ギフテッド iq。 私はIQが138あるいわゆるギフテッドです。私が自分のIQを知った時初めに感じたのは疎外感...

高度な潜在能力を持つ「ギフテッド」と発達障害の違いとは!?

ギフテッド iq

ギフテッドの子の中でも IQが高い子どもの脳には共通した特徴があることがわかっています。 発達障害もギフテッドも脳の作りの違いから生じるものですが、 IQの高いギフテッドの子どもの脳にはどのような違いがあるのでしょうか。 IQが高い子どもは大脳の成長が遅い!? IQが高い子どもの脳に関して面白い論文が発表されています。 2006年にアメリカの国立精神衛生研究所が発表した論文よると、 IQが高い子どもの脳はそうでない子どもの脳に比べて、大脳の一部である前頭前皮質の厚さが薄いといいます。 これは300人以上の6~19歳の子どもたちの脳を MRIで撮り調べたものです。 成長過程のおいて、前頭前皮質は7、8歳で厚みがピークに達するのですが、 IQの高い子ども(この研究では IQ121~145の子どもたちのグループ)は 12歳で厚みがピークに達することがわかりました。 ピーク時の前頭前皮質の厚さは IQが高い子どもはそうでない子と比べて厚いということがわかっています。 前頭前皮質の厚さがピークに達すると次の成長過程のステップとして脳は成熟プロセスに入ります。 この成熟プロセスというのは厚くなった前頭前皮質が薄くなっていくプロセスです。 IQの高い子どもの脳は前頭前皮質の成長がそうでない子どもと比べてゆっくりであり、成熟プロセスに入ると一気に成熟し、この成熟スピードはそうでない子どもよりも早く進みます。 そして、成熟が終わる頃には前頭前皮質の厚さはそうでない子どもよりも薄くなっているということです。 つまり、まとめると IQの高い子の脳は前頭前皮質の厚さが厚くなるという成長がゆっくりであること。 そして、 ピーク時は厚さも厚く、成熟プロセスに入るのが遅い一方で、成熟プロセスに入った途端一気に成熟し、最終的に厚さは薄くなるということです。 ゆっくりとした大脳の成長は複雑な回路を形成している! そしてこの調査結果から最初のゆっくりのとした成長は脳の複雑な回路を発達させていくことに役立っているのではないかという考えが濃厚になりました。 前頭前皮質の働きには、「 実行機能」があります。 目標を決めて、計画を立て実行する能力や整理整頓能力、また人格形成にも関わってくる分野であるといわれています。 そのため 7 、8歳のギフテッドの子はまだ前頭前皮質の成長がそうでない子よりも遅れているため、学校での生活で支障をきたしてしまうことがあります。 行動が周りの子よりも遅かったり、片付けができなかったり、そういったことで周りの友達からも先生からも注意されてしまうことがあります。 しかし、 成長するにつれて、成熟のプロセスが完了し始めると、ギフテッドの子どもはそれぞれの分野で能力を発揮し始めます。 ギフテッドと気づかず日本のように特別な教育を受られずに大人になってしまった大人のギフテッドがいます。 振り返ってみると子ども時代にこのような特徴を持った人が、大人になって様々な分野で活躍しているということが起きています。 ギフテッドはこういったことからも発達障害の症状と似ているといわれており、その境目はとてもグレーで曖昧です。 だからこそ、発達障害の子どもはギフテッドの可能性が高いといわれているんですね。 それでは!•

次の

知られざる天才 “ギフテッド”の素顔

ギフテッド iq

「天賦の才」「天から与えられた能力」という意味で、海外では広く知られています。 アインシュタインやマーク・ザッカーバーグなどもギフテッドと言われ、数々のイノベーションを起こして来ました。 このギフテッドは日本にも250万人程度いるといわれています。 しかしギフテッドという概念が浸透していないため、その素顔はほとんど知られていません。 彼らがどんな日常を過ごしているのか探るため、番組では高IQを持つギフテッドの方々にアンケートを実施、6歳~60代の122名から回答をいただきました。 でも学校の成績は悪い。 譜面は読めませんがバイオリンを弾けました。 ゲームの延長線上で遊び感覚が半分、学歴がないので賢さを証明する手応えが欲しかったというのが半分だと思います。 年長のときに保育園のクラス全員でひらがなのペーパーをやっている時、みんなが一生懸命練習しているのですが私はもう書けるので「はじめて」と言われてすぐ終わって、すぐに先生に提出に行くのです。 すると先生が不機嫌になり、とても怖かったです。 答えはあっているのに、一つのやり方しか許してくれないことに不満はあった。 回答は「意味なんてない。 覚えろ」の一言。 以来、学校の授業に対して意欲を失った。 先生には何もしてもらえず、不登校のようになりました。 高校は普通校に一応進学しましたが、大人や周囲の人への不信感から続けることが難しく退学しました。 決して1番の成績は取らないよう手抜きをして、調整する事も忘れない。 私の場合は、自分の限界がわからなかったため30歳の頃、働きすぎて(脳を使い過ぎて)パニック障害やうつで苦しみました。 かつて企業で働いていましたが、人間関係や集団行動に適応できず、フリーランスとして生活しています。 意見を述べると、かえって「頭が悪い」「理解しがたい」など排他されることもあるし、後から述べた通りになると、手のひらを返したように意見が肯定される虚しさもあります。 そうした失敗経験から、今はただ一般的な知能のふりをすることで安全を得ている感覚もありますが、自分の意見を出したくもなる。 アクセルとブレーキを同時に踏むような感覚です。 今回、私たちは社会生活に生きにくさを感じているギフテッドの方にたくさん出会いました。 しかしギフテッドという概念が浸透していないため、相談窓口や、ギフテッド同士が交流できる場が限られているとの声が寄せられました。 取材で出会った中では、下記の場で交流を深めている方がいらっしゃいましたのでご紹介します。 SNSによる交流や情報発信、勉強会・お茶会などのイベント企画を軸として活動しています。 入会には、MENSA主催の入会テストを受けることが必要です。 詳しくはホームページで確認ください。

次の

HSP/HSCとギフテッドの関係について

ギフテッド iq

ギフテッドとは アメリカ教育省は、ギフテッドのことを 「同世代の子供と比較して、並外れた成果を出せる程、突出した才能を持つ子供」として定義しています。 () その語源は、才能という意味も持つ英語の 「Gift(ギフト)」からきており、ギフテッドという言葉は「特別な才能を与えられた」ということを意味しています。 ギフテッドの診断方法としては、古くはIQテストが実施されており、IQ130以上を基準としてギフテッドであるかどうかを判別していました。 ですが、IQはあくまで知能の一側面を評価する尺度であり、現在では多様な観点からギフテッドの判別を行うことが一般的になっています。 ギフテッドの特徴 ギフテッドと関連付けられる特徴として挙げられるのが、 「敏感さ」「情動の強さ」「完璧主義」などです。 また、 ギフテッドの60%以上は内向的な性格であり、特に知的能力の高い子供の場合にはその割合が75%以上にも及ぶとされています。 () 以上に挙げたような特徴や高い知的能力は、しばしばギフテッドが社会的な孤立感を感じる原因となってしまうこともあります。 そのため、ギフテッドの中には、学業成績などで突出した存在となることを嫌い、自分の能力を隠して周囲と同調しようとするケースも見受けられます。 () 2009年にアメリカの研究者によって発表された研究結果によると、これまで精神的な側面を中心として語られてきたギフテッドの敏感さは、身体面にも及んでいる可能性が示されました。 ギフテッドの能力を社会で生かすためには ギフテッドは 「物事を抽象的に捉え、パターン化する能力」に優れていると考えられます。 そのため、具体的な事象をパターン化し、新しい知見を見出す学術的分野は、ギフテッドの高い知的能力を生かす上で、適した場となるかもしれません。 特に、高い抽象的思考能力を必要とする数学や物理学といった学問領域は、ギフテッドの能力と強い親和性があると考えられます。 一方、様々な物事のパターンを見出すという作業は、 人工知能(AI)が得意とする事柄でもあり、今後は抽象的な概念を用いた知的労働の多くが、AIに取って代わられる可能性があります。 また、物事を抽象化・パターン化するという行為は、人間が物事を理解する上で有効な手段となりますが、情報処理能力や扱える情報量に優れたAIは、将来的に人間の思考能力が及ばない知見を次々を生み出すことが予想されます。 そのため、抽象的な思考能力を代表とするギフテッドの才能を将来の社会で生かすためには、 ギフテッドの知的な能力のみに焦点を当てるのではなく、身体的な感受性をも考慮に入れた、統合的な能力開発が必要となるのかもしれません。 おわりに ギフテッドは「敏感さ」「情動の強さ」「完璧主義」といった特徴を持っており、社会で生きづらさを抱えがちな傾向もあります。 ギフテッドは抽象的な思考能力に優れていますが、抽象的な概念を扱う知的労働の多くは、今後AIに取って代わられる可能性があります。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の