らっきょう の 育て 方。 ヤマラッキョウ(山辣韮)の育て方|仲間のミヤマラッキョウ

ラッキョウ栽培☆プランターの育て方と収穫時期のタイミング

らっきょう の 育て 方

学名 Allium cepa var. aggregatum 和名/別名 らっきょう/オオニラ/サトニラ 英名 Rakkyo 原産地 中国、ヒマラヤ地方 科・属名 ヒガンバナ科ネギ属 主な栄養価 アリシン/S-アリル-L-システイン/ジアリルスルフィド/フルクタン/ビタミンC・E/パントテン酸/カルシウム/リン/鉄/ナトリウム/食物繊維/たんぱく質など らっきょう栽培の特徴と適した環境 らっきょうは植え付けから収穫まで10ヶ月程度と期間が長くかかりますが、畑はもちろん庭先のプランターでも育てることが可能です。 土壌は粘土質ではなく通気性・水はけの良い砂土のような土壌を好み、肥えてない痩せた土でも育ちます。 生育適温として、耐寒性に優れ寒さには強い一方で、夏の暑い時期には弱く、植え付け時期についても適期に遅れることで収穫量が減ることがありますので注意が必要です。 長い間、畑やプランターを占領しますので、他に栽培する野菜との計画上で、風通しや日当たりなどを考えてから良い場所を選んで育てましょう。 らっきょうの種球 2. 苦土石灰(100円ショップでも購入可能) 3. 堆肥 4. 化成肥料 ・堆肥については、以下の記事で詳しく説明しています。 ・プランターの場合 1. らっきょうの種球 2. プランター 3. 野菜用培養土(鉢底石と鉢底ネットがあると尚良い) 4. ゴールデン粒状培養土を配合した園芸・家庭菜園に最適な培養土です。 ゴールデン粒状培養土配合なので、保肥力・保水性・排水性のバランスが良い理想的な土です。 リサイクル材を使用すると便利です。 ・プランターで使用した土の再利用方法については、以下の記事で詳しく説明しています。 購入できる品種としては、「らくだ」「島らっきょう」「玉らっきょう」「八房」「九頭竜」など様々ならっきょうの品種がありますが、もっとも一般的に育てられている品種としては「らくだ」がおすすめです。 栽培のポイントは、よい種球を選ぶことで、1球の重さ10g以上のものを使用します。 植え付け前に分球して古根や皮を除き、大、小に分け、茎も2〜2. 5cm程度切り捨てておきます ・らっきょうの苗をプランターへ植え付ける場合 準備したプランターの鉢底に鉢底ネットを敷いて、プランターの底面に1層石を入れたら、培養土を7分目程度まで入れて表面を平らにならします。 種球を株間10cmで2球づつを球の尖った先端を上方向にして浅く植えます。 先端がわずかに土から出るくらいに土をかぶせて、植えた後はプランターの底から水が滲み出るくら水をたっぷりあげましょう。 ・苗木の植え方ついては、以下の記事で詳しく説明しています。 らっきょうの水やり 基本的に土の表面が乾いていたら水やりを行います。 栽培する季節として寒い時期が多くなりますので、水をやりすぎて土の排水が悪く湿った状態が続くようなことが無いようにしましょう。 水はけの悪さはらっきょうが腐る原因になります。 らっきょうの追肥 らっきょうは基本的に痩せた土壌でも育つ野菜なので、過度な追肥は必要ありません。 種球から芽が出だした頃に1度、2月頃に葉の色が悪ければ2回目の追肥を行います。 また、周りの雑草もこまめに取り除いておきます。 らっきょうのまし土 らっきょうを育てているとらっきょうの根元が土から出てきてしまうことがあります。 根元が出てしまった場合には、日が直接当たらないように土を寄せて被せてあげましょう。 この土寄せをすることで、球と茎の部分に太陽光が当たらなくなり、白く軟らかいらっきょうを収穫することができます。 茎が曲がってしまわないように注意してまし土を行いましょう。 らっきょうの収穫 らっきょうの葉茎が枯れ始めたら収穫タイミングです。 土中に埋まっているらっきょうを傷つけないように、株元から20〜30cm程度離れた場所にスコップを差し入れて掘り起こして、葉を掴んで引き抜いて収穫しましょう。 1つの株で10個前後のらっきょうを収穫することが可能です。 収穫量を増やしたい場合は、もう1年収穫を待って行うことで小粒ですが3倍程度のたくさんの収穫を行うことができます。 その際、株自体が枯れているように見えますが、らっきょうの葉が枯れているだけなので、心配は不要です。 土寄せを数度行い、3月から4月上旬に早めに収穫を行うとエシャレットとして食べることができます。 らっきょうの保存方法 らっきょうは収穫後にそのまま常温の状態で置いておくと、先から芽が伸びてきてしまいます。 すぐに料理などをして食べない場合、袋などに入れて冷蔵保存を行い、乾燥から防ぎましょう。 (らっきょう3cm、エシャレットは5cm程度) また、完全に土を被せて植えてしまうと太陽光があたらず発芽せずに枯れてしまうか、成育に悪い影響が出るので、土の表面からわずかに先端を出すように覆土しましょう。 水はけや風通しの良い場所で育てて、多湿を避けましょう。 よくある病気と害虫対策 病気 対策:病害にあった野菜は、すぐに株を抜いて他の野菜への伝染から守ります。 (畑の外で焼却処分します。 ) ・さび病(葉の表面が錆びた様に、褐色の斑点が広がります) 対策:多雨多湿で多く発生します。 発生した株は早めに取り除き畑の外で処分しましょう。 「マンネブダイセンM水和剤」「カリグリーン」などの薬剤が効果的です。 また、アルカリ性の土壌を嫌う為、「石灰」を土壌に施すと菌の拡大を予防できます。 ・軟腐病(株の地際部分が軟化して悪臭を放ちながら腐敗してしまう病気です。 ) 対策:高温多湿になると多く発生します。 被害株から伝染しますので、発生した株は早めに取り除き畑の外で処分しましょう。 「ヤシマストマイ液剤20」などの薬剤が効果的です。 水のやりすぎに注意して、水はけをよくしましょう。 八房 らっきょうの中では中ぐらいのおおきさで、らくだより少し小さい形。 収穫量もらくだより少なくなります。 九頭竜 八房よりもさらに小さな小玉のらっきょう。 小さならっきょうが分球してたくさん収穫できます。 玉らっきょう 別名で花らっきょうとも呼ばれ、独特の臭いが少なく、草丈もあまり大きく育たないのが特徴です。 エシャレット 別名で若採りらっきょう、葉付らっきょうなどともよばれ、主にらくだの品種をまし土して数ヶ月早く収穫することで、辛味が少なく生食で食べやすくなります。 エシャロットとよく間違われることがありますが、エシャロットは小型の西洋の玉ねぎで全く別の野菜です。 ・エシャレットの育て方については、以下の記事で詳しく説明しています。 まとめ らっきょうの栽培は、水はけや風通しの良い場所で栽培することが育て方のポイントになります。 病害虫も少なく育てやすい野菜ですので、地植えやプランターで手軽にらっきょうの収穫を楽しみましょう。

次の

らっきょうの漬け方|JA全農とっとり アグリマーケット 鳥取県産の農畜産物ショッピングサイト

らっきょう の 育て 方

らっきょう(辣韮)とは?花や実の特徴は? らっきょうとは、ヒガンバナ科・ネギ属に分類される多年草です。 らっきょうとして知られているは、鱗茎(りんけい)と呼ばれる球根のことで、長卵形の白色または、紫色を帯びた白色をしています。 まや、ニラやにんにくに似た、独特な香りと辛みをもちます。 草丈は、30~40cmほどに生長し、全体の姿はニラに似ています。 葉っぱは細長い線形をしており、中空でやわらかく、秋から冬にかけて根本から生えてきます。 9~10月の秋頃には、花径1cmほどの薄紫色をした花を放射状に咲かせます。 らっきょう(辣韮)の実に効果・効能はある? 1. 血液をサラサラにする らっきょうに含まれる硫化アリルという成分は、血液の凝固を抑制し、サラサラにする働きがあります。 このことから、動脈硬化や心臓病、脳血栓、脳梗塞の予防が期待できます。 生活習慣病の予防と改善 強力な抗酸化作用をもつ硫化アリルは、有害な活性酸素を取り除くほか、フルクタンという成分には、血糖値やコレステロール値の上昇を抑えるので、糖尿病や肥満にも効果的です。 ガンの予防 ジアリルスルフィドという成分には、ガンの発症を抑える酵素を活性化させます。 また、強力な殺菌作用より、胃ガンの原因であるピロリ菌を死滅させるほか、サポニンという成分もあって、肺ガンや胃ガンの発症を防ぎます。 疲労回復 硫化アリルには、ビタミンB1の吸収を通常の7倍にも高めて促進します。 ビタミンB 1は、乳酸タンパクといった疲労物質の分解をサポートするので、疲れが取れやすくなります。 らっきょう(辣韮)の種類や品種は? らくだ らっきょうの最も代表的な品種です。 各地で栽培されている大玉の品種で、比較的に草丈が長く、一度に収穫できる数が多いのが特徴です。 島らっきょう 主に沖縄で栽培されるらっきょうです。 辛みが強いほか、にんにくのような香りをもっています。 葉っぱと根を切り、薄皮を剥けば、生で食すことが可能です。 炒め物やてんぷら、漬け物などに利用されます。 玉らっきょう 台湾から導入された品種です。 主に現地で甘酢漬けなどにされ、加工されたものが国内で流通しています。 草丈はあまり生長せず、球根部分が白く小さいのが特徴です。 市場であまり出回ることのない希少価値の高いもので、福井県で生産される高級な「花らっきょう」の原料になっています。 エシャレット 生食用に軟白栽培し、若摘みしたらっきょうです。 薄皮がないので、水洗いするだけでそのまま食べられます。 一般的には、味噌やしょう油で食べるとおいしくいただけます。 らっきょうの種球(球根)や苗植えの時期と方法は? プランター 8月中旬~9月中旬頃が種球を植える適期です。 プランターは、奥まで根がしっかり生えるように深めのものを選びます。 鉢底ネットを敷いて鉢底石を入れる• 市販の野菜用の培養土か、赤玉土6:腐葉土3:バーミキュライト1の割合で混ぜた土を入れる• 10cmほど株間をとり、直径5cmくらいの植穴を5カ所つくる• 尖った方を上にして、1球ずつ分けた種球を2球ずつまとめて植え付ける• 少し頭が見えるように覆土し、たっぷり水やりをする 地植え 種球は、プランターと同じく8〜9月頃に植えます。 日当たりと水はけのよい場所を選び、植え付けの2週間前に苦土石灰をまいてよく耕します。 1週間前までには、堆肥や緩行性化成肥料を混ぜ込んでおきましょう。 株間を20cmとり、2球ずつ少し頭が見える程度に浅植えにします。 らっきょう(辣韮)の水やり、肥料のタイミングと方法は? 水やり プランターや鉢植えなら、土の表面が乾いたら、たっぷり水やりをします。 水はけが悪いと根腐れを起こすことがあるので、水はけがよくなるよう改善しましょう。 受け皿に水は溜めないのがポイントです。 地植えは、球根を植えた後の水やりを1回して、それ以外は不要です。 肥料 土壌の適応性が高く、基本的に肥料の必要はありませんが、葉色が薄いようであれば追肥を行います。 植え付け1カ月後と2ヶ月頃に、化成肥料を一掴みほど施します。 また、実の部分が地表に出ていると青くなるので、追肥をのあとに土を寄せて、実の部分を土で覆いましょう。 らっきょう(辣韮)の収穫の時期と方法は? らっきょうは、植えた翌年の6月以降、葉先が枯れ始めたら収穫適期です。 株から少し離れた場所の土をゆるめながら掘り上げ、根元を持って引き抜いて収穫しましょう。 また、らっきょうには1年掘りと2年掘りがあり、1年掘りは大粒のらっきょうが収穫できます。 2年掘りのらっきょうは、実のしまった良質なものがたくさん収穫できます。 福井県で有名な花らっきょうは、2〜3年堀のらっきょうです。 らっきょう(辣韮)の栽培中に注意する病気や害虫は? 春先に、アブラムシが付くことがあります。 発生した場合は、食品成分を使用した殺虫剤を散布しましょう。 また、灰色かび病やさび病などには、カリグリーンを散布して退治しましょう。 らっきょう(辣韮)は漬けて保存しよう 栄養が豊富で健康によいらっきょう。 生長が早く、あっという間に芽が伸びてしまうので、注意してくださいね。 収穫したらっきょうで甘酢漬けやしょう油漬け、焼いたり、炒めたり、その日の気分に合わせたらっきょう料理を堪能してください。

次の

ヤマラッキョウ(山辣韮)の育て方|仲間のミヤマラッキョウ

らっきょう の 育て 方

広告 らっきょう ラッキョウ の薬効 らっきょうを食べると、ニンニクやニラと同じような効能があります。 薬効の高い独特の香りを持つ硫化アリル アリシン を含んでいます。 硫化アリル アリシン はビタミンB1の吸収を高めて、血液の流れを良くする働きがあります。 ラッキョウを食べて身体が温まるのはこの為です。 らっきょうの栽培方法、育て方 土作り らっきょうは水はけさえ良ければ、日陰や痩せた土地や乾燥した土地でも簡単に栽培できます。 初心者が適当に植えてもまず失敗することはないでしょう。 しかし、植えっぱなしはいけません。 放おっておくと、草が生えてきて草に覆われてしまいます。 そうなると良いらっきょうは収穫できません。 野菜栽培の基本は土の準備や土を作ることか始まります。 楽天 でやるなら堆肥作りから始めます。 また、土は野菜作りに適した団粒構造や柔らかさが必要です。 堆肥を作る方法のひとつは次の通りです。 草刈りをした草や落ち葉や籾殻や米糠等の有機物を積み上げて、水を掛けておくと発酵が始まります。 これを何度も切り返してやります。 完熟した堆肥ができたら土と混ぜてトラクターや耕運機で何度か耕してやります。 そうすると、野菜作りに適したふかふかの土になります。 小規模の場合やプランターなら市販の土でも十分です。 花や野菜用の土として市販されている物をそのまま使っても良いし、それを畑の土と混ぜてもかまいません。 らっきょうの栽培方法、育て方 植え付け らっきょうはタマネギと同じユリ科の野菜です。 鱗片 実の部分 が肥大化して球状になったものです。 らっきょうは7月頃に植え付けて栽培します。 ホームセンターや園芸ショップで買ってきた、らっきょうの鱗片をばらしてから芽を上にして植え付けます。 この辺は自分の好みで適当に変えてもかまいません。 植え付けが終わったらジョウロで水をたっぷり掛けてやります。 いや地 嫌地 といって、らっきょうやネギやタマネギを作った後の畑ですぐに同じ種類の野菜を栽培すると、連作障害が起こるので注意します。 らっきょうは種子ができないので、鱗茎で殖やすのが基本的な繁殖方法です。 鱗茎や球根を持った植物は一般的に枯れることが少なく栽培し易いのが特徴です。 らっきょうの栽培方法、育て方 中耕、除草、追肥 2ヶ月に1回程度に除草を兼ねて中耕したり、液肥や化成肥料の追肥をします。 肥料をやったら、土をその上に掛けてやると良いでしょう。 虫や動物による被害は、ニラやニンニクなどと同じように、ほとんどありませんので他に何もする必要はありません。 主にする仕事は除草です。 らっきょうの収穫 一般的には、植えてから翌年の6月頃に収穫すると大球の物が収穫できます。 2回の冬越しをして2年後に収穫すると小玉になります。 年数を置く程、玉が小さくなり数が増えます。 私は3年程度してから収穫しました。 食べやすい小さい球根になりますが、数が多いので後の処理に手間がかかります。 らっきょうの利用方法 甘酢漬け、醤油漬け 収穫したらすぐに処理します。 明るい光に当てておくと、らっきょうが緑色に変色したり、芽が伸びてきたりしますので、できるだけ早い方が良いでしょう。 一般的には塩漬けしてから甘酢に漬けるのですが、初めからいきなり甘酢に漬け込む方法でも、美味しいらっきょう漬けになります。 甘さや辛さも自分流に調整をすることができます。 玉の先端とひげ根部分を切り落してザルに広げて乾かします。 下の部分を多く切り取ると、漬かりすぎてらっきょうが軟らかくなる傾向があります。 次に、熱湯消毒したり、綺麗にした容器に、乾いたらっきょうを入れて、甘酢 市販のものでも良い を注ぎ入れ、好みに応じて鷹の爪を加えます。 その後、冷暗所に置いて、1ヶ月程漬けておきます。 醤油に漬ければ醤油漬けになります。 お好みの硬さに漬かったら食用にします。 ニンニクと同じように、長く漬けておくと柔らかくなってしまいます。 適度な硬さになったら食べましょう。 硬い方がカリカリとして美味しいものです。

次の