ハウス ダスト アレルギー と は。 ダニアレルギーって何?

健康な人が気管支喘息とハウスダストアレルギーを発症する職場環境

ハウス ダスト アレルギー と は

敷布団 せんべい布団 は、主に畳や床の上に直接敷いて就寝する寝具を指します。 【和】を表す日本の文化でもあり、昔からの就寝方法の一つです。 敷布団のメリット• 持ち運びができるため手入れがしやすい。 水洗いできるものもある。 布団の裏に湿気が溜まらない。 比較的容易に買い直しや中綿の「打ち直し」ができる。 敷布団は厚みが薄いので、基本三つ折りでたためコンパクトにできます。 重量もマットレスに比べ重くないので、手軽に日陰または日向干しができ、アレルギーの原因になるダニやホコリを駆除することができます。 敷布団のデメリット• 畳や床からの距離が近く、ハウスダストを吸い込みやすい。 布団の上げ下げの際にハウスダストを撒き散らしやすい。 敷布団は直接、畳や床に敷いて寝るので、ホコリを吸いやすい睡眠環境になってしまいます。 ベッド(マットレス)とは、厚みのある寝具のことを指します。 内部にウレタンフォームやスプリングコイルなど使用して寝心地を調整しているので、敷布団に比べ重量があります。 ベッドのメリット• 床からの高さがあるためハウスダストを吸い込みにくい。 上げ下げがないので空気中にハウスダストを撒き散らしにくい。 なので、ホコリやハウスダストの吸い込みが少ない睡眠環境で寝ることができます。 ベッドのデメリット• 日干しなどの手入れがしにくい。 丸洗いはできない。 ベッドの構造によってはマットレスの裏に湿気が溜まり、乾燥させにくい。 価格が高い、大きいといった点で買い直ししにくい。 ベッド(マットレス)は重量があるので、普段は動かす機会がほとんどありません。 そのため、いくらスノコを敷いていたとしても湿気が溜まりやすい環境になってしまいます。 湿気が多い場所はカビやダニが発生しやすくなり、アレルギーの原因になる危険があります。 結論:ハウスダスト対策としてどっちがいい? どちらにも一長一短はありますが、 すぐに改善の効果が見込めるベッドで寝ることを管理人としてはおすすめいたします。 特にデメリットとなる点(敷布団はホコリやハウスダスト…ベッドではカビやダニなど)をよく理解した上で対策を練ること、そして、よりハウスダスト対策に適した敷布団やベッドを選ぶことで、デメリットをカバーすることはできます。 寝具のハウスダスト対策をするだけでなく、部屋全体に配慮することも大切です。 「ベッドか布団か以外のこと」も、とても重要なことです。 布団を使う寝室のハウスダスト対策 布団を使っているとハウスダストの量はどうしても増えてしまいます。 しかし、それはベッドで掛け布団を使っていても同じことですので、部屋のハウスダストを減らす対策はどんな寝室にも必要です。 床のハウスダストを減らす効果的な方法は、 掃除機よりも先に拭き掃除をすることです。 畳も硬く絞った雑巾で水拭きしましょう。 そうすることで、掃除機の排気により舞い上がるハウスダストが激減します。 べたつきもなくなりますので、非常におすすめです。 また、カーテンの洗濯や、鴨居や付け鴨居にたまるホコリの除去も忘れずに行うようにしましょう。 ハウスダスト対策におすすめ.

次の

【アレルギー検査結果の読み方】 花粉 ハウスダスト ダニ IgE値とは?

ハウス ダスト アレルギー と は

住まいが健康に与える影響は想像以上に大きいもの。 我が家の中にアレルギーの原因が潜んでいるかもしれません。 家族みんなが健康に暮らすために、リフォームの際にはカビ、ハウスダスト、化学物質対策をしておきましょう。 見落としがちなポイントもご紹介します。 アレルギーの原因となる、家の中の隠れたところで育つカビ カビはアレルギーや病気の原因にもなるやっかいなしろもの。 症状は鼻炎や皮膚炎などさまざまです。 気密性が高い現代の住宅では、カビが生えるとその胞子が家の中を漂い続けることにもなりかねませんので、まずはカビを生やさないような環境作りが大切です。 浴室やキッチンに出るカビは、見えやすいのでシッカリ対策している方も多いと思いますが、問題は見えないところで育っているカビです。 やっかいなのは見えないところで育っている家のカビ。 水まわり以外でも見られる。 よく見かけるのが、北側の壁面、和室の畳の下、洗濯機の側面の壁などです。 以前、北側にある子ども部屋の壁紙をはがしてみたら、裏側がカビで真っ黒だったことがありました。 そんな状況では子どもたちの健康にいいわけがありません。 和室は畳をめくるとカビ臭がしている家も多く、押入れの中も同様です。 また洗濯機の周囲の壁面にカビが生えていることも多く、洗面所のリフォームで洗濯機を動かしてみたら、壁が真っ黒だったこともありました。 カビ対策をして健康的に暮らすには、断熱+調湿リフォーム カビは湿気のあるところに生えます。 家の中のカビを防いで健康的に暮らすためには、まずは断熱リフォームを行い、そして調湿建材を上手に使いましょう。 北側の壁面にカビが生えるのは結露が原因です。 これはマンションでも一戸建てでも同じこと。 冬の冷気で冷たくなった壁面に、室内の暖かい空気が触れることで結露が発生し、カビが生えます。 つまり壁を冷やさないよう対策しておくことが肝心。 断熱リフォームをすれば、壁が冷えにくくなるので、結露を防ぎ、カビを抑制してくれるようになります。 壁面収納ならホコリが溜まりやすいスキマができにくい。 電化製品のコードも隠ぺいすることでホコリが付きにくい() 加えてホコリを溜め込まないよう、掃除をしやすい家づくりをすることが大切です。 ホコリが溜まりやすいのは、家具の裏やスキマ、それから飾り棚などです。 置き家具から壁面収納にリフォームしてスキマを無くし、収納には扉を付ける、電化製品のコードは隠ぺいするなどの工夫でホコリを防ぎやすくなります。 また掃除の際にホコリを巻き上げないことも大切なポイント。 ダニが繁殖しやすい寝具の対策とともに掃除の仕方を見直すことも大切です。 も住まいの健康リフォーム、我が家に潜むアレルギーの原因のひとつ、化学物質の対策です。

次の

アレルギー性結膜炎(ハウスダスト)についてのQ&A

ハウス ダスト アレルギー と は

Q アレルギー性の結膜炎とはどんな病気ですか? 花粉や住いの中にあるほこりが原因となって起こる目のアレルギーのことをいいます。 最近では、このハウスダストによるアレルギー患者が急増しています。 花粉には季節性がありますが、ハウスダストは1年中室内にあるため、いつ病気になっていもおかしくありません。 したがってこのアレルギーを「通年性(つうねんせい)アレルギー」と呼び、花粉症と区別しています。 結膜は外からの刺激や異物にさらされやすい組織で、涙などでいつもぬれています。 ですから、ハウスダストや花粉がくっつきやすく、アレルギーが起こりやすいのです。 Q ハウスダストにはどんなものがあるのですか?? ハウスダストにはいろいろなものがあります。 ほこりに混じって生きるダニ、ダニの死骸や糞、人や動物のフケや毛、カビなども含みます。 これらが無数のほこりとなって空中に舞い上がり、結膜にくっつくと結膜炎、鼻の粘膜にくっつくと鼻炎、吸い込むと気管支ぜんそくなどと、さまざまなアレルギー症状を引き起こします。 この中で特に問題になるのがヒョウヒダニ属のコナヒョウヒダニやヤケヒョウヒダニです。 最近の住いは気密性の高いアルミサッシ窓が多く、冷暖房設備が整っています。 ところがこの通気性の悪い環境がダニにとっては好都合で、特にじゅうたんは絶好の住み家になります。 まさに人間自らハウスダストを作り出しているといってもよいでしょう。 Q アレルギー性結膜炎の症状は? アレルギー性結膜炎の症状は、まず目やまぶたがかゆくなります。 目をこすったり、かいたりしていると次第に痛みが加わり、目がゴロゴロした感じになります。 そのまま放っておくと結膜が充血して、まぶたが腫れてきます。 さらに症状が悪化すると、透明な角膜の周囲が赤紫色になって、結膜にゼリー状の目やにがでてきます。 このような症状になるとたいへんです。 かゆみ、異物感などの症状がありましたらすぐに眼科医を訪れてください。 なお、すでに述べたようにアレルギー性疾患は目だけにとどまりません。 鼻炎、気管支ぜんそくなどの身体のいろいろな所にいろいろな症状として出ることもありますから、おかしいと思ったらすぐに医師に相談することが肝心です。 Q アレルギー性結膜炎の治療はどのように行われるのですか? アレルギー疾患はつらい病気です。 かゆくてたまらない結膜炎やくしゃみ、鼻みず、鼻づまりの鼻炎など、その苦しさとつらさは人には言いえないものがあります。 そこで、症状が悪化しないようにするためには薬剤による治療が必要になります。 アレルギー性結膜炎の治療には、抗アレルギー点眼薬がよく使われます。 抗アレルギー点眼薬にはヒスタミンH1拮抗(きっこう)点眼薬とメディエーター遊離抑制(ゆうりよくせい)点眼薬の2種類があります。 ヒスタミンの作用を直接ブロックするので、主にかゆみの強いときに処方されます。 メディエーター遊離点眼薬はヒスタミンなどを増やさないようにする作用がありますが、効果が現れるまで2週間くらいかかるため、症状が現れる前から使い始めることがあります。 抗アレルギー点眼薬は比較的副作用の少ない薬です。 使用中は勝手に中断することなく医師の指示にしたがって行うことが大切です。 また、重症になると副腎皮質ホンモン(ステロイド)点眼薬が用いられます。 この薬は作用が強くよく効きますが、副作用もありますので、医師の指示にしたがってください。 Q アレルギー性結膜炎の予防方法を教えてください。 まめに掃除をしてハウスダストを減らすこと ハウスダストがほこりとなってかたまると、空気中に舞い上がりやすくなり、アレルギーを引き起こす原因となります。 ダニはじゅうたんやたたみのほこり1g中に平均3000匹もいるといわれています。 したがって、ほこりをためないように、まめに床をていねいに電気掃除機をかけることが大切です。 また、家具や棚の上などのほこりは、よくしぼったぬれぞうきんで拭き取りましょう。 冷暖房機、空気清浄機のフィルターを水洗いすること、年に2回はたたみを干すことなども大切です。 [ダニ・カビを退治する掃除のポイント] ・床をていねいに(1平方メートルにつき20秒以上の時間をかけて)電気掃除機をかける。 ・家具や棚の上はぬれぞうきんで拭く。 ・冷暖房機、空気清浄機のフィルターを水洗いする。 ・年に2回はたたみを干す。 現代の日本の住居は、断熱・気密性が高くなり、室内が高温多湿化しやすく、ダニにとっては好環境となっています。 できるだけ窓を開放して風通しを良くし、ときには換気扇を使って室内の湿度を下げるようにしましょう。 特に食事の準備やお湯を沸かすときなどは水蒸気が発生して湿度が上がりやすくなるので、必ず換気が必要です。 開放型の石油・ガスストーブの使用中も湿度が上がりますので気をつけましょう。 また、温度調整や除湿のためにエアコンを使う際は、フィルターのほこりにダニやカビが繁殖している可能性がありますので、きちんと掃除してから使用しましょう。 [エアコン使用開始時は換気を忘れずに!] エアコンをしばらく使用していないと、コイル内でカビが増殖していることがあります。 使用開始時にはフィルターの掃除とともに作動開始から数十分は換気しましょう。 寝具の手入れは怠らないこと ダニは人やペットのフケ、垢(あか)などをエサとするため、それらの発生しやすい寝室や寝具類でよく増えます。 寝室の床はまめに掃除機をかけ、晴れた日はふとんを天日干しし、枕カバーやシーツは毎週洗濯しましょう。 ふとんの天日干しは、夕方外の湿度が上がる前に取り込み、取り込んだ後は、さらに掃除機をかけるとダニ退治の効果がアップします。 雨の日が続いたり花粉の飛散期間などは、ふとん乾燥機を使うのも良いですが、使用中は室内の湿度が上がりますので、換気を心がけましょう。 また、季節の変わり目に押入れから出したばかりの寝具類は、使用前に選択または天日干しを行い、ていねいに掃除機をかけてから使いましょう。 [ふとん選びのワンポイントアドバイス] ふとんは素材によってダニの増えやすさが異なります(下記参照)。 新しいふとんを購入する際は、ダニの増えにくいものを選ぶようにしましょう。 ダニの温床になるぬいぐるみは置かないこと ぬいぐるみ、布製のソファー、壁掛け、じゅうたんなどはほこりがたまりやすく、ダニの温床となります。 できるだけ置かないようにしましょう。 床素材としては、板の間(フローリング)が理想的です。 また、室内でペットを飼ったり、観葉植物を置いたりすることも、ダニを増やす原因となります。 ペットは、初めから飼わないか、外で飼うようにしましょう。 Q ペットは絶対に室内で飼ってはいけないの? ペットの毛やフケなどは、それだけでもアレルゲンになりやすく、またダニを増やす原因にもなります。 しかし、一方では、米国立アレルギー感染症研究所が、生後1歳までに室内で2匹以上のペットを飼っていた乳児は飼っていなかった乳児に比べて6、7歳に成長したときのアレルギー発生率が有意に低かったという報告をしています(2002年)。 ペットのよって運ばれた細菌が死ぬときに放出するエンドトキシンという毒素がアレルギーに関する免疫細胞の増殖を抑えたためということです。 ペット1匹ではその効果がなかったとしています。 このことは、乳児期の行き過ぎた清潔思考もまた、アレルギーの一因となる可能性を示唆(しさ)しています。

次の