アップル ペンシル。 Apple Pencil(アップルペンシル)もういらない?Abidaのペンシルを使ってみて

Apple Pencil(アップルペンシル)故障時完全マニュアル【Appleの神サポート】

アップル ペンシル

アップルペンシル 基本スペックの紹介 アップルペンシルの概要と付属品 アップル製品はどれも、オシャレな外箱に入っていますね。 ・アップルペンシル ・Lightning コネクタ ・予備ペンシルチップ ・取扱説明書 以上の4点が入っています。 ペアリング方法 上部のキャップを外します。 IPadのUSB-Cコネクタにアップルペンシルを接続。 ペアリング要求通知が出てくるので、ペアリングをタッチして完了。 ペン先は消耗品なので交換が必要 購入時に1つ予備付属 まだ買ったばかりなのでもちろん交換する必要はありませんが、試しにペン先(ペンシルチップ)を外してみました。 ペットボトルのフタを開ける要領で、クルクルと回せば外れます。 ペンシルチップはAmazonでも取り扱っています。 充電時間 ペアリング時のようにアップルペンシルをIPadに接続すれば充電が出来ます。 また、付属のコネクタを使用してLightningケーブルを介した充電することも可能。 アップルペンシル充電30秒でバッテリーが3%回復しました。 (公式ページの引用をされている方がいたので調べてみましたが、デザインが変わっていて確認出来ませんでした・・。 ) この速さで充電が出来るので、バッテリー関連の悩みはあまり出ないかなと思います。 アップルペンシル第一世代と一緒に使うと重宝するアクセサリ 必須という訳ではありませんが、機能性を高めたり快適な使用を手助けしてくれるアイテムを紹介します。 アップルペンシルが収納できるケース 個人的に一番必須だと思っているアイテムが「アップルペンシルを一緒に収納できるiPadケース」です。 常にiPadとペンシルを携帯出来るので必要な場面でサッと取り出して使うことが出来ます。 特に外でアップルペンシルを使う機会が多い人は必須のアイテム。 アップルペンシルの蓋はマグネットで付いているため取れてしまう可能性が少なからずあります。 このキャップを付けていれば無くすことはありませんし、ペンが転がって落ちるリスクも回避することが出来ます。 それではアップルペンシルの驚くべき性能をご紹介します! まるで紙に書いているような感覚 クッソ滑らかに書けます。 手をIPadに置いたときに誤認識して書かれてしまうのではないかという心配をしていましたが、 ペアリングしたアップルペンシルのみ認識するようになるので、その心配はいりませんでした。 ちなみに、僕がアップルペンシルを使うにあたって一緒に購入した「GoodNote4」も紹介します。 有料アプリで960円しますが、今後紙代の代わりになると思って躊躇せずに購入しました。 まだ使って1週間なので具体的なレビューは出来ませんが、機能、書きやすさ共にバツグンです。 メモを残すときに重宝 ペーパーレスな生活に ほんのちょっとしたメモを残すときにもIPadが使えるようになります。 メモ帳ページを作ればすぐに書き始めることが出来ますし、メモ書きした紙どこ行った!?ってことも無くなります。 生活の中でふと覚えておきたいことって出てくるんですよね。 Twitterのタイムラインに出てきたマメ知識だったり、テレビに出てきた商品名だったり・・・・。 よほど興味のあることでなければ、恐らく1時間後には忘れているでしょう。 こういった時に紙とペンを用意する手間が無くなるので、スルーしがちな事でもすっと書き込めます。 ささいな情報の取りこぼしがグッと減りました。 マシンならではの機能により、手帳やノートよりも便利に アプリによって使える機能は違ってくると思いますが、今回は上記した「GoodNotet4」で使用できる機能を紹介します。 ペンの種類、太さ、色を自在に操れる 直線、曲線、丸なども直感的に書ける! 切り取り機能が神 書いたものを別の場所へ移動させることも出来ちゃいます。 赤丸で囲ったボタンをタッチすれば選択モードに。 移動させたい対象をペンシルで囲い込みます。 メニューからカットを選択。 移動させたいところでペンを長押しすれば、ペーストが出来ます。 サイズ変更も可能。 メチャクチャ便利です。 画像の貼り付けも簡単 直接カメラで撮影したり、クラウド上にあるファイルをノート上に貼り出すことも出来ます。 読み込んだ画像の上に直接ペン入れも可能。 僕は魚釣りが好きなので、今後釣った魚や、釣れたポイントのメモ帳としても活用していこうと思っています。 これの凄いところは インターネット上からの画像も簡単に貼り付けられるところ。 GoodNotes4では別途カレンダー用のノートもダウンロード出来るので、ネット上のイラストをシール感覚でデコったオリジナル手帳も作れます。 下からスワイプすると出てくるメニューバーから、ブラウザアプリをマルチタスキングします。 好きな画像のところでペンシル長押し。 そのままクイっとノート上に移動させられちゃいます。 今回は記事を公開しているので、フリー素材サイトから画像をお借りしています。 まとめ IPadとアップルペンシルはまさに「鬼に金棒」 今回紹介したもの以外にも、便利な機能はたくさんあります。 僕が購入前に懸念していた問題が、書いたものをきちんと管理したり、書きたいページにすぐアクセスできるのかという点でした。 結論としてIPad内にジャンルごとのノートを用意出来ましたし、OCR機能(書いた文字をAIが認識し、該当する文字が入っているページを検索出来る)も活用すればたくさん書いてもすぐに見つけられます。 まだ全ての機能は活用しきれていないですが、 もうすでに僕の生活では、紙とペンの完全上位互換となっています。

次の

アップルペンシルの使わない時の扱い

アップル ペンシル

mpioのペンシルはiPad専用で、Androidのスマホやタブレットにはもちろん。 iPhoneでも使う事は出来ません。 mpioの使い方は? mpioはBluetoothのペアリング接続のような設定をする必要がありません。 箱からだして電源を入れればすぐに使えるようになります。 この価格帯のスタイラスペンだと手を浮かせて書かないとダメな商品が多いですが、mpioはストレスフリー! mpioは遅延もなくiPadにもスムーズに書けるペンシル! 安物のペンシルを使う場合によくあるのが、自分がペンを動かしているのと画面に書かれる文字に時間の差・遅延が出る現象。 mpioの場合には、自分が書いてる感覚と実際に文字が画面に反映されるのに遅延がなく、思った様に書くことが出来ます。 ペン先もグラついたりせずにしっかり書くことが出来るよ! 書き心地は保護フィルムに影響される mpio自体は非常に書きやすいペンシルと言えますが、画面に文字や絵を書く時のスムーズ差に関しては、ペンシルよりも画面の保護フィルムに影響される部分が大きいと思います。 私は元々ペンシル不要派だったので、ゴリラガラスを画面に貼ってあります。 これでも十分書けるんですが抵抗が少なく「カッカッカッカ」というような硬い書き心地です。 ペンシルで画面に書き込む事が多い人は専用のフィルムを貼ったほうが書き心地は良いと思います。 以前ペーパーライクフィルムを貼っている人のiPad miniにペンシルで字を書かせて貰った事があるんですが、かなり紙に近くい抵抗感がありとても書きやすかったです。 純正アップルペンシルに出来てmpioに出来ないことは? mpioはコスパが良く使い勝手も悪くないペンシルですが、純正のアップルペンシルに出来てmpioに出来ないのがいくつかあります。 筆圧感知が出来ない• バッテリー残量の確認が出来ない 1点目が筆圧感知機能です。 純正のApple Pencilはペンシルを画面に押し付ける強さや、ペンの角度を寝かせるなどの操作で線の太さや濃さ、幅を調整することが出来ますがmpioは感圧感知機能がないので、画面に強く押し付けようがペンを寝かせようが書ける線に変化はありません。

次の

価格が高いアップルペンシル代用品は?筆圧・ipadとの互換性など解説

アップル ペンシル

iPadを購入するなら「 アップルペンシルもあった方が便利なんじゃ?」と感じる方も多いのではないでしょうか。 以前まではアップルペンシルはiPad Proのみの対応でしたが、現在はiPadやiPad miniなどでも使用することができます。 私はアップルペンシルを2017年7月にiPad Pro 10. 5インチモデルと一緒に購入し、購入から2年ほど経ちますが、指で数える程度しか使用しませんでした。 実際にアップルペンシルをあまり使用しなかった私が、 「iPadを購入するならアップルペンシルも一緒に購入すべきなのか?」 「アップルペンシルがあればiPadが更に役立つのか?」 と感じている方に向けてお話します。 アップルペンシルを使わなかった理由、またこれから購入すべき人はどのような人かについて解説します。 絵を描かないのであれば、色々な思いついた事などをメモするメモ帳として使えばいいと思いましたが、これもダメでした。 私は字を書くのにどちらかというと筆圧が強めに書くタイプの人です。 普段紙に文字を書く強さでアップルペンシルを使うと 「なんかiPadの液晶が痛む気がする・・・」 と感じてしまいました。 アップルペンシルで文字を書くのにも毎回気を使いながら書いていたので自然と 「だったら紙に書けばいいや・・・」 となってしまい、アップルペンシルでメモを書く習慣も定着しませんでした。 他にも、iPad Pro本体の値段が7万円ぐらいしたので、大事に長く使いたいという気持ちがあったのも理由です。 アップルペンシルを購入すべき人 絵を描く人 iPadを液晶のペンタブレット代わりに使おうとしている方は是非購入すべきです。 パソコンに繋いで使用する液晶のペンタブレットもありますが、iPadとは大きな違いがあります。 それは 絵を描く場所が自由な点です。 液晶のペンタブレットの場合はパソコンに繋いで使う事が前提なので、必然的にパソコンの前で使用する事になってしまいます。 ノートパソコンで使用すれば好きな場所で絵を描くことも可能です。 しかし、ノートパソコン+ペンタブレットを持ち運ぶことになるので荷物が多くってしまいます。 iPadで絵を描く場合はiPadとアップルペンシルさえあればいいので、ノートパソコンよりも荷物が少なくて済みます。 iPadとアップルペンシルの組み合わせは携帯性に優れており、場所を選ばず気軽に絵を描きたい方へオススメです。 仕事などで使用する方.

次の