ほっけ レシピ。 レンチンで!身柔らかな焼ほっけ開き(明太風味)

おすすめレシピ365|北海道ぎょれん

ほっけ レシピ

ほっけに合うおかず7選 1. ほうれん草のおひたし ほっけは肉が多く、大きなお魚ですので他の肉、魚系のおかずはこれ以上不要なような気がします。 その為、野菜を他のおかずとして数点増やしていくことになるのですが、ほっけ自体の味がしっかりしている為、味の薄い淡白な野菜料理はあまり向いていません。 色が濃く、味つけもしっかりしたこのほうれん草のおひたしなら、ほっけにひけをとることなく満足のいく野菜料理となるでしょう。 ひじきの煮物 豆、こんにゃく、人参、鶏肉、お揚げなどの具をたっぷり入れたひじきの煮物。 おふくろの味の定番おかずです。 こちらも味つけをしっかりして調理しましょう。 色合いから見てもほっけと合いますのでテーブルを華やかにしてくれるでしょう。 余ったらお弁当のおかずにもなるのでとても便利な一品です。 おから 健康ブームで今まで捨てられていた食材であるおからが見直されてきていますね。 こちらもおふくろの味の定番おかず。 ほっけは単純に塩焼きしただけの素朴な料理です。 素材の味を生かすためにもこういう古臭いおかずがよく合います。 創作料理というものが流行っていますが、あまりごてごてにいじり倒した個人差のあるおかずよりも、昔から食べられてきているおかずがお勧めです。 エビやイカを入れた天ぷらを作ってしまうとほっけの魅力が半減します。 ここではこの長いものみの天ぷらをお勧めします。 衣も具もさくさくとして甘みがあり、ほっけのよきパートナーとなるでしょう。 豚肉の出汁が白菜にしみ込みとても美味しい煮物料理となります。 魚だけでなく、肉も少し欲しいかなと言う時はこのおかずをお勧めします。 白菜のはごたえと豚肉が満足感を与えてくれることでしょう。 ほっけは味がしっかりした魚ですので、味も色も濃い目の野菜料理でないと引きあいがとれません。 おくらは色もコク、味も独特の味があり、酢を加えることでさっぱり感を味あうことができるのです。 揚げ出し豆腐 かたくり粉をつけて揚げたお豆腐にだし汁をかけて頂く揚げ出し豆腐。 居酒屋料理の定番おかずですが、このあげだし豆腐、実はほっけとの相性も最高。 冷ややっこや湯豆腐ならほっけに勢いがありすぎて負けてしまいますが、揚げ出し豆腐ならちょうどうまくひきあってくれます。 ほっけに合う副菜・スープ3選 1. 豚汁 お魚だけじゃちょっと物足りない人にはこの豚汁が一番ですね。 ほっけはどちらかと言えば強みのあるお魚となります。 シンプルな味噌汁よりも豚のあぶらがきいた、具だくさんの味噌汁の方が喜ばれることでしょう。 大根おろし ほっけに必ずつけたい一品ですね。 さんま、さば、どんなお魚にも合う大根おろし。 食卓の中では脇役の存在ですが、なくてはならない一品です。 ポン酢かしょうゆをかけて食べると美味しくいただけます。 岩のり ごはんの友として長い間君臨してきた岩のり。 「ごはんですよ」等が有名ですが、ほっけとごはんを一緒に食べると、ちょっと塩辛いものがあればなと思う時があります。 明太子やいかの塩辛では辛すぎるので、ほんのり甘みのあるこの岩のりと一緒に食べると完璧な味となります。 ごはん3杯は軽くいけるでしょう。 ほっけのおすすめ献立メニュー 献立例1.

次の

北海道のほっけ|北海道のさかな|北海道ぎょれん

ほっけ レシピ

ほっけは春には餌を食べるために、秋には産卵のために沿岸に集まる習性があるため、北海道の沿岸では5月~7月と11月に多く漁獲されています。 ほっけは漢字で「魚偏に花」と書くだけあって、北海道に桜が咲き始める頃があぶらののりが良くなる目安。 5月から7月にかけて漁獲されるほっけが、あぶらののった最高の開きほっけになるわけです。 生のほっけが手に入る方は、塩焼きやフライ、チャンチャン焼きでも美味しくいただけますよ。 ほっけの産地として有名な、羅臼・礼文・積丹などの地域では、この時期に鮮度の良いほっけを水揚げするために、日網漁(夜に刺網を仕掛け、早朝に網揚げる漁法:網を仕掛ける時間が短く、大漁に漁獲することはできませんが、生きたままほっけを水揚することができます。 )に取り組み、鮮度の良いほっけを出荷しています。 北海道で開きといえば「ほっけ」が最も馴染みの魚ですが、ホッケが開きとして販売されるようになったのは、昭和50年代に入ってのことです。 それまでは、「しょっぱい」塩ほっけが戦後の食糧難を支える食材として、特に東北地方を中心に出荷されていました。 ほっけの産地で有名な礼文島ですら、当時は、開きほっけにはせずに、塩焼きやすり身で食べられていたそうです。 北海道が、にしん漁で賑わっていた頃には、にしんの卵を食い荒らす「悪者」と扱われていたといいますから、「開き」魚としての食べ方が定着してから、全国に名を知られるようになったの新顔の魚といえるかも知れません。 ほっけは鮮度落ちが早く、生のほっけが食べられるのは、北海道などの産地に限られ、多くは「開き」として店頭で販売されています。 フライや煮付け、すり身などでも美味しく食べられる魚ですから、チャンスを見つけては是非、ほっけ料理に挑戦してみて下さい。 エネルギー (Kcal) 一般成分 水分(g) タンパク質 (g) 脂質(g) 炭水化物 (g) 灰分(g) ほっけ(開き干し) 142 71. 9 18. 2 6. 9 0. 1 2. 9 まあじ(開き干し) 168 68. 4 20. 2 8. 8 0. 1 2. 5 まいわし(丸干し) 193 54. 6 32. 8 5. 5 0. 7 6. 4 めざし 257 59. 0 18. 2 18. 9 0. 5 3. 4 干しかれい 117 74. 6 20. 2 3. 4 0. 0 1. 8 さば(開き干し) 348 50. 1 18. 7 28. 5 0. 2 2. 5 にしん(開き干し) 264 59. 8 18. 5 19. 7 0. 2 1. 8 「五訂日本食品標準成分表」より•

次の

北海道のほっけ|北海道のさかな|北海道ぎょれん

ほっけ レシピ

スポンサードリンク 開かれて干物になったほっけは、脂が乗っていて美味しいですよね。 身に厚みがあり柔らかく、ご飯のおかずにもぴったりです。 我が家でもほっけの開きを良く食べるのですが、赤ちゃんが離乳食を始めた時にふと疑問に感じたことがありました。 赤ちゃんには何歳からほっけを食べさせてもいいの?• アレルギーの心配は?• どんなことに気をつけたらいいの?• ほっけを使った簡単な離乳食レシピを知りたい! 和食が中心の我が家では、魚料理がたびたび登場します。 我が子も離乳食が進み、食べられる食材が増えると、料理する過程でちょっとした疑問も増えてきますよね。 安心してほっけを赤ちゃんに食べさせてあげられるように、正しい知識を身につけましょう。 赤ちゃんはほっけをいつから食べても大丈夫? ほっけは白身魚の一種です。 白身魚は離乳食初期の5~6か月頃から食べさせてあげることができますが、ほっけの開きは1歳以降から少しずつ食べることができます。 理想的なのは1歳半以降の離乳食が完了してからです。 なぜほっけは1歳以降? 白身魚は5か月頃から与えてもいいのに、なぜほっけの開きは1歳以降でないと食べさせてはいけないのでしょう。 その理由は次のとおりです。 干物は塩分が多い• 脂が多い 離乳食を作った経験がある人はわかるかもしれませんが、赤ちゃんが食べるものに塩分を加えることはほとんどありません。 しかしほっけを含む干物は、日持ちさせるために塩がたくさん使われています。 離乳食期の赤ちゃんには、ホッケに含まれる塩分は多すぎるというわけです。 また、ほっけは脂がのっていることも魅力のひとつです。 しかしこれも赤ちゃんにはほとんど必要ありません。 脂分が多いと消化に時間がかかり、赤ちゃんの体の負担となってしまいます。 ほっけにアレルギーの心配は? ほっけは白身魚のため、アレルギーが出るリスクはかなり低いとされています。 消費者庁が発表した資料にも、ほっけはアレルギー表示食品の27品目には含まれていません。 (参照:) しかしどんな食材にも言えることですが、アレルギーが絶対にでないとは限りません。 ほっけを食べてアレルギー症状が出ることも、もちろん考えられます。 ほっけを食べたあとに次のような症状があらわれたら、かかりつけの小児科に相談してみてください。 口の周りが赤くなる• 口の中や喉が腫れている• 目の充血• じんましんなどの発疹• おう吐• 下痢 初めてほっけを食べさせたあとは、体調に変化がないか1時間ほど様子を見ると安心です。 また、医療機関が開いている平日の午前中に与えるといいでしょう。 ここでは3つのポイントを紹介しますので、参考にしてみてくださいね。 1.ほっけは塩抜きをしたものを食べさせよう ほっけの開きには塩分が多く含まれています。 赤ちゃんに与える場合は、しっかりと塩抜きをしたものを与えることが大切です。 塩抜きの方法は次のとおりです。 焼いたほっけの身をほぐす• 熱湯に5分ほど浸しておく• ざるに上げて水気をよく切る 1歳半を過ぎるまでは、必ず熱湯に浸して塩抜きをしたものを与えるようにしましょう。 1歳半を過ぎても、熱湯を上から回しかける方法で塩抜きをしてから与えたほうが安心です。 2.ほっけの皮と骨はしっかり取り除こう ほっけは皮が厚く、骨も大きいため、身だけをほぐすのは比較的簡単です。 しかし背骨が触れていた部分には、小骨が隠れています。 しっかり身をほぐして、細かい骨まで逃さないように取り除くようにしましょう。 大人では気にならない程度の小骨でも、歯茎ですりつぶして食べる赤ちゃんにとっては、大きな違和感となってしまいます。 のどに刺さってしまう心配もあるので、注意深く取り除くことが大切です。 3.生のほっけは生後7か月頃から ほっけは白身魚ですから、生のほっけであれば、生後7か月頃から与えることができます。 ほかの魚と同様の調理法で、赤ちゃんに食べさせてあげてくださいね。 とはいえ、生のほっけってあまりスーパーでは見かけませんよね。 その理由は、ほっけは脂が多く傷みやすいからです。 ほっけが多く獲れる北海道などでは、旬の時期になると生のほっけがよく販売されています。 フライや煮付けにして食べることが多く、ほかの白身魚と同じような調理法で食べられています。 しかし、生のほっけを使用するときには食中毒菌やアニサキスなどが潜んでいる可能性がありますから、きちんと中まで火を通すようにしましょう。 赤ちゃんが一歳を過ぎたらぜひ食べさせてあげてくださいね。 2.ほっけのほぐし身を熱湯に入れ、塩抜きをします。 3.ゆでた青菜は食べやすいように細かく刻んでおきましょう。 4.軟飯にほっけと青菜を加えて軽く混ぜ、ラップをかけてレンジで20秒ほど加熱してから2~3分蒸らします。 5.軽くひと混ぜしたら完成です。 2.大根は食べやすい大きさに切り、柔らかくなるまで下ゆでしておきましょう。 3.鍋にほっけを入れ、ひたひたになるまでだし汁を入れます。 4.ほっけに火が通ったら大根を加えてひと煮立ちさせ、火を止めたら15分ほど冷まします。 5.ほっけと大根だけをお皿に盛りつけましょう。 ほっけの開きは、乳児期まではNG! ご飯のおかずにもなり、和食には欠かせない食材のひとつであるほっけですが、塩分が強く赤ちゃんの離乳食としては向きません。 赤ちゃんにほっけを与えるときには、• 早くても1歳を過ぎてから• しっかり塩抜きをしたものを与える• 生のほっけならOK この3点に注意したうえで与えるようにしましょう。 我が家ではほっけの開きをそのまま食べさせるようになったのは2歳を過ぎてからでした。 しっかり塩抜きをした上で少量をご飯に混ぜたり煮物にしたり、なるべく塩分が残らないような調理法を心がけました。 赤ちゃんが大人と同じようなメニューを食べられるようになると、食事もより一層楽しくなりますよね。 赤ちゃんのペースに合わせながら、新しい食材にどんどんチャレンジしてみてくださいね。

次の