災禍 読み方。 「禍」の画数・部首・書き順・読み方・意味まとめ

コロナ禍の読み方や意味は?コロナ鍋・渦?…読めない!という声多数

災禍 読み方

コロナ禍(ころなか)の意味と使い方 なかなか普段は禍という言葉は使用しませんね。 だからコロナ鍋(なべ)?のような間違いのようなこともでてきてしまうんでしょうね。 コロナ禍の意味 「 禍」とは訓読みで 「わざわい」と読みます。 そのことから直訳してみると 新型コロナウイスルの災い・災害 ということになりますね。 新聞やマスコミでは「 コロナショック」という言葉が使われていましたが、政治家や一部のマスコミで日本語名での総称として 「コロナショック」の代わりに「コロナ禍」を使用し始めたのが始まりです。 それを一般の人がTwitterなどで拡散する時に読みが分からなく当て字で禍を鍋と見誤って間違えて打ってしまったのでしょう。 コロナ禍の言葉の使い方 使い方としては、 カタカナで表記。 中国の発音を元にした読み方。 意味がわからない場合が多い。 熟語で使用)例えば、美人(ビジン)の美(ビ)など 訓読みで使われる熟語としては、 「戦禍(センカ)」や 「禍福(カフク)」などは漢字変換でも出てきます。 戦禍(センカ)戦争によるわざわい・被害• 禍福(カフク)ざわいとしあわせ• 禍根(カコン)災いの起こる大本・原因• 輪禍(リンカ)車などの交通災害による災難• 大禍(タイカ)大きな災いのこと• 水禍(スイカ)洪水など水による災害• 災禍(サイカ)天災や事故によって受けるわざわい• 奇禍(キカ)思いもよらない災難• 惨禍(サンカ)悲惨な災難• 筆禍(ヒッカ)自分が書いことが原因で災難をこうむること• 舌禍(ゼッカ)自分が発した言葉が元で生じる災い。 禍の訓読み(くんよみ) 読み方としては2つ• わざわい• 日本語の意味を含んだ読み方。 意味がわかる。 漢字の後に「ひらがな」が続く 「送り仮名」で多く使われる。 例えば、美しい(うつくしい) 使用される例としては• 禍を招いた( わざわいをまねいた)不幸な出来事を自らがよびこんだこと• 禍々しいできごと( まがまがしいできごと)不吉でおぞましいさま のように使用されますが、あまり一般的ではないですね。 同じ読み方として使われる単語としては「 災いを招いた。 」で使われる「災害」の「災」ですね。 コロナ鍋の間違いの原因は現代人の文化の変化 現代人は 鉛筆やシャーペンで文章を書くという文化が無くなってしまいました。 文章は書く漢字は、いまやスマホやパソコンで漢字変換という作業に成り代わってしまいました。 ノートに文を書いていた時代には書く字や漢字をよく見て観察して書いていたものです。 しかし、現代で は見た目でスマホやパソコンで簡単に変換してしまうので 「禍」を「鍋」と勘違いして漢字変換して意味も分からずにTwitterなどで拡散していまい。 そして、その間違いを指摘されたのが話題になっていたのですね。 中には「禍」を「渦」(うず)と勘違いして 「コロナ渦」(ころなうず)と変換していた人もいたようです。 「コロナ禍」は 必ず収束(しゅうそく)して終息(しゅうそく)します。 信じて頑張ってみんなで拡散防止に努めていきましょう。

次の

コロナ禍の読み方と意味

災禍 読み方

対義語は「福」 今回の場合、 「コロナわざわい」「コロナまが」というのも読みにくいので、 コロナ禍(か)と読むのが正しいと考えられます。 また読みやすさの他にも「禍」という漢字をどのように使うのかを調べてみると 「コロナ禍」を「コロナか」と読むという根拠がわかります。 「禍」の使い方 か(音読み)と使う 禍災 (かさい) 禍根 (かこん)・・・わざわいの起こるもとや原因 交通禍 (こうつうか) ・・・交通事故による災難 災禍 (さいか) ・・・天災や事故によって受けるわざわい。 思いがけない災難。 「災禍に遭う」 わざわい(訓読み) 禍転じて福となす(わざわいてんじてふくとなす) まが(訓読み) 禍々(まがまが)しい 禍事 まがごと コロナ禍の意味 「か」と読む場合の言葉に 「交通禍(こうつうか)」というものがあるので、 コロナによる思いがけない災難や不幸という意味で「コロナ禍(か)」 と読むのが正しいと言えるのではないでしょうか。 新型コロナ渦(か)(うず)という表記も見かける コロナ「禍」の他にコロナ「渦」と表記されている場合も見かけますが、 どちらが正しいのでしょうか? 「渦」の読み方 訓読みで「うず」 勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋 らせん 状に巻き込んだ流れ。 また、それに形が似たもの。 音読みで「か」 水がうずをまいて流れる。 また、うずをまいている形。 うずまき。 「渦中・渦水・渦紋・戦渦」というように使われていますね。 今回のニュースの「コロナ渦」も「コロナうず」と読むのはちょっと不自然な感じがしますので 「コロナか」と読むと考えられます。 意味合い的には「禍」を使うのが適当だと思いますが、 これだけの感染拡大の様子はまるで渦に飲まれているようですから、 ある意味「渦」でもいいような気もします。 まとめ 新型コロナウィルス関連のニュースででよく見かける 「コロナ禍」という文字を 何と読んだらいいのかがわからなかったので、辞典などで調べてみました。 初めて「禍」という漢字を知りましたが 「禍」という漢字には思いがけない不幸という意味合いがあり、新型コロナウイルスによる 思いがけない不幸、災難という意味合いを持つのが「コロナ禍」という表現であり、 「コロナか」と読むと考えられます。 たまに「渦」という文字を使って「コロナ渦」という表記をされているものも見かけますが、 こちらも同様に「コロナか」と読みます。 【こんにちは! まちゃです!】 <元>BADDAD、だけど今は自分で言うのも何ですが、めっちゃ家事や育児に関わるGOODDADだと思います。 奥さんと3人のこどもを持つ多趣味なアラフォー会社員パパ アメ車、ハーレー、ジェットスキー、キャンプ、DIYなど子供達と一緒に楽しむために始めました。 インテリアも好きですが、現在迷走中 人生一度きりなので、後悔したくない。 やりたいことは全部やってみたい!! というワガママ親父です。 自分の親が仕事で忙しかったということもあり、 どこかへ連れて行ってもらったとか、一緒に遊んでもらったことがありません。 それが子供ながらにとっても淋しくて悲しかった・・・ 自分のこどもにはそんな想いをさせたくないし、色んな経験をさせてあげたいと思って、自分の趣味を子供達と一緒に楽しみながら、日々仕事に、家事に、子育て奮闘中! ランキングに参加しています。 人気記事.

次の

「未曾有」の正しい読み方と意味をわかりやすく解説【例文あり】

災禍 読み方

コロナ禍(ころなか)の意味と使い方 なかなか普段は禍という言葉は使用しませんね。 だからコロナ鍋(なべ)?のような間違いのようなこともでてきてしまうんでしょうね。 コロナ禍の意味 「 禍」とは訓読みで 「わざわい」と読みます。 そのことから直訳してみると 新型コロナウイスルの災い・災害 ということになりますね。 新聞やマスコミでは「 コロナショック」という言葉が使われていましたが、政治家や一部のマスコミで日本語名での総称として 「コロナショック」の代わりに「コロナ禍」を使用し始めたのが始まりです。 それを一般の人がTwitterなどで拡散する時に読みが分からなく当て字で禍を鍋と見誤って間違えて打ってしまったのでしょう。 コロナ禍の言葉の使い方 使い方としては、 カタカナで表記。 中国の発音を元にした読み方。 意味がわからない場合が多い。 熟語で使用)例えば、美人(ビジン)の美(ビ)など 訓読みで使われる熟語としては、 「戦禍(センカ)」や 「禍福(カフク)」などは漢字変換でも出てきます。 戦禍(センカ)戦争によるわざわい・被害• 禍福(カフク)ざわいとしあわせ• 禍根(カコン)災いの起こる大本・原因• 輪禍(リンカ)車などの交通災害による災難• 大禍(タイカ)大きな災いのこと• 水禍(スイカ)洪水など水による災害• 災禍(サイカ)天災や事故によって受けるわざわい• 奇禍(キカ)思いもよらない災難• 惨禍(サンカ)悲惨な災難• 筆禍(ヒッカ)自分が書いことが原因で災難をこうむること• 舌禍(ゼッカ)自分が発した言葉が元で生じる災い。 禍の訓読み(くんよみ) 読み方としては2つ• わざわい• 日本語の意味を含んだ読み方。 意味がわかる。 漢字の後に「ひらがな」が続く 「送り仮名」で多く使われる。 例えば、美しい(うつくしい) 使用される例としては• 禍を招いた( わざわいをまねいた)不幸な出来事を自らがよびこんだこと• 禍々しいできごと( まがまがしいできごと)不吉でおぞましいさま のように使用されますが、あまり一般的ではないですね。 同じ読み方として使われる単語としては「 災いを招いた。 」で使われる「災害」の「災」ですね。 コロナ鍋の間違いの原因は現代人の文化の変化 現代人は 鉛筆やシャーペンで文章を書くという文化が無くなってしまいました。 文章は書く漢字は、いまやスマホやパソコンで漢字変換という作業に成り代わってしまいました。 ノートに文を書いていた時代には書く字や漢字をよく見て観察して書いていたものです。 しかし、現代で は見た目でスマホやパソコンで簡単に変換してしまうので 「禍」を「鍋」と勘違いして漢字変換して意味も分からずにTwitterなどで拡散していまい。 そして、その間違いを指摘されたのが話題になっていたのですね。 中には「禍」を「渦」(うず)と勘違いして 「コロナ渦」(ころなうず)と変換していた人もいたようです。 「コロナ禍」は 必ず収束(しゅうそく)して終息(しゅうそく)します。 信じて頑張ってみんなで拡散防止に努めていきましょう。

次の