あまの じゃ く と は。 お好み焼き【あまの】下町鉄板 深江橋 東成区 城東区

お好み焼き あまの

あまの じゃ く と は

2006年、8月に高齢者総合福祉施設・あまの里は地域のご期待、ご支援をいただき「その人らしい生活(暮らし)を支える」という虹の会理念を踏まえ開設されました。 私たちは入居者様、利用者様の個別性の尊厳を保ち、自己決定の機会の支援、根拠ある介護を行い「暮らしの場」としての役割を確立していきます。 その役割を担うべく人材を人財へ育成していくためにも、虹の会キャリアパスを通じて、専門性の深化、人間的成長の機会を設け、やりがいある職場環境を醸成していきます。 また、地域に求められる多様なニーズを感知し、あまの里に期待される地域協働の取り組みを発信していきたいと考えています。 今後とも皆様のご指導、ご支援をよろしくお願いいたします。 高齢者総合福祉施設あまの里は、兵庫県尼崎市の南東部に位置し、周りには大型スーパーやホームセンターが立ち並んでいます。 一方で、下町の風情も残され、近隣住民の方々は、この地域の土地柄を非常に愛し、一生をここで過ごしたいと願っていらっしゃるようです。 この思いを受け止め平成18年8月「あまの里」が開設されました。 「あまの里」という名称は、建設にご協力いただいた方々から公募し"尼崎のふる里となりたい"という思いと"天の川のように美しく、そして皆の願いが届くように"という思いを込めて「あまの里」と名付けられました。 5階建ての施設の各階にもテーマを設け、デイサービス、居宅介護支援事業所がある1階部分は「つどいの里」2,3階の特養部分は「花の里」「森の里」、4階のショートステイは「風の里」、屋上庭園は「空の里」としました。 このように、デイ、ショート、特養、居宅が入った複合施設としてスタートしたあまの里は、その利点を活かし、在宅支援からご入居まで連携した、幅広いサービスのご提供を可能にしています。 事業所名 高齢者総合福祉施設 あまの里 所在地 兵庫県尼崎市下坂部3丁目2-40 TEL 06-6495-4750 事業内容 居宅介護施設(デイサービス・認知型デイサービス・ショートステイ) 介護福祉施設 居宅支援事業所 開設年月日 2006年8月1日 定員 デイサービス 45人/日 認知型デイサービス 12人/日 ショートステイ 20床 特別養護老人ホーム 60床 敷地面積 2,272. 92㎡ 延床面積 4,739. 66㎡ 構造 地上5階建て 1階 デイサービス・居宅支援事業所 2階 特別養護老人ホーム:30床 3階 特別養護老人ホーム:30床 4階 ショートステイ:20床• あまの里の食事は「楽しいわぁ~」がモットーです。 あまの里の入浴は「気持ちいいわぁ~」がモットーです。 あまの里の排泄は「すっきりしたわぁ~」がモットーです。 あまの里の整容は「私らしいわぁ~」がモットーです。 あまの里の睡眠は「落ち着くわぁ~」がモットーです。 あまの里の接遇は「大事にされているわぁ~」がモットーです。 あまの里では「食事」「入浴」「排泄」「整容」「睡眠」「接遇」に関して、あまの里独自のこだわりを持っています。 そのこだわりに沿って「あまの里のルール」を設定し、目標を立てて介護業務にあたっています。 ルールを設定する事で職員の意識統一を図り、より良いサービスの提供を心がけています。 あまの里では職員の資質の向上や、サービスの向上、事故対策などを目的とした様々な委員会活動を行っています。 委員会主催で学習会を実施するなどして、施設全体を見据えた活動となるようにしています。 各委員会で試行錯誤し、あまの里がより良い施設になるよう努力しています。

次の

「あまのじゃ君」ずんさんのブログ(2013/09/12)

あまの じゃ く と は

天香久山周辺の空中写真。 1985年撮影の2枚を合成作成。 を基に作成。 太古の時代にはから続く山裾の部分にあたり、その後の浸食作用で失われなかった残り部分といわれている。 山というよりは小高い丘の印象であるが、古代から「天」という尊称が付くほど三山のうち最も神聖視された。 天から山が2つに分かれて落ち、1つが(愛媛県)「天山(あめやま)」となり1つが大和国「天加具山」になったと『伊予国』逸文に記されている。 また『阿波国風土記』逸文では「アマノモト(またはアマノリト)山」という大きな山が(徳島県)に落ち、それが砕けて大和に降りつき天香具山と呼ばれたと記されている、とされる。 の東にあることにより太陽信仰の地であったともいわれる。 現在、山頂からはを望むことができ 、その山頂にはを祭神とする國常立(くにとこたち)神社があって、2つの小さな祠のうちの1つにはが祀られている。 山の北麓には占いを司る櫛真智命神(くしまちのみことのかみ) を祭神とし、境内のがに用いられてきた天香山(あまのかぐやま)神社 、南麓にはのの伝承地とされる岩穴や巨石を神体とした天岩戸(あまのいわと)神社がある。 また東側には県立「万葉の森」が造られ 、山の南東部には香久山公園(44,084平方メートル)が整備されている。 古代より畝傍山とともに神事にもちいる陶土の採集場所として知られる。 天香久山には赤埴と白埴の2種があるとされ、赤埴は山頂のが風化したものとみられている。 「天」を含む「 天香 久山」と「 天香 具山」、および「天」を含まない「香 久山」と「香 具山」の各表記があるが、のでは「天香久山」としており 、本記事ではこれに従う。 名勝としては「香具山」である。 橿原市では地区の名称を「香久山」としており、北北東約2キロメートルに位置するのにある駅もである。 なお、のも天香久山の北側約2キロメートルに位置する。 (かしわでうじ)の本拠地にして、妃・の生家である。 山の北の地名は(かしわてちょう)である。 古来などで歌われてきた。 万葉集には単独で9首詠まれており、全体で13首に登場する。 その中で香久山の表記は香具山、香山、香来山、高山、芳来山、芳山と一定しない。 以下に代表的な歌を記す。 の歌 「大和には 群山あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 国見をすれば 国原は 煙り立ち立つ 海原は かまめ立ち立つ うまし国ぞ あきづ島 大和の国は」(巻1-2) 「山常庭村山有等取與呂布天乃香具山騰立國見乎為者國原波煙立龍海原波加萬目立多都怜𪫧 國曽蜻嶋八間跡能國者」• の歌 「香具山は 畝傍ををしと 耳梨と 相争ひき 神代より かくにあるらし 古(いにしへ)も 然(しか)にあれこそ うつせみも 妻をあらそふらしき」(巻1-13) 原文「高山波雲根火雄男志等耳梨與相諍競伎神代従如此尓有良之古昔母然尓有許曽虚蝉毛嬬乎相挌良思吉」• の歌 「春過ぎて 夏来たるらし 白たへの 衣干したり 天香具山」(巻1-28)• の歌 「わすれ草 わが紐に付く 香具山の 故(ふ)りにし里を 忘れむがため」(巻3-334)• 作者不詳 「いにしへの 事は知らぬを われ見ても 久しくなりぬ 天の香具山」(巻7-1096)• の歌 「久方の 天の香具山 このゆふべ 霞たなびく 春立つらしも」(巻10-1812) 脚注 [ ]• 『』大日本図書、1903年6月18日(Japanese)。 「『阿波國ノ風土記ノ如クハ、空ヨリ降リタル山ノ大キナルハ、阿波國ニ降リタルヲアマノリト山ト云、其山ノクダケテ大和ニフリツキタルヲ、アマノカク山ト云トナン申、先覺 萬葉鈔』著者は伊予国の故事が誤って伝わったものかと推測している。 『アマノリト』は版によっては『アマノモト』と記され、こちらが正しいとも( 上代歴史地理新考)」• の祭神でもある。 真弓常忠『天香山と畝火山』、1971年。 成迫法之 2010-11-11. 全国地質調査業協会連合会「技術フォーラム2010」. りっしんべん()に「可」。 参考文献 [ ]• 『奈良県の歴史散歩 下 奈良南部』奈良県高等学校教科等研究会歴史部会、山川出版社〈歴史散歩 29〉、2007年。 関連項目 [ ]• (迦具土、加具土) - 天香具山の香具やの語源ともいわれる。 - 別名の一つは天香具山命。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 国指定文化財等データベース().

次の

天岩戸神話|【公式】天岩戸神社(あまのいわとじんじゃ)|天岩戸神話|宮崎県|高千穂町

あまの じゃ く と は

団地の南側の園庭 なかなかのもっさり感 もうサツキは咲き終わったのでそろそろ剪定をしなければならない頃 北側にはサザンカが風よけのように植栽されているのだけど、毎年 茶毒蛾が発生する 気温があがってくる今頃、卵から幼虫がかえる。 こいつ、毒針飛ばすのよ 細かいガラスの破片を浴びたようになって、痛い、痛い。 頭に浴びて、ひどい目にあったことがある。 今は居るはずのない子どもたちが昼間団地にいて、なんだかんだ遊んでいるから 被害にあったらかわいそう だから住民の方の消毒の要望も聞いていたので 副会長、すぐに動いた 造園屋さんに見積してもらって来週には作業に入ってもらう 4月に役員交代になったばかりだからとぐずぐずしていると時期を逃してしまう で、前期には無かった一目でわかる年間予定表まで作った でないといつ何をすべきかが把握できないからね 去年だったら絶対こんなことできなかったなぁ。。 今だからできる 今期一年はご奉仕いたします 今、自粛の中、会社に行くのも減らしております。 それではいちごの水やりもままならないのでいちごは団地のベランダへ移動 収穫できてますよー なんてかわいらしいのでしょうね なんて、 実はここ2年ばかりこちらのブログを更新することも減り いちごどころでは無く、手入れもしてあげていませんでした。 そこへ来てこの家で過ごす時間が増えたことで やっと心とからだの余裕がうまれたので ベランダに緑を置く気持ちの変化が。 ついこのあいだまでまったくそんな気が起こりませんでした。 インスタも見る気がしないし、 音楽もかける気が起こらないのはそろそろやばいな。。 って思っていたから。 なんだろね、こういうタイミングって。 私にとってはね。 今、いろいろ考えてみてる。 こんなに劇的に世界が変わること。 システムを変えざるを得ないこと。 変わることを受け入れないとならないこと。 なげいても自分で変えていかないとならないこと。 もしかしたらとても大きなチャンスがころがっているかもしれないこと。 考えること。 考える事。 考える。 想像力ね.

次の