シミ 消す クリーム。 シミを取る成分がハイドロキノンやトレチノインだと分かっている人が使う製品とは!?

シミクリームおすすめランキング【シミ消し化粧品の口コミ・比較】

シミ 消す クリーム

お肌の乾燥も、ターンオーバーが乱れる原因になるので注意。 ピーリング剤は塗って洗い流すタイプのものがおすすめ。 また、強い美白作用をもつ 「ハイドロキノン」配合の化粧品もピンポイントのシミ対策として人気です。 ただしハイドロキノンは人によっては刺激が強すぎる場合があるため、 使用前は試供品などでパッチテストを行ってくださいね。 9(ビーグレン)• シミにピンポイントで密着し、しっかりケアします。 また 「もっと早く・綺麗にシミを消したい!」という方は、 医薬品や皮膚科での治療を検討してみてもいいかもしれません。 次からは、 医薬品や美容医療でシミを消す方法をご紹介していきますよ。 3.医薬品&美容医療でシミを消す方法 ここでは、自宅でのセルフケアとあわせて検討したい• といった、 より効果の高いシミ対策をご紹介します。 セルフケアで改善しきれないシミを消したい時や、 なるべく早くシミを消したい、という時に役立ててくださいね。 3-1.医薬品でシミを内側からケア• 美容皮膚科や美容形成外科などの医療機関では、 セルフケアで消せないシミもしっかり治療してもらえますよ。 また、 なるべく早くシミを消したいという方にもおすすめ。 美容医療でのシミの治療方法には、以下のようなものがあります。 そばかすや肝斑なども治療できる。 費用:1回あたり約20,000円~(保険適用外) ケミカル ピーリング 肌表面の古い角質を除去する方法。 1回約30分で、 早いと当日からメイク可能。 費用:1回あたり約15,000円~(保険適用外) イオン 導入 ビタミンCなどを肌に浸透させ、シミの改善を促す。 痛みやダウンタイムが少ないのも特徴。 費用:1回あたり約5,000円~(保険適用外) 注射・ 点滴 注射や点滴でビタミンCを体内に取り込む。 くすみやニキビなどもケアできる。 病院によって異なるため、事前に確認しておきましょう。 この他にも、シミの種類によってさまざまな治療法がありますよ。 カウンセリングが無料でできる医療機関も多くあるので、気になることは事前に医師に相談してみてくださいね。 次からは、これ以上シミを増やさないための 効果的なシミ予防&対策を見ていきましょう。 4.効果的なUVケアでシミを予防•

次の

シミを消すクリームのランキング|効果があるのはレーザーだけじゃない!|美顔器のおすすめ

シミ 消す クリーム

この記事の目次• シミを消すといわれる人気の化粧品を使っても消えない よく聞く話ですが、シミを消すための化粧品を使っているけど全く効いていないということ。 薄くもなっていない。 口コミでは人気の商品なのになぜ効かないんでしょうか? シミを消すための商品には、シミができないように予防するタイプとできてしまったシミを薄くしたり、シミを消すタイプがあります。 シミを消す化粧品っていろいろありますが、ほとんどが予防を目的とした商品なのです。 つまり今使っている化粧品を続けても出来てしまったシミはなくならないってことになります。 ではシミを消す成分は何でしょうか!? シミを消す成分 シミを消すのに最も効果的と言われている成分は、「 ハイドロキノン」という成分です。 皮膚科で処方するシミ治療薬の成分がこれです。 この成分は、シミの元となるメラニンを淡色化する作用があるとの研究結果が出ています。 シミを消すには最強の成分と言われています。 そしてもうひとつの成分が「 トレチノイン」です。 トレチノインはビタミンA誘導体の一つで肌のターンオーバーを促進し、肌内部からシミを排出させる働きがあるとされます。 シミを消すために効果を重視するなら現在最強の成分と言われている「ハイドロキノン」の使用でしょう。 その上で「トレチノイン」を併用するのが、自宅で行える最短の方法と言えるでしょう。 ただその効果が高い分、副作用のリスクも認識する必要があります。 国内でおススメと言われているシミ消しクリームを見てみると 口コミで人気の商品やランキングなどでシミを消す化粧品やクリームの主要成分や価格を見てみましょう。 【アスタリフト】ホワイト クリーム 30g シミに効く成分:アルブチン、ビタミンC誘導体 参考価格:5,400円(30g) 【アンプルール】ラグジュアリーホワイトクリームAO シミに効く成分:ハイドロキノン 参考価格:19,440円(30g) 【ディセンシア】サエル ホワイトニング クリーム クリアリスト シミに効く成分:アルブチン、ビタミンC誘導体 参考価格:5,400円(30g) 【ビーグレン】QuSomeホワイトクリーム1. 9 シミに効く成分:ハイドロキノン 参考価格:6,480円(15g) 【リソウコーポレーション】リペアジェル シミに効く成分:アミノ酸生命体、ビタミンC生命体 参考価格:16,200円(32mL) 【HAKU】メラノフォーカス3D シミに効く成分:トラネキサム酸、4-メトキシサリチル酸カリウム塩 参考価格:10,800円(45g) 【エピステーム】HQブライトコンセントレイト シミに効く成分:ハイドロキノン 参考価格:14,040円(12g) これらの商品で「ハイドロキノン」を使っている商品はあります。 もし上記から商品を選ぶなら【ビーグレン】QuSomeホワイトクリーム1. 9がおススメです。 ハイドロキノンの効果 ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞 メラノサイト そのものを減少させる作用があると報告されています。 ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれています。 美白成分として有名なビタミンCやプラセンタなどは、シミ予防にはなりますが、沈着したメラニン色素を取り除く作用はありません。 ハイドロキノンはビタミンCやプラセンタなどの10~100倍の効果があると言われていて皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけることから注目の成分となっているのです。 またシミを作り出す酵素を抑制することで今あるシミを抑え、シミを作らないようにするという効果も期待できます。 以前は医師の処方のみでしたが、2001年の薬事法の規制緩和により、市販の商品にハイドロキノンの使用が許可されるようになりました。 ハイドロキノンの副作用 ハイドロキノンの強力な効果がある反面、副作用にも注意が必要です。 主な副作用としては「 肌の赤み」「 肌の色素が白く抜ける白斑(はくはん)」などがあります。 特に濃度が濃い商品ほど出やすくなります。 そこで副作用の被害を受けないようにまずは目立たない肌の部分にちょっとだけ塗ってみるとよいでしょう。 もし皮膚に変化が現れたら使用を止めるべきです。 お肌につけて24時間問題なければ副作用が発生することはないと言われています。 ただ、副作用が出なかったとしても別の化粧品(化粧水や乳液、クリーム、美容液)との併用で相性がわるく赤みや痒みが出ることもありますので注意しましょう。 また妊娠中の人や授乳中の人は使用しないようにとされています。 トレチノインの効果 ハイドロキノンはシミ生成に働きかけますが、トレチノインはできてしまった肌内部のシミの排出を促進する働きがあります。 皮膚は表面の角質層の下に表皮、その下に真皮という層があり、肌の奥部にできたシミに対して表面から塗る有効成分は届きにくく、対策しにくいものです。 トレチノインの最大の特徴は、古くなった細胞を排出を活発化させる所にあります。 つまりターンオーバーを促進させる作用があります。 通常は28日間の周期で皮膚は代謝を繰り返しますが、トレチノインは、皮膚のピーリング作用があるので肌の新陳代謝を促進させ、約20日間でターンオーバーを1周させると言われています。 皮膚が角質となってボロッと剥がれ落ちてきます。 特に加齢とともにその周期が遅くなりますのでトレチノインの代謝促進は有効です。 ビタミンA誘導体なども同様の効果がありますが、トレチノインは特に優れた働きをします。 市販の商品にビタミンA誘導体であるレチノール配合の化粧品がありますが、トレチノインの働きはその100倍とも言われています。 またトレチノインは、シミを排出するだけでなく、体内で生成されるコラーゲンやヒアルロン酸などをも活性化させ、肌全体を生まれ変わらせるとされます。 シミ解消に対して圧倒的な効果が出るとは言えませんが、シワやハリ、キメなど肌の若返り全般にも効果が期待できます。 トレチノインの入手に関しては国内では医師の処方が必要となります。 一方、個人輸入であれば、海外から入手できます。 トレチノインの副作用 トレチノインは肌のターンオーバーを促進するので不要になった古い角質を体外に排出します。 なのでクリームを塗った部分の肌がポロポロと剥がれ落ちてきます。 角質が剥がれ落ちた肌は敏感になっています。 すると一時的に 肌のバリア機能が弱まりますので紫外線などの影響を受けやすくなります。 この時期に日光を浴びると日焼けなどで色素沈着が起こり、かえって色が黒くなってしまうことにもなりかねません。 使用時期や紫外線対策をしっかり行いましょう。 また火照ったような赤みが出てかゆくなったり、肌が乾燥することがあります。 皮膚の赤みが何日も続いたり、ヒリヒリするようなら使うのを止めましょう。 妊娠中や妊娠の可能性のある人、授乳中の人は使用しないようにとされています。 試してみたいハイドロキノン製品 上記のアンプルールやビーグレンを使っても良いでしょうが、続けるには価格が高い。 そこでいっそ海外の製品をおススメします。 こららは、海外では評価が高く、しかも圧倒的に安い。 参考価格:1本20g 1,263円 参考価格:1本20g 2,530円 試してみたいトレチノイン製品 国内では、トレチノインは病院での処方が必要となります。 薬局では販売していません。 健康保険は適用されず、相場で1ヶ月で3万円~5万円ほどかかります。 そこでおススメは個人輸入代行で海外から取り寄せることです。 購入方法は通販と同じです。 参考価格:1本20g 1,550円 参考価格:1本20g 3,260円 ハイドロキノンとトレチノインの併用 ハイドロキノンとトレチノインは併用することができます。 むしろ併用することで相乗効果が期待できるのです。 まず トレチノインでシミのある場所を剥がしてハイドロキノンでメラニン色素を漂白して抑えていくのが狙い。 原理としては、トレチノインでターンオーバーを促進し、色素沈着を起こしているメラニンの排出を早めます。 そこにハイドロキノンを導入することでメラニンの生成を抑制することでシミをブロックするのです。 つまりシミを排出しながらこれからできるシミを予防するということです。 また単体の使用では浸透が悪いハイドロキノンをトレチノインと併用することで肌内部に浸透させることで高い効果を得ることが期待できます。 のセット ハイドロキノンとトレチノインの正しい使い方 ハイドロキノンとトレチノインは、使い方を間違えると赤みが引かなかったり、逆に色素が沈着してしまうなどトラブルの原因になります。 特にトレチノインを使うためには十分な知識を身に付けておく必要があります。 1.洗顔後、化粧水を付け、乾かします。 (化粧水はビタミンC誘導体が含まれるものが好ましい。 ) 2.シミの部分にトレチノインをピンポイントで薄く塗り乾かします。 (シミ部分からはみ出さないように注意。 綿棒などを使うと良い。 ) 3.ハイドロキノンをその上に一回り大きく薄く塗ります。 ・基本的には朝晩1回ずつ行います。 ・治療期間は1~1. 5ヶ月程度を1クールとします。 ・ 最大1. 5ヶ月経過したら必ずトレチノインの使用を止めること。 ・1クール終了、最低1. 5ヶ月はクールダウンの期間とし皮膚を自然回復させます。 ・ハイドロキノンは終了後も1ヶ月ぐらいは塗り続けます。 ・クールの回数はシミの状態によって2回から3回行います。 ・トレチノインにより敏感になった皮膚は紫外線の影響で色素の沈着が起こりやすいので紫外線対策を徹底しましょう。 通常、医師の指導の元で治療するものですので、個人で行う場合は十分な知識と注意が必要です。 \ SNSでシェアしよう! / ジェネリック医薬品トレンドの 注目記事を受け取ろう•

次の

シミ消しクリームランキング☆人気&おすすめ シミ消し化粧品

シミ 消す クリーム

傷跡に効果のあるクリームとは? 手や脚など、気になる箇所にある傷跡を消したい、目立ちにくくしたい。 そのようなときは、傷跡用のクリームを使用するという方法があります。 出来たばかりの傷跡だけでなく、1~2年前の古い傷跡などにも効果があります。 今回ピックアップするクリームは以下の3つです。 「アットノン」(小林製薬)• 「ヘパリンZクリーム」(ゼリア新薬)• 「モデム パリダクリーム」(タイヨー) どれも人気で評判の高いクリームです。 それぞれのクリームの成分や効能、特徴、価格などについて詳しくお伝えしていきますね。 アットノン アットノンは、小林製薬が販売している傷跡を消すためのクリームで、テレビCMでもお馴染みの市販薬です。 小林製薬の女性社員が、自転車で転んでしまったときの傷跡をずっと気にしていたため、「その傷跡を治せる薬があったらいいな」という思いがアットノン開発のキッカケになったようです。 その後、アイディアを出し合い、2007年6月にテーマ化され、2010年4月に承認取得。 2010年5月から中国・四国地区でテスト販売し、2011年3月に全国発売されました。 アットノンはシリーズ化されており、「アットノン」「アットノンクリーム」「アットノン コンシーラータイプ」「アットノンローション」の4タイプが発売されています。 4タイプとも、成分・効能の表示に違いはありません(含有する添加物は異なります)。 使用感が良いと評判なのは、ジェルタイプの「 アットノン」や、クリームタイプの「 アットノンクリーム」です。 アットノンの成分は「ヘパリン類似物質」と呼ばれる有効成分です。 ヘパリン類似物質には以下の作用があります。 水分保持作用 角質に水分を保持させ、保湿性や柔軟性を回復• 抗炎症作用 皮膚の炎症を鎮め、皮膚の正常化機能を回復• 血行促進作用 血流の循環を良くし、皮膚の新陳代謝を促進 傷跡は、毛・汗腺・皮脂腺などが欠如しており、乾燥しやすい状態になっています。 そこで、「水分保持作用」によって傷跡の保湿性や柔軟性を回復させます。 また、傷跡の真皮の中では慢性的に炎症が起きています。 これを「抗炎症作用」で鎮め、皮膚の有する正常化機能を回復させます。 そして、「血行促進作用」により、皮膚の新陳代謝を促進させます。 これが傷跡を消す仕組みです。 アットノンの効能についてですが、切り傷や擦り傷などの傷跡にはもちろん効きますし、やけどの跡にも効きます。 また、角化症、手指の荒れ、手足のヒビや赤切れ、乾皮症、しもやけ、打身やねんざのはれ、筋肉痛、関節痛などにも効果があります。 使用上の注意としては、 出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)の方は使用できません。 また、 目や目の周囲、口腔・鼻腔などの粘膜にも使用できません。 アットノンは市販薬のため、薬局やドラッグストアで購入できます。 ネット通販でも購入可能です。 気になるお値段ですが、希望小売価格は下記の通りです。 用量 希望小売価格 アットノン(ジェル) 15g 1,300円 (税込1,404円) アットノンクリーム 15g 1,300円 (税込1,404円) アットノン コンシーラータイプ 10g 1,300円 (税込1,404円) アットノンローション 25g 1,600円 (税込 1,728円) あくまで希望小売価格なので、実際の価格は販売店や通販サイトなどによって前後します。 【関連記事】 ヘパリンZクリーム ヘパリンZクリームは、ゼリア新薬が販売している傷跡を消すためのクリーム(市販薬)です。 ヘパリンZクリームの成分は「ヘパリンナトリウム」です。 血液の循環を促進したり、炎症を抑えたりする作用があります。 ヘパリンZクリームの成分「ヘパリンナトリウム」と、アットノンの成分「ヘパリン類似物質」は名前が似ていますが 別物です。 ヘパリンナトリウムはヘパリン(ムコ多糖類と呼ばれる糖類の一種)から精製されるナトリウム塩です。 ヘパリン類似物質は、ヘパリンと類似した働きのある物質(ヘパリンに構造を似せて開発されたもの)です。 ヘパリンから精製されたものと、ヘパリンに構造を似せて開発したもの。 どちらがよいかは甲乙つけがたいですね。 ヘパリン類似物質の方は保湿性(水分保持作用)にも優れています。 ヘパリンZクリームの効能ですが、切り傷、擦り傷、やけどなどの傷跡に効きます。 また、打身やねんざのはれ、しもやけ(ただれを除く)、筋肉痛や関節痛にも効きます。 使用上の注意としては、 出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)の方は使用できません。 また、 目や目の周囲、湿潤やただれの酷い患部にも使用できません。 ヘパリンZクリームは市販薬のため、薬局やドラッグストアで購入できるほか、ネット通販でも購入できます。 価格は、単品用量18gで 1,200円前後が相場です。 【関連記事】 モデム パリダクリーム モデム パリダクリームは、タイヨーが販売している保湿成分の含まれているクリームです。 美容クリームですが、顔の傷跡やニキビ跡などを改善する用途でも使用できます。 モデム パリダクリームの成分は、カタツムリエキス、アロエエキス、オーガニックエキス、温泉水(湯村温泉)などの保湿成分です。 特に注目の成分はカタツムリエキスです。 カタツムリエキスとは、カタツムリの分泌液から有効成分を抽出・精製したものです。 保湿性、抗炎症性、肌荒れ防止効果、美容効果などがあります。 フランスではエスカルゴ(食用カタツムリ)の養殖が盛んなのですが、その養殖業者の手が綺麗であり、傷の治りも早かったことから、カタツムリの研究が進んだといわれています。 タレントのIKKOさんも、カタツムリエキスが配合されたクリームを愛用しているそうです。 それでは傷跡への効能はどうかというと、モデム パリダクリームは顔全体に塗ることができますので、顔にある 傷跡、クレーター、ニキビ跡などの改善が期待できます。 ただし、モデム パリダクリームは、アットノンやヘパリンZクリームとは異なり、 市販薬(医薬品)ではありません。 あくまで美容クリームです。 そのため、手や脚など特定の部位の傷跡を消す効果は、アットノンやヘパリンZクリームのほうが強力に作用します。 とはいえ、モデム パリダクリームは顔全体を保湿して美容効果を得ながら、細かな傷跡、クレーター、ニキビ跡などをケアすることができます。 モデム パリダクリームは化粧品売り場やドラッグストアなどで購入することができます。 また、ネット通販でも購入することが可能です。 価格は、単品用量40gで 2,000円ほどが相場です。 傷に有効な成分って? アットノンなどの傷跡用のクリームは、 傷が治ったあとの傷跡を消すために使用するものです。 まだ治っていない傷や、治っている途中の傷(乾いていないジュクジュクした傷など)に対して使用することはできません。 それは傷薬の担当です。 そこで、傷薬などに含まれている、傷に有効な成分についてもご紹介します。 殺菌成分 塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム、オキシドール、アクリノール、エタノール、グロコン酸クロルヘキシジン、ポビドンヨード、ヨードチンキなど• 鎮痛成分 塩酸ジブカイン、安息香酸エチル、リドカイン、テシットデシチンなど• 止血成分 塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリンなど• 組織修復成分(傷の修復を早める成分) アラントイン、アルミニウム・クロルヒドロキシアラントイネート、酸化亜鉛など• 保湿成分 ワセリン(白色ワセリン・黄色ワセリン)、グリセリン、オリブ油、尿素など 傷薬には、殺菌成分、鎮痛成分、止血成分、組織修復成分、保湿成分などが含まれているので、傷薬を塗ると痛みが鎮まったり、傷が早く治ったりするわけですね。 本気で傷跡を治療したいと思うなら 大きな傷跡、深い傷跡、古い傷跡(3年以上前の傷跡)など、傷跡の中にはクリームでは消しにくい傷跡もあるでしょう。 そのような傷跡を本気で治療したいと思うなら、 傷跡修正の専門クリニックを受診するという選択肢もあります。 専門クリニックとは、傷跡修正に対応している美容皮膚科、形成外科、美容外科などのことです。 専門クリニックでの治療法は、主に縫合やレーザーによるものです。 傷の大きさなどにもよりますが、どちらの方法でも高い治療費(数万円~数十万円の額)になる可能性があります。 初回カウンセリング、初回診断、見積もりだけなら無料の専門クリニックも多数あります。 おすすめは 『中央クリニック』です。 無料カウンセリングはもちろん、親身に相談に乗ってくれるドクターが揃っています。 ご興味のある方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。 傷跡修正の無料カウンセリングを行なっている 【関連記事】 まとめ.

次の