デンゼル ワシントン 映画。 人物情報

映画『イコライザー』あらすじネタバレと感想レビュー。デンゼルワシントンが19秒で悪を消去する“必殺仕事人”を演じる|すべての映画はアクションから始まる11

デンゼル ワシントン 映画

今日の記事の見出し• デンゼル・ワシントン 久しぶりにデンゼル・ワシントンの映画を観ました。 なかなかの秀作。 この映画の監督と主演をしているんですね。 デンゼル・ワシントンは、俳優としても成功していますが、監督としても、こういった作品を制作するということは、凄く才能ありますね。 俳優としても監督としても成功した人たちといえば、クリント・イーストウッド、ロバート・レッドフォード、シルベスター・スタローンなんかの名前が浮かびます。 プロ野球の世界では、「名選手、名監督にあらず。 」なんて言うセリフを聴いたことがありますが、プロ野球界や映画界にも、才能に溢れた人達がいるんですね。 ヴィオラ・デイビィス 俳優陣の中では、特にデンゼル・ワシントン演ずるトロイの妻役のヴィオラ・デイビィスの演技が、存在感があって良かったです。 この女優さんも、俳優だけではなくて、プロデューサーもやっています。 俳優としても、アカデミー助演女優賞他メジャーな賞を複数獲得しています。 「タイム」誌による「世界で最も影響力のある100人」二の選出されたそうです。 凄い! アメリカの1950年代 この映画の年代は、アメリカの1950年代。 主人公のデンゼル・ワシントン演じるトロイとその家族、友人を描いた作品。 主人公のトロイは、若い頃は、才能のある野球選手でしたが、人種差別の為に、メジャーリーガーになることはできませんでした。 ヴィオラ・ディビス演じる妻のローズと二人の息子がいます。 仕事は、清掃局でゴミ収集車に乗っていました。 長男は、ミュージシャンを夢見る長男のライオンズ、アメフトをやっている高校生のコリー。 トロイには、白人の親友がいます。 同じ清掃局でゴミ収集車に乗っているジム。 若い頃からの一番の友人です。 この親友役ボノを演じているスティーブン・ヘンダーソンが、また良いですね。 浮気をしているトロイを心配して、妻のローズを大切にするように話したり、人間味のある親友です。 長男のライオンズが、ミュージシャンを夢見ていることに反対でした。 次男のコリーが、アメフトで、大学にスカウトされそうなときも、反対でした。 自分と同じ人種差別を味早生たくないという親心でした。 しかし、そういった愛情が、なかなか息子たちには、伝わらないのですね。 その他にも、トロイは、浮気をしていて、浮気相手との間に、女の赤ん坊が生まれます。 浮気をしていたことを伝えた時、妻のローズは、深く傷つきます。 しかし出産のときに亡くなった浮気相手の赤ん坊を、しっかりと育てていくようになります。 そして、時は流れ、トロイが亡くなり、葬儀の日に、家を出ていた次男のコリーが、家に帰ってきます。 彼は、海兵隊に入っていました。 父との軋轢を、今もしっかりと背負っているんですね。 かくして、妻と息子二人、娘一人、親友一人が、トロイの家に集まるわけなんですが、彼らは、皆、本当にトロイが大好きで、想い出を語り合うシーンで終わります。 フェンス 最後になりましたが、現在、アメリカでは、トランプ大統領が誕生し、彼の公約で会ったメキシコとの国境にフェンスを建設するというのが話題になっていますね。 ジョークで、「このフェンスは、難民がアメリカに入ってこないようにするためのものではなく、アメリカから国民が、逃げ出さないように建てるものなんだ。 」っていうのがありました。 偶然でしょうが、この映画の題名も「フェンス」ですね。 このフェンスも、象徴でしょうね。 家族を守るためのもの。 家族が、外に出て行かないようにするためのもの。 というような意味合いでしょうか。 フェンスは、垣根ですよね。 「垣根を越えて」という言葉もありますね。 垣根を越えて、敵と味方が仲良くなるなんて言い方をしますね。 主人公の黒人の父親、トロイにとって、家族というものと家は、何よりも大切なかけがえのないものだったということなのでしょうか。 僕は、この映画の最初の部分で、デンゼル・ワシントン演じるトロイが、あまりに良くしゃべるので、少しイライラしました。 でも映画を観終わってみると、淡々としたストーリーの中にあって、家族の情感がしっかり表現されていると思いました。 良い映画でした。

次の

映画『フェンス』DVD公式サイト|パラマウント

デンゼル ワシントン 映画

Contents• デンゼル・ワシントンのプロフィール! デンゼル・ワシントンはアメリカ、ニューヨーク州出身の俳優で、舞台俳優・映画監督・映画プロデューサーという肩書きを持つ1954年生まれのアフリカ系アメリカ人です。 英語表記 Denzel Washington• 本名 デンゼル・ヘイズ・ワシントン・ジュニア(Denzel Hayes Washington Jr. 生年月日 1954年12月28日• 出生地 アメリカ合衆国ニューヨーク州マウント・バーノン• 身長 184㎝• 学歴 ニューヨーク州フォーダム大学• 映画デビュー 1981年「ハロー、ダディ!」 デンゼル・ワシントンの父親はペンテコステ派の牧師をされていたことから、同じく牧師の道を歩みたいと思うほどのクリスチャンなのだそうです。 プライベートでは1983年に女優ポーレッタ・ピアソンと結婚し、4人の子供がいます。 1984年に生まれた長男のジョン・デビッド・ワシントンはプロフットボールチームとの雇用契約を交わすほどの腕前です。 デンゼル・ワシントンが出演した映画!アカデミー主演男優賞はこれ! 1989年の『グローリー 』という、南北戦争における実在した初の黒人部隊を描いた戦争映画で アカデミー助演男優賞を受賞しています。 また 2001年の『トレーニング デイ』という作品ではアカデミー主演男優賞を受賞していて、また舞台俳優としても数多くの功績を納めています。 私が初めて彼を知ったのは1992年映画「マルコムX」という作品でした。 当時 黒縁の眼鏡をかけたポスターがとても印象に残ったのと、マルコムXという実在した人物の物語という点に心惹かれて観ました。 彼が演じたのは、黒人がまだ差別を受けていた時代に公民権運動の礎となる思想を唱え、39歳の若さで殉教したアフリカ系アメリカ人のマルコムXです。 監督はスパイク リーで、彼もキャストとして出演しています。 スポンサーリンク デンゼル・ワシントンの映画代表作は?• 『マルコムX』• 『グローリー』• 『ボーン コレクター 』• 『クリムゾン タイド』• 『デジャブ』• 『イコライザー』• 『タイタンズを忘れない』• 『トレーニング デイ』• 『アメリカン ギャングスター』• 『デンジャラス ラン』• 『フライト』 デンゼル ワシントンの代表作と言えば、この『マルコムX』を始め 先程の 『グローリー』、アンジェリーナ ジョリーと共演したアクション スリラーの 『ボーン コレクター 』 1999年 アメリカ があります。 他にもジーン ハックマンと原子力潜水艦の士官同志の熱い闘いを描いた1995年のアメリカ映画 『クリムゾン タイド』、タイムトラベルのマシーンを駆使して彼が活躍するSFサスペンスアクション映画、 『デジャブ』 2006年 アメリカ 、過去にアメリカで放送されていたテレビドラマ「ザ・シークレット・ハンター」の劇場版、2014年のアメリカ映画 『イコライザー』に至っては2作目も製作され、この他にも多数の映画で主演を務めています。 正義感溢れる正統派な士官、将校、官僚など迫力ある人物を演じる事が多かった彼ですが、2001年の新人刑事をイーサン・ホークが演じた 『トレーニング デイ』では悪徳ベテラン刑事という役所で新境地を拓きました。 2007年の 『アメリカン ギャングスター』や2012年の 『デンジャラス ラン』でも冷徹な悪役を演じています。 2012年に製作された、ロバート・ゼメキス監督の 『フライト』では善か悪かでは割り切れない、人間の本質や根本をあぶり出す自らの過ちに正面から向かい合う旅客機のパイロットを好演しています。 トム・ハンクス主演の映画で『ハドソン川の奇跡』 2016年 アメリカ がありますが 両作ともに旅客機の事故を扱った作品です。 『ハドソン川の奇跡』は実話が元になっていて有名でしたね。 デンゼル・ワシントンの出演映画の動画を無料で観るには? すぐに観るなら、がおすすめです! U-NEXTで配信中のデンゼル・ワシントン出演映画!• イコライザー• アンストッパブル• フライト• トレーニング デイ• マーシャル・ロー• デンジャラス・ラン• 2GUNS(2ガンズ)• ザ・ウォーカー• デジャヴ• ボーン・コレクター• 戦火の勇気• クライシス・オブ・アメリカ• 悪魔を憐れむ歌• ジョンQ• グローリー• ローマンという名の男~信念の行方~• ペリカン文書• クリムゾン・タイド• タイタンズを忘れない• フィラデルフィア• ラストゲーム (2019年1月調べ) 出演作品だけでこんなにありました。 ・ローマンという名の男~信念の行方~ 540円 ・クリムゾン・タイド 324円 ・タイタンズを忘れない 324円 ・ラストゲーム 324円 その中でも上記4作品は課金またはポイントが必要で、それ以外の作品は見放題となっています! またU-NEXTは有料の動画配信サービスなのですが、 初めて登録する場合は31日間基本料金の1990円(税抜)が無料になります。 この無料トライアルが適用になると、600ポイントがもれなくもらえるという嬉しい特典もありますので、見放題ではない作品でも600ポイント以内なら追加の課金をしないで観ることができます。 もし解約する場合でも、31日間の無料トライアル期間内に辞めれば追加で料金がかかることはありません。 ただし、解約ありきで使ってみてもいいのですが、便利で手放せなくなってしまいますので注意! 黒人俳優デンゼル・ワシントンの魅力がすごい! 何しろルックスが飛び抜けて良いんですが、また語り方や眼差し、笑顔等すべてがスマートです。 私は彼の主演作品は全て観ています。 またバスケットの腕前はセミプロ級だそうで、アクションの身のこなしが違うわけですね。 男性的な包容力があり、独特のオーラを放っています。 彼の主演する作品ならば、どれを観ても間違いがない! という安心感があるのと、観れば観たでその説得力に圧倒されてしまいます。 彼は2019年1月時点で64歳ですが、まだまだ役の幅を広げてくれる事を期待しています。 もちろん、歳を重ねる事でまた違う魅力が出て来るに違いありません。 デンゼルワシントン出演映画の代表作を紹介!動画を無料で視聴する方法も!のまとめ 何しろ彼の存在感がすごい。 映画を観ていたはずなのに、気がつくとデンゼル・ワシントン鑑賞になってしまうから不思議です。 こちらも近い内にご紹介したいと思います! ぜひ彼が出演した映画作品を楽しんでみてくださいね。

次の

映画『イコライザー』あらすじネタバレと感想レビュー。デンゼルワシントンが19秒で悪を消去する“必殺仕事人”を演じる|すべての映画はアクションから始まる11

デンゼル ワシントン 映画

略歴 牧師の父の下に生まれる。 両親は14歳の時に離婚。 フォーダム大学に入学するが演技に興味を持つようになり舞台に出演。 以後、サンフランシスコの演技学校で学んだのち、ニューヨークで舞台に立ち、オフ・ブロードウェイで注目を集める(この頃出演した舞台は、後に「ソルジャー・ストーリー」や「マルコムX」として映画化され同じ役を演じることになる)。 映画デビューは81年の「ハロー、ダディ!」。 その後出演作ごとに注目され、87年の「遠い夜明け」でアカデミー助演賞にノミネート。 90年、「グローリー」で同賞を受賞。 以降、数多くの話題作に出演。 壇上に上がったその自信に満ちた顔も印象的だった。 83年、歌手のポーレッタ・ピアソンと結婚。 4人のお父さんでもある。 (外部リンク).

次の