練習」 闇雲に手足を動かすといった練習をするのではなく、目標を持って練習することが大切である。 つまり、そのヒトが生活で必要とされる動作を 明確にして練習することが重要。 (14) 「5. 一人ひとりにあった難易度の設定」 そのヒトによって易しすぎず、難しすぎない動作の練習が大切である。 つまり、 少し頑張れば達成できる動作の練習を反復することが重要。 (14) (9)Sharma N et al: Recovery of Motor Function After Stroke. Dev Psychobiol. 2012;54(3)254—262. (10)Conforto, AB et al:Effects of somatosensory stimulation on motor function in chronic cortico-subcortical strokes. Journal of Neurology. 2007;254(3)333-339. (11)Pablo C et al: Somatosensory stimulation enhances the effects of training functional hand tasks in patients with chronic stroke. Arch phys med rehabil 2007;88(11)1369-1376 (12)Sharma N et al: Motor imagery after subcortical stroke: a functional magnetic resonance imaging study. Stroke. 2009;40(4)1315-1324. Journal of Novel Physiotherapies 2012 (14)Dean CM et al: Task-related training improves performance of seated reaching tasks after stroke. A randomized controlled trial. Stroke. 1997;28(4)722-728. まとめ リハビリにおける 機能回復訓練とは「闇雲に手足を動かす」、「動かす回数に意識を向ける」といった動だけに目を向けているのではありません。 その方の 目標や 練習の内容をできる限り具体的に明確に決めることから始まるのです。 病院ではリハビリ初日から「関節が固くならないように、動かしておきましょうね」と説明を受け、患者は何も疑問を持たずに麻痺側を動かされている方がほとんどです。 脳卒中により、麻痺側の関節が固くなるのは本当に動かさないことが原因なのでしょうか?骨折患者が長期間ギプス固定をした後に関節が固くなるのとは意味合いが違います。 ここでは詳細に述べませんが、神経生理学の知識があれば (15)闇雲に動かすとかえって固くなることも考えられるのです。 さらに、「 家に帰ってから何もできなければ困りますよ」とそれらしい理由を並べられ、非麻痺側を強化した代償動作での日常生活動作訓練を中心とする生活期に向けたリハビリが進められていくのです。 ふと気付いた時には退院です。 では一体、いつリハビリにおける 機能回復訓練をするのでしょうか? 脳卒中後の片麻痺は「 6ヶ月したら治らない」と言われることが多いですが、脳科学の視点からは6ヶ月を経過しても改善の可能性はあります。 といった点が習慣化するよう、日々過ごして下さい。 それが機能回復訓練になるのです。 リハビリにおける機能回復訓練をおこなうことで、片麻痺の改善を願う方の未来に少しでも光が差し込む事を切に願います。 (15)Nashner LM: Adapting Reflexes Controlling the Human Posture. Experimental Brain Research. 1976;26:59-72 【引用文献】 (1)和田 真一 他:リハ医療システムと今後 生活期リハ:昭和学士会誌. 特集:リハビリテーション医学の現状と展望 ,2014;74(4)384-388 【参考文献】 (2)Merzenich MM et al: Somatosensory cortical map changes following digit amputation in adult monkeys. Journal of Comparative Neurology. 1984; 224 4 591-605. (3)Liepert J et al: Changes of cortical motor area size during immobilization. Electroencephalogr Clin Neurophysiol. 1995;97 6 382-6. (4)Cathy MS et al: Predicting and accelerating motor recovery after stroke. Current Opinion in Neurology. 2014;27(6)624-630. (5)Cinzia C et al: Functional Neuroimaging Studies of Motor Recovery After Stroke in Adults. Stroke 2003;34 (6)Plautz EJ et al: Effects of repetitive motor training on movement representations in adult squirrel monkeys: role of use versus learning. 2000;74 1 27-55. (7)Nudo RJ et al: Reorganization of movement representations in primary motor cortex following focal ischemic infarcts in adult squirrel monkeys. Journal of Neurophysiology. 1996;75(5)2144-2149. (8)Nudo RJ et al: Neural substrates for the effects of rehabilitative training on motor recovery after ischemic infarct. Science. 1996;272(5269)1791-1794. (9)Sharma N et al: Recovery of Motor Function After Stroke. Dev Psychobiol. 2012;54(3)254—262. (10)Conforto, AB et al:Effects of somatosensory stimulation on motor function in chronic cortico-subcortical strokes. Journal of Neurology. 2007;254(3)333-339. (11)Pablo C et al: Somatosensory stimulation enhances the effects of training functional hand tasks in patients with chronic stroke. Arch phys med rehabil 2007;88(11)1369-1376 (12)Sharma N et al: Motor imagery after subcortical stroke: a functional magnetic resonance imaging study. Stroke. 2009;40(4)1315-1324. Journal of Novel Physiotherapies 2012 (14)Dean CM et al: Task-related training improves performance of seated reaching tasks after stroke. A randomized controlled trial. Stroke. 1997;28(4)722-728. (15)Nashner LM: Adapting Reflexes Controlling the Human Posture. Experimental Brain Research. 1976;26:59-72.

次の

【肌のバリア機能】回復・改善で絶対に必要なこと

機能回復

注意 Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 してください。 まとめ Microsoft excel では、Microsoft excel 2002 より前のバージョンの Excel に存在する自動保存アドインに代わる組み込みの自動回復機能が用意されました。 自動回復機能は、開いているすべての Excel ファイルのコピーを、ユーザーが定義可能な固定の間隔で保存します。 これらのファイルは、Excel が予期しない場合 電源障害時など に復元できます。 この記事には、自動回復機能の概要が記載されています。 詳細情報 自動回復の設定を構成する方法 Microsoft Office Excel 2007 および Excel 2010 自動回復機能を構成するコントロールは、[Excel のオプション] の [設定の 保存] にあります。 メモ 保存設定を開くには、excel 2007 または excel 2010 の [ファイル] メニューの [Microsoft Office] ボタンをクリックし、[excel の2007オプション] で [Excel のオプション] をクリックして [excel 2010] をクリックし、[ 保存] をクリックします。 自動回復の設定を構成するには、次の手順を実行します。 [ ブックの保存] で、[自動回復情報をすべて保存する] チェックボックスをオンにして自動回復機能を有効にします。 このボックスには、保存の間に発生する時間を分単位で設定します。 既定値は10分です。 [ 自動回復ファイルの場所] ボックスに、自動回復ファイルを保存する場所のパスとフォルダー名を入力してください。 既定の場所は次のとおりです。 入力した場所がローカル ハードドライブ上 またはネットワークドライブ上にあり、この場所が存在しない場合は、次のエラーメッセージが表示されます。 ディレクトリ パスにアクセスできません。 このメッセージの右下隅に、次の番号が表示されます。 100100• [ ファイルの場所を自動回復する] ボックスをオフにして新しい場所を入力しなかった場合、自動回復ファイルは、削除した場所に保存されたままになります。 これは、新しい場所を入力するまで行われます。 [ ファイルの場所の自動回復] ボックスは、新しい場所を入力するまで空のままになります。 自動回復機能は、個別のブックでオフにすることができます。 これを行うには、[ 自動回復の例外] ボックスの下にある [ このブックの自動回復を無効にする] チェックボックスをオンにします。 [ 自動回復の例外] ボックスで、ブック名が選択されていることを確認します。 Microsoft Office Excel 2003 および以前のバージョンの Excel 自動修復ダイアログボックスを構成するコントロールは、[オプション] ダイアログボックスの [保存] タブにあります。 メモ [オプション] ダイアログボックスを開くには、[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。 自動回復ダイアログボックスを構成するには、次の手順を実行します。 自動回復機能を有効にするには、[設定] の下にある [自動回復情報をすべて保存する] チェックボックスをオンにします。 このボックスには、保存の間に発生する時間を分単位で設定します。 既定値は10分です。 [ 自動回復ファイルの場所] ボックスに、自動回復ファイルを保存する場所のパスとフォルダー名を入力してください。 既定の場所は次のとおりです。 入力した場所がローカル ハードドライブ上 で、場所が存在しない場合は、次のエラーメッセージが表示されます。 ディレクトリ パスにアクセスできません。 入力した場所がネットワークドライブ上にある場合は、最初の自動回復が試行されるまで通知を受信しません。 次のエラーメッセージが表示されます。 Microsoft は、 パスに自動回復情報を保存できません。 ネットワーク接続を確認するか、[ツール]、[オプション] ダイアログボックスの [保存] タブで場所を変更してください。 [ ファイルの場所を自動回復する] ボックスをオフにして新しい場所を入力しなかった場合は、自動的にファイルを回復しても、削除した場所に保存されたままになります。 これは、新しい場所を入力するまで行われます。 [ ファイルの場所の自動回復] ボックスは、新しい場所を入力するまで空のままになります。 自動回復機能は、個別のブックでオフにすることができます。 これを行うには、[ ブックのオプション] の [自動回復を無効にする] チェックボックスをオンにします。 自動復旧イベントが発生した場合 Excel ファイルが開いていて自動回復が有効になっている場合は、ファイルが最初に変更されるまでファイルが保存されず、自動回復の保存時間が経過すると、しばらくの間、Excel がアイドル状態になります 既定値は30秒です。 自動回復によってファイルが保存されると、さらに変更が行われた場合にのみ、ファイルは保存された後の間隔で保存されます。 自動回復ファイルが削除された場合 自動回復の場所が不要なファイルと共にいっぱいになることを防ぐため、次の状況では自動回復ファイルが自動的に削除されます。 ファイルを手動で保存するとき。 このファイルは、[名前を付けて保存を使用して新しいファイル名で保存されます。 ファイルを閉じたとき。 Excel を終了するのには、ファイルの保存を選択したかどうかを指定します。 現在のブックの自動回復をオフにします。 自動回復機能をオフにするには、[ 自動回復情報を保存する間隔] チェックボックスをオフにします。 保存タイミングの自動回復 自動回復タイマーは、[オプション] ダイアログボックスの [保存] タブの [分] ボックスで設定した間隔で、変更された Excel ファイルをチェックします。 タイマーは、Excel の起動時に開始されます。 注意 Excel 2007 の場合、[分] ボックスは [Excel のオプション] ダイアログボックスの [ 保存] カテゴリにあります。 Excel 2010 では、[ファイル]、[オプション] の下の [保存] カテゴリに [分] ボックスがあります。 最初の保存間隔が経過すると、Excel は開いているファイルが変更されていないかどうかを確認します。 変更されたファイルが見つかった場合は、アイドルタイマーが開始します。 アイドルタイマーの目的は、保存操作の実行中に、ユーザーがワークシートに入力を行わないことを確認することです。 アイドルタイマーは、ユーザーがワークシートにエントリを作成するたびに再起動します。 このため、自動回復保存ファイルは、保存間隔が経過し、アイドル時間の間、エントリが何も行われない限り、作成されません。 既定のアイドル時間は30秒です。 既定のアイドル時間を変更するには、AutoRecoverDelay レジストリキーを使用します。 そのためには、以下の手順を実行します。 重要このセクション、メソッド、またはタスクには、レジストリの変更方法を説明する手順が含まれています。 ただし、レジストリを誤って変更すると、重大な問題が発生するおそれがあります。 そのため、以下の手順を慎重に実行してください。 保護を強化するため、レジストリを変更する前にレジストリをバックアップします。 こうしておけば、問題が発生した場合にレジストリを復元できます。 レジストリのバックアップと復元の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法• 実行中の Excel を終了します。 [スタート]、[ファイル名を指定して実行] の順にクリックし、[名前] ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。 実行している Excel のバージョンに応じて、次のいずれかのレジストリキーを見つけて選択します。 [編集] メニューの [新規] をクリックし、[DWORD 値] をクリックします。 新しい値として次の名前を入力します。 AutoRecoverDelay• Enter キーを押します。 AutoRecoverDelayレジストリキーを右クリックし、[変更] をクリックします。 これは、自動回復が保存を試行するまでの秒数です。 TTL: [1 hour] が選択されていることを確認します。 レジストリ エディターを終了します。 注意 プログラムでアクションを手動で実行した場合のみ、アイドルタイマーに影響します。 ファイルを自動的に更新する数式は、アイドルタイマーには影響しません。 Excel は、数式が自動更新されるまで、アイドル時間に達したときにファイルを保存します。 自動回復によって保存されるファイル形式 自動回復は、Excel で開くことができるすべてのファイル形式を保存します。 速度とシンプルさを維持するために、自動復元では、開いている元のファイル形式に関係なく、すべてのファイルが現在の Excel ファイル形式で保存されます。 Excel が予期せず閉じた後に、回復されたファイルを再度開いたときに保存しようとすると、元のファイル形式と名前が保存ファイルの種類として推奨されます。 Excel は、回復の目的で、元のファイル名とそれに関連する "xar" ファイル名をレジストリに格納します。 Excel の自動回復と複数のインスタンス 複数の Excel インスタンスが実行されていて、1つのインスタンスが予期せず終了すると、Excel の新しいインスタンスが自動的に起動し、自動修復ファイルが開かれます。 Excel のすべてのインスタンスが予期せず終了したが、コンピューターがまだ実行中の場合は、Excel のインスタンスが1つ開始され、すべての自動回復ファイルが開かれます。 停電の場合、Excel を再起動すると、すべての回復されたファイルが開かれます。 互換性 [ブックの自動回復を無効にする] オプションを除くすべての自動回復設定は、システムレジストリに格納されます。 自動回復の設定は、以前のバージョンの Excel のファイルと互換性がありますが、問題はありません。 [ブックの自動回復を無効にする] オプションが設定されており、以前のバージョンの Excel でファイルを開いて保存した後、新しいバージョンの Excel で再び開くと、[ブックの自動回復を無効にする] オプションは影響を受けません。 References Excel ファイルを保存するときのエラーのトラブルシューティング方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。 Excel ファイルを保存するときのエラーのトラブルシューティング方法 関連記事.

次の

介護施設の「機能回復訓練」ってどんなもの?

機能回復

【1】リハビリテーションとは別物!「機能回復訓練」って?• リハビリテーでションとの違いは?• 【2】機能回復訓練の目的は?どのようなことをするの?• 訓練の内容はさまざま• 機能回復訓練を担当するのはどんな人?• 機能回復訓練を受けるには?• 行政指導でも「デイサービスで提供されるサービスは、リハビリではなく機能訓練と表現してください」と指導されるのが一般的です。 病気などが原因で低下した機能を、本来の機能に近づけていくことを目指しています。 医師の指示を必要としないという点で、リハビリテーションとは大きく異なっています。 機能回復訓練の目的は?どのようなことをするの? 加齢や病気によって体力や筋力の低下が起こると、思うように日常生活を送れなくなるなど、生活の質の低下にもつながります。 機能回復訓練は、日常生活に必要な機能の維持または低下防止を目的に実施されます。 訓練の内容はさまざま 日常生活レベルの低下を目的に実施する機能回復訓練では、筋力訓練をはじめ、衣類の着脱や食事・排せつなどの日常生活動作訓練や、手芸・工芸、レクリエーションやマッサージなど、さまざまなことが行われます。 訓練を行うことで、転倒を予防する効果や病気による後遺症の改善、寝たきりによる廃用症候群などの予防などといった効果が期待できます。 いったいどのような訓練を行うのか、その内容について、いくつかご紹介していきましょう。 筋力訓練 加齢や病気によって、身体を動かすことが少なくなると、筋力の低下が起こります。 また、身体を動かさずにいると、骨への負荷もかからなくなることによって骨も弱くなるということにもつながります。 筋力が弱くなることで、寝たきりになったり、転んで骨折するといった問題が起こる可能性も高くなるため、筋力訓練を行うことが大切となります。 機能回復訓練では、個人の能力に合わせた筋力訓練を、担当者と、またはマシンを利用することで行っていきます。 日常生活動作(ADL)訓練 食事や衣服の着脱・排せつといった日常の身辺動作能力が低下している方に対して、日常生活動作が自立して行うことができることを目標に、身体機能の維持訓練を行っていきます。 レクリエーション レクリエーションでは、なじみのある音楽の合唱やゲームを行うところが多いようです。 日中の活動量が増えることで昼夜逆転を防ぎ、心肺機能や免疫力の向上といった効果はもちろん、周りと一緒に同じことを行うことで、対人関係や協調性を再構築していくことも期待できます。 手芸・工芸 手芸や工芸を行うことは、手指の運動にもつながります。 そのため、脳の動きを活性化して認知症を予防する効果があるとされています。 また、作品を作ることで達成感を得ることもできます。 体操・ストレッチ 体操やストレッチを行うことによって、関節の可動域を広げ、怪我をしない身体づくりが可能となります。 また、運動後にストレッチをすることで、筋肉痛を防ぐ効果もあるので、無理のない程度での体操やストレッチは重要となります。 機能回復訓練を担当するのはどんな人? 機能回復訓練は医師の指示を必要としないものですが、誰でも実施できるものではありません。 機能回復訓練を担当することができるのは、理学療法士や作業療法士・言語聴覚士といった専門のセラピストや看護師のほか、柔道整復師や按摩(あんま)マッサージ指圧師などの資格を取得している方とされています。 上記に挙げた資格を取得している場合、介護施設に配置が義務づけられている『機能回復訓練士』として働くことが可能となります。 理学療法士は筋力訓練や座る・立つ・歩くといった基本動作能力の訓練を、作業療法士は入浴や排せつ・衣服の着脱といった日常生活動作の訓練や手芸・工芸などを行うことで機能回復を図ります。 また、言語聴覚士は嚥下訓練を行うことで誤嚥性肺炎の予防や口腔ケアなどを、看護師はバイタルチェックによって健康状態を判断し、疾患別のリスク管理などを行います。 機能回復訓練士は、施設に最低1人以上の配置が義務付けられている職種です。 施設によっては、専門の資格を取得している方を複数名採用しているケースもあります。 その場合、それぞれの専門性を活かした活動をしているようです。 機能回復訓練を受けるには? 機能回復訓練を受けることができるのは• デイサービス• 特別養護老人ホーム• 有料老人ホーム• 介護老人福祉施設や介護老人保健施設などの介護保険施設• 地域密着型サービス事業 等となっています。 まだ利用している施設がない場合は、自治体や社会福祉協議会で相談することができるので、お近くの窓口を尋ねてみてくださいね。 機能を維持して、いきいきとした生活を 加齢や病気など、さまざまな理由によって身体機能の低下は起こるもの。 身体機能が低下した場合、活動量が低下して寝たきりになったり認知症になったり…と、さまざまな問題が起こります。 病院やデイサービス、介護保険施設などでは、機能回復訓練の専門家が、要介護者のニーズに合わせてプログラムを組み立て、無理のない範囲での訓練を行っています。 食事や衣類の着脱といった日常生活動作等も訓練することができるので、機能回復訓練を受けることで「自分の力でできること」を増やし、生活の質を高めていくことが期待できます。 身体機能を維持し、認知症を防止する効果が期待できる機能回復訓練。 自分らしく生活したいという方にオススメです。 施設を利用していない方の場合は、まず自治体や社会福祉協議会等で相談してみましょう。

次の