きゅうり の パリパリ 漬け。 【3分クッキング】きゅうりのパリパリ漬けの簡単・時短二人分レシピ

きゅうりのパリパリ漬けの作り方

きゅうり の パリパリ 漬け

材料 古漬け胡瓜 1Kg 醤油 150cc みりん 50cc 酢 25cc 【関連リンク】 ・ ・ 古漬けから作るパリパリ漬けの作り方 今回使ったキュウリの古漬け(塩漬け)です。 生のキュウリで漬けた時は、キュウリを茹でましたが、塩漬けを使う場合は塩抜きが必要になります。 3~5ミリ位の厚さで輪切りにし、たっぷりの水に浸けて塩抜きをします。 水を1~2回替えると、塩が抜けやすくなります。 塩が抜けたら、しっかり脱水していきます。 ここからはと同じ作り方になります。 重さが3分の1くらいになるまで、漬物容器などを使って水分を抜きます。 漬けダレを作ります。 調味料を鍋に入れ、沸騰させてアルコール分を飛ばします。 今回青唐辛子が出回っていない時期だってので、作り置きしておいたを使いました。 絞ったキュウリを加え2分くらい煮ます。 煮終わったら、キュウリと漬けダレを別々に冷まします。 漬けダレは冷めた後に、キュウリと合わせるので捨てないでください。 冷めたら漬けダレに浸け、冷蔵庫で1時間くらい味を馴染ませます。 1時間後ザルに空け、余分なタレを切ってから保存容器に入れて保存します。 完成 たくあんのような、パリパリの醤油漬けの完成です。 生の胡瓜で作るより、断然歯応えがいいです。 また、を漬けダレとして使うと、風味が増してもっと美味しくなります。

次の

きゅうりのパリパリ醤油漬け

きゅうり の パリパリ 漬け

きゅうり• にんじん• わらび• みょうが• とり肉• もち米• セロリ• 青じそ• 身欠きにしん• まいたけ• 油あげ• 食用菊• しょうが• にんにく• サラダ油• ズッキーニ• ゴーヤ• 山いも• キャベツ• たまねぎ• オクラ• キウイ• きゃべつ• ごぼう• しば漬け• たくあん漬け• カリフラワー• れんこん• トマト• ピーマン• 赤ピーマン• 黄ピーマン• さといも• 孟宗たけ• くじら• しみ大根• きくらげ• ふきのとう• ささげ• 棒だら• あさつき• ぜんまい• 身欠にしん• 切り干し大根• わかめ• こんにゃく• くるみ• ひやむぎ• さば缶• ラディッシュ• するめ• レタス• ちくわ• 小麦粉• しいたけ• えのき 作り方• 洗ったきゅうりを2cmくらいに切る。 ビニール袋に切ったきゅうりと塩を入れて、シャカシャカして空気を抜いて下漬けする。 きゅうりから水分が出て体積が減り、ビニール袋の上部に空気がたまってきたら、再度口をほどき、空気を抜いて縛りなおす。 30分ほどおき、下漬けする。 しょうがは、皮をむいて千切りに。 魔法の醤油、酢、砂糖、たかの爪を鍋に入れて、火にかけ沸騰させる。 下漬けしたきゅうりをさっと水洗いし水気を絞り、しょうがと共に器に入れる。 5に沸騰した4をかけて、1晩おく。 翌日、漬けだれだけを鍋に戻し、再度煮たてて、熱いうちにきゅうりにかける。 冷めたら、冷蔵庫へ。 さらに、2日ほどしたら、再度漬けだれだけを鍋に戻し、再度煮たてて、熱いうちにきゅうりにかける。 冷めたら、冷蔵庫へ入れて翌日から食べられる。

次の

とまらない美味しさ!きゅうりのパリパリ漬け

きゅうり の パリパリ 漬け

毎日、暑い日が続きますね~。 こんな記録的な暑さだと、人と会うたびに「暑いね」「熱中症怖いね」があいさつ代わり。 でもじつはこの暑さ、料理に活用することもできるんですよ。 こちらは 【きゅうりのぱりぱり漬け】。 よーく見ると、きゅうりの皮や切り口にしわが寄っているのが分かるでしょうか? これは、いったん 「天日干し」して水分を抜いてから漬けている証拠。 このひと手間で、お店で買った漬けもののような、パリパリ、ぽりぽりと絶妙な歯ごたえになるんです! 干すときは、切ったきゅうりをざるに広げ、風通しのよい場所に置いて。 レシピでは「6時間~1日干す」と幅を持たせていますが、カラッとした猛暑日ならもっと時短できそう! 切り口が完全に乾いて、しわが寄ってきたら干し終わりの目安です。 水分ばかりであまり栄養のなさそうなきゅうりですが、じつは、きゅうりに含まれる【カリウム】にはむくみ防止の効果アリ。 余分な塩分を体の外に出してくれます。 また、ぱりぱり漬けは甘酸っぱい味なので、漬け汁に酢が入ります。 これも、夏バテした体の疲労回復をサポート。 ざるに広げ、風通しのよい場所で天日で6時間~1日干す。 2 鍋に漬け汁の材料を入れて中火にかけ、ひと煮立ちさせてさます。 保存容器に 1 のきゅうりと、しょうが、赤唐辛子を入れ、漬け汁を注ぐ。 ふたをし、冷蔵庫で3時間~一晩漬ける。 冷蔵で4~5日保存可能。 料理/大庭英子 撮影/福尾美雪 スタイリング/しのざきたかこ 文/編集部・藤井 より.

次の