アウトソーシング テクノロジー パワハラ。 株式会社アウトソーシングテクノロジーの業績・将来性・強み・弱み|エン ライトハウス (0843)

アクセス・拠点

アウトソーシング テクノロジー パワハラ

仕事内容:私は、会社の中核事業である人材派遣ではなく、受託開発専門の営業でした。 HPからの問い合わせ対応、既存顧客への定期訪問、組織マネジメントをメインに行いました。 具体的な業務は、打ち合わせへの参加、提案資料の作成、提案、各種契約書の作成、受注後のプロジェクトフォローなどです。 人材営業側だと、新規テレアポ、訪問、人材提案とそれに付随するスキルシートの作成や調整、確定後の各種書類の作成などが主な業務です。 受託開発側でも、特段専門性が身につく訳でも無いですし、ある程度身につけたとしても、エンジニア上がりのプリセールスエンジニアには勝てません。 せめて、アカウント単位の担当であれば、企業の事業計画などを考えたりすることで営業としての価値を上げられますが、その体制を取れる土台が無く、複数企業を浅く見ることが限界なので、社内調整と書類作成のスペシャリスト兼ヒラメ筋の持ち主、みたいな存在が限界です。 キャリアが短い45歳以上であれば、なんとか生きれると思いますが、キャリアが長い20代、30代の人材は、市場価値の無い人間になるので、将来、路頭に迷うことでしょう。 口コミ投稿日:2020年03月24日 事業の強み:とにかく幅広い。 一つの分野で同じことをし続けるメーカー特有の働き方とは大きく異なり、新しいことへの挑戦を積極的にサポートしてくれる姿勢が会社から感じることが出来る。 グループ会社全体としてもリーマンショックでリストラを出していないほど経営方針に安定を感じる。 事業の弱み:どの会社でも同じだが、未経験からスタートするには学ぶ姿勢が必要不可欠になる。 頭で理解していくことは大変だが、教えてくれる環境は整っている。 IT関連の事業は伸びしろはあるが景気の影響を受けることは否めない。 事業展望:医薬や化学など、今後伸ばしていくべき事業への積極的な行動が見えてきてる。 そのためにもコロナ関連が終息するまで耐えしのいで、コロナ明けの動き方や考えなどもすでに全従業員に発信している。 口コミ投稿日:2020年06月12日.

次の

アウトソーシングテクノロジーの年収・給料・給与・賞与(ボーナス)の一覧

アウトソーシング テクノロジー パワハラ

企業の業務効率化・人手不足の解消の糸口となるRPA(ロボットによる定型業務の自動化)。 現在、多くの企業でも導入が進められています。 一方で、慣れないロボットの扱いに苦労し、導入したRPAが想定通りに機能しないなどのケースも。 その原因は「業務分析を行いRPAに落とし込んでいくシナリオ作成のサポートが足りない」「RPA自体の導入・運用の専門知識・スキルが不足している」ことにあります。 アウトソーシングテクノロジーではこのようなニーズにお応えするために、RPA自体の導入だけではなく、「RPAに特化した人材の育成とご提供」に力をいれています。 導入から運用まで特別な教育体制を整備し、ナレッジ共有をエコシステム化、特化された人材の豊富な実務経験により、貴社のビジネスを強力にサポートします。 RPAは「選定」と「導入」で終わりではありません。 その後の「シナリオ作成」そして「運用」を継続的に行い、さらに業務範囲を「拡大」していくことで、業務の効率化・生産性の向上が期待できます。 そのためには、導入後のRPAを活用するためのエキスパート人材が必要不可欠です。 当社では、単に「RPAが使える」だけではなく、より高度なレベル感を備えた人材の育成を行うため、「ナレッジの共有によるエコシステム」を形成しています。 トレーニングセンターであるKENスクールでは、基本~課題解決レベルまで即戦力で活躍できる人材を育成。 グループ会社である強みを生かし、実務や実際の顧客課題に直結したトレーニング方式を採用• RPAのリーディングカンパニーTISとも連携、現場レベルでの最新動向をもとに、常にアップデートするニーズに対応するカリキュラムを実施。 RPA導入または運用にあたり必要となるシナリオ作成業務を「実際の業務として」行うので、実務経験レベルが他社と比べて圧倒的に違います。 現場で実務を行うため、企業様に派遣した際も、イレギュラーに迅速に対応することができます。

次の

アクセス・拠点

アウトソーシング テクノロジー パワハラ

就活生が考えるブラック企業の1位は、「残業代が支払われない」(907票)である。 2位は、「パワーハラスメントが多い」(674票)。 パワハラとは、職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与えたり、職場環境を悪化させたりする行為のことだ。 新入社員は、職場で最も下の立場になるので、当然気になるのだろう。 3位は「離職者が多い」(649票)。 特に就活生が気にするのは、入社から数年の離職者数。 離職者が多いということは、その会社の労働環境が悪かったり、不満を持つ社員が多かったりと考えられるからだ。 就職指南書でも、この数字を注意して見るようにアドバイスしているものが多い。 4位は「ペナルティがある」(583票)。 バイトの遅刻や欠勤でペナルティを課された事件があったことも影響してか、就活生はペナルティに敏感だ。 5位は「セクシャルハラスメントが多い」(561票)だ。 セクハラに対しては、投票しているのは圧倒的に女性が多いのかと思いきや、調査結果では女性の62%、男性の44%が投票していた。 半数近くの男子学生が「セクハラはブラック」と感じているのだ。 セクハラがある職場は、男性にとっても不快だということだろう。 6位は「勤務時間管理がされていない」(557票)。 1位の「残業代が支払われない」に通じる「きちんとしていない会社」と感じる要素と言えよう。 7位は「休日出勤が多い」(515票)だ。 休日出勤が多くなるのは、業種によるところが多いかもしれない。 もともと、土日祝を出勤日としている職種は別として、勤務日が平日なのに、土日祝に出勤しなければならないことに違和感を感じるのだろう。 平日の残業では業務がまかないきれず、休日に出勤せざるを得ないとなると、残業時間も多くなる。 過重労働に対して、就活生は拒否感がある。 8位は「宗教色が強い」(457票)である。 何をもって宗教色というかは個人個人の感じ方によるところが多いと思われるが、社員が何か一つの考えに染められているようなところに対しては、ネガティブな印象をもっているようだ。 9位は「残業が多い」(436票)。 1位が「残業代が支払われない」(907票)に対して、単に「残業が多い」だけでは約半数の就活生がブラックだとは決めつけていない。 1位と9位の差となったのは、「残業があってもよいが、その分は支払ってほしい」という気持ちの表れなのだろう。 10位は「ノルマがある」(339票)で、得票数は4割を切っている。 ノルマという呼称に、ネガティブな印象を持っているのかもしれない。 会社内では、予算や目標などとも言われるが、どんなビジネスでも数字をもっているもので、そうしたものが無い仕事の方が少ないぐらいだが、学生にはノルマという言葉がブラックに感じるのだろう。 11位は「平均勤続年数が短い」(325票)、12位は「ワンマン経営者である」(213票)、「13位が「管理職に権限がない」(116票)となっている。 ブラック企業と言われないためには、未払い残業を無くし、パワハラ・セクハラを無くし、若年離職者を低減するといった企業努力が必要だ。 「働き方改革」にしっかり取り組んで、就活生にブラックと烙印を押されないよう、努めていきたいものである。

次の