スティーヴン スピルバーグ。 スティーヴン・スピルバーグ監督 映画一覧

スティーヴン・スピルバーグ監督 映画一覧

スティーヴン スピルバーグ

アーネスト・クラインによる小説『ゲームウォーズ』の映画化。 VR 仮想現実 の『宝島』のような物語で、80年代90年代の映画やゲーム等のポップカルチャー 例えば『ジュラシックパーク』や『AKIRA』や『けろけろけろっぴ』! のキャラクターやアイテムが総登場! "ボンクラ"にとっては夢のような映画であることに間違いはなく、実際スピルバーグは最高に僕らをアゲてくれる! 但し、スピルバーグ自身は初期から一貫してそのような"ボンクラ"感には一定の距離を置く"現実側の人"。 この不思議なバランス感こそ作家スピルバーグの面白さだ。 これからも俺はスピルバーグで行く!! intoxicate C 高野直人 タワーレコード (vol. 135(2018年8月20日発行号)掲載) あらすじ 西暦2045年、カオスと荒廃に沈む世界で、人々は"オアシス"に救いを求めた。 それはエキセントリックな天才ジェームズ・ハリデーが創造した、夢のようなVR<バーチャル・リアリティ>ワールドだった。 ハリデーの死後、その莫大な財産は"オアシス"内に隠されたデジタルのイースター・エッグを最初に見つけた者に与えられることに。 そこで宝探しに参加したのが、およそヒーローには程遠い若者ウェイド・ワッツ。 そんな彼を待ち構えていたのは、猛スピードで繰り広げられる、謎と発見と危険に満ちた冒険の連続だった。 メイン• 監督 : 監督、製作• 主演 : その他• 脚本 : 原作、脚本 、• 撮影 :• 美術 : プロダクションデザイン• 衣装 : 衣装デザイン• 音楽[映画制作用] :• 出演 : 、 、 、 、 、 、 、 、• 声の出演 : 日本語吹替版 、 日本語吹替版 、 日本語吹替版 、 日本語吹替版 、 日本語吹替版 、 日本語吹替版 、 日本語吹替版 、 日本語吹替版 、 日本語吹替版 、 日本語吹替版 、 日本語吹替版 、 日本語吹替版 制作国:アメリカ 制作年:2018年 公開年:2018年 収録内容.

次の

スティーヴン・スピルバーグ&トム・ハンクスが5回目のタッグ! 「ペンタゴン文書事件」を映画化

スティーヴン スピルバーグ

スティーヴン・スピルバーグ監督と俳優のトム・ハンクス、さらに女優のメリル・ストリープという豪華メンバーが集結し、「ペンタゴン文書」と呼ばれた米政府の極秘報告書をめぐる事件を描く新作映画「The Post 原題 」を製作することが分かった。 「ハドソン川の奇跡」などで知られるハンクスが米Washington Post紙の編集者ベン・ブラッドリーを、ストリープが同紙の発行人ケイ・グラハムを演じる同作は、1945年から1967年までアメリカによるベトナムへの軍事的ならびに政治的な関与を詳細に記録した極秘文書を、ブラッドリーとグラハムが1971年に掲載するまでの奮闘を描く。 スピルバーグ監督はプロデューサーとしても関わる。 撮影開始の時期は不明だが、米エンターテイメント情報サイト「Deadline」によると、次回作「The Kidnapping of Edgardo Mortara 原題 」の前にスタートするという。 当初はベトナムへの軍事作戦を支持していた軍事アナリストのダニエル・エルズバーグは、戦争が続くうちに反対するようになり、「ペンタゴン文書」と呼ばれた機密報告書を極秘でコピーして米The New York Times紙の編集者に渡した。 文書はやがて同紙やWashington Postを含む複数の新聞に掲載された。 政府関係者は編集者らが内容を掲載するのを防ぐために訴訟を起こし、連邦最高裁まで闘って勝利した。 エルズバーグは共謀、スパイ行為、国有財産の窃盗などで起訴されたが、裁判はその後却下された。 「The Post」はスピルバーグ監督にとってトムとタッグを組む5本目の作品となる。 2人はこれまでに「プライベート・ライアン」、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」、「ターミナル」、「ブリッジ・オブ・スパイ」で一緒に仕事をしてきた。 またスピルバーグ監督は「A. 」にストリープを起用したほか、彼女は監督が製作総指揮を務めたNetflix配信のドキュメンタリー「Five Came Back」にナレーターとして参加している。 スピルバーグ監督は「プライベート・ライアン」や「ブリッジ・オブ・スパイ」、「リンカーン」など、政治や軍事をテーマとした作品を長く手がけてきた。

次の

スティーヴン・スピルバーグ&トム・ハンクスが5回目のタッグ! 「ペンタゴン文書事件」を映画化

スティーヴン スピルバーグ

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で映画を学び、ユニバーサルと契約。 72年、TV映画「激突!」で注目され、以後「ジョーズ」(75)、「未知との遭遇」(77)、「レイダース 失われたアーク」(81)、「E. 」(82)など発表する作品が次々と記録破りの大ヒットとなり、ハリウッド随一のヒットメーカーとなる。 93年には「ジュラシック・パーク」が自身最高の世界興行収入を記録し、さらに「シンドラーのリスト」で念願のアカデミー作品賞と監督賞を受賞。 名実ともにハリウッドのトップに立つ。 以降も94年に映画スタジオ、ドリームワークスSKGを設立するなど映画業界をリード。 「プライベート・ライアン」(98)では2度目のアカデミー監督賞を受賞した。 監督業だけでなく、「メン・イン・ブラック」シリーズ(97~12)や「トランスフォーマー」シリーズ(07~)など人気ヒット作の製作総指揮も数多く務める。 「ミュンヘン」(05)、「リンカーン」(12)でもアカデミー監督賞にノミネートされた。 1947年生まれの説もあり。 関連作品(映画)• - 2020年12月公開予定• 0 2020年公開• 0 2019年公開• 7 2019年公開• 5 2019年公開• 5 2018年公開 関連作品(海外ドラマ)• 0 受賞歴.

次の