コロナ 家賃 補助。 コロナ救済策「家賃支援給付金」が閣議決定!法人最大600万円、個人最大300万円の家賃補助

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として店舗等賃貸人に対する区独自の家賃減額助成を実施:新宿区

コロナ 家賃 補助

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者に対する支援のうち、資金繰りについては「」や「制度融資(セーフティネット保証4号等)」があり、人件費についてはがありました。 各地方公共団体ごとで行っている「休業要請協力金(例:、)」もあったものの、「全てテナント賃料の支払いに消えてしまう」という悲痛の声が多く、日本政府における支援として「テナント賃料(家賃)補助」が望まれておりました。 今回、自民党からの提言は、このような声を拾うもので、事業者向けの支援策を充実される極めて大きな意義を持つ支援策となっています。 と「雇用調整助成金」に加え、 「特別家賃支援給付金」が加わることで、多くの事業者が事業を継続できるのではないかと期待しています。 売上が大幅に落ち込むなど特に厳しい状況にある中堅・中小企業者・小規模事業者・個人事業主のテナントに対し、に加え、無利子・無担保融資(例: )の元本返済にも活用できる給付金(=家賃支援給付金)を給付する家賃補助制度ですが、以下の通り「支給要件(給付対象者要件)」が定められております。 中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、 令和2年5月~12月において以下のいずれかに該当する者に、給付金を支給。 また、必須書類としては 「賃貸借契約書」になると思われます。 もし未整備の場合や、不備がありそうな場合は、制度開始前に前もって準備しておいても良いかもしれません。 また契約書とあわせ、支払いの事実がわかる書類等も必要になる可能性があります。 「家賃支援給付金」の申請受付期間(期限)については、 本ブログ執筆現在の情報では、明らかにされておりませんが、国会での審議状況も踏まえ、以下になると推測しています。 野党からもスピード感のある審議に協力する意向が得られており、かつ4月中旬ごろから議論自体は始まっていたこともあるため、早期のスタートが期待されます。 なお、持続化給付金と同様、「受付から2週間」が標準的な振込みスケジュールとなりますが、(混雑等により)早くても3週間~1か月は見ておいた方が良いでしょう。 また情報が確定次第、更新して参ります。

次の

「新型コロナ」対策で、中小企業の家賃を2/3補助へ 世帯向けの「住居確保給付金」も対象を拡充

コロナ 家賃 補助

【5月7日時点での案】 「対象者」 中小、小規模事業者、個人事業主です。 テレビでは飲食店への助成金が目立っていますが、以下の条件を満たせば助成されそうです。 「条件」 ・前年同月比で収入半減 ・もしくは3ヶ月にわたって平均3割減収 「前年同月比で収入半減」というのは、 持続化給付金の条件と同じです。 (売上=収入として) これに加えて、前年の3ヶ月(おそらく連続した3ヶ月)と今年の連続した3ヶ月の収入(売上)が3ヶ月平均で3割減収していれば条件に当てはまります。 売り上げに波がない事業であれば、自粛のために1ヶ月休業していたらそれだけで条件を満たしそうですね。 「支援策」 金融機関から の無利子無担保融資で家賃に充てた分のうちの3分の2(上限あり)。 これはつまり、 5月1日から始まった民間金融機関での無利子無担保融資を利用していないともらえないということになります。 この案をまとめたプロジェクトチームは、これを「融資と助成のハイブリッド型スキーム」と言っていました。 民間金融機関からの無利子無担保融資を利用するには、売上減少の要件を満たし、セーフティネット保証4号・5号か、危機関連保証いずれかの認定を受けていることが条件です。 予算が決まっているので、かなりの数の事業者が5月1日に申し込んだと、ある銀行の支店長さんが言っていました。 「給付額」 それぞれの上限額は、 中小・小規模事業者が月50万円、個人事業主が月25万円です。 これが年内6ヶ月なので、最大で中小・小規模事業者は300万円、個人事業主が150万円もらえるということになります。 めちゃくちゃありがたいですね。 【一般向けにも家賃の助成制度】 事業者向けではなく、一般の人向けの助成もあります。 「住宅確保給付金」です。 元々、コロナと関係なく存在していましたが、感染拡大に伴って支給対象が拡大しました。 「支給対象拡大前(コロナ前)」 離職・廃業後2年以内の者 「支給対象拡大後(コロナ後)」 上記に加えて、給与等を得る機会が当該個人の責に帰すべき理由・当該個人の都合によらず減少し、 離職や廃業と同程度の状況にある者 支給期間は原則3ヶ月で、支給額は住んでいる地域や家族構成によって異なります。 【まとめ】 メディアの報道では、一律10万円給付や持続化給付金ばかり目立っている印象ですが、着実に動いてくれています。 (スピード感に関してはノーコメント) 事業者の人は当然ですが、こうした情報には敏感になりましょう。 顧問税理士や社会保険労務士はめちゃくちゃ忙しいです。 自分で情報を取りに行いくようにしましょう。 資金繰りが苦しいならば尚更です。 LINE公式アカウント友達追加で 2大特典プレゼント! 虎の巻其の壱「クレジットカード」 年間37万マイル貯める男が使うクレジットカード1枚を大公開! 虎の巻其の弐「ふるさと納税の極意」 ふるさと納税の自己負担が実質0円!?知らなきゃ損の裏ワザ! その他、セミナー情報をはじめ世界情勢や旬な情報をお届けしています!•

次の

新型コロナウイルス感染症関連 (METI/経済産業省)

コロナ 家賃 補助

家賃支援金(都道府県別) 新型コロナウイルス関連 家賃支援金(都道府県別) 新型コロナウイルスに関連した地域の家賃に対する支援についてまとめています。 北海道• 東北 青森県• )とする。 補助金額は最大10万円(1か月の賃借料が10万円未満の場合は実支出額となる) 岩手県• 補助金額は上限30万円(1か月あたりの上限額を10万円とし,連続する3か月分を上限とする。 補助上限額は15万円/月。 最大、4月以降連続する3カ月分まで。 補助率は、家賃(土地、建物)の2分の1(上限:月10万円)。 補助対象期間は、令和2年4月から9月までの連続する3か月間(最大30万円を補助)。 上限額は事業所ごとに1か月につき10万円(連続する3か月分まで)• 補助額は、家賃全額 (1か月あたり10万円を上限)。 連続する3か月分の補助となるので、補助金額の上限は30万円。 ) 補助対象期間:令和2年4月1日から9月30日まで連続する3カ月以内 山形県• ・自粛要請期間(令和2年4月25日(土)から令和2年5月10日(日))に休業をした場合、4月分の家賃を支援。 ・自粛要請期間(令和2年4月25日(土)から令和2年5月10日(日))を含み、31日以上休業した場合、4月・5月分の家賃を支援。 補助額は1店舗につき賃料月額の8割(上限10万円)(1事業者あたり5店舗まで、上限50万円)• 家賃等を免除した場合又は家賃等の減額に加え1ヶ月以上支払い猶予をした場合 1テナント等当たり、1万円を加算(1回のみ)• 新宿区内の店舗等の家賃について、減額した金額の二分の一を助成 助成上限額:1つの物件につき、月額50,000円 対象月:令和2年4月から10月分まで(うち最大6か月分) 物件数:1人の賃貸人につき、ひと月あたり5物件まで• 代表者が同一の場合は1回のみの申請を可とする。 【補助額】事業所賃借料相当額の3ヵ月分 【上限】1事業所につき、1ヵ月あたり10万円(3ヵ月合計30万円)• (利用回数は、1事業者につき1回まで)• ただし、次の金額が上限。 なお、支援回数は1事業所あたり1回限り。 1.常時使用する従業員(専従者を除く)が10人以下の場合15万円 2.常時使用する従業員(専従者を除く)が11人以上の場合30万円• ) 協力金受給者 家賃の30%(上限15,000円)の5か月分を支給 協力金非受給者 家賃の75%(上限40,000円)の5か月分を支給 ・光熱水費 電気、水道、ガス代の基本料金の合計金額(上限5,000円)の5か月分を支給• 補助金の額:家賃の3分の1以内の減免額(最大3箇月分)。 土地または建物の月額賃料の1/2(併用住宅の場合は1/4)を3ヶ月分(4~6月分)、1事業者あたり上限15万円までを補助 静岡県• 支援対象となる店舗が1の場合は10万円(家賃の範囲内) 支援対象となる店舗が複数の場合は20万円(家賃合計の範囲内)• 光熱水費は4月及び5月に支払う分の合計額(上限額:5万円)、家賃は、4月及び5月に支払う分の合計額(上限額:5万円)、申請期限8月31日 中国 島根県• 1事業者あたり上限30万円 岡山県• 補助額は、1か月あたり10万円を上限として計算し、3か月分の金額を一括補助(1店舗あたり最大30万円)ただし、3カ月の家賃の合計が20万円以下の場合は20万円を補助 四国 徳島県• ・市内に事業用として借り受けた建物に係る申請月の月額賃料相当額 ・1給付者当たり10万円を上限とする。 高知県• 事務所若しくは店舗の家賃1か月分実費相当の半額支援(2か月以内 上限15万円)• ・令和2年4月7日から同年5月6日まで(以下,「第1期」といいます。 )の分については上限額50万円 ・令和2年5月7日から同年5月31日まで(以下,「第2期」といいます。 )の分については上限額30万円 長崎県• 家賃の2分の1を補助(3か月・合計15万円が上限)• 家賃の2分の1を補助(3か月・合計15万円が上限) 熊本県• )の2分の1に相当する額(その額に千円未満の端数を生じるときは、これを切り捨てた額)とし、1事業者当たり5万円を限度• 賃貸借契約等に基づく家賃相当額3か月分 補助率:5分の4 補助限度額: 上限24万円(ただし、1か月あたり上限8万円)• 令和2年4月から6月分の支払済みの家賃、補助の対象となる家賃の10分の8(1月あたり上限5万円、3ヶ月分で最大15万円)• 既に支払った3か月分の家賃(3月、4月、5月分対象) 家賃の月額80%(上限20万円)• ・補助対象者が市内に住所を有する場合 1か月の家賃の10分の8(月額6万円を限度) ・補助対象者が市内に住所を有しない場合 1か月の家賃の10分の5(月額4万円を限度)• 宮崎県• ・通常の賃借料に対して1/2(上限2万円/月) ・申請の月から起算して3か月分• ・減額した賃貸料(減額分)の1/2(上限1万円/月) ・令和2年6月から9月までの間のうち連続した3か月分• 支援額は通常1か月の賃借料の1/2(上限3万円) 期間は3か月間(最大9万円)• 令和2年4月及び5月の賃料 1事業者につき、最大10万円•

次の