失業手当 いくら。 失業手当はいくら貰えるのか?計算方法と多く貰う裏技を解説

失業保険の金額の計算方法や給付される期間などについて徹底解説!

失業手当 いくら

失業手当とは 失業した人が再就職することを支援するための給付金です。 雇用保険を支払っていた人がもらえます。 一般的には「 失業手当」と呼ばれていますが 正式には「求職者給付の 基本手当」のことを指しています。 失業手当の申請に必要な書類 失業手当をもらうためにはハローワークに行って申請します。 必要な書類• 離職票-1• 離職票-2• 写真2枚 縦3. 5cm• 失業手当には次のような受給資格が定まっています。 受給資格• 離職日以前2年間に12か月以上の被保険者期間がある• 倒産・解雇などやむを得ない理由での離職の場合は 離職日以前の1年間に6か月以上の被保険者期間がある 出産・育児ですぐに働けない場合は「 受給期間の延長」が可能です。 「 受給期間の延長」を次の章で詳しく見ていきます。 受給期間の延長 出産・育児以外にも病気など特定の理由で離職後にすぐに働けない人のために 失業手当をもらって就職活動する期間を延長することができる制度があります。 受給期間の延長とは 「受給期間の延長」を申請すると出産・育児が理由ですぐに働けない場合に 失業手当がもらえる期限を先延ばしにすることができます。 本来の受給期間は離職した日の翌日から1年間です。 出産・育児で離職した場合はこの期間を最長3年間まで延長することができます。 どういうことかというと、 失業手当の「申請と給付期間」は離職日から1年以内におさまる必要があります。 なので、申請は早めに済ませる必要があります。 なぜなら受給の開始が遅くなると、 受給期間が残っていても離職日から1年間を超えた分は受給できないからです。 ただし、出産・育児は1年以内にめどをつけて就職することが難しいですよね。 なので出産・育児の場合はこの1年間の受給期間を4年間に延長できるというわけです。 つまり、出産・育児で離職した場合は 離職日の翌日から4年間の間で、給付日数に応じて失業手当を受け取ることができます。 「受給期間の延長」申請の手続き では 受給期間の延長に必要な書類などについてみていきます。 申請期間: 離職日から30日以降 必要書類:• 受給期間延長申請書• 離職票-2• 「失業手当もらう=求職する意思がある」ということになりますのでご注意を。 1:離職後30日経ったら「受給期間の延長」をハローワークに申請 2:産後8週間以上経過し働ける状態になったら、求職と「失業手当の受給」をハローワークに申請 3:失業が認定される 待機期間7日以降 4: 失業手当の支払い開始 出産の場合は大体 2週間ほどで支給開始 5:4週間ごとに定められた認定日にハローワークに行き求職活動をする 6:就職したら失業手当の支給が終了 失業手当の金額・期間 いったい自分はいくらくらい失業手当をもらえるのか? 受給できる金額と期間について見ていきます。 金額や期間はこれまでの 収入や被保険者期間、退職理由によって異なります。 ここでは出産が理由での退職 特定理由資格者 が受給できる期間を見ていきます。 まとめ• 出産が理由で退職したら失業手当の「受給期間の延長」を利用しよう• 「受給期間の延長」は最大で4年間まで延長可能• ハローワークをうまく活用して次の就職に活かせることを祈っています。 質問やお問い合わせがありましたら専用のフォームからお願いします。

次の

【2020年最新】失業保険の金額を計算(自動計算ツール)

失業手当 いくら

失業保険の受給中や申請中、給付期間中などにアルバイトをする場合はハローワークに申請する必要があります。 基本的に1日にいくらまでアルバイトで稼いでも良いなどの絶対的な決まりはありません。 しかし失業保険の制度の中に『 賃金日額』という金額が存在します。 この 賃金日額の8割を超える収入をアルバイトで稼いでしまうとその日は失業保険が支給されなくなったり減額されたりしてしまいます。 さらに失業保険を最後までもらいたいのであれば雇用保険の加入には気をつけなければいけません。 このように失業保険中は受給条件や賃金日額に基づいた金額などを使ってアルバイトで稼いでも良い収入を計算しなければいけません。 まずは失業保険の受給条件の中でも最低限である アルバイト中の雇用保険の加入,未加入について知っておきましょう。 失業保険中のアルバイトは雇用保険の未加入を満たす働き方が大切 失業保険の受給中や申請中にアルバイトをするのであれば雇用保険に入らなくても良い金額だけアルバイトをする必要があります。 この雇用保険は 1週間に20時間以上働き 1か月以上継続してアルバイト契約をする この2つの条件を満たしてしまうと会社は雇用保険に加入させなければいけなくなってしまいます。 そのため雇用保険加入者となりハローワークから再就職した人と判別され 失業保険の給付は終わってしまいます。 このようにハローワークから再就職したと間違われないためにもアルバイトで雇用保険に加入する事は避けておきましょう。 失業保険の賃金日額8割をアルバイトで超えると失業手当てが減額されます。 失業保険の受給中に失業手当て日額とアルバイトをした日に発生した収入が 賃金日額の8割を超えてしまうと超えた分だけ失業手当てが減額されてしまいます。 失業手当てが減額されたくないのであれば 失業保険中にアルバイトで稼いでも良い金額は 賃金日額の8割までという事になります。 もちろん失業手当て日額とアルバイト代を足して8割という事ですね。 失業保険中にアルバイトで稼いでも良い金額は失業保険をもらう人の『賃金日額』という金額によって変化してきます。 さらに賃金日額の8割と同じ金額をアルバイトで稼いでしまうと稼いだその日は失業保険が支給されなくなってしまいます。 このように賃金日額の8割の金額とアルバイトで稼いでも良い金額は関係があります。 先に逆算していくらまでアルバイトで稼いでも減額されずに済むか知っておく事で失業保険を減額されず満額もらいながらアルバイトをする事も出来るようになります。 下記ページでは失業保険を満額もらいながらアルバイトをしても減額されずに済む計算方法をご紹介していますので参考にしてみて下さい。 もう一度確認しておくと、 この賃金日額の8割 80% を 失業保険手当てとアルバイト代で足して超えてしまうと残念ながらアルバイト代で稼いだ分失業保険の手当てが減額されてしまいます。 失業保険中にアルバイトをするのであれば上記でお伝えしたように 雇用保険の未加入と 失業保険で計算される賃金日額 この2つに注意しながらアルバイトをする事が大切です。

次の

職業訓練校中に支給される金額

失業手当 いくら

失業状態とは「労働の意志及び能力を有するにもかかわらず職業に就くことができない状態」にあることを指します。 退職すれば誰でも失業状態になるわけではありません。 働ける体力も能力もあるのに仕事がなかなか見つからずに働けない時に失業給付を受給することができるのです。 例えばこのような時は「失業」とは認められません。 失業と認められないケース ・病気やケガで働ける状態にない ・妊娠・出産・育児のためにすぐに働けない ・定年退職後しばらく休養する ・看護する必要がありすぐに働けない ・就職活動をする予定がない ・家事に専念し専業主夫となる ・大学に進学する又は専門学校に通う ・再就職先が決まっていて就職活動をする予定がない ・自営業を始める予定である ・家事手伝い、家業手伝いなどで就職する予定がない ・会社や団体などの役員に就任するとき 上記のうち 1~4までの場合は働くことができる状態になった後で失業給付を受けることができます。 このような状態である場合は、必ず受給期間の延長申請をしましょう。 失業給付は通常1年以内にもらわなければなりませんが、受給期間の延長をすると 1~3の場合は4年以内、4の場合は2年以内に失業給付を受け取ることができるようになります。 この下限・上限金額は毎年8月1日に改正されています。 《下限額》平成29年8月1日現在 賃金日額 基本手当日額 2,470円 1,976円 《上限額》平成29年8月1日現在 年齢区分 賃金日額 基本手当日額 ~29歳 13,420円 6,710円 30歳~44歳 14,910円 7,455円 45歳~59歳 16,410円 8,205円 60歳~64歳 15,650円 7,042円 給付日数は自己都合退職か会社都合退職かによっても異なる 失業給付の基本手当が支給される日数を「所定給付日数」といいます。 所定給付日数は被保険者期間と離職理由、年齢などでもらえる上限日数が決まっています。 また 自己都合での退職から会社都合の退職かによっても給付日数は異なります。 給付日数については、一度に全ての日数分がもらえるわけではありませんので注意してくださいね。 失業給付をもらう手続き方法 失業給付をもらうためには、自らハローワークへ行って手続きをしなくてはなりません。 仕事を辞めたら勝手に給付金が支給されるわけではないので、忘れずに手続きを行いましょう。 「離職票ください」と申し出ることでもらうことができます。 ハロワークで仕事の相談をした ハローワークの講習会に参加した 派遣会社へ電話にて職業相談した 実際に求人に応募した 転職エージェントに申し込みをした このような行為が求職活動として認められます。

次の