紫玉ねぎ 加熱。 紫玉ねぎの食べ方 生以外のレシピもあり?加熱しても大丈夫?

ソーダ色に変色したタマネギ

紫玉ねぎ 加熱

先日、実家から赤玉ねぎをたくさん譲ってもらいました。 赤玉ねぎといえば、皮を剥いた時の赤紫色が何ともいえず綺麗で、サラダの具材にするととても映えますよね。 その一方で、サラダ以外の調理法が全く思い浮かばないこともあり、私自身滅多に購入しない野菜の一つです。 もちろん、我が家の家庭菜園で育てたこともありません。 私にとってはサラダくらいしか使い道が思い浮かばない赤玉ねぎですが、そもそも加熱調理して食べても問題ないのでしょうか?今回は、自身の備忘録を兼ねて、赤玉ねぎの特徴についてまとめてみました。 赤玉ねぎとは? 赤玉ねぎとは、その名の通り皮が赤紫色の玉ねぎのことです。 赤紫色になっているのは鱗葉 りんよう の表面のみで、その他の部分は一般的な玉ねぎと同じ白色です。 その見た目から、レッドオニオンや紫玉ねぎとも呼ばれます。 赤紫色の主成分はアントシアニンで、ナスや紫芋、赤キャベツ 紫キャベツ などに含まれている成分と同じです。 一般的な玉ねぎとの違いは? 一般的な玉ねぎとの違いは主に以下の3点です。 一般的な玉ねぎでも生食は可能ですが、辛みや臭みが元々多いため、水にさらしてから食べることが多いです。 一方で、赤玉ねぎは生のままでも辛みや臭みが少ないため、水にさらさなくても美味しくいただくことができます。 では、一般的な玉ねぎと同じように加熱処理しても問題ないのでしょうか? その答えは 「加熱調理しても食べられるが、一般的な玉ねぎの方が美味しい」ということのようです。 一般的な玉ねぎは辛みや臭みがと元々多いため生食にはあまり向きませんが、加熱することにより甘みとコクが増します。 一方で、赤玉ねぎは水分量が多い反面、その他の成分が少ない性質を持ちます。 そのため、加熱しても食べることはできますが、一般的な玉ねぎに比べると甘味やコクが劣ってしまうようです。 色移りはするの? 赤玉ねぎを加熱調理する際に気になるのが、赤紫色の成分 アントシアニン が他の食材に移ってしまわないか?ということです。 実際に加熱調理してみましたが、 他の食材への色移りはほとんど見られませんでした。 ただ、赤玉ねぎの色自体は少し色あせてしまうようです。 まとめ 今回は、私があまり口にしない赤玉ねぎについてご紹介しました。 そんな赤玉ねぎについて、ここまでの内容を簡単にまとめると以下のとおりです。 ・赤玉ねぎの色の主成分はアントシアニン ・辛みや臭みが少なく、水分量が多いため生食向き ・加熱調理しても食べられるが、加熱する場合は一般的な玉ねぎの方が美味しい 加熱調理するなら一般的な玉ねぎの方が向いているようですが、私が食べた印象ではあまり遜色ない美味しさでした。 サラダに入れることで見た目を色鮮やかにすることもできる赤玉ねぎ、今度機会があれば自宅でも育ててみようと思います。 matundaba79.

次の

紫玉ねぎの栄養と保存方法♪辛いときは?

紫玉ねぎ 加熱

紫玉ねぎの美味しい食べ方は? 紫玉ねぎを横半分に切ってみると、たまねぎの、あの一枚一枚の外側だけが紫色で、中は白いんですよね。 紫玉ねぎといえば、その美しい色を活用して、サラダにするのが一番です。 というのも、普通の玉ねぎの栄養価に加えて、あの紫色はブルーベリーでお馴染みの「アントシアニン」が含まれているから。 これは、色を活かすのももちろんですが、抗酸化作用の高い「アントシアニン」を有効に摂取するためにも生で頂くのが一番です。 紫玉ねぎは、辛みが少なく、甘みが強く、ジューシーなのが特徴。 紫玉ねぎは、あまり水にさらさなくても美味しく頂けます。 アントシアニンは水に溶け出しやすい性質。 スライスして、水に長時間さらすとせっかくのアントシアニンも水に流れ出してしまいます。 スライスしている時にも、スライサーが紫色になるくらいです。 ですので、なるべくそのまま、水に晒すにしても、スライスしたものを軽く揉んで、それをサッと水で流す程度にした方が良いでしょう。 これだけでも、辛みが少なくて食べやすいです。 お酢を入れると、このアントシアニンが化学反応して赤くキレイな色になるんですよ~。 紫玉ねぎ、生以外のレシピもあり? 紫玉ねぎは、その色を活かすなら生で食べるのが一番なのですが、加熱して食べることはできないのでしょうか? 紫の玉ねぎでも、普通の玉ねぎと同様に加熱してどんなレシピにも使えます。 例えば、カレーや肉じゃがなども同様に使えます。 ただ、レシピによっては色が邪魔することはあるかもしれませんけど。 今回は大量に紫玉ねぎを頂いたので、試しに肉じゃがにしてみました。 炒め始めてすぐは、紫が濃くなった気がします。 が、段々に紫色が薄くなっていきます。 水を入れてすぐはこんな感じ。 仕上がりや食感などを比較したかったので、普通の玉ねぎも1つ入れてます。 そして、仕上がりはこんな感じ。 ちょっと写真だと濃い色に写ってナスみたいだけど、ホントはもう少し淡い感じで、見た目に違和感もありません。 味も食感も普通の玉ねぎと違いは感じません。 どちらも美味しいです^^ 紫色も、うっすらとした色になるので、それほど見た目にどうということありませんでした。 汁が、紫色になるようなこともありません。 でも、なんとなく普通の玉ねぎがわずかに紫っぽくなってるかも。 炒める時は、サッと火を通した方が、紫色が強くなってキレイです。 色をキレイに出したいなら、早く火が通るように薄くスライスするのが良さそうですね。

次の

玉ねぎの加熱による栄養の違い|玉ねぎの教科書

紫玉ねぎ 加熱

紫玉ねぎのおすすめの食べ方は? 薄皮や中の皮まできれいな紫色をしている紫玉ねぎ。 別名、赤玉ねぎやレッドオニオンとも言います。 玉ねぎ特有の香りや辛みが少なく、甘みがあるため、よく生で食べられる野菜です。 色合いが美しく、シャキシャキとした食感で、サラダの彩りにもいいですよね。 紫玉ねぎの紫色の色素成分は、アントシアニン。 アントシアニンはポリフェノールの一種で、熱に弱く、酸化しやすい性質があります。 また、アントシアニンは、酢と合わせると赤く発色するので、きれいな色を楽しめるサラダやマリネなどの生食が向いているということになります。 ただし、アントシアニンは水に溶ける水溶性の色素。 ポリフェノールの効果を活かしたい場合は、水にさらさず、すぐに食べるのがよさそうです。 紫玉ねぎは加熱調理できる? なんだか、生で食べるほうがよさそうな紫玉ねぎ。 加熱調理することはできないのでしょうか? 紫玉ねぎに含まれるアントシアニンは、長時間の加熱や保存に弱いとされています。 また、加熱することで色が抜け出してしまい、きれいな紫色がすこし残念なことに。 その点を気にしなければ 加熱しても大丈夫です。 玉ねぎと同じように、紫玉ねぎも 加熱することで甘みが出るため、炒めたり煮込んだりしてもおいしくいただけるんですよ。 色合いやアントシアニンの損失を考えると、 炒めるときはなるべく短時間でサっと火を通したり、茹でる場合も レンジで加熱したほうがよさそうです。 私は、紫玉ねぎは甘酢漬けにすることが多いですが、紫玉ねぎを加熱して使うときは、色が抜け出ても気にならないカレーに入れたりしています。 インドでは、玉ねぎと言えば紫玉ねぎが普通らしく、カレーにもよく使われるそうですよ。 玉ねぎも紫玉ねぎも栄養的には変わりはなく、加熱調理したときのおいしさも変わらないので、サラダ以外にもいろいろな調理法で楽しんでみてくださいね。 紫玉ねぎを炒めるサラダ以外のレシピ サラダじゃなくても、おいしく食べられる紫玉ねぎ。 煮込み料理のほか、短時間でサっと加熱する炒めものなど、おすすめレシピをご紹介します。

次の