ケト ジェニック 痩せ ない。 ケトジェニックダイエットで痩せない別の理由。食事時間は?

ケトジェニックダイエットで痩せない5つの理由とは?対策できる?

ケト ジェニック 痩せ ない

ケトジェニックダイエットで痩せない原因は食事時間? ケトジェニックダイエットを続けていて、よく女性から痩せない、という話を聞きます。 ケトジェニックでは男性のほうが痩せやすいようですね。 やはりもともと筋肉量が多くて基礎代謝が高いほうが痩せやすい、ということがあるのではないでしょうか。 他にもある痩せない原因。 BMAL1(ビーマルワン) BMAL1(ビーマルワン)というタンパク質があります。 Brain and Muscle ARNT Like Protein1の略語で、このタンパク質は体内時計の働きに関わっています。 夜中に食べると太る。 でも朝も太る! 夜中に食べると太る、というのはよく言われていますよね。 夜中にラーメンを食べてそのまま寝る…とかはもっとも後悔しやすい太る食べ方の典型です。 この夜食べると太りやすい原因というのがBMAL1の存在です。 夜の10時以降から増え始め、脂肪を溜め込む働きをします。 ですので、この夜中の時間帯に食べると脂肪がつきやすくなるのです。 ですので、一日5食や6食を実践している人でも、減量期ならば、10時以降には食べないほうが無難ですね。 このBMAL1ですが、夜中だけではなく、早朝にも出ていて、朝の6時頃に特に沢山出ています。 驚きの事実かもしれませんが、早朝6時頃は夜寝る前と同じくらい太りやすい状況にあるということです。 ですので朝食が早い人はその時間に食べすぎないことが重要。 朝6時は太りやすい時間、と覚えておきましょう! ケトジェニックダイエットをしている人なら、朝から甘いケーキや菓子パン、プリンなどを食べる人はいないはずですが、いずれにせよ、太りやすい時間帯だということを覚えておいて、タンパク質中心にして軽めに摂りましょう。 そして小腹がすいたら、10時頃しっかりたべたほうが、BMAL1も減っていて、太りにくいです。 では何時が一番太りにくいの? BMAL1は朝起きてから7時間後が一番少ないと言われています。 大体14時から16時頃ですが、可能なときは、一日のうちでいちばん重要な食事をこの時間帯に持ってくることがいいでしょう。 私は夜10時以降は食べないようにし、朝も出来るだけ遅めに食べています。 早朝の時間は、水、プロテイン、ブラックコーヒーで済ませ、10時半か11時頃、ブランチを食べます。 朝起きて1時間位は水以外に何も摂取しないのがデトックスと代謝の向上にも役立ちますので、早朝から代謝をあげよう!とあれこれ食べすぎないほうが、実は代謝が上がるのです。 また朝の時間帯はインスリン感受性が最も高い時間ですので、特に糖質は脂肪になりやすいことも付け加えておきます。 まとめ 食事回数を多くする食事法を摂っていると、食事が早朝や夜遅くにずれ込む場合も起きやすくなりますので、特に減量中の場合は、BMAL1の観点も注意し、夜10時以降から朝6時過ぎまでは食べないほうが良さそうです。 また、体内時計が狂うとBMAL1の波がずれて太りやすい時間帯が変わってしまいます。 ですので、朝は日光をしっかりと浴びて、軽めの運動などもし、体内時計を正常な状態に保っておくことが重要ですね。 ちなみに、食べる時間に配慮するダイエットの代表格といえるのが、間欠的ファスティングです。 詳しくはこちらにも書かれていますので参考にしてください。 miyoshiimatani.

次の

ケトジェニックダイエットのやり方!!本当の糖質制限を初心者向けに解説

ケト ジェニック 痩せ ない

ケトジェニックダイエットでも痩せられない!そんなときはどうする? ケトジェニックダイエットというと、脂肪がメラメラとみるみるうちに燃えるダイエットと思われています。 100キロの人が60キロになったとか、それも実際に可能ですので、多くの人はケトジェニックダイエットをすると、みるみる簡単に痩せられる、と信じているようです。 しかし、そんなに簡単に痩せないことも多々あります…。 私の例を挙げると、2ヶ月で4キロ(うち3,8キロ脂肪)しか痩せませんでした。 (それ以前に試したボリュメトリックスでは4ヶ月で8キロ痩せたので、同じく1週間に500g同程度の減量です)。 当時は、便秘や足の攣りといった症状の解決法もよくわからなかったため、つらくなり、予定の4ヶ月を早めて、2ヶ月で終了しました。 痩せない原因は?カロリーの問題 ケトジェニックダイエットを毎日実践し、自分を観察しながら試行錯誤した上で、思ったように痩せなかった理由を考えてみました。 ケトジェニックダイエットではカロリー計算がいらないと言われています。 すなわち、糖質さえ取らなければ、タンパク質と脂質は好きなだけ食べていいと。 かえって、カロリー不足に陥ると、カタボリックになるから、積極的に食べたほうがいいと。 こういうふうに言われています(私がケトジェニックを始めたきっかけの、北島達也先生はそうおっしゃってます)。 それで、私もしっかり食べていました。 マヨネーズ、バター、生クリーム、ラード… こってりしたものが食べたくなるほど、ケトジェニックが進んでいると考えてしっかり食べていました。 その結果、やはり、そんなには痩せなかったです。 痩せたには痩せましたが、1週間に500g程度です。 これはもしかすると健康的にゆっくり痩せた、ということなのかもしれませんが…。 カロリー計算しなくてよい、と言われていたので、カロリー計算はしていませんでしたが、おそらく1日2000キロカロリーから2500キロカロリーは食べていたと思います。 カロリー制限ダイエットをしていたときは、一日1200キロカロリーで、1週間に500グラムのペースで痩せていきました。 実験:ケトジェニックダイエット中に、ボリュメトリックスのときと同じカロリー制限してみる ケトジェニックではカロリーオーバーでも痩せる、なぜなら、脂肪細胞を形作るグリコースが欠乏しているからです。 消費されなかったカロリー分は、尿とともに排泄されます。 確かにそうだと思います。 もしそうでなければ、糖質を食べながら一日2500キロカロリーを食べていれば、私の場合必ず太っています。 でも実際はなだらかに痩せました。 しかしながら、もし摂取カロリーを基礎代謝程度に抑えたとしたら、もっと脂肪が落ちるのではないか?というのが私の考えです。 (後でよく調べた所、他のケトジェニックダイエットのマエストロ級実践者の方で、減量したければカロリーを減らし、増量したければカロリーを増やすのは、 当然と行っている方々がいて、ほっとしました。 それはケトジェニック以前の前提であると。 そっか、 私の考えは間違ってなかった!) カロリーを落としすぎると、筋肉が減少すると思うので、最低でも基礎代謝程度はカロリーを摂取する必要はあるでしょう。 基礎代謝が1250キロカロリーのところ、一日1200キロカロリーを脂肪とタンパク質から摂取する。 それ以外にカロリー計算に加えない食物繊維としての野菜を追加。 脂肪が落ちてきているのか確かめる方法 私は本格的にダイエットをはじめる1年前、体重68キロ、体脂肪率37%ありました(一番太ったときで74キロ体脂肪率41%)。 現在、58キロ、体脂肪率29%です。 まだまだ痩せる余地はあります。 ここにいたるまで、ボリュメトリックスダイエットを4ヶ月、ケトジェニックを2ヶ月、休憩を挟んで1月からケトジェニックを再開(試行錯誤しながらなので、2週間以上やっています。 現在で4週間目)。 さて、本当に脂肪が落ちてきているのか? かなり脂肪がついていた場合、目に見えてすぐに痩せた!! というわけには、色々体験談を読んでみても、行かないこともしばしばあるようです。 私の場合、脂肪は主にお腹と腰回りについていて、これが本当に頑固でした。 ダイエット前は固太りで、脂肪もカチカチでした。 それが現在は、柔らかい感じです。 脂肪が柔らかい場合、脂肪細胞から脂肪が溶け出しているので、脂肪は溶け出しています。 気になる方は、この試験紙でケトン体が出ているかどうか調べることも可能です。 まとめ ケトジェニックでも痩せない! そんなときは、摂取カロリーを基礎代謝カロリー程度にしてみましょう。 たんばく質と脂肪で「過不足なく」カロリーを摂取していれば、そして落としたい脂肪が柔らかくなってきていれば、たとえゆっくりとでも脂肪は燃焼しています。 なので、あきらめずに食べすぎずに続行しましょう。 燃焼が遅いということは、もっと筋肉をつけて基礎代謝をあげるべき、という証拠でもあります。 筋トレとタンパク質摂取をおこたらず、燃焼する代謝の良い体を目指してください。 miyoshiimatani.

次の

食べて痩せたいあなたにピッタリ⁉ケトジェニックダイエットとは?

ケト ジェニック 痩せ ない

ケトジェニックダイエットは糖質摂取を制限し枯渇させて 脂質やタンパク質を中心にとにかく食べるダイエットです。 糖質制限がうまくいかない人が知るべき打開策は ケトジェニックダイエットについて知る事なんです。 恐らく「ケトジェニックダイエット」という言葉だけなんとなく聞いたことがあって、気になって調べてここにたどりついたのではないかと思います。 そんなあなたはもしかすると今、糖質制限で食事が物足りず苦しい思いをしている。 さらには辛い思いをしているのに痩せないとダブルで辛い思いをしている状況だと思います。 そのままだと恐らくあなたは思うように痩せることなくダイエット失敗に終わってしまうでしょう。 もしあなたが筋トレをしている人なら、糖新生で筋肉が分解され筋肉が失われるかもしれません。 でも安心して下さい。 今回は ケトジェニックダイエットについて詳しく説明し どうやってケトジェニックダイエットをすればいいのかを解説させて頂きます。 一体ケトジェニックダイエットとは何なんでしょうか。 この記事を読み終わった頃にはケトジェニックダイエット実践に奔走していることを願っております。 ケトジェニックダイエットとは 本来糖質をエネルギーとして身体は動いているのでブドウ糖を使った代謝により身体が動いています。 簡単に言うと人間は栄養素の中でも糖質を使って脳や臓器を働かせる仕組みを利用しているということです。 糖質が不足すると頭がボーっとするのはエネルギーが枯渇しうまく脳が働いていないからなんです。 この代謝を 脂質(ケトン体)を使った代謝に変えることでケトジェニックダイエットはできるようになります。 ケトン体代謝に変えると勝手に脂肪が燃焼さえるようになるのでケトン体代謝に切り替えて痩せることをケトジェニックダイエットと呼ばれています。 ケトン体とは体内の脂肪の分解によって生まれる物質になるので ケトン体代謝に切り替えるには 糖質を摂取せずにタンパク質・脂質を中心とした食事に変えることで可能になります。 なので今までやっていた糖質制限はケトジェニックダイエットの序盤だったと思って頂いて大丈夫です。 ケトン体代謝についてもう少し詳しく 人間は炭水化物からとれる糖質をエネルギーとして身体を動かしています。 これが不足すると筋肉を分解してタンパク質からアミノ酸を取り出しエネルギーとして利用する糖新生という働きが体内では起こります。 しかし体内の脂質の量を高めることで脂質(ケトン体)をエネルギーにするとする代謝 ケトン体代謝になるのです。 糖質制限を行う時に一緒に脂質もカットしてしまっていると 脂質をエネルギーとすることができずどっちつかずの代謝となり 結局糖質制限がうまくいかないと言う状況が生まれます。 しかし、高ケトン体状態は危険という見解もよく知られています。 残念ながらこれは誤りでむしろ人間は本来ブドウ糖を使った代謝ではなく 脂質(ケトン体)を使った代謝をしていることが新生児の血中のケトン体濃度がからわかっています。 これは、世界的発見と言ってもよいと思う事実なのですが、「胎児や新生児、「妊婦さんの血液には、『ケトン体が非常に多く含まれる』」ということを、私は明らかにしました。 実際に多くの赤ちゃんや妊婦さん、さらには胎児の血液を測定させていただいたことで、このことを証明したのです。 危険と思われてきたが本来は人類がケトン体代謝で生まれてきたことが明らかとなった。 確かに糖質が制限されるだけでも痩せることはありますが ケトン体の恩恵を受ける、すなわちケトジェニックダイエットとはなりません。 ケトジェニックダイエットでの糖質の摂取量の目安は 1回の食事の糖質量が20g以内、1日の糖質摂取量は60g以内となります。 糖質制限で食べて良いもの 糖質制限時に食べても良い物は以下の様な食材です。 白米・うどん・中華麺・もち・フランスパン・ロールパン・コーン・いも・にんじん かぼちゃ・りんご・バナナ・砂糖・チョコレート・ショートケーキ・おしるこ 厳しいですが主食として摂取してきた食材は基本的に一切食べずに脂質、タンパク質が主成分の食事を 摂っている時に致し方なく摂取してしまう糖質だけに抑えるようにしましょう。 脂肪が燃焼される理由 ケトジェニックダイエットとは?でも解説しましたがケトン体は体内の脂肪から分解されて出てくるからです。 日本においては主食は米であることから一般的に生活をしれいれば日本人は皆ブドウ糖を使った代謝となっていますが ケトジェニックダイエットを行うこと糖質が枯渇しで脂質(ケトン体)を使った代謝に変わることで 脂肪が分解され始めるのです。 中途半端に糖質制限を行っても糖質が枯渇しないためケトン体が発生しないと脂肪は燃焼されませんので注意が必要です。 因みに運動をせず、ケトン体代謝によって脂肪が燃焼されはじめることをケトーシスと呼びます。 新たに脂肪がつきづらい理由 脂肪が蓄積される一番の原因であるインスリンが分泌されないからです。 インスリンが分泌されるのは血糖値が急激に上昇してタイミングで 上昇した血糖値を抑えるためにインスリンが分泌され インスリン濃度が濃くなると糖質を脂肪を合成して体内に蓄積する働きが起こります。 血糖値は糖質を摂取することで上昇しますが 糖質を枯渇させるということは血糖値があがらずインスリンが分泌されないため インスリン濃度が薄くなり脂肪を合成することが起こらないのです。 さらにインスリン濃度が薄くなると脂肪を分解する働きがあるので さらにケトン体が出ることになります。 ケトジェニックダイエットはどこからどう見ても痩せる以外理由が見当たらないのです。 太りやすい身体になります。 次章で詳しく解説します。 ケトジェニックダイエットのデメリット ケトジェニックダイエットの最大のデメリットは失敗すると太りやすい身体になるということです。 ケトジェニックダイエットに失敗すると筋肉が落ち、代謝が悪くなってしまうからです。 ケトジェニックダイエットの失敗とはすなわちケトン体代謝に入れずに終わってしまうこになるのですが ケトン体代謝に入れずに終わる最大の要因は中途半端な糖質制限によるものです。 中途半端な糖質制限となった場合、身体に必要なエネルギーは枯渇していながら ケトン体代謝になっていないためカタボリック(筋分解)が起こります。 カタボリック(筋分解)とは筋肉が分解されアミノ酸が作り出されてエネルギーとして使われてしまうのです。 筋肉が落ちるということは代謝が悪くなるため太りやすい体質になります。 ダイエットで脂肪と落としたいだけの人にとっても太りやすくなるのはリスクがありますし 筋肉を付けていて脂肪をそぎ落として理想の身体になるまで減量したかった人にとっては 取り換えしのつかない事態になります。 ケトジェニックダイエットはまだまだ日本での知名度は低く実践者も多くありません。 そんなリスクがあるなら、PFCバランスを守った適度な食事制限や有酸素運動を行うことでの 脂肪燃焼の方が安全にダイエットできるのではないでしょうか。 成功者もたくさんいることでしょう。 しかし今まであなたはその方法でダイエットを実践し試行錯誤して糖質制限ダイエットまでいきつき それでもうまくいかないので悩んでいたのではないでしょうか? まさに今ケトジェニックダイエットの失敗の状態にいるのではないでしょうか? もし筋肉の衰えをそれほど感じていなけえればまだ修復は可能です。 糖質制限ダイエットまで辿り着いていたあなたはもう少しでケトジェニックダイエットの成功をつかみ取る もう一歩のところまできていたのです。 正しいケトジェニックダイエットを行うことができれば 中途半端な糖質制限で苦しかった空腹感を味合わずにすみません。 そしてボーっとする脳みそにうんざりする必要がなくなります。 仮にまだダイエットに挑戦していない場合は事前にこの記事に出会えたことは幸運です。 徹底した糖質制限でケトジェニックダイエットを行い、運動することなく痩せて 理想的な身体を手に入れてみて下さい。 ケトジェニックダイエット成功の秘訣はケトン体代謝に切り替わるまで徹底した糖質制限をやめないことです。 先ほど紹介したさんの減量終盤の姿です。 ・低GI食品を積極的に摂取する ・昼は春雨や野菜、バナナ、おにぎり1個もしくはお茶碗1杯の白米 ・夜はパズタ、蕎麦、オートミール、玄米 ・白米を別の物に変えられる場合は変更 (松屋:豆腐変更、やよい軒:十六穀変更など) 実際に同様の糖質制限ダイエットを行っている人はいませんか? どうすればいいかネットを隅々まで調べ関連書籍などを読んでいた時にで「ケトジェニックダイエット」の存在に気が付きました。 そう、このケトジェニックダイエットこそが「糖質制限がうまくいかないあなた」を救う最高のダイエット法なのです。 ケトジェニックダイエットの観点から見ると上記の様な糖質制限では不十分だったと考えられる他に 糖質を摂らないことだけを意識しすぎたためにうまくいかなかったと考えられます。 私はこのケトジェニックダイエットについて正しく知り実践することで76kgから70kgまで痩せることができました。 ケトジェニックダイエットがうまくいくか不安なあなたに 「ケトン体代謝に切り替わるまで徹底した糖質制限をやめないなんてそんなことできる自信がない。。。 音を上げて先に諦めてしまいそうだ。 」 なんて悲観的になっている場合ではありません。 あなたは本当にケトジェニックダイエットで変わりたいと思っていますか? もしそうなら根性論は抜きにしてケトン体代謝に切り替わるまでをサポートしてくれるサプリメントがあるので それと一緒に挑戦してみるべきです。 その名も というサプリメントです。 是非本当のあなたを手にれて下さい。

次の