玉置浩二 統合失調症。 玉置浩二が病気・統合失調症だったことを告白!発症原因や現在はどうなのかを徹底調査した!

玉置浩二が病気・統合失調症だったことを告白!発症原因や現在はどうなのかを徹底調査した!

玉置浩二 統合失調症

新宿溝口クリニックで栄養療法を行っている溝口徹医師のブログに気になる記事があったので紹介させて頂きます。 実は重度の栄養不足が原因で、精神疾患と呼ばれる症状が出る場合がある事をご存知でしょうか?薬を用いた対処療法だけではなく、体の根本から改善させるアドバイスを日々情報発信しています。 jugem. 心に響く歌と、繊細な人間性が大好きです。 安全地帯というグループのリーダーで、ソロでも何枚もCDを出しています。 「ワインレッドの心」という曲が大ヒットしたことで知られていますし、玉置さんの個人では「田園」という曲がヒットしました。 どちらも昔の曲なので、今の若い方々はご存じないと思いますが・・・。 内容は玉置さんの半生を志田歩という人が取材をして書いたノンフィクションです。 玉置さんのファンはおもしろいと思いますが、そうでない人には退屈でしょう。 その本の中に、玉置さんが人間不信に陥り、精神的に不安定になり精神科の病院に入院したときの記述がありました。 何かの参考になるかもしれないと思ったのでご紹介します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (省略)事務所とのトラブルやバンドとしての一体感の喪失があった。 ・・・本来はもっとも頼もしい仲間だったはずの人間が、彼を理想から遠ざける障害のように見えてしまうというパラドックスの中で、玉置は疲弊していった。 (省略) こうした状況で彼は精神病院に入院する。 (省略) だが病院の彼に対する扱いは、あまりにも薬に依存したものだった。 省略) 【本人の言葉】 ほんとは何ヶ月も入院しろっていわれたの。 でも3日で脱走した。 だってね、病院入っているとね、1日中眠らされるんですよ。 これ飲みなさいってクスリもらって飲んで、はっと起きると、何日経ったかわかないくらい、16時間ぐらい寝てるんですよ。 で、起きるとまたクスリ飲まされる。 「あ〜、こんなことしてららダメだ」って思って、抜け出して北海道の実家で半年間静養してたんです。 そしたらある時、おふくろに「お金のことも、メンバーのことも、いっさい考えなくていいから。 あなたの家族のことも、なんにも考えなくていいから。 音楽やってそんなに悩むんだったら音楽やめて、いっしょに農家やろう。 」って言われた。 そしたら肩フワッと軽くなってね。 わあーっと泣いて、1日中空を見ているような感じで半年ぐらい過ごしたの。 そのときに北海道の仲間たちが、毎日俺のそばにいてくれてさ、昔話とかしているうちに、だんだん精神が回復してきた。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ こうして玉置さんは、徐々に回復し再び歌手として再出発することになるのです。 そこで生まれた曲が、「田園」だったことがこの本を読んで始めて分かりました。 田園の歌詞には、次のフレーズが繰り返されるのです。 そして、自分の経験から生まれた、本心をうたった「田園」がミリオンセラーになったのは、本当に嬉しかったと書かれています。 玉置さんの半年間の静養に似た治療が必要な方がとても多くいらっしゃるのではないかと思います。 もしかしたら僕もそうかも・・。 そんな状況のときに、薬漬けにされる3ヶ月の入院はどんな結果を招くのでしょう? もちろん必要な状況があることは、十分に承知していますので・・・。 shinjuku-clinic. jugem. これまで、このような精神疾患や心の状態は、ストレスとの関係や遺伝的なこと、あるいは疫学的な統計によって原因を論じられてきました。 また、セロトニンなどの神経伝達物質に対する研究も進んでいます。 心の状態は、いいかえれば脳の状態ともいえます。 今回の講演では視点を変え、心のトラブルといわれていた多くの疾患について、栄養面から改善を試みる栄養療法について紹介します。 ロフィール 溝口 徹 (みぞぐち とおる) 神奈川県出身。 1990年福島県立医大卒業。 横浜市立大学付属病院、国立循環器センター勤務を経て、神奈川県藤沢市に溝口クリニック(現:辻堂クリニック)を開設。 ペインを中心に、広く内科系疾患の診療にも従事。 2000年から一般診療に分子整合栄養医学的アプローチを応用し始め、治療が困難な疾患に対する栄養療法を実践し、多くの改善症例を持つ。 2003年には、日本初の栄養療法専門クリニック「新宿溝口クリニック」を開設。 毎日の診療とともに、患者や医師向けの講演活動を行っている。 shinjuku-clinic. jugem. その場合は事前にファックスでのお申し込みが必要となります。 フォーラムの前に「指導士会定例会議」を12時から1時まで開催いたします。 関西在住の予防士・指導士の方は是非ご参加ください。 holistic-kansai. html selected entries• 1 archives• 3 recommend.

次の

玉置浩二の病気、統合失調症に心配の声…青田典子との壮絶な夫婦生活

玉置浩二 統合失調症

ロックバンド『安全地帯』のボーカルでもある 玉置浩二。 最近の人からすれば 青田典子の旦那としての方がおなじみかもしれませんね。 しかし、その圧倒的歌唱力は芸能界でもナンバーワンといわれており、山下達郎やMr. Childrenの桜井和寿、コブクロの黒田俊介ら名だたるアーティストが口をそろえて「日本で一番歌がうまい歌手。 天才」というほどです。 EXILEのATSUSHIが『EXILE魂』でゲスト出演した玉置浩二の歌声を聞いて、玉置浩二に弟子入りしたというエピソードもあります。 そんな玉置浩二ですが、その人生はとっても波乱万丈。 度重なる離婚に、 統合失調症や躁鬱病をはじめとする病気との闘い、音楽以外で目立ってしまっているのもまた事実なのです。 Sponsored Link 玉置浩二の病気は統合失調症!?ライブでの奇妙な行動はこれが原因? 玉置浩二には昔から 病気の噂があります。 確かにWikipediaなんかを見ていても、急性膵炎 すいえん で休養をしていた時期はあるのですが、どうもそういうことではなく『 統合失調症』の疑いがあるのです。 確かに ライブ中の奇妙な行動が話題となることが多く、演奏が気に入らないとしてバンドメンバーに2度もやり直しをさせたり、観客に罵声を浴びせたこともあるとか。 この統合失調症とは 精神的疾患の一種で、何らかの原因で脳内のネットワークがうまく働かなくなり、ちょっとしたことでも感情が激しく変化したり、急に周りが見えなくなり人の話しを聞けなくなったりする病気です。 ひどい場合には幻覚が見えたり、あり得ない妄想をしてしまい日常生活も満足に送れなくなるほど。 はっきりとした原因は不明で、治療を行うには薬の使用やカウンセリング、症状によっては入院も必要になります。 そして玉置浩二は自書の中で自身が統合失調症を患っていて、 長い間苦しんでいたことを告白しています。 やっぱり噂は本当でした。 精神病院に入院していた時期もあったそうです。 現在でも完治はしておらず、急に症状が出ることもあるそうです… Sponsored Link ほんとの病気は躁鬱病だった!?妻の青田典子も限界か…? ですが、玉置浩二の本当の症状は統合失調症ではなく 躁鬱病 そううつびょう という疑いもあります。 躁鬱病もまた精神疾患の一種で、別名は『双極性障害』ともいわれる病気です。 症状としてはその双極性という名の通り、気分が落ち込んでしまう「鬱状態」と、とにかく気分がハイになる「躁状態」が極端に表れてしまいます。 落ち込んだりテンションが高くなったりすることは、普段誰にでもあることでしょう。 しかし、日常生活では感情をコントロールできるため全く問題にはならないのですが、躁鬱病では そのコントロールが利かなくなるのです。 玉置浩二の現在の奥さんはご存じ、 青田典子ですが、とにかく感情の起伏の激しい玉置浩二に手を焼いていて、 何度も言い合いをしては仲直りしての繰り返しだそうです。 激しい時には結婚指輪を捨ててしまうこともあるらしく、今の結婚指輪で4つ目だと青田典子が番組で語っていました。 とにかく機嫌が悪いときは何を言っても無駄で、まるで人の話を聞き入れてくれません。 さらにそのような時はとにかく他人に迷惑をかけることが多く、青田典子はそのたびに 当人たちに謝罪をして回っているそうです。 ですが、逆に気分が良いときはものすごく優しく接してくれるんだとか… 玉置浩二には3度の離婚歴があるのですが、みんなこの躁鬱病からくる両極端な性格に振り回されて、愛想をつかしていったのかもしれません。 果たして青田典子もいつまで我慢できるのでしょうか。 あるいはもう限界を迎えているとの噂も。 4度目の離婚なんてことにはならないでほしいですね。

次の

統合失調症 玉置浩二 の場合

玉置浩二 統合失調症

2010年7月にタレントの青田典子さん 46 と再婚したミュージシャンの玉置浩二さん 55。 そんな玉置さんの奇行ぶりが度々メディアに報じられ話題になりますが、プライベートでも奇行をしており妻の青田さんは悩まされているようで、それがあまりにも酷いことから気功師に相談していることが明らかとなりました。 青田さんは、今年2月に放送された情報バラエティ番組『お笑いワイドショー マルコポロリ! 』 関西テレビ に出演した際に、夫婦喧嘩が絶えず起こり、これまでに結婚指輪を投げ捨てらて4回購入し直したとのエピソードを明かしていましたが、果たして玉置さんの奇行ぶりとはどれほどのものなのでしょうか…。 【以下引用】 北は北海道から南は長崎県まで、全国23か所を巡るツアーを5月末に終えたばかりの玉置浩二(55才)。 しかしその陰で、妻・青田典子(46才)はこのツアーを、拝むような気持ちで見守っていた。 ある音楽関係者がこう語る。 「最近の玉置さん、公演の開始前になると感情の起伏が激しくなるんです。 控室では、これが毎回のように起きるので、無事に公演が行われるか、青田さんはいつもヒヤヒヤしていました」 そもそも2010年7月の結婚以来、青田は玉置の奇っ怪な行動に悩み続けてきた。 青田の知人はその状況をこのように語る。 家の壁を叩いたり、お皿を手当たり次第に投げつけることもあったそうです。 それが、気功師の皇城煌氏(39才・すめらぎこう)だった。 その気功術は「潜在意識の扉」を開き、脳活性の気、癒しの気、モテ気など計12種の気の巡りを改善するものだという。 前出の青田の知人はこう続ける。 「青田さんが皇城さんに出会ったのは2年ほど前のことです。 青田はそのたびに皇城氏の元に行き、気を送ってもらうということを繰り返していたそうだ。 そんな青田と皇城氏の関係は、今年、玉置の全国ツアーが始まってからも続いていた。 青田の知人はその関係性をこう語る。 「青田さんは公演前、玉置さんの感情の起伏が激しくなるたびに、皇城さんに電話をかけて、ライブ会場の場所を伝え、遠隔で気を送ってもらっていました。 すると、本当に玉置さんが落ち着くそうで…。 こうして彼女はどんどん皇城さんをすがるようになっていきました…」 皇城氏を取材すると、彼は青田との面識を認めた上で、語り始めた。 彼は、ご存じのように感情の起伏が激しいかたなので…。 青田さんから依頼があった時に玉置さんのいらっしゃる方角に向かって手をかざして送るんです。 先日もコンサートの前に青田さんから依頼があって気を送りました。 ちなみに玉置さん自身、私のセッションを受けており、すでに潜在意識は100%解放されています」 内助の功とはまさに、このことだろう。 【引用元: NEWSポストセブン】 これにネットでは、 「気功師?のところではなく、まずは、病院じゃないでしょうか。 どう考えても精神疾患が疑われるでしょう。 治療してください。 歌の才能のためにも、お二人の人生のためにも。 」 「これまでの女性は玉置のこんな奇行に耐え切れず離婚した訳か。 青田は支え切れるんだろうか。 」 「極度の躁うつ病ではないか?病院に通院して治療薬を飲むべき!!」 「こうやって、カルト宗教にはまって行くんだろうね」 「天才的なミュージシャンは紙一重な人間性の持ち主が多いが・・・クスリか本物の疾患じゃないのかね?病院で診てもらった方がいい。 」 などのコメントがありました。 玉置さんの奇行に関しては薬物使用の疑惑もありますが、以前出版した半生本で統合失調症であることを明かしており、現在でも完全に回復したわけではないようです。 そのため玉置さんは感情の起伏が激しく奇行を繰り返しており、これまでにDV等が原因で3度の離婚、そして2010年にはライブ中に突然体調不良になるなどのトラブルを起こしています。 青田さんは藁にもすがる思いで、気功師に気を送ってもらっているのだと思いますが、この病気が回復しなければ今後も奇行は続き、青田さんも精神的に病んでしまう可能性がありますから、病気の治療に専念した方がいいのではないでしょうか。

次の