五 等 分 の 花嫁 みく エロ。 五等分の花嫁展

【五等分の花嫁】三玖(みく)の花嫁候補「脱落」は確定!?【ネタバレ考察】

五 等 分 の 花嫁 みく エロ

先週から続いたちゃんデート回。 今までスポットライトを浴びることが少なかったこともあり、とてつもない期待を抱いていたちゃん回でしたが、 想定のはるか上を行くストーリーを見せつけられました。 なんなの... このおもしろさは...。 (困惑) それこそ、明日発売の4巻に収録されている林間学校編なんて神回の連続で、この作品はこれまでも ずっと最高値のおもしろさを叩きだしてきたわけですが、それを踏まえても今週の話は本当に凄かったのですよ...。 個人的に大好きな、三玖が一花さんへ想いを打ち明ける31話の神エピソードを凌駕するインパルスを味わいました。 やっぱり、春場先生は天才ですわ! <関連記事>• ドキドキの試着室! しゅらばー 前回、ちゃんとのショッピング中、偶然にも遊びの誘いを断った一花さんと三玖に遭遇してしまったフータロー。 要するに、 完全に修羅場というわけです。 いいね!いいね!序盤からクライマックスですね! 咄嗟の機転で試着室に隠れるもこれが完全に。 曰く、「試着室 次使わせてね」である。 二乃が欲しがってたルームウェアのサイズを代わりに測りたいんですって。 妹思いの優しいお姉ちゃんじゃないですか。 アカン.... 詰んだな...。 だがしかし。 ここから、あまりにも芸術的な切り返しが待っていました。 ドキドキの試着室 ちゃんが代わりに試着すればいいのだ! スゲーよ、春場先生。 ホント天才だよ...。 ちゃんが代わりに試着するって、... ! 今までにも主人公とヒロインが密室に閉じ込められるイベントは数々のラで見てきましたが、これほどニヤニヤさせられるシチュエーションがかつてあっただろうか。 いや、ない!(断言) 外には一花さんと三玖、中にはフータローですよ。 バレたらヤバいし、バレなくてもヤバいって、そんなん最高すぎるじゃろうて。 同じサイズの五つ子だからこそ、自然と生み出せる究極の展開と言えるでしょう。 しかも・・・。 赤面のちゃん 赤面してるちゃんがかわいすぎる! 普段は天真爛漫としているちゃんが恥じらって赤面している姿の破壊力ときたら凄まじいものがありました。 ちゃん is so cute!もはや、目を閉じて微動だにしないフータローに尊敬を覚えるレベルでしたね。 もちろんそれがフータローの美点ですし、ヒロインたちがフータローを信頼している一因でもあるんですけど。 でも、こんなドキドキな展開、見てるこっちが小っ恥ずかしくなってくるじゃないですか.....。 あぁ、やっぱりちゃんはかわいすぎる...。 喋るたびに状況が悪くなっていく ド天然っぷりもおかわいいし、「私だって女の子なんですからね!」とドキドキしてる 乙女っぷりもおかわいいしで、今回のデート回は完全にちゃんかわいい欲張りセットでした。 でも、三玖はともかく一花さんにはバレてたような気がしなくもない...。 (それもまた後々、熱い展開になるのかもしれませんが...。 ) ちゃんとフータローの笑顔 ちゃんの笑顔 ちゃんが天使すぎる・・・。 そして、 なんと言っても今回のキモは ちゃんの笑顔にあるでしょう。 デートの締めに訪れたちゃんが好きな公園。 そこで 初めて心からの笑顔を見せる2人。 これが良かった...。 GWが終わってマッハでになりそうでしたけど、完全に魂浄化されちゃいましたよね。 むしろ、 病にかかりそうです!はぅー、かぁいいすぎるよー!(心の叫び声) やはり、ちゃんは5姉妹の中でも随一にフータローと相性が良い女の子なんじゃなかろうか。 自然体のままで良い空気感を作れるというか、むしろ ありのままだからこそ通じ合える関係というか。 たとえば今回、三玖と一花さんがフータローに似合う帽子を探している描写があって、もちろん「フータローどっちが似合うかな」と帽子選びをする三玖のかわいさはビックバン級でしたが、でも真に 大切なのは「物」ではなかったわけです。 ちゃんが欲しかったもの それは、 今回のちゃんを見ても顕著でした。 フータローが欲しいものを聞いてもちゃん自身はなにも望まなかった。 なぜか?彼女が真に欲しいものは贈り物ではなく、 フータローの笑顔であり、2人で楽しく過ごせた今日という日の思い出であり、 「みんな」で過ごす時間だったからですよね。 一方のフータローもまた、今回のデートで「レストラン」「スパ」「映画」「ショッピング」と色々な場所を回ってきたけれど、そのどこを巡っても 笑顔を浮かべることはなかったわけじゃないですか。 それどころか 「あいつが楽しそうならいいか」とまで言っていました。 2人ともが自分ではなくお互いを楽しませようとしていた、それゆえに本当に望むものが得られなかった、というのが今回のデートの構図でした。 フータローの笑顔 でも、ちゃんイチオシの公園では 自然と2人は笑顔になれた。 最初から、絵に描いたようなおしゃれなデートスポットなんか必要なかったわけですよ。 しかも、今回唯一の贈り物である「問題集」もまた趣深くて、ちゃんが受け取った問題集はいわば初デート記念日の思い出の品であって、 物自体に意味があるわけではないんですよね。 大切なのは、 そこに詰まったメなわけです。 2人が今日一緒の時間を過ごしたことそのものが大切で、フータロー謹製の「問題集」はそれを象徴するもの。 それは、どんなものよりもフータローらしいものです。 その事実は2人の笑顔がなによりも雄弁に物語っていますし、今回のテーマもきっとそこにあった。 そう思うと、色々考えさせられるものがあるなと。 お手本 加えて、公園における2人のやり取りの中で、ちゃんが 「私がお手本を見せるんで」と言っていたのも注目ポイントでしょうか。 写真の子を連想させる発言としては、極めて直接的な描写ですからね。 さながら、 子供の頃に戻ったかのようにブランコで遊ぶ2人の姿も、「五年前」という要素を踏まえると、めちゃくちゃメタファー利きまくってる気がします。 ホント、ストーリーメイキング上手すぎて胸が熱くなりますわ...。 ちゃんの部屋が描かれたわけだが・・・ ちゃんの部屋 で、最後に気になったのが今回作中で初めて描かれた ちゃんの部屋。 観葉植物に囲まれた個性的な部屋ではあるものの、この植物たちは... まぁ、ちゃんの趣味であって、あまり特別な意味はなさそうです。 名前の印象どおりかなってくらい。 ただ、 机の上にある「写真立て」は見過ごせないな!なんと言っても、ちゃんといえば、「写真の子」筆頭候補。 だいぶ 意味ありげなものを感じずにはいられません。 で、この写真立てに飾られている写真はなんなのか。 考えられる線としては・・・。 ハッキリと描かれていない以上、必ずしも5年前のフータローとの写真... とは断定出来ません。 しかし!この作品ではやっぱり 「写真」は超重要なアイテムだかんね。 今まで描かれなかったちゃんの部屋を、わざわざ2人のデート回を描いたこのタイミングで描いて、なおかつ意図して 「写真立て」の描写を持ってきてるってワケさ。 そりゃこれだけ条件が揃ってればねぇ... この写真は、 「時を越えた、2人のメ」なんじゃないの!?って思っちゃうじゃないですか!少なくともそういう余地を残した描写だと僕は思うな。 夢は無限大ですよ! 要するに、なにが言いたいかというと・・・。

次の

【五等分の花嫁】 未来の嫁は一体誰???5人のうちから上杉の花嫁を推測

五 等 分 の 花嫁 みく エロ

『五等分の花嫁』あらすじ 高校2年生の上杉風太郎は、「焼き肉定食 焼肉抜き」で食いつなぐほどの超がつくド貧乏。 破格の給料で家庭教師のアルバイトを引き受けた彼の目の前に、同じ顔、同じ体型の5人の美少女転校生、一花、二乃、三玖、四葉、五月が現れます。 一卵性の五つ子である彼女たちは、同じ見た目に反して一人一人が強い個性を持ったクセ者で、全員が勉強嫌いの赤点候補。 以前の学校を落第しかけたために、風太郎の学校に転校してきたのでした。 さまざまな困難を乗り越え、風太郎が誰とゴールインするのかが見どころです。 あなたの推しは何番目? 『五等分の花嫁』 主要人物紹介 「美少女がかわいいハーレム漫画」といえばそれまでですが、では本作はなぜこんなにも面白いのか? それは、五つ子たちが全員異なる個性を持ち、あの手この手で風太郎と読者の心をかき乱すから。 それぞれの魅力が全力で描かれ、誰が花嫁になってもおかしくないのが面白さの一因です。 あとかわいいから。 そこで、まずは五つ子を中心に、中心人物をチェックしていきましょう。 〈その他の主要キャラ〉 上杉風太郎 この物語の主人公。 全教科100点満点を取るほど頭脳明晰。 しかし、デリカシーがなく、女心がわからないなど、人格に多数問題アリ。 照れたり困ったりすると前髪を触る癖があります。 上杉らいは 純粋無垢な風太郎の妹。 能天気な父親に代わり、上杉家の家事を担当するしっかり者。 風太郎だけでなく、五つ子からも溺愛されています。 零奈 五年前、まだ金髪だった風太郎が京都で出会った美少女で、風太郎の初恋の相手。 その正体は……。 5人のうち誰が風太郎と結婚するのかは、読者全員が気になるところでしょう。 しかし、巻ごとに各キャラと風太郎の接近度には変動が起きており、誰が最有力候補かはなかなか言い切れません(春場先生の匠の技…!)。 そこで、現在発売されている11巻までを巻ごとに分析し、五つ子と風太郎の接近度を5段階で勝手に評価。 風太郎との接触の多さ、風太郎への接し方を中心に、最も接近度が高い場合を五つ星ならぬ五つハートで示します。 しかし、学食で風太郎ともめた後は一貫して塩対応を貫きます。 比較的リベラルなのは一花ですが、ミステリアスで大人のお姉さん的な雰囲気(と部屋の汚さ)に風太郎の反応はイマイチ。 四葉はその純粋さで親しげに風太郎に近づきますが、ただの優しさ以上の感情は読み取れません。 そんな中、戦国武将好きをきっかけに素直になり、いち早く風太郎に懐いた三玖は……。 ということで、三玖が一歩リードです。 本作でもそのセオリーに則り、5人それぞれが活躍する名場面が目白押しです。 二乃の家族想いな一面が発覚する第6話。 おんぶや手繋ぎなど、風太郎と三玖の無自覚のいちゃつきが見られる第9話。 一花の秘密が明かされる第11話。 そして、四葉がお人好しの殻を破った第13話。 どれも各キャラをより好きになれるいい話ばかりです。 そんなわけで今回のハイライトは、あえて全員が揃ったこのシーンをセレクト。 美少女の浴衣って最高だよね。 一方、一花の応援を受けて三玖は積極性を見せていきます。 そんな一花も、風太郎の優しさに触れ、徐々に自分の想いに気づき始めます。 このもだもだした感じがハーレムラブコメの醍醐味ですよね! しかし、実はこっそりと五月も風太郎との距離を縮めているのです。 素直になれない五月が三玖のふりをして風太郎と勉強するシーンでは……。 三玖が一花に宣戦布告をするシーンは非常に印象的。 レストラン、スパ、買い物……と、こういうベタなデート回は正直たまらんの一言です。 天真爛漫なため、ほかの4人に比べてあまり色気を感じさせない四葉ですが、その分素朴な公園デートで風太郎の全力の笑顔を引き出すことに成功しました。 長い髪をバッサリと切り、マンションに帰ることに。 以降、デレ多めのツンデレキャラとして、5人の日常が元に戻ることに。 ようやく5人全員から信頼を得るという展開上、五つ子と風太郎との接触度は全体的に穏やか。 比較的バランスが取れた状態です。 暮らしを支えるために女優業に邁進する一花、味オンチながらバレンタインのチョコレート作りに励む三玖、さらには四葉のほっぺチューなど、名シーンが多すぎて正直迷います。 が、ここにきて震えるほどのデレを見せつけた二乃に乾杯! 気を許したのは第6巻と遅まきながら、誰よりも思い切りのいいこの告白ぶり……恐ろしい子。 温泉旅行や、難易度の高い五つ子見分けゲームを通じて、五人への関わり方にも変化が生じます。 恋の戦いは相変わらず一花、二乃、三玖を中心に展開。 そのかたわら、天然すぎて何を考えているかわからない四葉と、風太郎をまだ友達としてしか見られない様子の五月にどんな変化があるかワクワクします。 臆病な乙女心が、恋のバトルをかき乱します。 また、9巻で意味深なのが、風太郎とともにクラスの委員長となった四葉の言動。 接点が増え、風太郎の優しさに頬を赤らめる一方で、付き合っているのかと問われればバッサリと否定。 風太郎が誰を好きになっても全力で応援するという四葉……一体、何を考えているのでしょうか!? また、零奈のことを思い出させるため、五月も積極的に風太郎に接近。 徹底的にサポートに回る四葉を残し、ラブバトルはヒートアップしていきます。 一花はまたもや三玖になりすまして姉妹を出し抜こうとしますが、結果として三玖を応援することに。 ほかの4人に陰で支えられた三玖は……。 姉妹の中では最も子供っぽいとされ、風太郎と誰が一緒になっても応援すると言うほどお人好しな四葉の独白に、誰もがキュンとしたことでしょう。 ここにきて風向きが変わってきましたね! ワクワク。 学園祭の出し物が男子+二乃の支持するたこ焼きと、三玖が提案し女子が支持するパンケーキに分裂してしまった風太郎のクラス。 三玖と風太郎の水族館デートや二乃のステージでの(四葉に代わっての)大活躍も気になるのですが、なんといっても学園祭最終日が姉妹ごとのルートに分かれており、本気で誰とくっつくかわからなくなってくるところが…。 もはや選挙の最後のお願い状態。 12巻の後半は一花と二乃のターン。 お忍びでやってきて夜のベンチで…という一花ルート、バイク二人乗りシチュにときめきつつも家族を思う気持ちがあたたかい二乃ルート、どちらも最高でしかありません。 もはやハートの数がキャラごとに差別化できなくなってきています。 過去編で風太郎と一緒に修学旅行に行った竹林さんの再登場など意外な展開もありつつ五つ子全員が本気を出し始める、恐ろしい巻です。 クラスを二分してしまったたこ焼きvsパンケーキの闘いに決着をつけようと頑張る三玖ルート、あくまで自分自身のままで風太郎と向き合おうと決意するも無理がたたって倒れてしまう四葉ルート、さらに五月ルートでは五つ子の出生の秘密が意外なかたちで明かされ、そして五月ルートでは、誰よりも母の面影にとらわれて苦しんでいた五月の気持ちが少し和らぎます。 学園祭を5人そろって楽しんだ後、風太郎はついに本当の意味でひとりを選ぶことになります。 そのひとりとは…!? 風太郎が最終的に誰かひとりを選ぶ巻ではありますが、夢に向かって頑張る気持ちが見えたり、家族を気遣ったりする姿が尊すぎて読後「五つ子最高…!」という気持ちしかなくなります。 もはや接近度の計測は無意味なので、全員接近度最高にしておきました。 察してください…! 今までの五つ子それぞれの接近度をまとめたグラフがこちらです。

次の

五等分の花嫁のアニメの作画がひどい!作画崩壊シーン・画像まとめ

五 等 分 の 花嫁 みく エロ

詳しい考察については、別記事をチェックしてみて下さい。 一花も左耳にピアスを付けているコマがある。 二乃は、左耳にピアスの穴を開けてもらおうとしていた。 「花嫁衣装を着るまでにあければいいわ」と言っている。 二乃は「フータロー」と呼んだことがある。 二乃は風太郎 金太郎 とのやりとりの中で、ミサンガのエピソードがある。 積極的すぎる点。 2019. 2019. 2019. 14 『五等分の花嫁』より、零奈 れな の正体は誰なのか?何人いるのか?という点について、シーン別に考察をした上で投票画面を6個設置しています。 目次 1. […]• 2020. 17 企画展「五等分の花嫁展 REVIVAL」を、新潟市マンガ・アニメ情報館で開催! 「五等分の花嫁展 REVIVAL」新潟会場のチケット・特典情報などの開[…]• 2019. 28 『五等分の花嫁』の零奈 れな は中野五月 なかのいつき なのか、「公園ボート零奈」と「買い物零奈」は同一人物なのか、協力者の有無などについて考察してい[…]• 2019. 09 アニメ『五等分の花嫁』のキャラソン歌詞&タイトルの意味を考察しています。 また、作詞・作曲・編曲者、キャラクターソング・ミニアルバムCD収録曲、発売日[…]• 2019. 18 アニメ『五等分の花嫁』より、アニメ公式ツイッターフォロワー55555人突破記念として、場面写スタンプが登場しました。 一体どんなイラスト付きスタンプが[…].

次の