ライブフォト android。 GoogleのiPhoneアプリ「Motion Stills」のAndroid版、ついに登場

​ Live Photos(ライブフォト)の動画をまとめて削除して空き容量を増やす2つの方法

ライブフォト android

iPhone 7 の登場でiPhone 6s モデルから搭載されている Live Photos(ライブフォト)という機能に再度注目が集まっています。 この 「Live Photos」とは、iPhoneカメラ機能のひとつで シャッターボタンを押した瞬間の前後1. 5秒の映像・音声が写真と共に撮影される不思議な機能。 特に大事な写真はLive Photoで撮影しておけば、後から撮った瞬間の臨場感を思い返すことができますから、写真を見返すのが楽しくなりますよ! iOS10からは、今まで出来なかったLive Photosの編集機能が強化されていますので、対応機種を持っている方は積極的に使ってみましょう。 しかもiOS11では、その編集機能がさらにパワーアップして新たに 「エフェクト」が追加。 Live Photos 対応機種:• iPhone X• iPhone SE• iPad Pro 9. 7インチ そこで今回は、このiPhone カメラ機能 「Live Photos」の使い方について紹介します。 Live Photos(ライブフォト)の使い方 基本的な使い方は通常のiPhone カメラと同じ。 後は通常のカメラ操作と同じようにシャッターボタンを押すだけで Live Photos撮影ができて、画像は他の写真と同じカメラロールに保存されます。 Live Photosを見るには 写真を指で押し込むことで再生。 このLive Photosで写真撮影すると、嬉しいことに シャッター音が「ポコン」という電子音に変わるので通常の「パシャ!」よりも静かになります。 iOS10からLive Photosの編集が可能に 以前のLive Photo写真の編集は、機能がオフになり静止画内容だけ編集が可能でしたが、iPhoneの iOS10 からはLive Photo写真の編集が可能になりました。 これにより静止画写真と同じように明るさ・サイズ変更やフィルター追加などの編集が行なえます。 編集方法は静止画写真とほぼ同じなので色々試してみましょう。 iOS 11 でさらにパワーアップした編集機能 最新の iOS 11 では、ライブフォトが大きく強化されました。 その内容とは、• 自撮りカメラでもLive Photos 撮影が可能に• ライブフォトで撮影した写真の編集機能に「エフェクト」が追加 エフェクトの種類は次から選択できます。 ループ(繰り返し再生)• バウンス(逆再生)• 長時間露光(動いている被写体の残像を描写) 新しいライブフォト「エフェクト」機能の使い方。 iOS11 をダウンロードしたら、新機能のエフェクトを試してみましょう。 使い方は、まず、ライブフォトで撮影した写真を選択して、写真を指で上にスワイプすると 「エフェクト」メニューが出現。 好みのエフェクトを選んでタップ。 以上で完了。 簡単ですね! 例えば、水の流れの表現もライブフォトのループエフェクトならずっと動いた写真になりますよ。 アイデア次第で表現は無限ですから、撮り貯めたライブフォトで他のエフェクトも色々試してみましょう。 Live Photos をLINEやSNSでシェアしてみよう! 今のところ iPhoneで撮影した Live Photosの動く写真が再生できるのはApple製品に限定されており、共有方法もAirDrop、iMessage、フォトクラウドで送り合うしかありません。 しかし「Lively」というアプリを使えばLive PhotosファイルをGIFアニメや動画に変換でき、気軽にLINEやメール、SNS等でシェアできるようになります。

次の

instagramでライブフォト(Live Photos)を投稿する方法

ライブフォト android

androidでライブフォトを撮影できるの? androidで写真を撮ることは日常よくあることですが、ライブフォトというものを撮影できるのでしょうか。 その前にライブフォトとはどういうものなのでしょうか。 ライブフォトとは、動く写真という意味になります。 写真を撮るのではなく、何枚かの写真をつなげてから順番に表示することで動きのあるどうがのように見せることができます。 このようにライブフォトをアンドロイドで撮影した写真を利用して編集してから作成することが出来るのでしょうか。 通常のアンドロイド端末には標準では搭載されていない野江、別途アプリをインストールしてから作成することが出来ます。 そんあアプリの中でもBoomerangというアプリがおすすめです。 実際にBoomerangというアプリがどんな機能があって、どのようにしてからライブフォトを作成することが出来るのでしょうか。 実際に見ていきたいと思います。 androidでライブフォトをとるためのおすすめの方法は android端末でライブフォトを作成するのに、おすすめBoomerangですが、実際にどのような機能があるのでしょうか。 Boomerangという物はインスタグラムに機能を付けすぎてから機能が複雑になりすぎるのを恐れて、別途Boomerangという動画作成アプリを提供しています。 Boomerangは無料でダウンロードしてから使うことが出来るアプリです。 iOS版とスマホ版の2種類のアプリがありまして、今回はスマホ用のBoomerangを使っていきます。 Android版では1秒間に連写してからその10枚程度の写真をつなげてから動画にするためのアプリです。 動画も連続した静止画をつなげてあらあたかも動いているように見せているだけで、動画は静止画の連続で作られていて、見る人の札各で動いているように見えるだけです。 その動画を作成するためのアプリということになります。 通常写真のシャッターを押すと1枚の写真を撮るのが普通の作りです。 Boomerangを使えば、1回シャッターを押すと連続した写真を1秒間に10枚程度撮影してくれます。 もともとインスタグラムから得てきているBoomerangなので、当然のようにBoomerangで編集したライブフォトは、インスタグラムに直接アップロードすることが出来ます。 インスタグラムから出されたアプリなのでアカウントが必要なのかと思う人もいると思いますが、インスタグラムのアカウントがなくてもBoomerangで動画の撮影と保存を刷ることは出来ます。 それではBoomerangをインストールしてから実際に編集してみます。 Boomerangでライブフォトを作成する手順 Boomerangを起動すると、撮影用の画面が表示されて、カメラ画像が全面に表示されます。 操作ボタンとしては、「撮影ボタン」「カメラの切り替え」「アルバム」「フラッシュライト」が付いているだけで通常のカメラアプリとなんら変わりありません。 通常のカメラアプリと違って自動保存はされません。 画面右上にある「保存」をタップしなければ、撮影した写真を保存することは出来ません。 撮影した写真はFacebook・インスタグラムと共有することが出来て、その他をアップするとLINEへの投稿も出来ます。 では実際に撮影をした場合、1秒間に10枚の写真を撮影することが出来て、再生と逆再生を4回繰り返すことになります。 4秒動画を作成することが出来ます。 Boomerangはすべて無料で使えるアプリなので、インストールしてから利用してみる価値はあります。 関連記事:.

次の

Androidアプリ 「ルミヤー ― フォト・アニメーション」 (写真)

ライブフォト android

連絡先に登録されているユーザーまたはメールアドレスや電話番号で検索できるユーザーが Google アカウントを持っている場合は、そのユーザーと直接写真を共有できます。 それ以外のユーザーとは、できます。 連絡先の電話番号が Google アカウントに関連付けられていない場合は、することができます。 連絡先の相手が Google アカウントをお持ちでない場合は、するか別のアプリを使って共有するという方法があります。 スレッドで他のユーザーと共有するには:• ご使用のモバイル デバイスから Google フォト アプリ を開きます。 Google アカウントにログインします。 写真、アルバム、または動画を選択します。 共有アイコン をタップします。 [Google フォトで送信] で共有相手を選択します。 1 人の相手と共有するには、その相手の名前をタップします。 特定の相手を見つけるには、検索アイコン をタップします。 名前、電話番号、またはメールアドレスを入力します。 複数の相手と共有するには、それらの相手を選択します。 (省略可)共有したファイルにメッセージを添えます。 共有するには [ 送信] をタップします。 スレッドが作成され、今後あなたと共有相手はこのスレッドから写真や動画の追加、コメント、高評価を行うことができます。 注: スレッドに追加できる写真の上限は 20,000 枚です。 こともできます。 共有アルバムを作成する• Google フォトで連絡先のユーザーに送信する場合:• 共有相手の連絡先にはアプリ内通知とアプリからのプッシュ通知が届きます。 共有アイテムは [共有] ページに表示されます。 新しいアルバムやスレッドを共有すると、共有相手にメール通知が届きます。 アルバムやスレッドにはアカウントのプロフィール写真またはイニシャルが追加されますが、共有相手がアルバムやスレッドを閲覧するまでは淡い色で表示されます。 共有相手がアルバムやスレッドを閲覧すると、閲覧した最新の写真、コメント、高評価の横にあるアクティビティ ビューに相手のアカウントのプロフィール写真やイニシャルが表示されます。 相手が共有アルバムに参加したり、共有アルバムやスレッドで高評価、コメント、写真の追加を行ったりすると、相手のプロフィール画像がアカウントのプロフィール写真またはイニシャルに代わります。 アルバムやスレッドに写真や動画を追加すると、追加した最新の写真の横にアカウントのプロフィール写真またはイニシャルが表示されます。 撮影した動画の一部または全部をスローモーションで共有すると、他のユーザーは動画のどの部分でもゆっくりとしたスピードで再生できることがあります。 連絡先のユーザーがメディアを共有できない場合は、相手があなたを見つけて連絡できるようにすることができます。 他のユーザーがアルバムやスレッドをあなたと共有すると、メールが届きます。 すでに Google フォトを使用している場合は、アプリ内通知とプッシュ通知が届き、共有されたものが [共有] ページに表示されます。 アルバムやスレッドを閲覧すると、アルバム内のアカウントのプロフィール写真やイニシャルが濃い色になり、閲覧した最新の写真、コメント、高評価の横に表示されます。 共有アルバムに参加したり、共有アルバムやスレッドで高評価、コメント、写真の追加を行ったりすると、アカウントのプロフィール写真やイニシャルがその操作の横に表示されます。 他のユーザーがスパム行為をしていると思われる場合は、相手をするか、してください。 についてのページをご確認ください。

次の