引っ越し アルバイト。 引っ越しのアルバイトはつらい?楽?お勧めの業者は?経験者レビュー

引っ越しバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給の決まり方を紹介します【ジョブール】

引っ越し アルバイト

初めまして、引越しは24、25歳あたりの夏に3か月ほどやってました。 私の感覚では、一生懸命さが伝わればそんな言われることはなかったです。 真夏の昼に階段5回を一気に駆け上がり、一気に駆け降りるなんてこともしてました。 その時は、荷物はあまりありませんでしたが、リーダーもベテランさんもバテてて、 もちろん私も言わずもがなwww やっているときはつらいですが、終わった時には変に達成感あり、気持ちはよかったです。 持論ですが、どんな仕事にも共通することは自信がなさげだと、何しに来たの感が出ちゃうので、 教えて!教えて!ぐらいで行けない人は難しいと思います。 怒られるのはできていないことなので怒られますし、失敗は失敗ですし、何ならリーダーはそれら仕事ができるので、 怒られること自体「筋」が通っていれば問題ないのですが、 一番つらかったのは、教えてもらえずわけもわからないまま、失敗して怒られるのが一番つらいですね! めったに当たりませんでしたが、コミュニケーションが苦手で、違うことをすると激怒するリーダーもいました! 途中で、超絶社交的なその会社の元幹部的な人が応援に来て下さったので、少し救われました。 (あの人すごかったなー。 冷蔵庫ひとりで持ってくんだもん。 重めな現場だったのにその人が来てからチョー早く終わったし、本人笑顔でテンション高いし、気さくだし、幹部クラスだったこともうなずけました。 ああいう人についていきたい!) まあ今となってはいい経験をさせてもらいました。 今でも引越しすることはありますが、自分でレンタして引越ししてます。 引越しの手順はわかっているので、 友達の引越しとか、女の子の引越しとか、手伝えるので結構スキルとしてプライベートで役立ってます。 就職では使えませんがwww 派遣で1日だけスポットで行きました。 人生で最悪な1日となりました・・ 派遣スタッフに電話でオススメされ、女性は梱包中心で 軽い荷物しかもたない、重いものは男性がもってくれるから大丈夫です!というのを 信じて1日だけお試しで勤務してみたのですが、最悪の現場リーダーでした。 よほど人生で困ったとしてもここだけは行ってはいけないと思います。 現場で私一人女、そして男女関係なく重いものを運ばされます。 派遣登録所のスタッフ説明は全部嘘でした。 初めての仕事でしたが一切説明なし、注意事項もなし、 指示も一言ぼそっと言うだけで、それを即理解できないと 怒鳴られ、ののしられるという状況でした。 お客様の住居へいった現場リーダーはそこから一切指示しなくなっていました。 ほかの派遣会社からきた男性たちは全員引っ越し業務の経験があったので 自分たちで判断してすすめていましたが、あれが全員引っ越し業務未体験だったら 地獄絵図だったと思います。 現場リーダーは底辺でしたが、ほかの派遣会社からきたお仲間たちが、 頑張っても皆の半分しか役に立たない私に優しくして下さいました。 12時過ぎてからは体力自慢の男性陣も皆フラフラに。 そんな中、 現場リーダーだけは一人ペットボトルで水を飲んでいました。 引っ越しバイトの経験者たちも「こんな最低なリーダー初めて当たった」と言っていました。 私はトイレ休憩を利用して派遣会社をとっちめ、引っ越し1件目で 帰ることを承諾させ、リーダーには具合悪くなったから帰ると言い切って早退しました。 最後に罵詈雑言を浴びせてきましたが、人が減ってこの後 リーダーがどんだけ苦しもうが、深夜まで業務になろうが知ったこっちゃないです。 怒鳴ったら人が言うこときくと思ってるのがバカなんじゃないかと思いますね。 自分を守るために途中で逃げようと思ったのですが、全身ユニホームへ着替えていて トラック運転席に私物と着替えを置いていたためそれが人質状態になってしまい 逃げることが出来なかったんです。 運転席は鍵かけられてたもので。 ほんと、無理だったら途中でも逃げたほうがいいです。 わたしは1日かぎりのつきあいであるリーダーが何わめこうが どうでもよかったんで口答えしてませんが、もししてたら、 あの病的なヒステリー具合をみるに、女でも殴られてたと思います。 ゴミ扱いされたことはその日のうちにしっぺ返しくらわしてやったので スッキリしています。 一番の痛手は人手が減ることですから。 結論としては、女性でも機転がきいて体力がある方はつとまると思いますが まあやめといたほうがいいですね。 もっと女性向きなお仕事沢山あります。 引っ越しのアルバイトをやるきっかけとなったのは、アルバイトの求人サイトで「未経験歓迎」「アットホームな職場」などが書かれていたので自分に向いているかなと思って引っ越しのアルバイトを始めました。 面接の時に所長さんから「ウチはアットホームな職場だよ。 」と言われ、いざ営業所に行ってみると、ピリピリムードが漂っていました。 現場に行く前に必ず各班の人達は全員の前で今日の目標を言って、引っ越し用のトラックに乗って県内や隣の県にある現場によく行きました。 現場に着いても、仕事の手順を教えてる先輩もいれば、わからない事を聞いても「自分で考えろ!」といきなり逆ギレをされたり、お客様の前でも大声で罵詈雑言を言ってくる先輩もいました。 引っ越しの仕事は体力も必要ですが、心がすぐに折れないような精神力も必要です。 中卒で引っ越しの仕事を始める前は五年ほど内装業をやっていた者です。 田舎から引越して始めてバイトをするにあたって引っ越し業者を選びました。 引っ越しバイトを選んだ理由は単純に 1番きつそうな仕事を経験しとくのもいいかな? という感じですw 正直最初の一週間は本当にきつかったですw まぁ初日に階段三階というのもありますが ある程度体力には自信があったのでまぁなんとかなるだろって思ってましたが…。 なんとかなりませんでしたねw 何度も自分だけちょいちょい休憩させてもらいました…。 荷物は重いは、階段はキツイは、有る程度覚悟していましたけれど想像以上でしたw でも一ニ週間もすれば体は慣れますし何と無く現場の流れみたいなのも分かるので最初どれだけ頑張れるかだと思います。 たとえ初日全身筋肉痛でも翌日出ない方々はすぐ辞めてしまう気がします あとよくネットでバイトは酷い罵声を浴びせられるなんてことをネットで見ていたので内心ビクビクしながら行きましたけどそれほどでもないと思います。 自分はとりあえず前の職場からの教訓で、自分に与えられた仕事を一生懸命することと大きな声で返事をする。 この二つは絶対やっていたので今二ヶ月目になりますが大声で怒鳴られるなんてこと今のところ一度もないですね。 あ、でもやはりガテン系の方 優しいけど怒ると怖い が多いので返事をしない内気な方なんかはかなりメタメタに罵声を浴びてたりしてますね…。 とにかく返事さえ大きな声でしておけば人間関係は何てことないですよw! 最後にこの仕事は本当にいい経験になると思います。 精神的にも肉体的にもかなり鍛えられますし手取りも頑張ればかなりの額になりますし…。 まぁでも一生続ける仕事ではないですねww二年〜三年とある程度期間を決めたほがいいですね体に故障がきたらどうにもなりませんしw 長くなりましたけどこんな感じですね これから引越しのバイトを始めようかなと思っているかたの参考になれば幸いですw ちなみに働いてるとこはドラえもんの引越し社ですねwではでは! 社会勉強のために某アルバイト募集サイトで応募、その場で採用されました。 初めのうちは、体力的にキツいなと思ったりしてはいましたが、徐々に慣れてきて、カラダもついていくようになりました。 また、毎回違う社員さんや僕と同じバイトの人とでチームが組まれるのは、人と接する良い経験になります。 確かに煽られたりすることもありますが、それは承知だったし、僕は結構図太い性格 極端な例ですが怒られながらでもご飯食べれます 苦笑 ので、全然平気でした。 僕は体育会系じゃなくて文系で、体力も人並みか下手すればそれ以下 体型も普通 なんですけど、何とかやってるので、僕みたいなタイプの人でもやる気さえあればきっと続けられますよ! 殴られたり蹴られたりするとか聞いたことありますけど、その程度のことで恐れてたら社会人になったとき まだ社会人じゃない僕が言えたことじゃないですが 、もっと酷い精神攻撃 人によっては力で圧されるよりキツい。 に負けちゃいますので、若いうちにこういった仕事を経験して、耐性をつけておくのもアリだと思います。

次の

【高時給】引っ越しバイトの評判は?きつい?大学生の体験談を多数紹介!(バイトあれこれ)|t

引っ越し アルバイト

バイト情報サイトでよく見かける「引っ越しバイト」。 事務所移転作業等の台車を使った簡単なお仕事です。 はじめは簡単なお仕事からなので初めての方も安心です!• 引っ越し屋さんでアルバイトをしようと思っている女性の方は、バイトに応募する前にぜひ一度この記事を読んでみてください。 もくじ• 引っ越しバイトは女性にはきつい? 引っ越しのアルバイトは女性でもできる仕事なのかって、結論から言うと「仕事による」んですよね。 事務所移転作業等• 台車を使った段ボールや荷物の運搬• 引っ越しの荷物の梱包• 引っ越しのアシスタント作業 バイト情報サイトを見るといろんな仕事内容が書かれていますけど、どの仕事をやるかによって肉体的なきつさは全然違います! 引っ越しの際の食器や洋服の梱包作業などは女性の細やかさなどが活かせますし、主婦の方やベテランのおばちゃんもバリバリ活躍しています。 一方、家具や荷物、段ボールの運搬や積載などの力仕事などはやっぱり女性には体力的に厳しいんですよね。 引っ越しバイトで女性におすすめなのは断然「梱包」だと思います! でも、バイト情報サイトに掲載されている「時給1200円!」のような内容のアルバイトは、梱包だけじゃなく運搬や積載の仕事もある事がほとんど。 梱包だけがやりたいときは「梱包スタッフ募集」とはっきりと梱包のみで募集されているものを選んだ方が確実です。 しかし、仕事内容が梱包だけだと時給は他の作業に比べて下がってしまう事が多くって…時給がいいから気になってるのに、こうなると引っ越しのアルバイトを選ぶメリットもなくなってきますよね。 じゃあその「時給1200円!」の仕事はどうなの?というところで、短期の引っ越しバイトでよくある「引越アシスタント」「引っ越しスタッフ」についてご紹介しますね。 引っ越しバイトの仕事内容は?実際どうなの? 会社の方針や引っ越しの規模によっても違いますが、引越バイトは基本的に3人のチーム制で動くことが多いです。 少人数のチームでの仕事なので、一人あたりの仕事量や負担はどうしても大きくなります。 引越バイトがきつい理由も「少人数での仕事」にあると思います。 段ボールを運ぶだけのオフィスの移転作業等• 今日働く現場がどんなところなのかは正規のスタッフも書類でしか知りません。 実際に現地に行ってみると、台車が通れないくらい通路が狭かったり、エレベーターがなくて階段で手運搬するしか方法がなかったり…。 現場によって当たりはずれがかなり大きいのが現実なんです。 実際は、若いご夫婦のエレベーターの無い4階から、これまたエレベーターのない3階への引っ越しでした。 そんな引っ越しアシスタントの基本的な仕事の流れは…• 現場へ行って荷物の梱包• 荷物を搬出するときに部屋や建物が傷つかないように養生をする• 梱包が終わった荷物をひたすらトラックまで運ぶ• 搬出が終わったら引っ越し先へ行って荷物を搬入 これで一つの現場が終わりになります。 バイトの仕事は基本的に「荷物運び」と「便利屋」です。 何をやっていいのかわからない状態でできる事って限られてるので、どうしても単純作業になっちゃうんですよね。 荷物運搬だけじゃなく、社員に言われた資材をトラックから取ってきたり、別の社員に伝言を頼まれたりといった「ぱしり」な仕事も正直多いです。 特においしいなと思ったのが 移動の時間も時給として換算されること。 拘束時間は長いですけど登録制の短期での引っ越しバイトの場合は日払いでお給料がもらえるのも嬉しいところ。 当日払いでまとまったお金が入りますので、急にお金が必要なときや、1日に数時間中途半端に働くよりも1日がっつり働いた方がいい!という場合には特にぴったりです。 きつい仕事でもなかなか辞められなかった理由ってやっぱりそこなんですよね。 引っ越しバイトを女性がやろうと思ったら時給はちょっと安いけど梱包がおすすめ!• 短期の引っ越しアシスタントのバイト募集はいろんな仕事をやる可能性が高いので注意!• 仕事のきつさは現場の当たりはずれで大きく変わる• 仕事がきついけど時給は高いので確かに稼げる 引っ越しアシスタントのバイトをやろうかどうか迷った時は、きつそうだけど…それでも時給がいいからやる!という気持ちがあるかどうか考えてみてくださいね。 引っ越しバイトはかなり怒られる厳しいバイトって本当? 最後に、仕事のきつさと同じくらい気になる「引っ越しバイトの社員の厳しさ」についてお話します。 引っ越しバイトでよく聞く話が… 引っ越しバイトはちょっとしたことですぐに怒鳴られる 性格の荒い社員が多い 仕事が遅いと怒られる こんな「社員さんがかなり厳しい!」という話じゃないでしょうか。 どちらかというと、女性にとっては仕事のきつさ以上に気になることですよね。 仕事が肉体労働なので体育会系な雰囲気は正直ありますけど、社員さんの厳しさは人次第です。 少人数での作業ということもあってごまかしがきかない分、作業のやり方や態度などが社員さんの目に止まりやすいので、ちょっとした事でもすぐに怒られちゃうのは確かです。 w でも今考えると、怒られたことって理不尽なことじゃないんですよね。 お客さんの荷物を傷つけそうな時とか、家や建物を傷つけそうな運び方をした時とか。 言われたことをやってなかった時といった、働くうえで気を付けなくちゃいけない事が出来てない時に叱られてたなって。 以前は理不尽なことで怒鳴られるようなこともあったようですが、最近はコンプライアンスの意識が定着してきてアルバイトに対する接し方も変わってきています。 「キツイ、厳しい」という理由でなかなかバイトが来ない引っ越し会社からすると、働いてくれてるバイトさんは貴重な人材。 辞められると困るので、バイトへの対応もそれなりに気を使ってくれます。 それに引っ越し屋の社員さんって、引っ越しのプロなんですよね。 引越しの仕事にプライドを持って、自分たちのやる引越しに自信と責任を持って仕事してる人達なので、その仕事の仕方にはバイトと言えども妥協はしません。 お客さんからしたら会社の制服を着てたら社員もバイトも同じですから、例えバイトでもその引っ越し業者の従業員として現場にいる時は会社の損失になるような事をしちゃうとかなり本気で叱ります。 少人数だからこそそれがストレートにぶつけられるので、引っ越し業者の社員は厳しい!恐い!すぐ怒鳴る!!…なんてイメージがついちゃうんだと思います。 単発の引越アシスタントなら1日だけでも働けますので、まずは一度試してみるのもいいと思いますよ。 最後まで読んでくださってありがとうございました!.

次の

引越しのアルバイト体験記・評判

引っ越し アルバイト

求人に応募した理由は 「一日だけならできるかな?」 アート引越センターのアルバイト求人に応募したのは、僕が高校生2年生の時です。 他社で引越しバイトをしたことがあったけど、楽しくなくて一日で挫折。 引越し業に興味を無くしていたものの、友達からアート引越センターは全額日払いだと聞いて…まんまと、お小遣い欲しさに(笑)「一日だけなら我慢できるかな?」という気持ちで求人に応募しました。 今でも覚えているのは、初バイトの日に「作業中もトラックの移動中も楽しかった」ことです。 階段の上り下りはしんどかったはずなのに、他社とは違って、お客様もスタッフも笑顔!その理由は、正社員とアルバイトスタッフに壁がなく、すぐに「仲間意識」ができていたからだと思います。 始めて顔を合わせたメンバーなのに、チームワーク力を発揮していました。 今思えば、先輩スタッフさんが上手に気を配っていたからだと分かりますが、当時は不思議な感覚。 引越し=しんどいもの、ではなく、引越し=楽しくてみんなが笑顔になれることなんだと知ったんです。 高校生だったし、同じ汗をかくバイトなら楽しいほうが良い!アート引越センターでバイトを続けようと決めました 引越しの仕事とは 「大切な思い出を運ぶ」こと 順調にアルバイトを続けていた僕ですが、初めの頃はミスをしてしまったこともあります。 コタツを荷台に積み込む時に、集中力が足りずに布団袋に引っ掛けてしまい、コタツの足を破損。 アート引越センターでは、お客様にご迷惑をおかけしてしまうようなミスをしてしまっても会社がしっかりフォローしてくれますが、僕は何よりも、ミスをしてしまったことを猛反省しました。 お客様によってその物の価値は違います。 どんな物でも大切な想い出がある。 そう思えるようになったのは、この経験の他にも「想い出を運んでいるんだ」と実感したことがあったからです。 印象に残っているのは、いつもとちょっと違う梱包済みの荷物がある現場でした。 僕は梱包状態を見て「大切な何かなんだ」と感じ、お客様が梱包されていたものをさらに丁寧に梱包しました。 すべての引越しを終えると、お客様から「大切にしてくれてありがとう。 これは家族の遺品なんです」というお話しがありました。 初めてのことで驚いたと同時に、若いアルバイトスタッフの僕でも「想い出が守れたかな?」という気持ちにもなりました。 引越しとは、家族の楽しみ・喜び・悲しみ・希望・夢など、本当にたくさんの想い出と向き合って、新しい生活へ前進していくもの。 だから僕は、全ての家財道具や新居を傷つけないようにと心掛けています 高校生&大学生アルバイトのススメ 単純に「物を運ぶだけ」ではないからこそ、アート引越センターでのアルバイトを経験して欲しいと僕は思います。 高校生や大学生が社会人になる前に、学べることや仲間から吸収できることが山のようにあるからです。 そして、若いスタッフが大勢活躍しているから、年が近いし話も合って友達もできる。 すぐに輪に入れる雰囲気です。 僕が在籍する支店では雰囲気が良すぎて、バイトスタッフは給料をもらってもすぐに帰らず、ゲラゲラ笑いあっています。 アルバイト求人へ応募するきっかけは、僕みたいに、お小遣いに目がくらんだだけでも大丈夫(笑)。 なぜなら「アート引越センターには、バイト代以上の価値がある」から。 高校生アルバイトからスタートして、正社員2年目の僕は、自信をもって高校生&大学生スタッフにそう伝えています。 ちなみに引越しのバイトは、運動神経と仕事ができるできないは関係ない!笑顔があればバイトできます!「力よりコツ」「力より慣れ」ですよ! 最後に、せっかくなので僕の目標をここで宣言させてください。 アート引越センターはアルバイトからスタートした社員にも平等に出世の道があるんです。 だから僕は「ぜったいに、30代で支店長になります!!!」全支店長が僕の目標ですが…いずれ抜かしちゃいますよ(笑)…いや、笑いじゃありません、本気です!!!.

次の