宿題 やら ない こども。 宿題・提出物を出さない子供(中1)

宿題をしない子供に対して行う大人からの2つのアプローチ

宿題 やら ない こども

宿題をやらない子供に宿題をやらせようとして、ストレスがたまりまくった 子供が小学生になったとき 「こんなに毎日宿題がでるのか」 と正直びっくりしました。 昔、自分が子供のころは宿題はこんなになかったと思います。 学校から帰ったらまず次の日の準備をして宿題をやる。 これが理想ですよね。 ちゃんと出来る子もいます。 しかし、やらない子もいます。 うちの子供は、後者です。 これ、親がやるわけにもいかず、本人にやらせないといけないですよね。 だから、 「明日の準備しちゃいなさい。 」 とか 「早く、宿題やりなさい。 」 とか、 言ってしまうわけです。 しかし、宿題をやらないタイプの子は、親に言われたからって、まずやらないです。 そのことが親としては、ものすごくストレスになるんですよね。 周りのママさんに聞くと、 「うちはすぐに宿題済ませちゃうよ。 」 なんて言ってる人もいます。 ああ、なんでうちの子は、、、 と半ば絶望的な気持ちになったりします。 その反面、同じように「うちの宿題全然やらないんだ。 」 と言うママもいます。 そうか、同じような子供もいるんだな、とちょっと安心します。 そして、この辛さを分かち合えて嬉しい気持ちになります。 宿題をやらない子のママは、 「昨日なんて、泣かされたよ。 」 と言ったりしてます。 わかります。 泣きたくなるんですよね。 私も泣いたことがあります。 小学校の宿題なんて、一旦取り掛かれば10分もかからないくらいの量なんですよね。 なのに、なかなかとりかからないんです。 1時間も2時間も。 その間、ずっと、「宿題やりなさい。 」と言い続けている自分。 本当に悲しくなります。 もしも、あなたのお子さんが「宿題をやらない子」だとしたら、子供が自分から宿題をやるようになる方法があるとしたら、知りたくないですか? 「早く宿題しなさい!」と絶対に言わない 子供が宿題をしない。 すると、ついつい、「宿題、早くしなさい。 」 って言ってしまわないですか? 私はついついいつも言ってしまっていました。 よくないとわかっていても。 しかし、子供は「早く、宿題しなさい!」といわれると、カチン! ときます。 そして、お決まりのセリフを言うわけです。 「今、しようとおもっていたところ。 」 「今、鉛筆探しているの。 」 「このテレビ終わったらやるから。 」 「ちょっとトイレ行ってくる。 」 というようなことを言います。 子供は宿題をやらないといけないのは知っているよ!わかっているよ!うるさいな! そんな心理状態です。 だから、早くやりなさい!と言われると、反発します。 どうして、そんなに上から目線で偉そうに言うんだよ!っていう気持ちですかね。 親からそんな風に言われると、言われたからやるのは癪に障る、みたいな気持ちになって、ますます宿題にとりかかる時間が遅くなります。 すると、親も 「さっき、やるって言ったのに、どうしてやらないの!?」 という気持ちが心の中にどんどんわきあがってくるのです。 そしてまた。 「早く宿題しなさい!」って 言ってしまうわけですね。 そうすると、 「今やろうと思っていた!」 と言われて、魔の無限ループに陥り、その不毛な時間がずっと続くのです。 そして、ついに子供は 「うるさい!ママ、うるさい!」 と逆ギレする事態になってしまいます。 ため息が漏れますね。 長年こんな経験してきたからこそ言います。 「早く宿題しなさい!」 というのは 禁句にしましょう。 この言葉、子供が宿題をやらなくなる魔のワードです。 宿題やりなさいといってやってくれるなら、こんなに悩まないわけです。 早く宿題しなさい!って心の中で思っても、言わない。 子供に宿題をやってもらいたい親は、子供が自然に宿題をする気持ちになるサポートをしましょう! 子供が自分から宿題をするようさせるためにできる親のサポートとは? 早く宿題しなさい!と言い続け、神経をすり減らしていた私ですが、考えを改めて、子供が自分から宿題をするようにしようとしました。 子供がアスリートなら、親はマネージャーやコーチのような立場。 子供が全力をだせるように、サポート業務につくようにしました。 宿題の可視化 とりあえず、学校から帰ってきたらまずは宿題をやらなくてもいいからランドセルから出させることをしましょう。 ランドセルの中身を揃えたり、宿題をやるのはちょっとハードルが高くても、ものをかばんから出すくらいはどんな子もできると思います。 そして、親も一緒に、明日までにやる宿題は何があるのかを確認するのです。 これ、結構重要ですよね。 下手すると、そのまま宿題がランドセルに入っていて忘れてしまい次の日の朝まで気付かなかったということもあります。 まずは、宿題の存在を目でみて確認することが必要です。 そして、その宿題は、勉強机の決まった場所に置くなり、トレイに入れて、部屋の見えやすい場所に置くなりして、いつも目が付く状態にしましょう。 宿題をやる時間を話し合って決める 宿題をやる時間は限られています。 理想的には、帰宅したらすぐにやらせたいですが、帰ってすぐ習い事にいったり、お友達と遊んだり、おやつが食べたかったり、テレビが見たかったりとすぐに取り掛かれることは少ないです。 といいますか、うちの子供は帰宅してすぐに宿題やったことはほぼありません。 でも、私は子供と話し合って決めています、 「いつ宿題やろうか?」 ご飯を食べる前。 ご飯を食べたあと。 お風呂に入ったあと。 そんな感じで決めさせます。 自分で決めた時間なので、守ろうという気持ちも少しは出ます。 親も子供が決めた時間に宿題ができるように、ご飯の時間やお風呂の時間を工夫したり協力しましょう。 宿題をやる環境を整える 宿題をする環境を用意することも非常に重要です。 ・テレビを消す ・うるさくしない ・机をすっきり片付ける 子供が勉強できるベストな環境を作ってあげることが重要です。 我が家はこれを意識してやるようになってから、子供がすっと宿題に取り掛かるようになりました。 かんたんな問題からやる 子供をみていると、宿題にとりかかるまでがとても時間ががかかるのですが、一旦始めてしまうと、意外と集中して最後までやってしまうんですよね。 なので、最初の一問をやるのがとてもハードルが高いのです。 もしも何種類か宿題があるのなら、一番かんたんなものから始めるように言ってあげましょう。 それだけで心理的ハードルが下がります。 わからないところがあったら教えてあげる こどもが宿題をやっているとき、わからないところで止まってしまっている時があります。 なので、 「わからないところがあったら言ってね。 一緒にやろう。 」 と声をかけています。 わからなければ、聞けば教えてもらえるんだ。 と思うと、安心して宿題に取り掛かることができます。 子供がわからないところがあれば、ヒントを出してあげます。 すると、はっと閃いて、宿題を進めることができます。 教えてあげる、といったからには、子供から「わからない。 」と言われたら、すぐに家事などの手をとめて子供のところにいかなければならないですよ。 もし「忙しいから、まって。 」なんて言ってしまうと、子供からの信用も失ってしまいます。 親も真剣勝負ですね。 宿題を終わらせたら褒める やはり褒められることは嬉しいですよね。 宿題をちゃんと終わらたら、「よくやったね。 」と褒めるようにしています。 また、ちゃんと宿題の内容を見てあげると子供も嬉しいようですね。 頑張って終わらせたんだから、誰かに見てもらいたい!って気持ち、大人にもありますからね。 きちんとやれば認められるという事の繰り返しは、毎日がんばって宿題をやろうというモチベーションにつながります。 褒められたら、うれしい。 親はちゃんと自分を見てくれて評価してくれているんだな、という気持ちが、自分から宿題をやろうという気持ちにつながります。 時間がかかっても、ゆったりした気持ちで 以上、体験をふまえて宿題をしない子の対処方を書きました。 これらのことをやっても、すぐに効果があらわれるとは限りません。 もしかしたら、時間がかかるかもしれないです。 でも、焦らないことです。 宿題をしなくても命にかかわるこはありません。 宿題をしないからといって怒るのはやめましょう。 逆効果にしかならないので。 子供には、「早く宿題しなさい!」という言葉じゃなくて、 サポートと信頼と安心感 を与えましょう。 そうすれば、時間がかかっても、そのうちに自然に自分から宿題をするようになります。

次の

宿題をやらない子供が変わる魔法の方法と親のNGな言動

宿題 やら ない こども

皆さん残暑お見舞い申し上げます。 こども達の夏休みも後半に入りました。 お子さんの夏休みの宿題は進んでいますか? 毎年の事ですがこどもに夏休みの宿題をやらせるのは親にとって悩みの種ですね。 しかしこれらの言葉は残念ながらこどもには響きません。 も書きましたが『 口で言うだけで相手を動かすには最低500回言う必要がある』そうですから、親が多少ガミガミ言っても親子の仲が険悪になるだけで状況は変わらないのです。 これはの分類では『 予定を事前に詳細まで決めたいタイプ』と『 予定を直前まで曖昧にしておきたいタイプ』に二分されます。 まず 家族や友達が笑顔でいると幸せ 家族と手を繋いだりスキンシップを取っていると安心する タイプです。 もし上からきつい口調で言ってやらせようとすると「怒っているのかな?」と思いプレッシャーやストレスを感じてしまう可能性がありますので、笑顔で対応してあげて下さいね。 次に トランプやゲームで負けても泣いて悔しがる程の負けず嫌い ゴールにご褒美があれば必ずゲットするために頑張る タイプです。 このタイプのお子さんには、楽しいイベント 旅行・キャンプ・TDLなど の予定を早めに伝えて 「それまでに終わらせちゃおう!」という声かけをしてみて下さい。 それまでに宿題を終わらせる事が彼らにとっての『勝ち』なのです。 これから待ち受ける楽しい事を頭に思い浮かべながら「よ~し!」とやる気スイッチが入ります。 但しイベントがあまりに先だとやる気が長続きしません。 その場合は好物のレストランに行く予定や欲しい物の買い物など 目先のニンジンを設定してみましょう。 ちなみにこのタイプのお子さんに前述の『スキンシップ作戦』は不向きですのでご注意下さい。 このタイプは 1人の力で頑張って結果を出したいタイプですので、宿題をやっている途中では口を出さず 目標の期日までに予定の宿題を終わらせたタイミングでその事実を評価する声かけをして褒めてあげて下さいね。 最後は 他の人よりもスケールの大きな事をして目立ちたい 自分のすごさを多くの人から認められたい、称賛されたい タイプです。 実はこのタイプのお子さんに宿題をやらせるのが一番難しいです。 とにかくタイミングを逃さず褒めまくって「僕って何でも出来るんじゃない?」と思わせる位まで気分を盛り上げちゃいましょう! そんなタイミングをみつけるのは難しそう・・と思う方は、 最終日まで忍耐強く傍観するという方法もあります。 このタイプのお子さんはとても『合理的』な面も持っていますので、フォローしなくても必ず期日までには仕上げてくれます。

次の

宿題をしない子供に対して行う大人からの2つのアプローチ

宿題 やら ない こども

こどもだって宿題をやらなくちゃいけないってわかってます 子供だって、宿題はやらなくちゃいけないとわかっている、ということをまずは理解してあげてください。 大人だってめんどくさいことは、あとまわしにしちゃったりしますよね(私だけですか?汗) 宿題させたいなら逆効果!叱ってはいけません。 子供が宿題をやらないと、親としてはイライラしてきちゃいますよね。 毎日毎日やったかどうか聞くだけでもストレスです。 (だいたいやってないですし) でも、全然宿題をやる気配がないからといって怒鳴ったりしちゃいけません。 こどもからしたら余計意固地になってしまいます。 家庭での子供とのやりとりって大体うちではこんな感じでした。 そもそも自分がこどもだったとき、ちゃんと宿題してたか振り返ってみる。 自分がこどもだったときのことを思い返してみると、冒頭でも書いたとおり、私は宿題をやらない子でした。 しかも、大人になった今でもめんどくさいと思うことは あとまわしにしちゃいがちです。 うちの親はあまり干渉してこない親でした。 宿題やらないならやらないで別にそのことについて怒られるようなことはありませんでした。 おかげで遊びほうけてたわけですが、まぁ中学入ったころからだんだん成績でその辺の影響が ジワジワ悪い方向に出てきましたね。 きっと皆さんがこどもだったとき、ちゃんと宿題はやられていたのだと思いますが、やりたくてやっていた方は少数派なんじゃないでしょうか。 大人になって中学高校大学と進学を経験して、社会人になってからも 学ぶってことが大事なんだっていろいろなところで実感して、こどもにはちゃんとさせたいなっていう親心から宿題をやらせたいという考えに至っているのだと思います。 めんどくさくてあたりまえの精神 親心は素晴らしいと思いますが、気持ちばっかりがあせって口うるさくなってしまい、こどもからしたらうるさいこと言ってくる親って感じかもしれません。 なんでやらないのかとか、やらなければ罰を与えるとか、そういうのは長期的な効果がないってこと、きっとみなさんも実感されているのではないでしょうか。 こどもと同じ目線に立ってあげて、 宿題=めんどくさいっていう共通認識を持ってみてはいかがでしょうか。 やらないことを批判するのではなく、なぜやらないのかを問い詰めるのでもなく、ただ気持ちを理解してあげると心を開いてくれるかも。 あとは、自分が子供のときはこう思ってたなーとか、振り返ってみるのもいいと思います。 自分がやられて嫌だったこと、言われて嫌だったことをわざわざこどもにする必要はないですよね。 まずは5分だけ一緒にやってみよう 宿題=めんどくさいを理解してあげて、さっさと片付ければあとが楽だよとか、そういうアドバイスはしちゃだめです。 必要なのは宿題にアプローチするっていう習慣をつくってあげることです。 その習慣をつくらせるために日々叱ってるのだと思いますが、それでは効果がないので切り口を変えて子供に接してみましょう。 いっしょに宿題を5分だけやってみようと誘って、最初の5分だけいっしょにやってみることをオススメします。 実際に5分経ったら、宿題自体が完了していなくても、5分経ったから終わろうとこっちから切り出してください。 きっとしばらくは本当にそこで宿題をやることをストップしてしまうと思います。 でもそれは叱らないであげてください。

次の