関白失脚 歌詞。 関白宣言と関白失脚-歌詞(ベスト)乐评

さだまさし 関白失脚 歌詞

関白失脚 歌詞

関白宣言というさだまさしさんの歌がありますが、私はあの歌詞に何も共感しません。 でも実際ヒットしてるし 皆さんに愛されている歌なんだなというのはよくわかりました。 、それでいいと思うんですが、年齢関係なく 感想をみてるとあの歌に関して、優しさが溢れてると皆さんいいます。 勝手なことばかり言ってるけど 出来る限りでいいからというのを 優しさと愛に溢れてるといいます。 ささやかな優しさぐらいにしか思えないです 私も30代後半で40目前ですから、子供の時からこういう大人たちを見てきたし、同年代にもこういう男性がいたし、この歌に出てくる旦那さんもこの時代では優しい旦那さんだなというのもわかります。 ただ、愛に溢れてるとは思えません。 勝手な事ばかりがあるから できる限りでいいからという言葉が凄く優しいように思えるだけでただのギャップだと。。。 日本の様々な事柄でそういうギャップを過大評価する事が多いです 批判されそうですが、好き嫌いの好みとは別で、愛に溢れてる 優しさに溢れてると口を揃えて皆さんおっしゃるので 疑問でした。 皆さんもこの歌を愛や優しさに溢れてる思いますか? こんにちは。 一さだまさしファンとして聞いて下さい。 関白宣言はかれこれ30年以上前に出された曲です。 当時は女性蔑視だとか、軟弱だとか様々な批判もありました。 「俺は浮気はしない 多分しないと思う しないんじゃないかな まちょっと覚悟はしておけ・・・」というフレーズがあります。 質問者さんはこの辺りが、優しさが感じられないとおっしゃってるのかも知れませんね。 私はさださんではないので、歌の本質は知りませんが 恐らくこの歌は、夫が妻に対して 「俺と結婚した以上は、俺はお前を一生大事にするから お前は俺を 最後まで看取ってくれ・・・」という メッセージソングだと思います。 さださんはご存知のように、コミカルソングから恋愛ソング、反戦歌など 多彩な曲を作ってますが、これはさださんなりの照れ隠しを散りばめた ラブソングだと思います。 俺はお前を一生愛し続けるぞ~…的な。 それをストレートに言ってしまっては、歌としての面白みに欠けてしまう・・・ だから思わずニヤッとしてしまうようなフレーズや言い回しを入れ込んだ曲に仕上げてあります。 いずれにせよ、歌というものは、聴く人の捉え方だと思いますので 質問者さんが、愛を感じない・・・というのであれば、それで構わないと思います。 私は、おおいなラブソングだと思っています。 愛に溢れていると思います。 ちなみに、この曲がヒットして20年後?位経ってから 「関白失脚」という続編がリリースされました。 関白宣言してみたものの、結婚して20年、いまや女房に尻にしかれて 亭主関白どころではない・・・ でも、俺はお前や子供たちのためならいつでも死ぬ覚悟はできているんだ ・・・というような内容の曲です。 丁度、女性が強くなり始めた時代の曲であり、関白宣言にしろ、関白失脚にしろ 当時の社会世相をうまく取り入れた名曲です。 もし機会があれば、関白失脚も聴いてみて下さい。 ネットでも動画が見れますよ。 2つの曲を聞かれたら、関白宣言の歌の意味が少しはわかって頂けるかもしれませんが、あくまでも個人の判断です。 蛇足ですが「関白宣言」というタイトルは、もともと「大手」(将棋の)というタイトルだったんですが 録音が終り、いよいよ発売するという直前に、父親?の反対で変更されたというエピソードがあります。 長文、お許しください。 批判などの御心配には及ばず、30代後半の方でいたら、至極当然の御質問だと存じます。 「あの歌に関して、優しさが溢れてる」と仰っている方がいらっしゃるという事ですが、私は「それは少し違う」という思いがします。 当時をご存じない方とお見受けしますので、まず時代背景を申し上げます。 1960年代後半以降、男女平等が叫ばれ、女性の社会的地位向上を象徴する様な「ウーマン・リブ」と言われる言葉が流行しました。 政治的にも男女雇用均等法が制定され、女性の社会への進出が始まった頃です。 また、夫婦関係でも明治以降によく言われた「夫の後を三歩下がって歩く」といった、男尊女卑の風潮も完全に消滅し、女房の尻に敷かれで、小さくなっている夫が増えてきた時代を象徴する様な曲で、そういった風潮を皮肉ってできたのではないでしょうか。 夫に叶わない夢として、とうてい妻には言えない事を皮肉たっぷりにわざと語っている気がします。 最後の詞に、夫は自分が先に死んで、死ぬ間際に感謝の気持ちを妻に言うというのがありますが、それが唯一実現できそうな夢だと言っている気がします。 それが優しさを感じる所ですね。

次の

さだまさしの関白宣言の歌詞に学ぶ育メンパパが関白失脚してる現実

関白失脚 歌詞

話題の楽曲『トリセツ』 西野カナの『 トリセツ』は映画「 ヒロイン失格」の主題歌。 少女漫画を原作とするこの作品は、幼馴染と結ばれるのは自分と信じて疑わなかったというほど思い込みが激しい主人公が、自分よりもヒロインに相応しくないと感じる女の子に恋人の座を奪われてしまい、幼馴染を取り戻そうと奮闘する、という話だ。 思わぬ方向へひとり歩きしていく楽曲 なぜ『トリセツ』がああいった女性像を描いているのかは、漫画のストーリーを踏まえれば分かることなのだが、それとは別に曲のみがかなりひとり歩きしている。 男性verや関西人verなど様々なカバーverが作られたり、バラエティ番組などでも「男性が理解できない女性を象徴する曲」としてネタにされるほどである。 その中でも興味深いのは、発表当時ネットで話題となった 「さだまさし『関白宣言』のアンサーソング説」だ。 かつての日本男児に足りなかったモノ 古き日本男児と言われた男性達がなぜ『関白失脚』のようになってしまう例が多かったかと考えると、ひとえにコミュニケーションの不足である。 男女というのはそもそも価値観がすれ違って当然の生き物だというのに、かつての日本男児達はそれを埋める努力を怠りがちだったのだ。 特に男性が理解できないというのが、次の部分。 理由を聞いても答えないのは、言っても仕方がないことか、どうにもならないことだったりするからだ。 だからといってただ放っておかれたら、心配してもらえないことに哀しくなる。 そして、これが 『トリセツ』に書かれている意味は、不機嫌を解決してほしいわけではなく、「そういうことがあるものなんだよ」という理解を求めているだけ。 男性としても、そういった現象を最初から知っているのと知らないのとでは心持ちが変わるのではないだろうか。 「そういう現象がある」という理解と納得があるだけで、コミュニケーションの取り方もだいぶ変わってくるはずだ。 たまには旅行、記念日にディナー、と男性には頭が痛くなる要求かもしれないが、これはあくまで「そうしてくれたら嬉しいな」であって「絶対やれ」ではない。 この女性のそういった部分は、このくだりの手前にも描かれている。 そんな要求ばかりか……と呆れている男性達に「それは違う」と言っておきたい。 旅行もディナーも花も手紙も、全部意味合いは同じなのだ。 「いつもありがとう」や「愛してる」が恥ずかしくて言えないというのなら、せめてそういった何かに託して示してほしいということなのである。 そしてきっと、こうされたいのは現代の女性だけではない。 昔の三歩下がってついていったような妻たちも、感謝や愛情を夫に示されたら間違いなく嬉しかったはずなのだ。 だが妻に感謝の気持ちを伝えることや、小さな変化に気付いて定期的に褒めてあげること、記念日を祝うなどといったことが果たして亭主としての威厳を損なうのかといえば、けっしてそうではないといえる。 当時は女性がほとんど働きに出ておらず、男性が仕事をして一家を支えていた。 仕事を苦労というのなら家事も育児も苦労であり、それがお互い様だという価値観が昔は現代以上に薄かったのである。 もし本当にこの歌詞のとおりに思って実行できていたならば、感謝をまめに伝えることくらいしていても全く不思議ではない。 それが、おそらくできなかったからこそ『関白失脚』してしまったのだ。 『トリセツ』では、「たまには旅行でも連れていってくれなきゃ家事をサボってしまうかも」とか「記念日のディナーが無かったら浮気しちゃうかも」みたいなことは全く言っていない。 先回りしての忠告だが、あくまで男性の良心に訴えかけるだけなのがいじらしさすら感じるフレーズだ。 『トリセツ』の女性は、捉えようによっては一途で尽くすタイプの奥さんになる可能性がありそうなのである。 本当は彼女も、主張が得意ではないからこそ『トリセツ』という形を取ったのかもしれない。 そう考えれば、不機嫌な理由を口にできないのも、手紙を貰うのが一番嬉しいのも納得できる。 言葉にできないからこそ、説明書にしたのだ。 読んでおいてくれたら嬉しいな、もし困った時には読んでね、という気持ちで。 現代の価値観でこそ提案された『トリセツ』という方法論は、コミュニケーション不足や価値観のすれ違いに対するトラブルシューティングだ。 もしも、こんな考え方が『関白宣言』のころにあったなら、不器用な日本の亭主でも『関白失脚』には至らなかったかもしれない。

次の

【結婚】我が意の替え歌「緊急事態宣言」&結婚継続のヒントは「関白宣言」と「関白失脚」の中にあった

関白失脚 歌詞

猫の体調管理• 室内飼い推進• 多頭飼育崩壊の懸念 を注意した上で、飼い主しか頼れないからしっかり頼むよ!と言った内容で締めてくれます。 体調管理、完全室内飼育は出来るかぎりやるつもりなので私達は大丈夫なはず! 多頭飼育は・・・またあめ&つゆのようにのたれ死にそうな子猫と出会ってしまったら・・・出会った以上無視出来ないからなぁ・・・ 死にかけちゃうような不幸な子猫が居ない事を祈るのみです。 「にゃんぱく宣言」はテレビCM、ラジオCM、新聞広告の3メディアに登場し微妙に内容にも違いが有ります。 ACジャパンのサイトで3種類とも確認出来ますので、気になる人は是非確認してみて下さい! 関白宣言 「にゃんぱく宣言」の元ネタとなった「関白宣言」は41年前の1978年07月に発表となった曲です。 まずは「にゃんぱく宣言」の歌詞がこちら お前を飼い主にする前に言っておきたい事がある かなり厳しい話もするが俺の話を聞いておけ お前、俺の飼い主ならば 俺の体、俺より管理しろ。 家の外に、出してはいけない。 飼えない数を、飼ってはいけない。 忘れてくれるな 俺の頼れる飼い主は 生涯、お前ただ一人 引用: お前を 飼い主にする 嫁に貰う前に言っておきたい事がある かなり厳しい話もするが俺の 話 本音を聞いておけ お前、俺の飼い主ならば 俺の体、俺より管理しろ。 家の外に、出してはいけない。 飼えない数を、飼ってはいけない。 忘れてくれるな 俺の 頼れる飼い主 愛する女は 生涯、お前ただ一人 メイン(?)の部分は全然違うので 歌詞の比較とか無理でした笑 比べてみると「飼えない数を、飼ってはいけない〜」とか「俺の頼れる飼い主は 生涯、お前ただ一人」は 原曲とはまたちょっと違いました。

次の