インテレオン スナイパー 育成。 【ポケモン剣盾】インテレオンの育成論と対策【ソードシールド】

インテレオンとは (インテレオンとは) [単語記事]

インテレオン スナイパー 育成

【ポケモン剣盾】インテレオンの育成論と対策【瞬足のスナイパー!激流葬】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はポケモン剣盾における御三家の一匹、インテレオンの育成論と対策を考えていきたいと思います。 僕も最初にメッソンを選んだので、ストーリーを一緒にクリアした思い出深い一匹ですね。 インテレオンの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【インテレオンの特徴1】高速高火力特殊アタッカー 特攻種族値125とトップクラスの火力と、素早さ種族値120とエースバーンすら抜けるところが強力です。 環境で見かけるインテレオンより速いポケモンはドラパルトくらいなので、実質的にスカーフ持ち以外すべてのポケモンの上を取れると言っても過言ではありません。 5倍になります。 初手通常攻撃• 相手から半分くらいダメージ• 2手目ダイマックス• 相手から半分くらいダメージ といったイメージで発動することで、初手きあいのタスキの相手も潰しつつそのまま全抜きが狙える火力を出すことができます。 さらに、ダイストリームで発生する雨は水タイプの威力を1. 5倍にする上に、ハイドロカノンという威力150もある超火力技を覚えるので、水タイプの通りがいいパーティに対しては• げきりゅう+雨ダイストリーム(威力506)• げきりゅう+雨ハイドロカノン(威力506) という脳筋プレイで全抜きできたりします。 威力500を超えるということは弱点なら威力1000超え、半減でも威力250超えのぶっ壊れ火力ポケモンですね。 さらにいのちのたまをもたせるトレーナーもいて、この場合さらに1. 3倍されるので威力658と異次元の火力になります。 【インテレオンの特徴3】驚異の紙耐久 高速高火力のインテレオンですが、その分驚きの紙耐久となっています。 HP70防御特防65という超低耐久なので弱点をつかれれば一撃でやられますし、等倍であっても半分以上ダメージを食らうことがあります。 きあいのタスキで一撃でやられないようにする• 相棒のポケモンのステルスロックで削っておいて、こだわりスカーフで上から殴って一掃• ダイマックスで弱点の耐久をカバー• etc… など、紙耐久をいかに克服するか頭を捻るのがインテレオン使いの課題となるでしょう。 インテレオンの育成論と戦い方 インテレオンはよく見かける型に特殊アタッカー型、壁貼り型の2種類がいます。 【インテレオンの育成論1】激流葬エースインテレオン• 特性:げきりゅう• 個体値:A抜け5V or 6V• もちもの:いのちのたま(きあいのタスキ・しんぴのしずく・するどいくちばし・たつじんのおび)• わざ:ハイドロカノン・ふぶき・ふいうち・エアスラッシュ 特徴・戦い方: いわゆる初手ダイマックスインテレオンです。 きあいのタスキを持っていなさそうな相手なら初手ダイマックス、持っていそうなら交換やそのまま一回殴ってからダイマックスして命の限りダイストリームをぶっ放します。 性格・努力値・個体値: 努力値はHPに20ふると、きあいのタスキを持っている確率が高い初手ようきドリュウズのじしんを確定でミリ耐えするので初手対面が多い場合はC20をHPにふるのは有りです。 性格は基本はおくびょうでいいと思いますが、とんぼがえりを採用する場合はこうげき下降の性格にしたくないのでむじゃきと個体値は6Vがおすすめです。 もちもの: 積まずにあと少しの押し込みができるいのちのたまがおすすめです。 いのちのたまで耐久が削れるおかげで負ける試合がある場合はたつじんのおびやしんぴのしずく・するどいくちばしもありです。 初心者でダメージ感覚がわからないうちは、きあいのタスキにして先発で出しておくと1回は行動できるので安心です。 わざ: メインウェポン ハイドロカノンは死に際の一撃まで強力なのでおすすめです。 ただし、通常状態で戦うことが多いのであればねっとうやハイドロポンプもありです。 サブウェポン ダイアイスが強力になるふぶき、ダイジェットですばやさを更に上げられるエアスラッシュが一押しです。 他には ・れいとうビーム:命中安定。 通常状態で戦うことが多いとき ・あくのはどう:怯みを狙うとき ・シャドーボール:特防ダウンによる崩し狙いのとき ・はかいこうせん:水も氷も効かないトリトドンやラプラスなどが増えたときにダイマックスして使う。 といったわざが候補にあがるでしょう。 先制技 基本はドラパルト対策のふいうちで十分なことが多いです。 とんぼがえり:不利対面から逃げるときに。 くろいきり:積んできた相手を止めるときに 【インテレオンの育成論2】壁貼りサポートインテレオン• 特性:げきりゅう• 個体値:A抜け5V or 6V• もちもの:ひかりのねんど• わざ:ひかりのかべ・リフレクター・とんぼがえり・ねっとう 特徴・戦い方: インテレオンの高い素早さを活かして壁貼りサポートを行う型です。 ダイマックスはしない前提で戦います。 基本は両壁をはってとんぼがえりで交代して後続につなぎます。 性格・個体値・努力値: 性格・個体値は前述の激流葬型と変わりません。 努力値は壁貼りを先手で行うためにSぶっぱは確定。 参考: あまりはどこに振ってもいいんですが、多少攻撃するようならCに振りましょう。 わざ: ひかりのかべ・リフレクターは確定。 あとは自由ですが、苦手対面から逃げられたり壁貼りを終えた後ダメージを与えつつ交代ができるとんぼがえり、やけどを狙えるねっとうがおすすめです。 壁貼りインテレオンを紹介しているトレーナーがいたのではっておきますね。 その他の型 他にもみがわり木の実採用型やメガネ型、お香型などいろいろなインテレオンがいます。 インテレオンの育成論の動画を上げているトレーナーがいたのではっておきますね。 インテレオンの対策 素早さが高いポケモンで上からタイプ一致技をうちこめば、高火力ポケモンなら一撃、そうでなくても8〜9割削ることができるでしょう。 ドラパルト• 各種スカーフ持ち• etc… ただしダイマックスインテレオンのダイアイスは耐えられてドラパルトやスカーフサザンドラ、スカーフドリュウズなどがやられてしまうので気をつけましょう。 メインウェポンの水を呼び水などで受け流すポケモンも有効です。 トリトドン• ランターン• ラプラス• シャワーズ• etc… 高速ポケモンなのでトリックルームによる素早さ逆転も有効です。 ブリムオン• ミミッキュ• シャンデラ• デスバーン• etc… シャンデラやデスバーンを使う場合はきあいのタスキが必須になります。 まとめ:【ポケモン剣盾】インテレオンの育成論と対策【瞬足のスナイパー!激流葬】 いかがでしたでしょうか。 今作の御三家はバトルでも使えるように作ったとインタビューで話されていましたが、そのとおり優秀ですね。 インテレオンは最初に選ばないと入手できませんが、マジカル交換をしていればすぐに手に入るので試してみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】インテレオンの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

インテレオン スナイパー 育成

インテレオンは対戦で活躍できるか!? 歴代の水御三家の活躍を知っていますか? ラグラージ メガ進化で使われることが多く、とくせい「すいすい」をもつ雨パのエースとして、唯一無二の存在感を誇っていました。 「みず」「じめん」タイプは弱点が少なく耐久面の信用性も高く、メガ進化せずに起点づくりにも有用な性能を持っていました。 エンペルト こちらも、「みず」「はがね」という珍しいタイプで弱点が少なく、火力はさほどでもないですが、 弱点をつからない限り一撃で落とされることが少なく、強力なコンボ「あくび」「ステルスロック」で起点づくりポケモンとして活躍。 「アクアジェット」も覚えるため決定力もあるポケモンです。 ゲッコウガ 言わずと知れた人気ポケモン。 「とくこう」と「すばやさ」が高い。 高火力高速アタッカーで、沢山のポケモンの上から行動することができる。 とにかく器用で型が豊富。 とくせい「へんげんじざい」と広い技範囲で、タイプ一致技を高い「とくこう」から打つことができ、「こうげき」も低くなく「ダストシュート」「けたぐり」で両刀も可能。 当時流行っていた「ガルーラ」や「フェアリータイプ」のポケモンをすべて倒すことができた。 また御三家ではお馴染みの「げきりゅう」の火力を生かしたゲッコウガも対戦環境で暴れ回りました。 アシレーヌ 通りの良い「みず」「フェアリー」タイプを持ち、 固有技で音技の「うたかたのアリア」やその技をZ技として撃つ「わだつみのシンフォニア」は威力も高く、「みがわり」も貫通できる。 弱点を突かれなければ一撃は耐える耐久を持ち、「すばやさ」は高くないが先制技の「アクアジェット」を持っており、安定した役割遂行が可能でした。 インテレオンは対戦で活躍できるか インテレオンの種族値 HP 70 攻撃 85 防御 65 特攻 125 特防 65 素早さ 120 合計種族値 530 上記のように、歴代水御三家は、対戦環境で活躍し続けてきました。 インテレオンはどうでしょうか 種族値から見ると、ゲッコウガに似た高速とくしゅアタッカーとして需要はありそうですが、似たような種族値の、 高速物理アタッカー「カマスジョー」も今作で登場しています。 とくせいもメガラグラージと同じ「すいすい」を持ち、雨下では素早さで引けを取ることがほぼなくなります。 インテレオンは、「みず」タイプ単体。 そして思い出してほしい。 「みず」単タイプで微妙な評価だった。 歴代水御三家達を。 「ドわすれ」や「ひかりのかべ」などの壁展開も、確定急所なら無視してダメージを与える事ができるので、受けポケモンは起点のような感じがしますが… 果たして尋常じゃない固さを持っている「ドヒドイデ」や「サニーゴ」などを起点にして突破する事は出来るでしょうか… 「あまごい」や「ダイストリーム」などで天気をあめにしておけば、更に火力は上がります。 解禁されたら試してみようと思います。

次の

【ポケモン剣盾】超火力インテレオンの評価がだだ上がり!?ゲッコウガを超えろ!!【種族値と育成論】

インテレオン スナイパー 育成

僕はメッソンを選んで冒険を始めたんですが、専用技《ねらいうち》を使うときのモーションがガンマンみたいでオシャレ。 C125S120と、攻撃的な種族値をしており、剣盾環境でもかなり素早い部類に入ります。 本作では、ダイマックスを使うことで天候を操作することができ、必然的に水タイプや炎タイプの火力は高くなると言えます。 水タイプの特徴としては弱点が草、電気のみと非常に少ない上、攻撃面から見ると等倍の範囲が広く、サブウェポンの氷技でカバーできる範囲もまた広いという点が挙げられるわけですが、インテレオンについては耐久値が高くない弱点をダイマックスで補いつつ、通りの悪くない水技で速攻を決めていこうという戦術をとっていきます。 隠れ特性《スナイパー》は、専用技《ねらいうち》の急所に当たりやすい効果とマッチしていて、こっちはこっちで急所に当てる前提の超火力を持っていますが、ここでは、御三家固有と言えるピンチのときに各色の威力を上げる特性、インテレオンの場合は《げきりゅう》について考えていきましょう。 激流=1. 5倍 雨=2倍 もちろんHPが削られた状態で戦うのは、相手の先制技によるリスクもあります。 しかしながら、すべてのポケモンが先制技を持って戦いに臨んでいるわけでもありません。 思い返せば、雨パのキングドラのドロポンですらナットレイを4割近く削っていたのだから、特攻が高いインテレオンが低火力なはずもありません。 インテレオンは飛行技も覚えるので、素早さを上げるためにも早々にダイマックス権を切ってしまっていいでしょう。 技考察 ハイドロカノン 御三家専用、水版《はかいこうせん》。 ダイマックス時も同じ威力で撃てる、インテレオンの最大火力です。 珠と雨のハイブリッドが強すぎて、基本的に後出しを許しまへんで。 ねらいうち 威力は80と熱湯と同値ですが、急所に当たりやすく、ダブルバトル時に厄介な《このゆびとまれ》を無視することができます。 スナイパーでのメインウェポンになると思いますが、そうじゃなければ《ねっとう》でOKです。 また、連打できる火力技が欲しい場合には命中難の《ハイドロポンプ》もアリです れいとうビーム 水を半減する草、ドラゴンへの役割破壊技。 威力重視の《ふぶき》はダイマックス前提なら全然アリですが天候を《あられ》にしてしまうので、雨運用の際は注意されたい エアスラッシュ こちらも草に対する役割破壊技になりますが、むしろ《ダイジェット》時の素早さ上昇効果に注目すべきでしょう。 元々素早いポケモンではありますが、上には上がいますし、いつスカーフで素早さを逆転されるかもわからない可能性を潰しに行ける技です あくのはどう 怯み効果や、ダイマックス中の特防ダウン効果は強力です。 技範囲については等倍水技のほうが火力が出る場面のほうが多く、さほど広がらないように見受けられます。 シャド~ボ~ル~も悪波と似たような相手に抜群を取ることができます アクアジェット 雨と激流よろしく、攻撃に努力値を振らずともそれなりに火力が出る先制技。 相手のポケモンすべてがHP残量が少ないならいざ知らず、ストッパーに出てくるHP満タンの先制技使いを一撃で倒すほどの火力は当然出ないので、優先度はさほど高くないでしょう とんぼがえり 一貫性が高いので一定の需要はあると思ってます。 蜻蛉でサイクル回して、相手のポケモンのHPが消耗してきたタイミングでダイマックスすればエンドゲーム。 水技の通りがいい構築には積極的に出していきましょう。 素早さ負けしそうな対面は選出段階で想定しておき、いつダイジェットするかというタイミングを計って立ち回れば戦いやすいです。

次の